本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

「昔散々世話になった恩義ある人間を平気で裏切るような、義理も人情もない最低の人間である」セガサミー里見治自宅を銃撃した暴力団関係者の容疑者ら逮捕からカジノ解禁を考察する その56 セガサミー里見治会長が納税の義務を果たす意思が全くなく11億6428万1900円の納税逃れを試みている所得税更生処分等取消請求事件二 原告里見治は、被告日本国へ請求する「税賦課決定処分を取り消せ。訴訟費用は被告日本国が負担せよ。」 (令和1年6月10日)



セガサミーホールディングス株式会社の里見治会長が、日本国に対して「所得税更生処分等取消請求事件」を提訴!。里見治会長は日本国民の三大義務の一つである「納税の義務」を果たす意思が全くないことが明らかに!。里見治会長が11億6428万1900円の納税逃れを試みる!。里見治会長へ違法行為であるカジノ賭博の利権を与えてもよいのか?(vol.54)

山下武(ジャパンレジャーサービス株式会社代表取締役、旧称:高山物産株式会社、京都市中京区車屋町通二条下ル仁王門突抜町325番地、TEL 075-213-0700)とセガサミー里見治の自宅を銃撃した六代目山口組元組員福井康二(サントリーvol.122)

山下武の高山物産は、2004年度の里見治のサミーの上位9位の大株主であった(サントリーvol.123)

 セガサミー里見治会長宅銃撃事件の首謀者として、懲役11年6月の判決を言い渡された六代目山口組元組員福井康二被告、殺しの軍団として恐れられた柳川次郎三代目山口組柳川組々長のボディガートであったことが判明した。

 柳川組とは、三代目山口組の全国制覇第一先鋒部隊として、冷酷無惨な戦闘力で、近畿から北陸、更には北海道まで、全国1道2府10県に進出し、三代目山口組時代に二次団体でありながら広域暴力団に指定された唯一の組織であった。

 その柳川次郎三代目山口組柳川組々長のボディガートであったということは、福井康二被告は、ヤクザとしては、生粋の選りすぐりの人材であるということを物語る。

 そんなヤクザエリートの福井康二被告が、河本雅也裁判長が指摘するような、かつて、セガサミーを相手に民事訴訟を起こした会社と仕事上の付き合いがあったことから、里見治会長を威嚇すれば、その会社から現金を受領できるなどと考えるであろうか?

 本物のヤクザとは、自らの判断で、里見治会長の自宅を銃撃することは決してなく、必ず、里見治会長の自宅を銃撃するように依頼した者が存在すると考えるのが自然である

 一体、かつて、セガサミーを相手に民事訴訟を起こした会社とは、どこの会社なのであろうか? (vol.34)


「殺しの軍団」柳川次郎三代目山口組柳川組々長(中央)と福井康二(右)(セガサミー里見治自宅銃撃事件の首謀者として懲役11年6月の判決言渡)(vol.34)

 <序説>

 平成29年7月1日、「昔散々世話になった恩義ある人間を平気で裏切るような、義理も人情もない 最低の人間である」セガサミー里見治自宅銃撃事件の首謀者として指定暴力団六代目山口組系福井康二容疑者が逮捕され(首謀者福井康二容疑者逮捕)、起訴され(首謀者福井康二容疑者起訴)、懲役11年6月の判決が言い渡された。(vol.33)

 平成29年7月11日、サトノ軍団総帥のセガサミー里見治会長に、指定暴力団員らとの宴席でたまたま写真撮影したアドマイヤ軍団総帥の合建近藤利一会長は競り勝った。(知人に招かれた宴席にたまたま指定暴力団員らがいらっしゃれば写真撮影はするアドマイヤ軍団総帥合建近藤利一会長

 平成28年11月17日、週刊報道サイトの佐藤昇がセガサミーホールディングス株式会社の本社を訪ね、広報部小峰広将部長代理と企画本部の広報部のスペシャリストの大谷隆氏と行った取材内容の様子は(小峰広将広報部部長代理)、一言一句、警察当局に解析されていることは言うまでもない。


“首謀者”福井康二容疑者逮捕(vol.16) 、起訴(vol.21)、判決懲役11年6月言渡(vol.33)

 <本節>

 請求の趣旨

1 板橋税務署長が、平成28年4月27日付けでした、里見治(セガサミーホールディングス会長)の平成24年分の所得税の更正処分のうち、課税される所得金額のうち、総所得金額が0円を超える部分、納付すべき純損失の金額が●円を超える部分及び翌年へ繰り越す純損失の金額が●円を下回る部分並びに過少申告加算税賦課決定処分を取り消す。

2 板橋税務署長が、平成28年4月27日付けでした、里見治(セガサミーホールディングス会長)の平成25年分の所得税及び復興特別所得税の更正処分のうち、課税される所得金額のうち、総所得金額が●円を超える部分及び納付すべき税額が●円を超える部分並びに過少申告加算税賦課決定処分を取り消す。

3 訴訟費用は、被告日本国の負担とする。

 との判決を求める。

 <所得税更生処分等取消請求事件>

 セガサミーホールディングス株式会社の里見治会長、違法行為であるカジノ賭博を、「選択」(選択出版)2013年9月号の記事によると、「安倍晋三首相は、里見治会長の元に直接訪ねてくるほどの間柄」(セガサミーの関係者の回答)、「安倍晋三首相はウチが落とした」(セガサミー社員が業界団体の集まりで公言)、「参院選前に、里見治会長は安倍晋三首相に五千万円を手渡した」(里見治会長の側近の一人が吹聴)セガサミーなどとアメリカからの圧力がありカジノ解禁法案を成立させ、日本における合法化させたカジノ賭博利権の第一人者になったと言われているが、日本国民の三大義務の一つである「納税の義務」(日本国憲法第30条にて定められている)を果たす意思は全くないことが、日本国に対する「所得税更生処分等取消請求事件」提訴により明らかになった。

 日本国民の三大義務の一つである「納税の義務」を果たす意思が全くなく、日本国に対して「所得税更生処分等取消請求事件」を提訴して11億6428万1900円の納税を逃れようと試みているようなセガサミーホールディングス株式会社の里見治会長へ、そもそもが違法行為であるカジノ賭博の利権を与えてもよいのかどうかを考察していく。

〇セガサミー里見治会長、申告漏れ30億円、国税指摘(2016/9/15日本経済新聞電子版)

 遊技機事業などを手掛けるセガサミーホールディングスの会長兼社長、里見治氏(74)が東京国税局の税務調査を受け、金融商品の売却などをめぐり、約30億円の所得税の申告漏れを指摘されていたことが14日分かった。追徴税額は過少申告加算税などを含めて十数億円とみられる。

 https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG14H5D_U6A910C1CC1000/

 
井川意高氏は言った「日本でカジノを作ってもうまく行かないでしょう」(vol.41)

 井川意高氏は言った、「日本でカジノを作ってもうまく行かないでしょう」(vol.41

 
ボクシングではメイウェザーが勝利するが、ジャーナリズムでは佐藤昇が勝利する。(vol.42)

 「ジャーナリストの王者」佐藤昇は言った、「メイウェザーには、ボクシングのリングにおいては敵わないが、ジャーナリズムのリングにおいては決して負けることはない。日本国の国益のため、公益のため『カジノ解禁法案』に反対し続けていく」(vol.42

 引き続き、日本におけるカジノ解禁は、百害あって一利なしであることを、取材で追っていく。(vol.54

平成29年(行ウ)第557号 所得税更生処分等取消請求事件

民事第51部 
裁判長 清水知恵子
裁判官 村松悠史
裁判官 松原平学
書記官 山本尚秀

               訴状

                   平成29年12月4日
原告 東京都板橋区
   里見治
原告代理人弁護士 東京都千代田区丸の内2−7−2JPタワー
         長島・大野・常松法律事務所
         南繁樹
         須藤希祥
         遠藤努
         電話 03−6889−7419(須藤希祥直通)
         FAX03−6889−8419(須藤希祥直通)

被告 日本国
   法務大臣 上川陽子
   (処分をした行政庁)板橋税務署長 北村隆明
被告指定代理人 東京法務局訴務部
        東京国税局課税第一部国税訴務官室
訴訟物の価格 11億6428万1900円
納付手数料額 335万円(vol.55


澤田秀雄直筆とされるM資金確約書。『騙された側、つまり澤田秀雄会長の運用係は当然、必死になって取り返そうと平成30年秋に民事訴訟を起こしました。それを「週刊報道サイト(「ジャーナリストの王者」佐藤昇)」というネットメディアがいち早く記事にしたため、新聞や雑誌の記者たちの知るところとなり、平成31年3月に開かれた初公判には多くの記者が詰めかけたのです』(月刊ベルダ5月号より引用)(vol.26)
 
澤田秀雄代理人荒竹純一弁護士(右上、さくら共同法律事務所)らは、何度も内容証明郵便を送りつけてきて、公共の利害に関する事実である澤田秀雄が知人から大変良い条件による資金調達先があるという話を受けて、情報の真偽を確認し、経営者ないし企業家として、条件の良い資金調達先があるのであれば、その可能性に関する情報を得ようとする通常の情報収集活動であり、M資金なる金銭を要請する申し入れとは無関係であると主張する、多くの株主等利害関係者に対する反社会的行為の事実の隠ぺいを企てる

澤田秀雄リクルート株式転売50億円詐取事件も
「よろしくお願いします」
(平成31年4月1日記事)

 <澤田秀雄は、ハウステンボスを上場させ、カジノ建設のための資金を調達つもりなのか?>

 ハウステンボス(代表取締役社長:澤田秀雄)が、まさかの東京証券取引所へ株式上場を申請するための準備を始めた(参照:平成31年3月11日記事)ことが明らかになったが、その先にあるのは、カジノ(統合リゾート・俗称:IR)誘致のようだ。

 カジノ(統合リゾート・俗称:IR)は2020年代半ばに開業が計画されているが、場所はまだ決まっていない。

 長崎県は官民一体で佐世保への誘致を進め、ハウステンボス(代表取締役社長:澤田秀雄)へケタ外れ恩恵をもたらそうとしているようだ。

 ハウステンボス(HTB)社長で親会社の旅行会社エイチ・アイ・エス(HIS)の社長を兼ねる澤田秀雄は、カジノ(統合リゾート・俗称:IR)については、国内外の競争に勝つためには、数千億円規模の投資が必要で、その効果が見合っているのか、見極める必要があり、カジノ(統合リゾート・俗称:IR)をやるのであれば、差別化のために水中カジノにするという意向を示しているそうだ。

 だから、澤田秀雄は、ハウステンボスを上場させ、カジノ(統合リゾート・俗称:IR)建設のための資金を調達つもりなのであろう

 澤田秀雄は、ハウステンボスを上場させて、カジノ(統合リゾート・俗称:IR)建設のための資金を調達したいのであれば、ハウステンボスへ実質的に50億円の損害を与えたことを連想させる澤田秀雄リクルート株式転売50億円詐欺事件(参照:平成31年4月1日記事の真相を解明して、その詳細を発表してからであろう

 
井川意高氏は言った「日本でカジノを作ってもうまく行かないでしょう」(vol.41)

 井川意高氏は言った、「日本でカジノを作ってもうまく行かないでしょう」(vol.41

 
ボクシングではメイウェザーが勝利するが、ジャーナリズムでは佐藤昇が勝利する。(vol.42)

 「ジャーナリストの王者」佐藤昇は言った、「メイウェザーには、ボクシングのリングにおいては敵わないが、ジャーナリズムのリングにおいては決して負けることはない。日本国の国益のため、公益のため『カジノ解禁法案』に反対し続けていく」(vol.42

 引き続き、日本におけるカジノ解禁は、百害あって一利なしであることを、取材で追っていく。


カジノ反対の「横浜港ハーバーリゾート協会」を設立し、横浜市へのIR誘致の阻止に注力している「ハマの首領」港湾荷役業「藤木企業」の横浜港運協会の藤木幸夫会長の言葉に耳を傾けろ。(vol.53)

  エイチ・アイ・エス(HIS)及びハウステンボス(HTB)社長澤田秀雄は、カジノ反対の「横浜港ハーバーリゾート協会」を設立し、横浜市へのIR誘致の阻止に注力している「ハマの首領」港湾荷役業「藤木企業」の横浜港運協会の藤木幸夫会長の言葉に耳を傾けろ。

〇「ハマの首領」が安倍政権を批判「横浜にカジノは作らせない!」(FRIDAY、平成31年4月9日10:02配信)

 「政治家は口をそろえて、『カジノは地元に大きなメリットがある』と言いますが、詐欺みたいな話ですよ。日本でカジノをやるといっても、入ってくるのは海外資本です。地元は無視され、蹴散らされる。海外資本が日本を食い物にして、儲からなくなったら箱物だけ残して立ち去る――そんな未来は目に見えています。だからこそ、私はカジノ建設には断固反対なのです」

 そう語るのは、港湾荷役業「藤木企業」の藤木幸夫会長(88)だ。

 各世論調査で国民の半分以上が「必要ない」としているなか、自民党のゴリ押しによってカジノ法案が成立したのは、’18年7月のこと。北海道、大阪、和歌山、沖縄など、成立以前から水面下でカジノの候補地選びは進められていたが、現在、最有力とされているのが横浜だ。だがここにきて、その動きに“ハマの首領“が「待った」をかけた。

 藤木氏は横浜港運協会や横浜エフエム放送など、地元・横浜のさまざまな重要企業のトップも兼任。多大な影響力を持ち、“ハマの首領“とまで呼ばれる人物が、強硬にカジノに反対するのはなぜか。藤木氏が本誌の取材に重い口を開いた。

 「横浜でのカジノ構想が現実味を帯びてきたのは、いまから5年ほど前でしょうか。私は二階(俊博・自民党幹事長)さんと仲が良く、よく食事をするんですが、あるときカジノの話になったのです。二階さんはカジノに夢中の様子でした。私が『(二階氏の地元)和歌山に土地はあるの?』と聞くと、『関空を作ったときに掘り出した土で埋め立てた土地がある。そこでやればちょうど良い』と。『他にも誘致できる場所を探している』と言うので、『横浜の山下埠頭はどうだろう?』と聞いてみたら、『横浜、最高だ!』ってね。そこから、『横浜カジノ構想』という言葉が世間にも出回るようになりました」

 当初、カジノについて知識がなかった藤木氏は、「地元が潤うならば」と誘致に賛成だった。しかし、具体的に話が進む中で、考えは180度変わっていった。

 「一つの理由は、冒頭で言った海外資本です。地元のためにならないならば、カジノなんて意味がない。そしてもう一つは、やはり依存症の問題ですね。日本社会病理学会の横山實前会長に話を聞きに行って、ギャンブル依存症がいかに危険かを学び、これは作ってはいけないと考えるようになりました。依存症のことを言うと、パチンコをやってる里見(治・セガサミーホールディングス会長)さんがかわいそうだけど、仕方ない。里見さんも横浜カジノ構想に関わりたがってる一人ですからね。でも、自分の子供に『カジノで遊んできなさい』って言えますか? 言えないものを横浜に作らせちゃいけない」

 藤木氏はさらに、強引にカジノ法案を進めてきた安倍政権にもこう釘を刺す。

 「アメリカの言いなりになっているのが透けて見えます。カジノ最大手『ラスベガス・サンズ』のオーナーであるシェルドン・アデルソン氏が、トランプ大統領の選挙を強力に支援したのは有名な話。日本にカジノを作りたがっているアデルソン氏の意を汲んで、トランプ大統領が安倍首相に依頼したのでしょう。トランプ大統領は安倍首相を日本の総理大臣としてではなく、アメリカの州知事の一人くらいの感覚で接しているんだと思います。政治家はみんな、カジノ構想の裏に、そんなアメリカの思惑があることはわかっているはず。でも、誰も発言しない。地元・横浜の議員もしかり。私ははっきり言います。横浜にカジノは必要ない。私が絶対に作らせません。カジノ無しで、山下埠頭を孫子に誇れるように開発します」

 政治家だけが利権を握り、海外資本に食い物にされる――そんな未来は阻止しなくてはならない。

 
井川意高氏は言った「日本でカジノを作ってもうまく行かないでしょう」(vol.41)

 井川意高氏は言った、「日本でカジノを作ってもうまく行かないでしょう」(vol.41

 
ボクシングではメイウェザーが勝利するが、ジャーナリズムでは佐藤昇が勝利する。(vol.42)

 「ジャーナリストの王者」佐藤昇は言った、「メイウェザーには、ボクシングのリングにおいては敵わないが、ジャーナリズムのリングにおいては決して負けることはない。日本国の国益のため、公益のため『カジノ解禁法案』に反対し続けていく」(vol.42

 引き続き、日本におけるカジノ解禁は、百害あって一利なしであることを、取材で追っていく。 (vol.53


小池百合子東京都知事は、「築地は壊し、豊洲は殺す」だけでなく、「日本を滅ぼす」つもりなのか!?東京都庁内で築地へのカジノ誘致構想が浮上してきている模様!(vol.52)

 小池百合子東京都知事は、「築地は壊し、豊洲は殺す」だけでなく、「日本を滅ぼす」つもりなのか!?

 東京都庁内で築地へのカジノ誘致構想が浮上してきているそうだ。

 柳ケ瀬裕文東京都議会議員(大田区選出、東京維新の会)は「カジノを併設し集客力を上げ、費用回収を視野に入れるのは自然の流れ。自民党都連の幹部にはカジノ誘致に積極的な議員も多いため、小池百合子知事が手打ちに利用するとの観測もあります」と語った。

 また、柳ケ瀬裕文都議は、「東京において、今後のインバウンドを考えると、国際会議場・展示場などMICE施設整備の必要性は高い。しかし、これらを整備するとなると、ランニングコストも含めて多額の費用を要するため、IR推進法が成立した現在、カジノを含めたIR(統合型リゾート)として整備を検討するのが自然だ。つまり、、築地跡地にMICE施設を整備するとなれば、当然、カジノ(IR)も射程に入ってくる。築地カジノ構想だ。」とも語った。

 小池百合子都知事が、来年の知事選を見越して2選を目指して、権力にしがみつくためには何でもやる心情として、自民党へのゴマスリとして、東京都へのカジノ誘致を行っているのであれば、小池百合子都知事は、ドナルド・トランプ大統領や、その提灯持ちの安倍晋三首相と同類の、「小学5年生レベルの理解力しかない」「バカなので説得することはできない」人物と言えよう。(vol.51

 
井川意高氏は言った「日本でカジノを作ってもうまく行かないでしょう」(vol.41)

 井川意高氏は言った、「日本でカジノを作ってもうまく行かないでしょう」(vol.41

 
ボクシングではメイウェザーが勝利するが、ジャーナリズムでは佐藤昇が勝利する。(vol.42)

 「ジャーナリストの王者」佐藤昇は言った、「メイウェザーには、ボクシングのリングにおいては敵わないが、ジャーナリズムのリングにおいては決して負けることはない。日本国の国益のため、公益のため『カジノ解禁法案』に反対し続けていく」(vol.42

 引き続き、日本におけるカジノ解禁は、百害あって一利なしであることを、取材で追っていく。(vol.52


(上段右から)松井一郎大阪府知事(現大阪市長)、誘致委員会榊原定征会長、吉村洋文大阪市長(現大阪府知事)、世耕一成経産相。大阪万博開催決定して喜びに沸いているが、大阪万博が終わった後にその跡地で、日本維新の会と安倍晋三政権が推し進めるカジノ(統合リゾート・俗称:IR)施設のオープンをさせたら、米国のカジノ企業をもうけさせるために開催させられるような、血税を含めた何千億円もの金がつぎ込まれようとしている「小学5年生レベルの理解力しかない」施策であり、「バカなので説得することはできない」愚かな施策ということなのではないのか?(vol.51

 2025年に大阪万博開催が決定した。

 この大阪万博が終わった後には、その跡地では、日本維新の会と安倍晋三政権が推し進めるカジノ(統合リゾート・俗称:IR)施設のオープンが決まっているそうで、その施設建設には、善良なる日本国民の多額の血税がつぎこまれる

 そもそも、日本維新の会と安倍晋三政権が押し進めてきたカジノ推進法・実施法の背景には、「選択」(選択出版)2013年9月号の記事によると、「安倍晋三首相は、里見治会長の元に直接訪ねてくるほどの間柄」(セガサミーの関係者の回答)、「安倍晋三首相はウチが落とした」(セガサミー社員が業界団体の集まりで公言)、「参院選前に、里見治会長は安倍晋三首相に五千万円を手渡した」(里見治会長の側近の一人が吹聴)セガサミーなどとアメリカからの圧力があり成立したとも言われている。

 『「シンゾウ、こういった企業を知っているか」。米国で開いた平成30年2月の日米首脳会談。トランプ大統領は安倍晋三首相にほほ笑みかけた。日本が取り組むIRの整備推進方針を歓迎したうえで、米ラスベガス・サンズ、米MGMリゾーツなどの娯楽企業を列挙した。政府関係者によると首相は聞き置く姿勢だったが、隣の側近にすかさず企業名のメモを取らせた。』(日本経済新聞2017年6月10日記事)

 平成29年9月に、松井大阪府知事、吉村大阪市長とラスベガス・サンズのアデルソン会長が会談したことから、安倍晋三首相や松井大阪府知事の間で、ラスベガス・サンズとMGMリゾーツへの大阪のカジノ(統合リゾート・俗称:IR)への参入がすでに決まっているんじゃないかという噂も流れている。

 すなわち、大阪万博開催とは、米国のカジノ企業をもうけさせるために開催され、血税を含めた何千億円もの金がつぎ込まれようとしている「小学5年生レベルの理解力しかない」施策であり、「バカなので説得することはできない」愚かな施策ということなのではないのか?

 安倍晋三首相が提灯持ちを務めるドナルド・トランプ大統領は、マティス国防長官からは「小学5年生レベルの理解力しかない」と評され、ケリー首席補佐官からは「バカなので説得することはできない」と評される人物であることから、安倍晋三首相とはそれ以下の人物なのであろう。

 平成30年8月22日の日米電話協議において、ドナルド・トランプ大統領から「平成30年6月の米朝首脳会談の後に、ミサイルは日本の上空を飛んでいるか?」と告げられると、その後、安倍晋三首相は「ドナルド・トランプ大統領は、北朝鮮の緊張緩和に貢献したので、ノーベル平和賞に推薦します」などと言い出した。

 つまり、安倍晋三首相も「小学5年生レベルの理解力しかない」「バカなので説得することはできない」人物なのであろう。 (vol.51

 
井川意高氏は言った「日本でカジノを作ってもうまく行かないでしょう」(vol.41)

 井川意高氏は言った、「日本でカジノを作ってもうまく行かないでしょう」(vol.41

 
ボクシングではメイウェザーが勝利するが、ジャーナリズムでは佐藤昇が勝利する。(vol.42)

 「ジャーナリストの王者」佐藤昇は言った、「メイウェザーには、ボクシングのリングにおいては敵わないが、ジャーナリズムのリングにおいては決して負けることはない。日本国の国益のため、公益のため『カジノ解禁法案』に反対し続けていく」(vol.42

 引き続き、日本におけるカジノ解禁は、百害あって一利なしであることを、取材で追っていく。(vol.52

 <セガサミー里見治自宅銃撃事件の当事者への取材における証言>

 公益財団法人日本ラグビーフットボール協会理事でサントリービバレッジソリューション代表取締役社長の土田雅人に黒い闇交際疑惑への調査報道の取材活動から、FACTA2018年11月号の記事において、暴力団とつながりがあるとか、遊技メーカートップの自宅銃撃事件に関与したとか、と報道されたパチンコ関連A社の代表とは、山下武ジャパンレジャーサービス株式会社代表取締役、旧称:高山物産株式会社、京都市中京区車屋町通二条下ル仁王門突抜町325番地、TEL 075-213-0700)であることが判明した。

 ここに、FACTA2018年11月号の記事を引用して、改めて実名報道する。

 『冒頭の怪文書は「ラグビー協会に蠢く暴力団ネットワーク」と題され、瀬下建設工業株式会社の民事再生の支援企業候補となっているパチンコ関連A社(ジャパンレジャーサービス株式会社)の代表(山下武)が暴力団とつながりがあるとか、遊技メーカー(セガサミーホールディングス株式会社)トップ(里見治)の自宅銃撃事件首謀者福井康二懲役11年6月に関与したとか、ためにする情報の域を出ない。とはいえ「A社(ジャパンレジャーサービス株式会社)は京都のパチンコホール大手・高山物産のグループとして設立された経緯がある。高山物産は2006年に会社更生法の適用を受けたが、こわもての存在だった。A社(ジャパンレジャーサービス株式会社)は関連企業を通じて手広く事業を展開しているようだが、実態は謎に包まれている」(パチンコ業界筋)』(サントリーvol.121)(vol.45

 山下武(ジャパンレジャーサービス株式会社代表取締役、旧称:高山物産株式会社、京都市中京区車屋町通二条下ル仁王門突抜町325番地、TEL 075-213-0700)が、番頭の山内(京都府警4係出身、危機管理担当)に指示し、福井康二(山口組暴力団員・首謀者福井康二懲役11年6月)へ、セガサミーホールディングス株式会社の里見治会長自宅へ銃撃することを一本(1億円)で依頼(教唆)した理由は、山下武が「腹が立つ。溜飲下げたい」からだそうであることが、週刊報道サイトの当事者への取材における証言において判明した。(サントリーvol.122)(vol.46

 山下武(ジャパンレジャーサービス株式会社代表取締役、旧称:高山物産株式会社、京都市中京区車屋町通二条下ル仁王門突抜町325番地、TEL 075-213-0700)が、番頭の山内(京都府警4係出身、危機管理担当)に指示し、福井康二(山口組暴力団員・首謀者福井康二懲役11年6月)へ、セガサミーホールディングス株式会社の里見治会長自宅へ銃撃することを一本(1億円)で依頼(教唆)したことが、週刊報道サイトの当事者への取材における証言において判明した山下武の高山物産株式会社が、2004年度のサミー株式会社の上位9位の大株主であったことが判明した。

 2004年度は、サミーとセガが経営統合して、セガサミーホールディングスが誕生した年度である。

 その2004年度の事業報告書には、堂々と、株主高山物産株式会社が、サミーの持株を571,500.株所有し、その議決権比率は0.71%であることが明記されている。

 しかし、2006年11月30日、サミー株式会社の上位9位の大株主であった高山物産株式会社は、会社更生手続開始となった。

〇高山物産(株)[京都] パチンコ店経営、会社更生開始決定 / 負債総額 約718億4851万円、債権者が申し立て、TSR企業コード:64-107304-6

 高山物産(株)(京都市上京区中立売通千本東入ル丹波屋町360、設立昭和41年8月、資本金9000万円、高山貴一社長、従業員480名)は、平成18年11月17日債権者から大阪地裁へ会社更生手続開始を申し立てられ平成18年11月30日開始決定を受けた。更生管財人は宮崎誠弁護士(大阪市北区堂島1-1-5、電話06―6341―7404)。負債は718億4851万円。

 高山物産はパチンコ店などアミューズメント施設の経営会社。昭和60年頃には毎期約20億円の申告所得が公示され、62年には総合レジャー施設「アクアリゾート・ルネスかなざわ」(石川県金沢市高柳町)に約200億円を投下するなど積極的な投資を展開し、ピーク時の平成4年7月期には年商1117億3100万円をあげていたが、金融債務は年商を上回る約1200億円に膨らみ財務内容が悪化していた。

 さらに、その後は不況と同業との競争激化から売上が低下、18年7月期は年商599億8700万円に落ち込んでいた。この間、遊休不動産や「ルネスかなざわ」の一部不動産を売却して金融債務の圧縮に努めてきたが、その一方で遊戯台の入れ替えを中心としたリニューアルを実施しなければならず、思惑通りに金融債務の圧縮を果たせなかった。  そうした中、平成12年1月に取引行の京都みやこ信用金庫が破たん、同行の金融債務が(株)整理回収機構(RCC)へ移管され資金調達力が低下。対応策として、今年10月24日金融債務を対象にした私的整理に入るとしていたが、一部債権者がこれを不服として今回の申立となった。

 また、同日に債権者から会社更生を申し立てられていた関連会社のサンリク(株)(金沢市広岡2―12―27、設立昭和47年10月、資本金1000万円、同代表)も、11月30日更生手続開始決定を受けた。負債は約31億円。

 サンリクは昭和47年10月に設立されたパチンコ店経営会社。「ジャック&ベティ金沢店」をはじめ金沢市内と石川郡内でパチンコ店4店舗を経営、年商約50億円で推移してきた。しかし、バブル期の財テク失敗で60億円にのぼる赤字を計上して経営が悪化、平成4年以降は高山物産の支援を受けて事業を維持、平成11年7月に現代表の兼任となっていた。だが、近年は近隣に同業大型店が進出して競争が激化、出球率や交換率の調整を図るものの採算の悪化から実質赤字が続いていた。

 http://www.tsr-net.co.jp/news/flash/1197799_1588.html

〇高山物産(株)[京都] パチンコ店経営、総合レジャー施設運営、負債総額 718億円

 高山物産(株)(京都市上京区中立売通千本東入ル丹波屋町360、設立昭和41年8月、資本金9000万円、高山貴一社長、従業員480名)は平成18年11月17日、債権者から大阪地裁に会社更生手続開始を申し立てられ同日財産保全管理命令を受け、平成18年11月30日会社更生開始決定を受けた。保全管理人は宮崎誠弁護士(大江橋法律事務所大阪事務所、電話06-6341-0461)ほか。負債は約718億4800万円。

 同社はパチンコ店などアミューズメント施設の経営会社。昭和60年頃には毎期約20億円の申告所得が公示され、62年には総合レジャー施設「アクアリゾート・ルネスかなざわ」(石川県金沢市高柳町)に約200億円を投下するなど積極的な投資を展開。ピーク時の平成4年7月期には年商1117億3100万円をあげていたが、金融債務は年商を上回る約1200億円に膨らみ財務内容が悪化していた。

 さらに、その後は不況と同業との競争激化から売上が低下、18年7月期は年商599億8700万円に落ち込んでいた。この間、遊休不動産や「ルネスかなざわ」の一部不動産を売却して金融債務の圧縮に努めてきたが、その一方で遊技台の入れ替えを中心としたリニューアルを実施しなければならず、思惑通りに金融債務の圧縮を果たせなかった。

 そうした中、平成12年1月に取引行の京都みやこ信用金庫が経営破たん、同行の金融債務が(株)整理回収機構(RCC)へ移管され資金調達力が低下。対応策として、今年10月24日に金融債務を対象にした私的整理に入るとしていたが、一部債権者がこれを不服として今回の申立となった。(サントリーvol.123)(vol.47


黒い闇交際疑惑が存在することが明らかになった公益財団法人日本ラグビーフットボール協会理事でサントリービバレッジソリューション代表取締役社長の土田雅人(サントリーvol.118


 福井康二(山口組暴力団員・首謀者福井康二懲役11年6月)へ、番頭の山内(京都府警4係出身、危機管理担当)に指示し、セガサミーホールディングス株式会社の里見治会長自宅へ銃撃することを一本(1億円)で依頼(教唆)したことが週刊報道サイトの当事者への取材における証言において判明した山下武(ジャパンレジャーサービス株式会社代表取締役、旧称:高山物産株式会社、京都市中京区車屋町通二条下ル仁王門突抜町325番地、TEL 075-213-0700)と密接交際していた、サントリーグループの看板の貫目を勘違いして悪用する虎の威を借りる狐の土田雅人は、平成31年4月1日付で、サントリービバレッジソリューション株式会社代表取締役社長の役職とサントリー食品インターナショナル株式会社常務執行役員の役職から退任した。(サントリーvol.126

 この退任劇は、「ジャーナリストの王者」佐藤昇が、専ら公益を図る目的で、『山下武から「腹が立つ。溜飲を下げたい。」と里見治氏の自宅へ銃撃することを一本(1億円)の報酬で依頼(教唆)されたから実行した』と市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的な依頼(教唆)を福井康二(山口組暴力団員・首謀者福井康二懲役11年6月)へ行う反社会的勢力周辺者である山下武のような人物との密接交際の事実を公共の利害に関する事実として報道し続けていることが原因であるとマスコミ業界では言われている。

 言うまでもないが、セガサミーホールディングス株式会社は、東証一部上場企業として、社会的に公の責務を担っている企業であり、カジノ法案が可決された現在において、国内企業が開催するカジノを請け負うにあたり、第一候補ともいわれるセガサミーホールディングス株式会社の代表取締役であることから社会的に公の責務を担っている人物でもある里見治に対して、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的な依頼(教唆)を山下武が福井康二(山口組暴力団員・首謀者福井康二懲役11年6月)へ行った事実の真相は、公共の利害に関する事実であり、その真相を世間に周知させることは、公益を図り、社会の利益に繋がっていく。 (vol.49


さすがはサントリー土田雅人を代表取締役社長と常務執行役員の役職から退任させる!(サントリーvol.126)

 福井康二(山口組暴力団員・首謀者福井康二懲役11年6月)へ、番頭の山内(京都府警4係出身、危機管理担当)に指示し、セガサミーホールディングス株式会社の里見治会長自宅へ銃撃することを一本(1億円)で依頼(教唆)したことが週刊報道サイトの当事者への取材における証言において判明した山下武(ジャパンレジャーサービス株式会社代表取締役、旧称:高山物産株式会社、京都市中京区車屋町通二条下ル仁王門突抜町325番地、TEL 075-213-0700)と密接交際していた、サントリーグループの看板の貫目を勘違いして悪用する虎の威を借りる狐の土田雅人は、平成31年4月1日付で、サントリービバレッジソリューション株式会社代表取締役社長の役職とサントリー食品インターナショナル株式会社常務執行役員の役職から退任した(サントリーvol.126)が、同日付で、サントリーホールディングス株式会社の執行役員への就任とサントリー酒類株式会社の常務執行役員首都圏営業部長へ就任し、まさかの栄転を成し遂げていた。

 この栄転劇は、『山下武から「腹が立つ。溜飲を下げたい。」と里見治氏の自宅へ銃撃することを一本(1億円)の報酬で依頼(教唆)されたから実行した』と市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的な依頼(教唆)を福井康二(山口組暴力団員・首謀者福井康二懲役11年6月)へ行う反社会的勢力周辺者である山下武のような人物とのサントリーグループ企業倫理綱領のUの企業行動規範のエ「市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力・団体とは一切の関係を持たず、毅然とした態度での対応を徹底します。」に違反するその密接交際の事実をも打ち消すような、社内政治を行い、サントリーホールディングス株式会社の執行役員への就任とサントリー酒類株式会社の常務執行役員首都圏営業部長への就任というまさかの栄転を見事に成し遂げた

 言うまでもないが、セガサミーホールディングス株式会社は、東証一部上場企業として、社会的に公の責務を担っている企業であり、カジノ法案が可決された現在において、国内企業が開催するカジノを請け負うにあたり、第一候補ともいわれるセガサミーホールディングス株式会社の代表取締役であることから社会的に公の責務を担っている人物でもある里見治に対して、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的な依頼(教唆)を山下武が福井康二(山口組暴力団員・首謀者福井康二懲役11年6月)へ行った事実の真相は、公共の利害に関する事実であり、その真相を世間に周知させることは、公益を図り、社会の利益に繋がっていく。(vol.50


それでいいのかサントリー土田雅人がサントリーホールディングスの執行役員へまさかの栄転!(サントリーvol.127)

 <次回予告>

 週刊報道サイトが独自取材で掴んでいる、セガサミー里見治自宅銃撃事件の真相を、警察当局の捜査の進展状況を見ながら、独自に報道していく。

 <里見治自宅銃撃事件の告発から考察の履歴>

広域指定暴力団関係者の告発) (亡国のカジノ)(亡国の安倍晋三首相「美しい国、日本」)(取材申込書)(我が世の春)(報道の自由への深い理解)(電話の内容)(本社到着)(歪んだ思考)(小峰広将広報部部長代理)(暴力団関係者の容疑者ら逮捕)(神戸山口組の傘下の中心団体の山健組本部が捜索) (日本中央競馬会【JRA】の馬主登録) (カジノ運営者認可)(首謀者福井康二容疑者逮捕)(スロット台独占か?))(里見治会長に近藤利一会長が競り勝つ)(知人に招かれた宴席にたまたま指定暴力団員らがいらっしゃれば写真撮影はするアドマイヤ軍団総帥合建近藤利一会長)(合建は不振で東京支店を封鎖し建物も売却)(首謀者福井康二容疑者起訴)(IR法案有識者会議における提言)(近藤利一会長は今は療養に専念しており返事が遅れまして誠に申し訳ありません)(反社会的人物との付き合いは暴対法改正以来一切断じてございません)(競馬の方は平成29年の改正時には辞めさせて頂きます)(阪神馬主協会への取材申込書)(娘(里見有紀恵)婿の鈴木隼人を当選させる)(イヴァンカ・トランプへ57億円の上納)(北朝鮮による日本人拉致被害者問題の解決までドナルド・トランプ米国大統領任せ)(忖度訪米するも個人的なゴルフ接待をされただけで何の成果もなく帰国)(ドナルド・トランプ米国大統領にぶちかまされる)(北朝鮮危機とはでっち上げ国難であった)(福井康二被告に懲役11年6月判決)(福井康二被告は柳川次郎三代目山口組柳川組々長のボディガートだった)(安倍昭恵首相夫人のKAMIスタイル)(安倍昭恵首相夫人が自宅の住所と電話番号が記載された名刺を広く配布) (カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法が成立し日本は亡国へ)(ドナルド・トランプ大統領に図られる亡国の安倍晋三首相)(顧客への賭金の貸付金利はいくらに定めるのか?)(顧客の人生の破綻をどうやって防ぐのか?)(カジノは日本ではうまく行かない)(まさかのメイウェザー登場で日本のカジノが完全に舐め切られていることが明白に)(豪雨被災者達の怒りをかうような傲慢な振る舞いをする安倍晋三首相)(自民党総裁選挙連続3選を果たしたが、五か月後に首相公邸において石破茂派閥排除で連続3選祝勝会を極秘で行う安倍晋三首相

 <『サトノ祭り』でセガサミー里見治会長がカジノ利権獲得を盤石のものとする>


指定暴力団六代目山口組系福井康二容疑者らから自宅を銃撃されたサトノ軍団総帥のセガサミー里見治会長から裏献金と思われる支援を受けた安倍晋三首相の指示により、総選挙最終日に次世代スター議員の小泉進次郎を一日中選挙区に貼り付けて、娘(里見有紀恵)婿の鈴木隼人を当選させ、小池百合子の側近の若狭勝を落選させ、その後、小池百合子を希望の党の代表を辞任させ、『サトノ祭り』でカジノ利権獲得を盤石のものとする(vol.27)

 2017年10月22日、衆議院総選挙が行われ、小池百合子代表の側近の若狭勝が、小池百合子代表の衆院議員時代の地盤である東京10区を引き継いで出馬したが、小選挙区だけでなく、比例でも落選する惨敗を喫した。

 その東京10区でトップ当選を遂げたのは、指定暴力団六代目山口組系福井康二容疑者らから自宅を銃撃されたサトノ軍団総帥のセガサミー里見治会長の次女の里見有紀恵の娘婿の経済産業省キャリア官僚であった鈴木隼人である。

 2013年9月16日の次女の里見有紀恵と鈴木隼人の結婚披露宴には、亡国の安倍晋三首相が招かれている

 2014年12月2日の衆議院総選挙では、金の力で、亡国の安倍晋三首相率いる自由民主党の比例東京ブロックから比例単独候補として事実上の名簿1位で登録させて、衆議院議員になっている

 そして、今回の衆議院総選挙では、更なる金の力を使い、小池百合子代表の衆院議員時代の地盤である東京10区を引き継いで出馬した若狭勝にぶつけ、裏献金と思われる支援を受けた安倍晋三首相の指示により、総選挙最終日に次世代スター議員の小泉進次郎を一日中選挙区に貼り付けて、娘(里見有紀恵)婿の鈴木隼人を当選させ、小池百合子の側近の若狭勝を落選させ、その後、小池百合子を希望の党の代表を辞任させ、カジノ利権獲得を盤石のものとした

 さすがは、指定暴力団六代目山口組系福井康二容疑者らから自宅を銃撃されても、金の力で、全てを隠ぺいするサトノ軍団総帥の里見治会長であり、「勢いで行っちゃった」と『サトノ祭り』で、娘(里見有紀恵)婿の鈴木隼人を当選させて、我が世の春を満喫していることであろう。

 なお、本物のヤクザは、自らの判断で、自宅を銃撃することは、決してなく、必ず、自宅を銃撃するように依頼した者が存在すると考えるのが自然である。(vol.27)


イヴァンカ・トランプに安倍晋三首相が57億円の上納へ!
(vol.28)

 2017年11月2日、ドナルド・トランプ大統領の長女のイヴァンカ・トランプが来日し、厳重な警備の中、皇居前広場などを散策した。

 2016年11月18日、安倍晋三首相がドナルド・トランプ大統領と真っ先に会談し、アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプ大統領の大スポンサーであった、世界一のカジノ王のアメリカのラスベガス・サンズのシェルドン・アデルソン会長に、日本におけるカジノ運営の利権を献上するためであったことが連想されたことは、まだ記録に新しい。

 その安倍晋三首相が、ドナルド・トランプ大統領に対して、日本におけるカジノ運営の利権を献上するだけでなく、長女のイヴァンカ・トランプに対して、イヴァンカ・トランプが主導したと称する基金「女性起業家資金イニシアティブ」に57億円を拠出することを表明した

 拠出の財源は、外務省の平成30年度新規要求事業の「女性起業家資金イニシアティブ拠出金」の会計区分が一般会計の14億円の要求分であり、つまるところ、国民の血税から成り立っている政府予算からこの基金に巨額の金を出そうとしているようだ。

 日本におけるカジノ運営の利権を献上するだけでなく、国民の血税を、ドナルド・トランプ大統領のご機嫌とりに使うとは、安倍晋三首相に、日本のかじ取りを任せていてもよいのであろうか?

 イヴァンカ・トランプに上納する57億円は、国民の血税から成り立っている政府予算から拠出するのではなく、『サトノ祭り』で日本のカジノ利権獲得を盤石のものにしたサトノ軍団総帥のセガサミー里見治会長からの裏献金から拠出して下さい。(vol.28)


カチコチの肉が好みのドナルド・トランプが訪日してピコ太郎の接待を受ける(vol.29)

 2017年10月4日、安倍晋三首相は、トランプ米大統領との電話会談で、日本は主権国家であるにも関わらず「日本国民は、トランプ大統領、米国国民と百パーセント共にある」と発言した上で、11月上旬に予定されるトランプ米大統領の来日について確認した。

 2017年11月3日、来日直前に、トランプ米大統領は、ハワイの真珠湾(パールハーバー)を就任後、初めて訪れ、旧日本軍に撃沈された戦艦アリゾナの上に立つ「アリゾナ記念館」で犠牲者の名前が刻まれた壁に向かって献花し、黙とうをささげた上で、「リメンバー・パールハーバー(真珠湾を忘れるな)」などと書き込んだ。

  トランプ米大統領は、「日本は武士の国」とか発言しているが、日本に武士は全体の数%しか存在せず、「市井の平民のジャーナリスト」佐藤昇は、「広島と長崎に原子爆弾を投下され、世界で唯一の被爆国とされた悲劇を忘れない」ことを宣言する

 2017年11月6日、来日中に、安倍晋三首相から、銀座の高級鉄板焼き店「うかい亭」で「トランプ仕様の特別ディナー」のカチコチの肉で接待され、晩餐会では、トランプ米大統領の孫娘のアラベラちゃんが大ファンだというピコ太郎の接待を受けた上、日本は主権国家であるにも関わらず、トランプ米大統領は、「日本は、アメリカの言い値で、巨額の兵器を購入するであろう」という趣旨の発言をした

 そして、安倍晋三首相は、日本は主権国家であるにもかかわらず、ドナルド・トランプ米国大統領を、北朝鮮による日本人拉致被害者の家族たちと面会させて、北朝鮮による日本人拉致被害者問題の解決までアメリカ任せにする意思を示した

 言うまでもないが、日本人が拉致されたのであり、アメリカに日本人拉致被害者を救出してもらうことはできないのだから、日本が直接やるしか、救出することができないことは明白な現実であり、100人以上いるはずの日本人拉致被害者を、アメリカ任せで救出することなど絶対にできないことは、平和ボケしていない者であれば、誰にでも分かることである。

 それにもかかわらず、2018年3月8日、ドナルド・トランプ米国大統領は、日本の頭越しで、日本との事前協議もなく、米朝首脳会談を開く意向を明らかにし、日本抜きで進行させる意思を示した

 そして、極めつけに、2018年3月22日、ドナルド・トランプ米国大統領は、「(米国を利用してきた)安倍晋三首相らは笑みを浮かべている。そういう日々は終わる」と警告してきた


「北朝鮮による日本人拉致問題」まで米国任せにする亡国の安倍晋三首相。週刊報道サイトの佐藤昇は、内閣官房拉致問題対策本部事務局からの認可をもらった上で「北朝鮮による日本人拉致問題」の公式バナーを週刊報道サイトのトップページに貼り、生存する日本人拉致被害者全員を取り戻すまで、「北朝鮮による日本人拉致被害者問題」に対する啓発報道活動を続けていく。(vol.29)

 週刊報道サイトの佐藤昇は、内閣官房拉致問題対策本部事務局からの認可をもらった上で「北朝鮮による日本人拉致問題」の公式バナーを週刊報道サイトのトップページに貼り、生存する日本人拉致被害者全員を取り戻すまで、北朝鮮による日本人拉致被害者問題に対する啓発報道活動を続けていく。(参考:北朝鮮関連記事:横田めぐみさんvol.1横田滋さんvol.2朝鮮総連1vol.3朝鮮総連2vol.4憲法記念日vol.5朝鮮総連3vol.6具次龍vol.7小泉純一郎vol.8公安のスパイvol.9平壌の喜び組キャバクラvol.10

 そんな亡国の安倍晋三首相に裏献金を続けていると吹聴されているのが、『サトノ祭り』で日本のカジノ利権獲得を盤石のものにしたサトノ軍団総帥のセガサミー里見治会長なのである。(vol.29


フランスのマクロン大統領は、ドナルド・トランプ大統領の最初の国賓として異例の歓待を受けたが、安倍晋三首相は、ドナルド・トランプ米国大統領の個人的接待として招かれただけのようだ(vol.30)

 日本国内の官製報道においては、安倍晋三首相とドナルド・トランプ米国大統領は、一緒にゴルフコースをまわる等しているから、極めて親密な仲なのではないかと、錯覚させるような官製報道を行っているが、実際は、ハーフの9ホールどころか、1〜2ホールだけをまわって、一緒にゴルフをしている場面だけを、メディア用に映像を撮らせているだけとの事情通の話もあり、その話は、ドナルド・トランプ米国大統領の安倍晋三首相に対する態度から、信憑性が極めて高いと思われる。

  なお、安倍晋三首相の訪米は、ドナルド・トランプ米国大統領の個人的接待として招かれただけのようだ。そして、何の成果もなく帰国した。

 一方、同時期に訪米していた、フランスのマクロン大統領は、ドナルド・トランプ大統領の最初の国賓として異例の歓待を受け、アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンの邸宅に案内され、米国議会あげて歓迎されて、イラン核合意における仲介役としての存在感を、米国だけでなく全世界に改めて認識させる等、大いなる成果を上げた。

 安倍晋三首相とフランスのマクロン大統領への対応の違いは、ドナルド・トランプ米国大統領の、夫婦同伴での写真を見比べれば、一目瞭然である。

 「日本国民は、トランプ大統領、米国国民と百パーセント共にある」と忖度発言しているのにもかかわらず、ここまでコケにされ続けている亡国の安倍晋三首相に裏献金をしていると吹聴されているのが、『サトノ祭り』で日本のカジノ利権獲得を盤石のものにしたサトノ軍団総帥のセガサミー里見治会長なのである。 (vol.30


ドナルド・トランプ大統領に「いくら金を出せるんだ?」とぶちかまされて、安倍晋三首相は「日本国民の血税の1兆円で」と返答したことが連想された。そして、後を付き従う。(vol.31)

 平成30年6月8日、米朝首脳会談開催前に、ドナルド・トランプ米国大統領から呼びつけられて、安倍晋三首相が訪米した。 ドナルド・トランプ米国大統領の目的は、平和ボケしていない者であれば、すぐに分かる。

 「米朝首脳会談するけど、日本は、いくら金を出せるんだ?

 言うまでもなく、日米首脳会談後の共同記者会見で、安倍晋三首相は「トランプ氏は北朝鮮が(非核化に向けて)行動するまで制裁を解除しないと言っている。日米は完全に一致している」と相変わらずの忖度発言をするが、ドナルド・トランプ米国大統領は同じ記者会見で「安倍総理は先ほど軍用機や航空機、それに農産物など数十億ドルに上る米国製品を購入すると約束した」ときちんと暴露した。

 それを見透かされていたから、平成30年5月26日、安倍晋三首相は、米朝首脳会談前の日米首脳会談に先駆けて、ロシアのモスクワのクレムリン(ロシア大統領府)へ赴き、日露首脳会談を行ったが、ロシアのプーチン大統領は、開始予定時刻に突然、新たに任命された閣僚との会合を開き、安倍晋三首相はホテルの部屋で待機させられ、会談後の記者会見も、時間がなくなったとするロシア側の強い意向を受け、質疑は取りやめとなった。

 すなわち、ロシアのプーチン大統領にとって、安倍晋三首相の存在とは、新たに任命された閣僚以下の存在であるとのメッセージを、全世界へ発信したのだ。

 日米安保条約がある限り、北方領土問題の解決などできないことすら理解できない蚊帳の外の亡国の安倍晋三首相に裏献金を続けていると吹聴されているのが、『サトノ祭り』で日本のカジノ利権獲得を盤石のものにしたサトノ軍団総帥のセガサミー里見治会長なのである。 (vol.31


ドナルド・トランプ米国大統領の目的は、北朝鮮の存在を承認して、国交を回復して、韓国との統一を検討していき、朝鮮半島の平和的解決を図ろうと試みることであり、 それは、ポンペオ国務長官を先に北朝鮮へ派遣して、核の廃棄と朝鮮戦争の終結と平和条約までも詳細に検討していたことから明らかである。しかし、安倍晋三首相に対しては何の情報も伝えなかった。(vol.32)

 平成30年6月12日の米朝首脳会談における合意文書に、「北朝鮮による日本人拉致問題」について全く盛り込まれなかった。

 ドナルド・トランプ米国大統領の目的は、北朝鮮の存在を承認して、国交を回復して、韓国との統一を検討していき、朝鮮半島の平和的解決を図ろうと試みることである。

 それは、ドナルド・トランプ米国大統領は、安倍晋三首相に対しては何の情報も伝えずに、ポンペオ国務長官を先に北朝鮮へ派遣して、核の廃棄と朝鮮戦争の終結と平和条約までも詳細に検討していたことから明らかである。

 すなわち、日本の官製報道によって煽り報道されていた北朝鮮危機とは、安倍晋三首相の指示によるでっち上げ国難報道であったことが推認される。

 亡国の安倍晋三首相が、2014年7月1日に、ゴリ押しして閣議決定で、集団的自衛権行使の容認を、2014年9月19日に、これまたゴリ押しして国会で、新安保法制を成立させた

 これで、自衛隊は、米軍の後方部隊として軍事行動に参加できるようになったことで、北朝鮮危機を煽り、日本の官製報道によって煽り報道させて、国難をでっち上げることができたことで、2017年10月の衆議院選挙で自民党は大勝し、サトノ軍団総帥のセガサミー里見治会長の次女の里見有紀恵の娘婿の経済産業省キャリア官僚であった鈴木隼人は、小池百合子の側近の若狭勝に勝ち、東京10区でトップ当選を遂げた。(vol.27

 そして、選挙後に、みずほ銀行からの融資で、みずほ銀行系ファンドが所有していた政府の刊行物を扱う出版社「ぎょうせい」を、破格の安値で購入した麻生グループ(参考:平成25年11月5日記事)の麻生太郎副総理は「北朝鮮のおかげで自民党は勝てた」と発言して、選挙を締めくっくた。

 北朝鮮非核化費用は、日本国民の血税ではなく、サトノ軍団総帥のセガサミー里見治会長からの裏献金で賄って下さい!(vol.32

 六代目山口組元組員福井康二被告に懲役11年6月 セガサミー里見治会長宅銃撃 日本経済新聞2018/6/15 17:30 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3182255015062018CC1000/

 遊技機器を手掛けるセガサミーホールディングス(東京)の里見治会長(76)宅に拳銃を発射したとして、銃刀法違反などの罪に問われた元暴力団組員、福井康二被告(70)の裁判員裁判で、東京地裁は6月15日、懲役11年6月(求刑懲役15年)の判決を言い渡した。

 判決理由で河本雅也裁判長は、福井被告がセガサミーを相手に民事訴訟を起こした会社と仕事上の付き合いがあったことから、里見会長を威嚇すれば、その会社から現金を受領できると考えたと指摘。

 「近隣住民に与えた恐怖や不安は大きい」と述べた。

 判決によると、2015年1月、元組員の山下宏佳被告(65)=銃刀法違反罪などで一審有罪、控訴=らと共謀。

 東京都板橋区の里見会長宅に向けて拳銃を発射し、門灯や車庫のシャッターを壊した。〔共同〕(vol.33

 セガサミー里見治会長宅銃撃事件の首謀者として、懲役11年6月の判決を言い渡された六代目山口組元組員福井康二被告、殺しの軍団として恐れられた柳川次郎三代目山口組柳川組々長のボディガートであったことが判明した。

 柳川組とは、三代目山口組の全国制覇第一先鋒部隊として、冷酷無惨な戦闘力で、近畿から北陸、更には北海道まで、全国1道2府10県に進出し、三代目山口組時代に二次団体でありながら広域暴力団に指定された唯一の組織であった。

 その柳川次郎三代目山口組柳川組々長のボディガートであったということは、福井康二被告は、ヤクザとしては、生粋の選りすぐりの人材であるということを物語る。

 そんなヤクザエリートの福井康二被告が、河本雅也裁判長が指摘するような、かつて、セガサミーを相手に民事訴訟を起こした会社と仕事上の付き合いがあったことから、里見治会長を威嚇すれば、その会社から現金を受領できるなどと考えるであろうか?

 本物のヤクザとは、自らの判断で、里見治会長の自宅を銃撃することは決してなく、必ず、里見治会長の自宅を銃撃するように依頼した者が存在すると考えるのが自然である

 一体、かつて、セガサミーを相手に民事訴訟を起こした会社とは、どこの会社なのであろうか? vol.34


安倍昭恵首相夫人は私人でありながら、安倍晋三首相と動く官邸「政府専用機」に乗って、米国や露国へ行き、官邸では、鈴振り霊能者「菅沼奏香」と面会する(vol.35)

 「私(安倍晋三首相)は、妻(安倍昭恵)はですね。妻(安倍昭恵)は、私(安倍晋三首相)は公人でありますが、妻(安倍昭恵)は私人なんですよ、それで。いちいちですね、その妻(安倍昭恵)の、妻(安倍昭恵)をまるで犯罪者扱いにですね。そんなことをやるのは極めて私(安倍晋三首相)は不愉快ですけどね。極めて不愉快ですよ。本当に私(安倍晋三首相)は不愉快ですよ。」と2017年3月1日の参院予算委員会において、亡国の安倍晋三首相は言い放った。

 公人の安倍晋三首相が、「日本国民は、トランプ大統領、米国国民と百パーセント共にある」と発言し、日本は主権国家であることを忘れ、アメリカ合衆国51番目の州知事として、ワシントンのドナルド・トランプ大統領のもとへ行く時や(vol.29)、新たに任命された閣僚以下の存在の扱いをされるロシアのプーチン大統領のもとに行く時に(vol.31)、私人の安倍昭恵首相夫人は、本来、公人しか乗れないであろう動く官邸「政府専用機」に伴に乗って行く。

 更には、私人の安倍昭恵首相夫人は、人間が忘れている記憶を感じてお伝えする世界「KAMIスタイル」という新興宗教の教義のようなものを教え、「神鈴」という鈴を振れば悩みを取り除くことができると説く鈴振り霊能者「菅沼奏香」を、本来、公人しか使えないであろう官邸に招いて面会する

 佐藤昇をはじめ日本国民の大半は、本当に不愉快であり、極めて不可解です。(vol.35

 
SPに周辺警護させ、安倍晋三事務所と自宅の住所と電話番号が記載された名刺を広く配布する安倍昭恵首相夫人は私人なのだろうか?(vol.36)

 SPに物々しい周辺警護させる中、仁王立ちする安倍昭恵首相夫人。

 人間が忘れている記憶を感じてお伝えする世界「KAMIスタイル」という新興宗教の教義のようなものを教え、「神鈴」という鈴を振れば悩みを取り除くことができると説く鈴振り霊能者「菅沼奏香」を、官邸に招いて目にかけているだけあり、悟りが開けている様子だ。

 だから、公人である安倍晋三首相の安倍晋三事務所と自宅の住所と電話番号が記載された名刺を広く配布できるのであろう。

 そんな安倍昭恵首相夫人とは私人なのだろうか?vol.36)


麻原彰晃ら死刑囚7人の刑執行を翌日に控え、豪雨被災地域に大雨予報も出ていた平成30年7月5日の夜に、赤坂自民亭と称する飲み会を開き、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法を可決、成立させることの前祝の祝杯をあげる亡国の安倍晋三首相ら(vol.37)

 平成30年7月20日、、世論の多数の反対論を押しのけ、数の力をもって、超党派の「国際観光産業振興議員連盟(IRカジノ議連)」でかつて最高顧問を務めていた安倍晋三首相は、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法を可決、成立させ、第196通常国会は22日の会期末を前に事実上閉会した。

 よって、日本国民の財産を、アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプ大統領の大スポンサーであった、世界一のカジノ王のアメリカのラスベガス・サンズのシェルドン・アデルソン会長へ、日本におけるカジノ運営の利権の名目で献上することが合法的に認められ、このカジノ解禁によって、日本を売国し亡ぼす亡国のカジノ)ことが決定的になった。

 亡国の安倍晋三首相とその一味が、日本の国益など大局的な観点を持たず、その場その場の目先しか見えていないことは、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法を可決、成立させることを、石井啓一国土交通相が豪雨被害対応より優先させたり、上川陽子法相が翌日にオウム事件の麻原彰晃(本名: 松本 智津夫)ら死刑囚7人の刑執行を控え、被災地域に大雨予報も出ていた7月5日の夜に、東京・赤坂の議員宿舎で「赤坂自民亭」と称する飲み会を開き、「和気あいあい」(西村康稔官房副長官)と「大変な盛り上がり」(片山さつき参院議員)を魅せていることからも明白である。

 日本におけるカジノ解禁は、百害あって一利なしであることを、取材で追っていく。(vol.37

 平成30年8月3日、日本と北朝鮮の外相が国際会議の開かれているシンガポールで接触したが、複数の日朝関係筋によれば、北朝鮮側は、日本との正式な会談に関心を示していなかったという。

 確か、金正恩氏は、平成30年6月12日の米朝首脳会談(vol.32)などで、日朝首脳会談に前向きな考えを示したはずだ。

 すなわち、亡国の安倍晋三首相は、最初から、ドナルド・トランプ大統領に、図られていたことが連想される。

 亡国の安倍晋三首相は、カジノが成長戦略の目玉となり、インバウンド(外国人観光客)の増加や地域振興に役立つと説明し続けたが、そもそも、日本観光への期待は、「日本食を食べること」「ショッピング」「自然・景勝地の観光」などである。

 そして、セガサミーホールディングス株式会社の運営する、北東アジア初の韓国型の統合型リゾートである「Paradise City」がある韓国などの例を見ても、カジノが設置された町は、借金で自殺者が増加するなどしてすさんでいき、その地域に与える負の影響の方が懸念される。

 それにもかかわらず、平成30年7月20日、超党派の「国際観光産業振興議員連盟(IRカジノ議連)」でかつて最高顧問を務めていた安倍晋三首相は、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法を成立させた。

 そして、日本国民の財産を、アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプ大統領の大スポンサーであった、世界一のカジノ王のアメリカのラスベガス・サンズのシェルドン・アデルソン会長へ、日本におけるカジノ運営の利権の名目で献上することが合法的に認められ、またもや、ドナルド・トランプ大統領に、図られたことが連想された。

 引き続き、日本におけるカジノ解禁は、百害あって一利なしであることを、取材で追っていく。 (vol.38

 

 賭場の胴元とは、張り子(客)に持ち金を全て使わせるだけでなく、その後、張り子(客)にいかに借金させて張らせるかが、腕の見せ所となる。

 平成30年7月20日、亡国の安倍晋三首相が、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法を成立させたが、カジノ事業者が賭け金を貸す金融業務の仕組みが許されるのかは、明確にしないまま成立させた。

 なお、法案によると、カジノ施設内では、現金自動受払機(ATM)の設置や貸金業者による営業が禁止されるが、外国人と一定の預託金をカジノ事業者に預けた日本人に対し、カジノ事業者は賭け金を貸せることは決めたが、貸付対象者を富裕層と想定しており、預託金の額も、法成立後にカジノ管理委員会規則で定めるという曖昧なものだ。

 日本において、貸金業者は、貸金業法改悪により、本当につなぎ資金の必要な中小零細企業への資金供給を止め、お上の言うことを聞くことのない反骨心旺盛な者の多い貸金業者を殲滅し、事実上、現在の日本には、お上の言うことを忠実に聞く銀行系以外の独立した貸金業者は存在しなくなった。

 そして、貸金業者に適用される貸金業法においては、貸付対象者の返済能力を考慮し、貸付対象者への貸付金額を年収の3分の1に制限しているが、カジノでの貸し付けが、カジノ事業者は貸金業者ではないという理屈で、法規制の対象にならないことは大きな問題だ

 なぜならば、カジノ事業者とは、セガサミー里見治会長を代表として、時の権力者にベッタリで、庶民からの視点からすると、裏の取り決めで、私腹を肥やすことが透けて見えるからだ。

 日本のカジノは世界最高水準の規制であるとお上は高らかに謳っているが、現実の日本の闇カジノの貸金業者は『明け一割』、すなわち、翌日もしくは数日後に、賭場で借りた元金に一割の利息を乗せて返済するのが約束事である。

 世界最高水準の規制とする日本のカジノ事業者の貸付金利は、いくらに定めるのであろうか?

 引き続き、日本におけるカジノ解禁は、百害あって一利なしであることを、取材で追っていく。(vol.39

 日本人の国民性とは、パチンコ程度の賭博で、ギャンブル依存症が社会問題になるような、ある種、生真面目な国民性である。

 パチンコによるギャンブル依存症が、社会問題になっているにもかかわらず、首都圏から地方まで、万遍なく至る所に、気軽に遊べると称して、ギャンブル依存症への入り口であるパチンコ店が存在する。

 特に日本人に多い傾向として、ギャンブルで負けていると勝つまでやる、すなわち、負けている分を勝って取り返すのだと熱くなり、負けが込んできても、最後の大博打を打って勝って取り返すのだとのある種の特攻精神を発揮してしまう者が多い。

  本来、賭博で潮目の悪い時は、負けていても、気持ちを切り替えて、飲みに行ったりして、その日は、素直に負けて、また、後日、潮目が良い日に取り返すという、粋な心構えが必要なのである。

 そんな、特攻精神を発揮する者の多い日本人に、既報のように、カジノ事業者が賭け金を貸す金融業務の仕組みが許され、カジノ事業者が、張り子(客)に賭け金を貸し続ければ、その張り子(客)の人生は、間違いなく破綻する

 張り子(客)の人生の破綻を、入場料を徴収した上、入場できる日数や時間制限を設けただけで、防ぐことができるとは到底考えられない。

 引き続き、日本におけるカジノ解禁は、百害あって一利なしであることを、取材で追っていく。 (vol.40

 
井川意高氏は言った「日本でカジノを作ってもうまく行かないでしょう」(vol.41)

 106億円をカジノで熔かしたことで、カジノで作った借金を返済するために、大王製紙の関連会社から巨額の資金を不正に借り入れたことが特別背任罪として有罪となり、2013年7月に懲役4年の刑が確定し、3年2カ月服役し、2016年12月14日に仮出所した、カジノの闇を熟知している井川意高大王製紙元会長は「カジノは日本ではうまく行かない」との意見である

 そこで、井川意高氏の意見を考察してみる。

 賭場の胴元とは、張り子(客)に持ち金を全て使わせるだけでなく、その後、張り子(客)にいかに借金させて張らせるかが、腕の見せ所であることは既報の通りである。(vol.39

 その貸付金利等のカジノ事業者が賭け金を貸す金融業務の仕組みの件は、後に考察するとして、カジノ事業者による貸付債権の回収についての井川意高氏の意見を紹介する。

 「中国人のVIPは基本的に手ぶらで来ます。最初遊んで、ある程度信用ができれば、カジノは20億円くらいは平気で貸す。そこで問題となるのは、彼らが負けた場合、日本人が中国まで取立てに行かなければならなくなることです。シンガポールやマカオでは、長年の経験から強面の人達を使ったりして取立てるノウハウがある。カジノで遊ぶ中国の有力者は、地元の警察やらを全て押さえていますからね。日本人が返済を迫ったところで相手にされません。安倍晋三総理は、そういう取立てのリスクをどこまで考えているか疑問です」

  また、日本人の国民性とは、パチンコ程度の賭博で、ギャンブル依存症が社会問題になるような、ある種、生真面目な国民性であり、負けている分を勝って取り返すのだと熱くなり、負けが込んできても、最後の大博打を打って勝って取り返すのだとのある種の特攻精神を発揮してしまう者が多いことは既報の通りである。(vol.40

  その日本人のギャンブルで借金をつくった人間の心理についての井川意高氏の意見を紹介する。

 「今は負けていても、いずれカジノで勝って返せると考えていました。」

 「カジノで地獄を見るのは、負けたときにカジノでお金を借りるからなのです。」

 「カジノ狂いになった人間からすれば、数千円の入場料はどうかと思います。カジノに足を踏み入れた時点で入場料分の負けが発生しているわけですから、それを取り返そうと熱くなってしまう。時間制限を設ける案も、「終了間際に最後の大博打だ!」などと言って勝負してしまうかもしれない。むしろ犠牲者を増やすのではないでしょうか。回数を規制するのはぎりぎり効果があるかもしれませんが、入場料と時間規制はあさっての方向だと言わざるを得ません。」

 「カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案の議論が進んでいますが、官僚も議員もカジノで遊んだことのない人が議論しているのは問題です。」

 そして、井川意高氏は言った。

 「日本でカジノを作ってもうまく行かないでしょう」


 引き続き、日本におけるカジノ解禁は、百害あって一利なしであることを、取材で追っていく。(vol.41

 

 平成30年9月17日、ドナルド・トランプ氏が大統領を務めるアメリカ合衆国のプロボクサーで50戦無敗の5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(41才)が、安倍晋三氏が首相を務める日本国の東京都内で会見を開き、自身の会社「メイウェザー・ホールディングス」と、亀田興毅(31才)らが所属する協栄ジム、ローラやダレノガレ明美らが所属する芸能事務所LIBELAと共同で新会社「TMT(The Money Team)Tokyo」を立ち上げると発表した。

 メイウェザーは会見で20分近くにわたって自身の会社「メイウェザー・ホールディングス」の日本でのカジノビジネスについて語った

 メイウェザーは「メイウェザー・ファンドを、日本で立ち上げているところで、その話を、ちょうど昨日、今日としていたところだ。これから事業を展開できるように頑張りたい」と語り、その上で日本でのパートナーシップについて「カジノの世界にどんどん、進んでいってビジネスを展開したい」と即答した。

 平成30年7月の国会におけるカジノ法案審議において、亡国の安倍晋三首相が「ドナルド・トランプ大統領によるカジノ利権の口利きはなかった」と大嘘答弁をして、カジノ法案「特定複合観光施設区域整備法(IR法)」を強行採決して成立させたことを受け、カジノビジネスに強い意欲を見せた。

 メイウェザー・ホールディングス東京のブレントア・ジョンソンCEOも「カジノの世界を進め、ビジネスを展開したい」と続けた。

 さらに「LIBELAさんとのコラボレーションで、カジノの事業を、どんどん進めたい。2020年東京オリンピック開催地ということで、すごくポテンシャルがある」と、LIBELAとのコラボでのカジノへの進出に期待を寄せた。


 平成30年12月7日、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのフロイド・メイウェザーボクシングクラブにて、リングに設置された簡易会見場で、約30分間にわたって繰り広げられたメイウェザーの独演会の中での薄っぺらな思想がにじみ出ていた発言を紹介する。

 メイウェザーは「ファイトマネーは7桁」「ファンを楽しませる9分間のエンターテインメント」「いかに自分は稼ぐか」「ルールは全部自分に決断はゆだねられている。俺のルールで戦うのは当たり前。もし彼が蹴りを使うなら俺のファイトマネーが上がるだけだ。自分は相手のルールで戦うことはしない。自分と戦いたいならボクシングルールになるのが当たり前」と発言した。

 これを、メイウェザーの日本でのカジノ事業への考え方に置き換えると「カジノ事業での一日でのあがりマネーは7桁」「カジノ事業は日本人を楽しませるエンターテインメント」「いかに自分は日本でのカジノ事業で稼ぐか」「日本でのカジノ事業のルールは全部自分(アメリカ)に決断はゆだねられている。俺(アメリカ)のルールで商うのは当たり前。もし日本が日本国の法律を使うなら俺(アメリカ)のファイトマネーが上がるだけだ。自分(アメリカ)は相手(日本)のルールで戦うことはしない。自分(アメリカ)と戦いたいならボクシング(アメリカ)ルールになるのが当たり前」ということになるであろう。

 
「リングの王者」はメイウェザーだが、
ジャーナリストの王者」は佐藤昇である。
(vol.42)

 ボクシングしか知らない50戦無敗の5階級制覇王者フロイド・メイウェザーでも、ドナルド・トランプ米国大統領の口利き圧力で、日本国は米国の属国であることから、日本国民の反対を押し切って、平成30年7月の国会でカジノ法案「特定複合観光施設区域整備法(IR法)」を強行採決するような安倍晋三氏が首相を務める日本国でなら、アメリカのルールが適応されるので、軽く儲けられるとの薄っぺらな思想がにじみ出ていたメイウェザーの舐め切った会見であった。

 日本の「ジャーナリストの王者佐藤昇は、「私は、シニアボクシングにおいて、2階級制覇王者で史上歴代3位となる連続7回防衛しか成し遂げられず(参照:平成29年2月6日記事)、50戦無敗の5階級制覇王者で全てを成し遂げたフロイド・メイウェザーには、ボクシングのリングにおいては敵わないが、ジャーナリズムのリングにおいては、メイウェザーにも決して負けることはない『ジャーナリストの王者』であり、日本国の国益のため、そして、公益のために『カジノ解禁法案』に反対し続けていくと語った

 

  そして、最後に「平成最後の大晦日に、RIZIN14における異種格闘技戦『フロイド・メイウェザーVS那須川天心』でファイトマネーだけを稼いで帰ってほしい。日本において、アメリカのルールでカジノビジネスを進めて稼ぐとか、日本国を舐め切った思想は持たないでほしい」と語った。(vol.42)


天変地異を徹底的に利用している人気取りの露骨なうわべのポーズ作りのパフォーマンスだけして、その実は、ライバルである石破茂を磨り潰して最高権力者のポストに居座り続けることしか頭にない亡国の安倍晋三首相。(vol.43)

 平成30年8月5日、亡国の安倍晋三首相とその一味が、日本の国益など大局的な観点を持たず、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法を可決、成立させることを、石井啓一国土交通相が豪雨被害対応より優先させ、上川陽子法相が翌日にオウム事件の麻原彰晃(本名: 松本智津夫)ら死刑囚7人の刑執行を控え、被災地域に大雨予報も出ていた7月5日の夜に、東京・赤坂の議員宿舎で「赤坂自民亭」と称する飲み会を開き、「和気あいあい」(西村康稔官房副長官)と「大変な盛り上がり」(片山さつき参院議員)を魅せた(vol.37)件で、失墜した信頼を回復しようと、自衛隊機で広島空港へ行き、東広島市の崩落現場などを視察した。

 被災者たちは、毎日、泥だらけのデコボコ道を歩いているのに、亡国の安倍晋三首相は、ピカピカの整備された道しか歩かない。 そして、視察先の避難所に入口には、外から戻った人が泥を落とすためのタオルが敷かれているが、視察の日は、亡国の安倍晋三首相用に新品のものが用意される。

 また、豪雨以来、被災地地域の道路は、高速道路が通行止めになったり、電車が不通になったりして、大渋滞になっているが、亡国の安倍晋三首相を乗せた車が通る時は、10分前くらいから信号を全部青にして、他の一般車は全部足止めにして、現地を更なる大渋滞にする。

 そして、現地視察に費やした時間は約4時間でしかなく、移動時間を除くと2時間足らず(98分)で、まだまだ視察な可能であったにもかかわらず、外の日差しはまだ強いPM5:05に、海沿いの豪華リゾートホテル「グランドプリンスホテル広島」に亡国の安倍晋三首相は引き上げた。

 そして同夜、このホテルに岸田文雄政調会長が駆け付け、夜景の見える22階の高級レストラン「ステーキ&シーフード ボストン」で亡国の安倍晋三首相と会食をし、総裁選対策に精を出したことが連想された。

 本来は、豪雨被災地の真実の現況を知るために、被災者たちの生活ぶりを、あえて、現場をそのまま、できる限りの時間を割いて視察するべきであるのに、被災者たちの気持ちを無視し、平成30年9月20日の自民党総裁選のために、天変地異を徹底的に利用している人気取り視察であることが明白である傲慢なスケジュールを組み、まだまだ視察可能であるにもかかわらず、早々と豪華ホテルに引き上げるような、被災者のことなど頭になく、天変地異を徹底的に利用している人気取りの露骨なうわべのポーズ作りのパフォーマンスだけして、その実は、ライバルである石破茂(いまこそ石破茂に問う:平成30年12月24日記事)を磨り潰して最高権力者のポストに居座り続けることしか頭にない亡国の安倍晋三首相に、日本国の財産を、日本におけるカジノ運営の利権の名目で献上させることを図るドナルド・トランプ大統領の思惑(vol.38)にのらないような、日本国の国益にかなうカジノ運営ができるのであろうか?

 
井川意高氏は言った「日本でカジノを作ってもうまく行かないでしょう」(vol.41)

 井川意高氏は言った、「日本でカジノを作ってもうまく行かないでしょう」(vol.41

 
ボクシングではメイウェザーが勝利するが、ジャーナリズムでは佐藤昇が勝利する。(vol.42)

 「ジャーナリストの王者」佐藤昇は言った、「メイウェザーには、ボクシングのリングにおいては敵わないが、ジャーナリズムのリングにおいては決して負けることはない。日本国の国益のため、公益のため『カジノ解禁法案』に反対し続けていく」(vol.42

 引き続き、日本におけるカジノ解禁は、百害あって一利なしであることを、取材で追っていく。 (vol.43


亡国の安倍晋三首相は、石破茂をあらゆる手段を尽くし、徹底的に磨り潰す狭量な選挙戦術で自民党総裁選挙連続3選を果たしたが、五か月後に石破茂派閥排除で連続3選祝勝会を首相公邸で極秘で行う狭量さを魅せる! (vol.44)

 平成30年9月20日、亡国の安倍晋三首相は、日ごろ政治家と直に接する機会のない一般の方々から圧倒的な支持を受けているライバルの石破茂いまこそ石破茂に問うをあらゆる手段を尽くし、徹底的に磨り潰す選挙戦術で自民党総裁選挙連続3選を果たした

 亡国の安倍晋三首相の狭量な選挙戦術を紹介していく。

 亡国の安倍晋三首相は、天変地異を徹底的に利用し、関西豪雨被害(参照:平成31年1月21記事)や北海道地震の度重なる災害が原因で、自民党執行部から自民党員への投票用紙の発送が遅れ、近畿圏では、支部責任者のところに投票用紙が束になって留め置かれ、期日前に投票ができない自民党員がたくさん発生して、地方票(国会議員以外の自民党員・党友の票)に強い石破茂(いまこそ石破茂に問う)を不利な状況に追い込んだ。

 また、亡国の安倍晋三首相は、天変地異を徹底的に利用し、関西豪雨被害(参照:平成31年1月21記事)や北海道地震の度重なる災害を口実に、自民党総裁選挙戦の活動自粛を宣言したが、それは、全国に約104万人いる自民党員の選挙運動期間を短縮して、人海戦術を取れる安倍晋三首相を有利な状況にして、人員と物量で劣る石破茂(いまこそ石破茂に問う)に巻き返しをできなくするために、わざわざ活動自粛を宣言したのである。

 更には、亡国の安倍晋三首相は、男女を問わず、周りに侍る茶坊主議員たちに「もう石破茂いまこそ石破茂に問うが浮上してこられないくらい叩きのめす」と吹聴させ、「石破茂いまこそ石破茂に問うを木っ端微塵にして、息の根を止める」ことを目標としたエゲつない手段を取った。

 その証左として、石破茂(いまこそ石破茂に問う)支持を表明していた斎藤健農林水産大臣には、安倍晋三応援団茶坊主議員から「石破茂(いまこそ石破茂に問う)を支持するなら大臣を辞任しろ」や「斎藤健よ、内閣にいるんだろ。石破茂(いまこそ石破茂に問う)を応援するんだったら辞表を書いてからやれ」という圧力がかかっていた。

 また、小泉進次郎筆頭副幹事長には、二階俊博幹事長や菅義偉官房長官が、小泉進次郎筆頭副幹事長の言動で流れが変わることを怖れ、「安倍晋三か石破茂(いまこそ石破茂に問う)か、平成30年9月20日の投票日まで旗幟鮮明にしないでほしいと説得した

 言うまでもないが、小泉進次郎筆頭副幹事長、前回の2012年の総裁選でも石破茂を支持しており、今回の総裁選でも支持すると見られていた。

 そのような背景から、小泉進次郎筆頭副幹事長は、投票当日の平成30年9月20日に石破茂(いまこそ石破茂に問う)支持を表明したが、総裁選が始まった時点で石破茂(いまこそ石破茂に問う)支持を表明していれば、少なくない票が確実に石破茂(いまこそ石破茂に問う)に流れていたはずだ。

  そして、総裁選の結果は、国会議員票は亡国の安倍晋三首相329票、石破茂(いまこそ石破茂に問う)73票、地方票(国会議員以外の自民党員・党友の票)は、亡国の安倍晋三首相224票、石破茂(いまこそ石破茂に問う)181票で、最終的には、亡国の安倍晋三首相553票、石破茂(いまこそ石破茂に問う)254票となり、亡国の安倍晋三首相が自民党総裁選挙連続3選を果たした。

 そして、五ヵ月後の平成31年2月6日の夜に、亡国の安倍晋三首相は、連続3選を果たした平成30年9月20日の自民党総裁選の祝勝会名目で、自分と石破茂派閥を除く6派閥の事務総長だけで首相公邸において極秘に会食する狭量さを魅せた

 石破茂いまこそ石破茂に問う、亡国の安倍晋三首相の狭量さに対して「意図は分からないが堂々とやるべきだ。(公邸)裏口から(各派事務総長が)入る姿勢はいいとは思わない。」とコメントした。

 二階俊博幹事長、恥を知るという概念を持ち合わせておらず、大樹総研の矢島義也会長が黒幕とされる5千万円の「裏金」貸付を受けた細野豪志(民主党議員(細野豪志ら)が群がる大樹総研(矢島義也オーナー)という実態のない団体の正体。乱交パーティーか?:平成25年10月25日記事)を自派閥に受け入れることのできる度量のある人物であるが、亡国の安倍晋三首相の狭量さに対して「つまらないことだ。みんな愉快に思うか?内緒にするほどのことではない。」とコメントした。

 そのような最高権力者のポストに居座り続けることしか頭にない亡国の安倍晋三首相に、日本国の財産を、日本におけるカジノ運営の利権の名目で献上させることを図るドナルド・トランプ大統領の思惑(vol.38)にのらないような、日本国の国益にかなうカジノ運営ができるのであろうか?

 
井川意高氏は言った「日本でカジノを作ってもうまく行かないでしょう」(vol.41)

 井川意高氏は言った、「日本でカジノを作ってもうまく行かないでしょう」(vol.41

 
ボクシングではメイウェザーが勝利するが、ジャーナリズムでは佐藤昇が勝利する。(vol.42)

 「ジャーナリストの王者」佐藤昇は言った、「メイウェザーには、ボクシングのリングにおいては敵わないが、ジャーナリズムのリングにおいては決して負けることはない。日本国の国益のため、公益のため『カジノ解禁法案』に反対し続けていく」(vol.42

 引き続き、日本におけるカジノ解禁は、百害あって一利なしであることを、取材で追っていく。 (vol.43


カジノ議連元最高顧問安倍晋三首相がカジノ解禁法案成立を手土産にした朝貢外交で、トランプへ世界で一番早いご機嫌取りに馳せ参じたのか?


亡国の安倍晋三首相を踏み台にして、ソフトバンクの孫正義が日本の財界人のナンバー1へ(vol.3)

 
里見治会長から、次女の里見有紀恵をあてがわれ、比例東京ブロックで比例単独候補の名簿1位で衆議院議員になった娘婿の鈴木隼人(vol.3)


亡国の安倍晋三首相の目指す「美しい国、日本」の衆議院本会議場
(平成28年12月15日未明、亡国のカジノ解禁法案を可決する風景)

 
歪んだ思考を持つ韓国型の統合型リゾート
「Paradise City」の模型 (vol.11)


「運が向いてきた。今は、見える世界が全然違う」と興奮を隠さず
我が世の春を満喫するが(vol.5)、指定暴力団神戸山口組系組員により自宅へ拳銃を発砲されるようなセガサミーの里見治会長(vol.12)(vol.13)に、日本中央競馬会(JRA)の馬主登録をさせていても良いのであろうか?(vol.14)

 

 <復習>

 平成28年10月23日の競馬の菊花賞において、里見治会長が馬主であるサトノダイアモンドが、苦節24年で念願のG1制覇を決めた。

 その馬主である里見治会長がのん気に馬を引いている映像を見ていた広域指定暴力団関係者が「昔散々世話になった恩義ある人間を平気で裏切るような、義理も人情もない最低の人間である里見治を絶対に許せないという思いが、心の底から湧きあがってきた」と言って、週刊報道サイトの事務所を訪れてきた。

 そして、捜査当局が、未だ銃撃実行犯を逮捕できていない迷宮入り事件への扉が開いた。(予告編

 広域指定暴力団関係者「よう!ブラックジャーナリスト!山岡俊介と面白い喧嘩してんナ!山岡俊介のことはよく知ってるゼ」(参照:アクセスジャーナル平成28年3月17日記事

 佐藤昇  「ありがとうございます。必ず、山岡俊介に勝って、私(佐藤昇はナンバー1になります暴力団関係者御用達の山岡俊介が見事に敗れ去る姿を、楽しんで観ていて下さい」

 広域指定暴力団関係者 「(失笑)あのヨ、セガサミーの里見(治)の自宅撃ち込まれてんだろ。あの事情知ってるゼ」

 佐藤昇  「私は、山岡俊介のようなブラックではないジャーナリストとして、カジノ解禁には反対の立場です。だからセガサミーの里見(治)会長が、ヤクザ(暴力団)関係者との交際があることを、報道の立ち位置で取材活動によって立証できれば、IRカジノ議連(国際観光産業振興議員連盟)がカジノ解禁法案(カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法案)を強引に成立させたとしても、セガサミーへカジノ運営者としての認可がおりなくなるので、このセガサミー里見治自宅銃撃事件の真相は、大変興味あります」

 広域指定暴力団関係者 「分かった。それじゃ、教えたる」

 そして、広域指定暴力団関係者は、セガサミー里見治自宅銃撃事件における里見治会長の過去から現在の人間関係によって引き起こされたトラブルから、自宅銃撃に至る詳細を語ってくれた。

 佐藤昇  「でも、セガサミーのケツ持ちが関東の反社会的勢力ではなく、関西方面の反社会的勢力であったなんて、皆予想できないでしょうね」

 広域指定暴力団関係者 「パチンコで有名なグループはどこが思い浮かぶ?」

 佐藤昇  「マルハンです。マルハンの韓昌祐会長は、私の朝日新聞を正す活動に対して、日韓友好のために『頑張れよ!』と、日本国と韓国の架け橋の象徴である民団の会長を務めていた過去があるにもかかわらず、励ましのお声をかけてくれるような帰化された立派な日本人でした」(参照:平成27年6月30日記事

 広域指定暴力団関係者「ハッハッハッ。そういうこっちゃ」

 佐藤昇  「なるほど」

 広域指定暴力団関係者「とにかく、俺は、昔散々世話になった恩義ある人間を平気で裏切るような、義理も人情もない最低の人間である里見治を絶対に許せねえんだ」 (vol.1

 かつて、日本においての賭場では、今風に言えば、24時間営業でバクチを打っていた。

 そこには、丼の中にシャブ(覚せい剤)が適量に溶かして置いてあり、皆で、数本置いてある注射器で回し打ちして、バクチ特有の高揚感を満喫していた。

 なお、昔の博徒は、シャブの回し打ちが原因の肝炎を患っている者が多い。

 バクチ参加者の中で、負けが込んでくると、運気を付けると言って、隣の部屋に遊女と入り、シャブ(覚せい剤)を効かせて不純異性交遊の交尾を行い、賭場に戻ってきて、バクチを続けた。

 なお、交尾による運気付けは長くは続かず、一時的に勝っても、最終的には負けていることが多い。

 言うまでもなく、高揚感あるバクチの宴の後は、カネ(借金)やシャブ(覚せい剤)やオンナ(売春と性病)の問題が発生する

 更に、深く解説すれば、日本においては、パチンコ程度の射幸性で、ギャンブル依存症が社会問題化する国であるのに、カジノというパチンコとは比較にならない射幸性の高いバクチを解禁すれば、パチンコのギャンブル依存症程度では済まなくなることは明白である。

 そして、カジノのギャンブル依存症から、返済能力を超えた借金をカジノで作り、仕事を失い、定職を持てない者が続出することは明白である。

 その、定職のない者がカジノ場周辺を徘徊し、治安が悪化し、美観も悪化していく。

 アメリカのラスベガスは、砂漠の中にある陸の孤島で、そこに、強力なマフィアと強力な軍隊が、その者らを暴力で抑えて治安と美観を保っている。

 しかし、日本では、暴力による支配は悪であるとの認識が浸透してしまっている。

 そんな日本で、定職もなく、ギャンブル依存症を患った、借金漬けの者らを制御できるのであろうか?

 そして、カジノ場とは、昔の赤線地帯である。

 そこに、売春は付きものであり、外国人から様々な性病が持ち込まれる。

 その日本では蔓延していない外国の性病をきちんと管理できる態勢を、売春を禁止している日本で、きちんと整えることができるのであろうか?

 カジノを運営するということは、「ギャンブル依存症による借金問題」「定職に就かない者らへの暴力制御」「治安と美観の保持」「売春と性病の管理」を完全に解決できるシステムを構築できていなければ、やってはいけないことであり、国を亡ぼすことになりかねない。

 よって、亡国のカジノは、日本にはいらない!(vol.2

 日本の政党政治は死に絶えた!。

 カジノ解禁が日本を亡ぼす(亡国のカジノ)ことになることも考えられるのに、そこまでして、トランプ大統領率いるアメリカ合衆国に朝貢しなければならないのか?

 なお、平成28年11月18日、安倍晋三首相がトランプと真っ先に会談したのは、アメリカ大統領選挙でトランプの大スポンサーであった、世界一のカジノ王のアメリカのラスベガス・サンズのシェルドン・アデルソン会長に、日本におけるカジノ運営の利権を献上するためであったことが連想されてくる。

 言うまでもなく、サンズのアデルソン会長は「日本でカジノ解禁となれば1兆円規模を投資する」と公言しており、カジノ運営で日本への進出を熱望している。

 日本でカジノ解禁となれば、サンズのアデルソン会長の懐が潤い、トランプにとっても大きなメリットになることが連想されてくる。

 なお、サンズのアデルソン会長が、カジノリゾート事業を始める前に、所有するCOMDEXというコンピューターの見本市の会社を、1995年に約8億ドルで買ったのがソフトバンクの孫正義であり、その売却で得た資金でラスベガス・サンズを買収し、カジノリゾート事業を展開するきっかけになった経緯がある。

 だから、平成28年12月6日、ソフトバンクの孫正義が日本の財界人の中でトランプと真っ先に会談できたことが連想されてくる。

 そして、今期国会において、全ての政党は猿芝居を演じながら、裏でカジノ献金を受け取っていることが連想され、平成28年11月30日に、「カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法案(カジノ解禁法案)」を衆議院内閣委員会で12月2日に審議入りさせ、たった6時間の審議の末、12月6日に衆議院本会議で可決、通過させ、なんと今国会会期末の12月15日未明に議員立法により異例の早さで成立させた。

 一時の民進党執行部の反対も、裏で貰うカジノ献金の金額を吊り上げるためのパフォーマンスに過ぎなかったようだ。

 カジノを運営するということは、「ギャンブル依存症による借金問題」「定職に就かない者らへの暴力制御」「治安と美観の保持」「売春と性病の管理」を完全に解決できるシステムを構築できていなければ、やってはいけないことであり、国を亡ぼすことになりかねない。 (亡国のカジノ

 それを、世論の多数の反対論を押しのけ、数の力をもって、異例の早さで議員立法により成立させた、超党派の「国際観光産業振興議員連盟(IRカジノ議連)」でかつて最高顧問を務めていた安倍晋三首相は亡国の総理大臣であることは間違いなさそうだ。

 そして、亡国の安倍晋三首相を踏み台にして、ソフトバンクの孫正義が日本の財界人のナンバー1になりそうだ

 また、セガサミーホールディングス株式会社の里見治会長は、2013年9月16日に、次女の里見有紀恵の娘婿として、経済産業省キャリア官僚であった鈴木隼人をあてがい、その結婚披露宴には亡国の安倍晋三首相を招いた

 そして、2014年12月2日に、亡国の安倍晋三首相率いる自由民主党の比例東京ブロックから比例単独候補として事実上の名簿1位で登録させ、鈴木隼人を衆議院議員に押し込んだ

 セガサミーホールディングス株式会社の里見治会長にとっては、亡国のカジノの利権とは、獲るためには金をいくら注ぎ込んでも、全く惜しくない程、美味しい利権のようだ。

 また、亡国の安倍晋三首相が「景気回復、この道しかない」と異例の早さで議員立法により「カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法案(カジノ解禁法案)」を成立させたことは、アベノミクスが既に破たんしているという事実を雄弁に語っている。

 そのため、現在、複数の著名な上場企業がM資金の申込を、現実に行っている歴然とした事実が存在する。

 これが、亡国の安倍晋三首相が目指す「美しい国、日本」なのである (vol.3

 ○広域指定暴力団●●が語った平成27年1月14日里見治氏自宅銃撃事件の真相の告発についての取材申込書

〒105-0021 東京都港区東新橋1−9−2汐留住友ビル

セガサミーホールディングス株式会社 代表取締役 里見治 御中

〒173-0011 東京都板橋区双葉町31−7

里見治(セガサミーホールディングス株式会社代表取締役) 御中

 突然の取材申込書、恐縮でございます。

 私、佐藤昇は、東京地方裁判所民事第9部による平成27年(ヨ)第59号の決定により、公式にジャーナリストとして認定されている者です。

 現在、私がジャーナリストとして、平成27年1月14日の里見治氏自宅銃撃事件にかかわる取材を進めておりますと、今週に入り、突然、広域指定暴力団●●が、弊社事務所を訪れ、その銃撃事件が発生した原因である数十年前から続いているというトラブルとその真相を詳細に告発してくれました。

 私が、捜査当局すら、銃撃実行犯を未だ逮捕できていない重大事案の真相を、なぜ、弊社に告発してくれるのかを尋ねたところ、平成28年10月23日の競馬の菊花賞において、サトノダイアモンドが優勝し、その映像に、里見治氏がのん気に映っているのを見ていたら、「昔散々世話になった恩義ある人間を平気で裏切るような、義理も人情もない最低の人間である里見治を絶対に許せないという思いが、心の底から湧きあがってきたからだ」との返答でした。

 セガサミーホールディングス株式会社は東証一部上場企業として、社会的に公の責務を担っている企業であり、また、その代表取締役である里見治氏も、社会的に公の責務を担っている人物であります。

 そして、近い将来、カジノ法案が可決された後には、国内企業が開催するカジノを請け負うにあたり、第一候補ともいわれるセガサミーホールディングス株式会社の代表取締役である里見治氏が、広域指定暴力団●●と関係があり、そして、閑静な住宅街で、反社会的な自宅銃撃事件を引き起こすような、反社会的なトラブルを内包しているとなれば、それは、ジャーナリストとしても、見過ごすことのできない事実であり、その広域指定暴力団●●の告発への世間の関心度は高く、その告発内容を世間に周知させることは、公共性があり、社会の利益に繋がっていくと考えております。

 そこで、この広域指定暴力団●●の告発の真偽を確認したいので、直接面談の上での取材申込を致します。

             質 問 要 件

 広域指定暴力団●●の告発にある、昔散々世話になった恩義ある人間を平気で裏切り、義理も人情もない対応をしたことにより、現在も、反社会的なトラブルを抱えていることは事実でありますか?

 日程は貴殿のご予定に合わせますので、直接面談の上で、上記の質問への見解を直接拝聴し、ご指導賜りたく存じます。

 本質問状送達後7日以内の11月2日までに、封書やFAXやメール等にて御返答いただきたく存じますので、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 なお、万一、御返答なき場合は、上記質問要件を黙認し事実と認めたものと受け止め、「週刊報道サイト」のサイト上及び同封の月一度発行している新聞媒体上にて、本件取材申込の経緯や、数多く寄せられて着ている里見治氏に関する噂も含めた、反社会的な自宅銃撃事件への広域指定暴力団●●の告発内容も含め、長期連載記事として掲載してまいります。

                平成28年10月26日

              東京都江東区亀戸2−42−6−304
              週刊報道サイト株式会社
              代表取締役 佐藤昇(vol.4

 平成28年12月25日、サトノダイヤモンドが菊花賞に続いて有馬記念も制し、馬主の里見治オーナーは「これだけドキドキ、エキサイトしたのは初めて。運が向いてきた。今は、見える世界が全然違う」と興奮を隠さず我が世の春を満喫した。

 その馬主の里見治オーナーの視線はサトノダイヤモンドと向かう凱旋門賞の世界最高峰のレースへ向いていた。

 『サトノ』の冠名で知られる馬主の里見治オーナーの馬のオークションでの買いっぷりは、オークションの有力セールでは毎年のように高額馬を多数落札する『ディープコレクター』ぶりを存分に発揮して、高馬を次々にゲットする豪快な『サトノ祭り』で有力セールを盛り上げて、「今朝見たら、6月に見た時よりすごく良くなっていた。じゃあ、買わなくちゃしょうがないなと。金額?勢いで行っちゃった」と苦笑いしながら、1億円を超えても1000万円刻みで数カ所からポンポンと声が上がる熱い攻防を執念で制して、我が世の春を満喫する。

 セガサミーホールディングス株式会社の里見治会長の視線は、亡国の安倍晋三首相と向かう日本初のカジノ運営者へ向いているのであろうか?。

 セガサミーホールディングス株式会社の里見治会長が政界の裏で撒くカジノ献金は、豪快な『サトノ祭り』として盛り上がっているのであろうか?。

 そして、セガサミーホールディングス株式会社広報部小峰広将部長代理(現任)から電話が着た。(vol.5

  平成28年10月28日午前中、セガサミーホールディングス株式会社広報部小峰広将部長代理(現任)から電話が着た。

 取材申込書発送は10月26日だったので、セガサミー本社に着くのは10月27日であるので、その翌日に直接電話かけてくるとは、とても素早い対応だ。

 そして、小峰広将広報部部長代理(現任)は開口一番伝えてきた。

 「セガサミーとしては、週刊報道サイト様の報道活動や、佐藤(昇)様のジャーリストとしての執筆活動を阻害する意思は決してございません」

  佐藤昇の四周年目に入ったジャーナリストとしての報道活動の経験上、直接電話などで接触してきて、「報道の自由」に深い理解を示す企業は、きちんと企業統治(ガバナンス)も行き届き、社内環境も快活なしっかりした優良企業であることが多いと言える。

 この様な、日本にとって有益であると考えられる企業には、取材申込書を出しっぱなしにして、後は何もしないことが多いのが週刊報道サイトの実情である。

 しかし、今回のカジノ解禁問題は、日本国の存亡に関する重大な事案である。

 だから、大変心苦しいのだが、カジノ解禁法案を強引に成立させ、日本初のカジノ運営者となることが濃厚なセガサミーホールディングス株式会社里見治会長への糾弾報道活動を控えることは、ジャーナリスト佐藤昇としてできない。

 何故なら、カジノを運営するということは、「ギャンブル依存症による借金問題」「定職に就かない者らへの暴力制御」「治安と美観の保持」「売春と性病の管理」を完全に解決できるシステムを構築できていなければ、やってはいけないことであり、国を亡ぼすことになりかねないからである。(vol.6

 平成28年10月28日午前中のセガサミーホールディングス株式会社広報部小峰広将部長代理(現任)から電話の内容は

・セガサミーは企業としてトラブルを抱えていない。

・なので、なぜ里見治会長の自宅に、銃弾が撃ち込まれたのかの心当たりはない。

・里見治会長本人への取材は遠慮したい。

とのことであった。

 広域指定暴力団関係者から聴いた内容と小峰広将部長代理の返答内容が異なっているので、佐藤昇は「では、新聞媒体のゲラ(出稿前原稿)ができたら、事実誤認などがないかの確認のために、ゲラを持って訪問します」と伝えて電話を終えた。(vol.7

 平成28年11月9日、佐藤昇は、セガサミーホールディングス株式会社広報部小峰広将部長代理(現任)へ「新聞媒体のゲラ(出稿前原稿)ができたから、事実誤認などがないかの確認のために、ゲラを持って訪問します」と電話を入れた。

 すると、「報道の自由」に深い理解を示し、きちんと企業統治(ガバナンス)も行き届き、社内環境も快活なしっかりした優良企業であることが連想されることは事実として認められるセガサミーホールディングス株式会社の広報部小峰広将部長代理(現任)は「佐藤(昇)様がお急ぎでありましたら、一両日中に時間を作りますが」と言ってきた。

  デタラメ企業であれば、電話後に、アポなしで構わず、すぐに直接訪問するのだが、セガサミーホールディングス株式会社が「報道の自由」に深い理解を示し、きちんと企業統治(ガバナンス)も行き届き、社内環境も快活なしっかりした優良企業であることが連想されることは事実として認められるので、佐藤昇は「そんな急がなくて構いませんよ。小峰(広将)さんの負担のない日取りと時間で構いませんよ」と伝えて、平成28年11月17日の14時30分に、セガサミーホールディングス株式会社の本社へ訪問することとなった。(vol.8

 平成28年11月17日の14時過ぎ頃に、セガサミーホールディングス株式会社の本社の入居する汐留住友ビルへ到着した。(本社訪問へ

 その汐留住友ビルには、ソフトバンク傘下企業群も入居しており、汐留住友ビルに隣接する東京汐留ビルディングにはソフトバンクの本社が入居している。

 改めて述べるが、平成28年12月6日、ソフトバンクの孫正義が日本の財界人の中でトランプ大統領と真っ先に会談でき、ソフトバンクの孫正義は、日本の財界人のナンバー1になりそうだ。(亡国のカジノ

 すなわち、セガサミーの里見治会長は、日本の頂点であるロケーションに本社を構えているのである。

 かつて、セガサミーの里見治会長は、東池袋のボロいビルに居て、アルゼ(現商号:ユニバーサルエンターテインメント)の岡田和生会長に、追いつき、追い越せと言って、必死に頑張っていた。

 それが、今では、2013年9月16日には、次女の里見有紀恵の娘婿として、経済産業省キャリア官僚であった鈴木隼人をあてがい、その結婚披露宴には亡国の安倍晋三首相を招き、2014年12月2日に、亡国の安倍晋三首相率いる自由民主党の比例東京ブロックから鈴木隼人を比例単独候補として事実上の名簿1位で登録させ、衆議院議員に押し込んだ。(亡国の安倍晋三首相「美しい国、日本」

 そして、今や、セガサミーの里見治会長は、アルゼ(現商号:ユニバーサルエンターテインメント)の岡田和生会長を越えたと言われている

 だから、セガサミーの里見治会長は、「運が向いてきた。今は、見える世界が全然違う」と興奮を隠さず我が世の春を満喫しているのであろうか?(我が世の春)(vol.9

 平成28年11月17日の14時過ぎ頃に、セガサミーホールディングス株式会社の本社の入口を入った。

 入って右側に、北東アジア初の韓国型の統合型リゾートである「Paradise City」の模型が展示してあった。

 セガサミーの里見治会長は、朝日新聞のねつ造記事でその存在自体がでっち上げられた従軍慰安婦(参考:朝日新聞を正す会はねつ造従軍慰安婦訴訟を控訴する:平成28年10月10日記事)を象徴させると称して、大使館や領事館の在外公館の執務を安寧させるというウィーン条約を無視して建立させた在韓日本大使館前のねつ造慰安婦像へ適切に対処すると称して、2015年末に日韓合意と称し(参考:日韓国交正常化:平成27年6月30日記事)、日本は政府予算から10億円を拠出し、しかも、日本政府はお金は出すけれども、使い道は韓国政府の方針に従うという形をとったが、その後、在韓日本大使館前のねつ造慰安婦像を撤去しない上、釜山の在韓日本総領事館前にねつ造慰安婦像を新たに建立するような歪んだ思考を持つ韓国において、まずは、日本初のカジノ運営者への前哨戦として、歪んだ思考を持つ韓国型の統合型リゾート「Paradise City」を開発し完成させ、その力を見せつけるようだ。

 セガサミーの里見治会長も、韓国と同様に、歪んだ思考を持ってはいないのであろうか?

  歪んだ思考を持つ韓国を象徴したいのかどうかは不明ではあるのだが、セガサミーホールディングス株式会社本社入口の右側に展示されてある「Paradise City」の模型のレアな写真を公開する。(vol.10

 平成28年11月17日の14時30分、セガサミーホールディングス株式会社の本社の入口の右側に展示されてある、歪んだ思考を持つ韓国型の統合型リゾート「Paradise City」の模型を鑑賞していると、「佐藤(昇)様、お待たせいたしました」と呼ばれて、打ち合わせ室へ案内された。

 通常、日本を代表するような上場企業で、広報部の部長や部長代理は、年輩の人であることが多い。

 しかし、セガサミーホールディングス株式会社の広報部小峰広将部長代理は、とても若く、しかも、パリッとしていた。

 脇には、企画本部の広報部のスペシャリストの大谷隆氏を伴っていた。

 小峰広将部長代理「お電話でもお伝えいたしました通り、セガサミーとしては、週刊報道サイト様の報道活動や、佐藤(昇)様のジャーリストとしての執筆活動を阻害する意思は決してございません」

 佐藤昇「分かりました。報道の自由や表現の自由に深い理解を示していただいてありがとうございます。ところで、小峰さんは、おいくつですか?」

 小峰広将部長代理「40才です」

 佐藤昇「私は、44才です。私は、色んな企業へ行ってますが、日本を代表するような上場企業の広報部の部長代理が40才っていうのは、初めてですヨ」

 小峰広将部長代理「セガサミーは、年齢に関係なく、適所適材で、その人材の長所を上手く伸ばして活かしていく会社でございます」

  佐藤昇「小峰さんは、直接、里見治会長と打ち合わせしたりするんですか?」

 小峰広将部長代理「はい、いたします」

 佐藤昇「セガサミーって、実はすごい会社なのですネ。あと、スペシャリストって何ですか?」

 スペシャリスト大谷隆「セガサミーには、そういう名称の役職がございます」

 余談ではあるが、佐藤昇は、「暴力団から50万円を受け取り、暴力団の言いなりの記事を掲載する者」との裁判所の判決で、ジャーナリストのスペシャリストとなった山岡俊介というライター(東京アウトローズ奥村順一編集長命名:平成20年9月17日記事他)は知っている。(参考:負犬ジャーナリスト山岡俊介氏が逃走・平成29年2月20日記事

 この後の取材によって、驚愕の事実が明らかにされる。(vol.11)

○セガサミー会長宅銃撃容疑、暴力団関係者の男ら3人逮捕
(朝日新聞デジタル 2017年6月7日21時56分)

 ゲーム・パチンコ機器大手「セガサミーホールディングス」の里見治会長の自宅が2015年に何者かに発砲された事件で、警視庁は指定暴力団神戸山口組系組員の山本孝博容疑者(54)=恐喝事件で公判中=ら3人を銃刀法違反(発射、加重所持)などの疑いで逮捕し、7日発表した。同庁は認否を明らかにしていない。

 組織犯罪対策4課によると、逮捕容疑は15年1月8日、東京都板橋区の里見会長宅に向けて拳銃を発砲するなどしたというもの。

 他に逮捕されたのは住所不定、無職松島高夫(55)、自称不動産業古川浩昭(36)=東京都練馬区=の両容疑者。同課はこの2人が実行役で、山本容疑者が指示役だったとみて事件の背景を調べている。15年1月14日未明にも里見会長宅に対する発砲事件があり、同課が関連を調べている。(vol.12)

 http://www.asahi.com/articles/ASK667FXLK66UTIL06Y.html

○セガサミーHD里見治会長自宅銃撃事件、神戸山口組の傘下の中心団体の山健組本部を捜索 (NHK NEWS WEB 平成29年6月10日 13時01分)

 ゲームやパチンコの大手メーカー、セガサミーホールディングスの会長の都内にある自宅に銃弾を撃ち込んだとして、神戸山口組の傘下の山健組系の暴力団幹部ら3人が逮捕された事件で、警視庁は、神戸市にある山健組の本部を捜索し、事件の背景について調べを進めています。

 神戸山口組の傘下の中心団体、山健組系の暴力団幹部、山本孝博容疑者(54)ら3人は、おととしの1月8日、セガサミーホールディングスの里見治会長(75)の東京・板橋区にある自宅に向けて拳銃の弾1発を発射し、玄関脇の照明を壊したとして、銃刀法違反と器物損壊の疑いで警視庁に逮捕されました。

 警視庁は10日午前、神戸市にある山健組の本部に捜索に入りました。

 これまでの調べで、3人は威嚇のために発砲したと見られ、里見会長の自宅には、この事件の6日後の1月14日にも銃弾が撃ち込まれる事件が起きていますが、3人は8日に銃弾を撃ち込んだことを気付かれなかったため、再び事件を起こした疑いがあることが警視庁への取材でわかりました。

 警視庁は、14日に起きた発砲事件への3人の関与についてさらに捜査するとともに、事件の背景について調べを進めています。
  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170610/k10011013271000.htmlvol.13

 平成22年6月25日、札幌高等裁判所において、平成22(行コ)3・馬主登録申請拒否処分取消請求控訴事件(原審・札幌地方裁判所平成20年(行ウ)第9号)で、日本中央競馬会が競馬の公正を害するおそれがあると認めるに足りる相当な理由がある者に該当するとの理由でした馬主登録の申請を拒否する旨の処分の取消請求が,認容された判決が存在する。

 既報の通り、セガサミーの里見治会長は、自宅銃撃容疑で暴力団関係者の男ら3人逮捕された上、神戸山口組の傘下の中心団体の山健組本部が捜索されるような、指定暴力団関係者らとの深い交際が連想される人物である

 よって、日本中央競馬会(JRA)は、セガサミーの里見治会長が指定暴力団関係者らとの交際が認められるとして馬主登録拒否事由に該当すると判断し、判断の基礎とされた重要な事実には誤認はなく、その判断は、全く事実の基礎を欠いておらず、社会通念に照らして著しく妥当性があるので、速やかに、日本中央競馬会(JRA)は、セガサミーの里見治会長の馬主登録を取り消すことが法令遵守(コンプライアンス)に適うと考えられる。

○判例紹介

 平成22年6月25日、札幌高等裁判所において、平成22(行コ)3・馬主登録申請拒否処分取消請求控訴事件(原審・札幌地方裁判所平成20年(行ウ)第9号)で、日本中央競馬会が競馬の公正を害するおそれがあると認めるに足りる相当な理由がある者に該当するとの理由でした馬主登録の申請を拒否する旨の処分の取消請求が,認容された。

 その要旨として、日本中央競馬会が申請者は競馬の公正を害するおそれがあると認めるに足りる相当な理由がある者に該当するとの理由でした馬主登録の申請を拒否する旨の処分の取消請求につき,競馬法施行規則15条に定める登録拒否事由のうち,競馬会が一定の評価,判断をしたときに拒否事由に該当する場合(同条10号)には,当該拒否事由を理由とする登録拒否処分の取消訴訟においては,一定の評価を根拠づける事実の立証責任は競馬会に,この評価を妨げる事実の立証責任は申請者にあり,裁量の範囲の逸脱又は裁量権の濫用は,このようにして立証された事実から合理的な推論により一定の評価をすることができるか否かによって決せられると解すべきであるところ,前記競馬会が複数の指定暴力団関係者との交際が認められるとして上記拒否事由に該当するとした判断は,判断の基礎とされた重要な事実に誤認があり,その判断は,全く事実の基礎を欠いたものといえ,社会通念に照らして著しく妥当性を欠くなどとして,前記請求が認容された。(判決全文

 平成21年12月22日札幌地方裁判所においては、馬主登録拒否は「違法」、日本中央競馬会(JRA)に取り消し命令が出されていた。

 暴力団関係者との交際を理由に馬主登録の申請を拒否したのは不当だとして、日高管内新ひだか町の会社社長が、日本中央競馬会(JRA)に処分取り消しを求めた訴訟の判決が22日、札幌地裁であった。

 杉浦徳宏裁判長は「JRAの裁量権乱用で違法」とし、処分取り消しを命じた。

 判決によると、JRAは2007年、暴力団関係者との交際があり、競馬の公正を害する恐れがあるとして、会社社長の登録申請を拒否したが、杉浦裁判長は、交際は顔見知り程度の接触と認定。

 「反社会的勢力と接触があっても、その関係や程度を考慮するべきで、一律に公正を害する恐れがあると判断するのは妥当性を欠く」と判断した。

 JRA広報部は「主張が認められず残念。判決内容を見て対応したい」とコメントしている。(vol.14

 アメリカにおいて、ラスベガスのカジノとは、砂漠の中にある陸の孤島のロケーションに設置し、そこを、強力なマフィアと強力な軍隊によって、ギャンブル依存症になった者ら(ギャンブルにより返済能力を超えた借金をカジノで作り、仕事を失い、定職を持てない者らのこと)や昔の赤線地帯である売春にまつわるトラブルを、暴力で抑えて治安と美観を保っているのが現実である。

 すなわち、カジノを運営するには、「ギャンブル依存症による借金問題」「定職に就かない者らへの暴力制御」「治安と美観の保持」「売春と性病の管理」を完全に解決できるシステムを構築できていなければ、やってはいけないのである。

 現在、暴力による支配は悪であるとの認識が浸透してしまっている日本において、日本初のカジノ運営者の認可を与えられるであろうと言われているのは、里見治会長の「セガサミーホールディングス」や、澤田秀雄会長の「HIS」のハウステンボスや、岡田和生会長の「ユニバーサルエンターテインメント」や、孫正義の「ソフトバンク」である。

 言うまでもないが、四者全員が、カジノ運営者としての資格に欠けていると判断できるような告発情報が、週刊報道サイトの佐藤昇へ寄せられて着ているので、今後、日本にカジノは必要なのかの命題と併せて報道していく。

 なお、「セガサミーホールディングス」の里見治会長は、日本中央競馬会(JRA)の大馬主であり、競馬程度の射幸性で、ギャンブル依存症が社会問題化する日本で、カジノという競馬とは比較にならない射幸性の高いバクチを解禁すれば、競馬のギャンブル依存症程度では済まなくなることは明白であるにもかかわらず、自宅を銃撃されて、暴力団関係者の容疑者が3人逮捕され、神戸山口組系山健組本部が捜索されるような、「昔散々世話になった恩義ある人間を平気で裏切るような、義理も人情もない最低の人間である」人柄であることが連想される。

 そのことから、里見治会長は、日本中央競馬会(JRA)の馬主登録を取り消すことが法令遵守(コンプライアンス)に適うと考えられる人物であることが連想されるので、里見治会長に日本初のカジノ運営者の認可を与えても良いのかを厳しく熟慮するべきであろう。 (vol.15

○セガサミー里見治会長宅を銃撃 “首謀者”福井康二容疑者逮捕
(日本テレビ系(NNN) 29/7/1(土) 1:45配信)

 大手パチンコ機器メーカー・セガサミーの会長の自宅が銃撃され、これまでに5人が逮捕されている事件で、新たに首謀者とみられる元組員の男が逮捕された。

 銃刀法違反などの疑いで逮捕されたのは、指定暴力団六代目山口組系の元組員・福井康二容疑者(69)。警視庁によると福井容疑者は2015年1月、東京・板橋区のセガサミーの里見治会長の自宅に銃弾1発を撃ち込み、門の照明を壊した疑いがもたれている。この数日後にも里見会長の自宅に銃弾が撃ち込まれたが、いずれもケガ人は出なかった。

 この事件では、これまでに神戸山口組系の暴力団幹部ら男5人が逮捕されているが、福井容疑者は男らに指示をしていた首謀者とみられている。

 http://www.news24.jp/articles/2017/07/01/07365744.html

○セガサミー会長宅に銃弾撃ち込み門灯壊した疑い、元組員を逮捕
(TBSNEWS 平成29年6月27日 15:27配信)

 おととし1月、大手パチンコ機器メーカー・セガサミーホールディングスの会長の自宅に銃弾を撃ち込んだとして、暴力団幹部らが逮捕された事件で、警視庁は新たに事件を指示したとみられる、元組員の男を逮捕しました。

 逮捕されたのは、元暴力団組員の山下宏佳容疑者(64)で、おととし1月8日、東京・板橋区にある大手パチンコ機器メーカー・セガサミーホールディングス会長の里見治さんの自宅に銃弾を撃ち込み、門灯を壊した疑いが持たれています。

 また、この事件の6日後に里見さんの自宅のシャッターに銃弾を撃ち込んだとして、警視庁はすでに逮捕されている指定暴力団・神戸山口組系暴力団の幹部、山本孝博容疑者(54)ら4人を再逮捕しました。

 取り調べに対し、山下容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認していますが、警視庁は、山下容疑者が一連の発砲事件を指示したとみて、詳しく調べています。
  http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3089262.html
vol.16)  

 セガサミーの里見治会長は、なぜ、次女の里見有紀恵の娘婿として、経済産業省キャリア官僚であった鈴木隼人をあてがい、2014年12月2日に、亡国の安倍晋三首相率いる自由民主党の比例東京ブロックから比例単独候補として事実上の名簿1位で登録させ、衆議院議員に押し込んでまで、カジノ運営者としての認可を取得したいのかの取材を進めた。

 すると、セガサミーの里見治会長は、カジノ場における全てのスロット台の納入権利の独占を企んでいるだけでなく、その全てのスロット台の売上に対する権利をも独占して、「勢いで行っちゃった」と『サトノ祭り』で、我が世の春を満喫することを企んでいるのだそうだ。

 言うまでもないが、セガサミーの里見治会長は、福井康二容疑者を首謀者する指定暴力団関係者らから、自宅を銃撃されるような、黒くて深い反社会的勢力との交際が連想される人物である。(vol.17

○アドマイヤ復権!近藤オーナー、最高額5億8000万円馬落札
(スポニチ 2017年7月12日記事)

 空前絶後の大盛況だ!日本最大の競走馬セール「セレクトセール2017」(北海道苫小牧市)は11日の当歳セリで終了し、2日間合計で過去最高の173億2700万円を売り上げた。この日、最高額を叩き出したのは「アドマイヤ」の冠名で知られる近藤利一氏(74)。

 史上2番目の5億8000万円で「イルーシヴウェーヴの2017」を落札し、“アドマイヤ復権”を印象付けた。

 復権を懸ける思いが伝わる競り合いだった。

 「イルーシヴウェーヴの2017」(牡、父ディープインパクト)。

 よどみないコールの応酬で、価格は一気に5億円を超えた。次第に大きくなるどよめき。

 だが、「アドマイヤ」の冠名で知られる近藤利一氏は最後まで譲らなかった。

 「興奮して値段が分からなくなったよ。でも意地がある」。

 昨年、1つ上の兄を2億8000万円で手にしていた里見治氏を5億8000万円で振り切った。

 「この馬だけは諦めないでほしいと言われたから応えたよ」(近藤氏)。

 ほれ込んでいたのは、昨年のダービーをマカヒキで制した友道師だった。

 下見でその素質を目の当たりにしていた師は「凄く動きがスムーズ。頭が賢そうだし、ジョッキーも乗りやすいと思う。いかにも折り合えそう」と興奮した口調。

 愛国生まれの母イルーシヴウェーヴは、仏1000ギニーを制したG1馬。各陣営が注目する良血だった。

 当セールが始まった98年、当歳馬を最高価格(1億9000万円のアドマイヤセレクト)で落としたのが同オーナーだった。

 その後も07年のアドマイヤハーレ(3億円、1勝)など高額馬を購入し続けてきたが、近年はG1勝ちから遠ざかっていた。

 潮目が変わったのが、5月のヴィクトリアマイル。アドマイヤリードで9年ぶりにG1を制覇した。

 反撃ののろしに続き、自己最高、セール史上2番目の高額落札へ。近藤氏は「スターになる馬には育ちが必要。

 過去にも高い馬を買ってきたけど、この馬は違うでしょう」と満足そうに笑った。

 成長したイメージを問われた師は「2400メートルをこなしてくれるんじゃないか」とダービーへの適性も示唆した。

 高額取引続出に沸いた今年のセレクトセール。

 最終日に“アドマイヤ復古”の大号令が鳴り響いた。
 http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/07/12/kiji/20170711s00004051470000c.html

○“セレクトの顔”里見治氏「一番欲しかった馬買えなかった」
(スポニチ 2017年7月12日記事)

 “セレクトの顔”里見治氏が大挙11頭(総額11億7200万円)を購入。存在感を見せたが、悔しさも口にした。

 「100点ではないですね。70点から80点。一番欲しかった馬を買えませんでしたからね」

 実はこの日の高額取引ワンツーだったディープインパクト産駒2頭、「イルーシヴウェーヴの2017」(牡)と「ドナブリーニの2017」(牝)のアンダービダー(最後まで競り合った人)が里見氏だった。

 「セリだから仕方ない。度胸、根性がなかった。でも、(価格が)限界を超えたし、いかなくて良かったという気持ちもあります。(購入した)自分の馬を信じて頑張ります」

 満点でなくとも「コンテスティッドの2017」(牡・父ディープインパクト)や「シャムロッカーの2017」(牡・父ロードカナロア)など一級品の逸材ばかり。

 この中には必ず、オーナーにG1タイトルを届ける馬がいるはずだ。
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/07/12/kiji/20170711s00004051456000c.html?feature=relatedvol.18

 平成28年5月2日、「ジャーナリストの王者」佐藤昇の週刊報道サイトは、合建株式会社の近藤利一会長に対して、「指定暴力団員らとの付き合いはあるのですか?」との取材申込をしていた。

 すると、近藤利一会長は「指定暴力団員らとの付き合いはありません。なお、知人に招かれた宴席にたまたま指定暴力団員らがいらっしゃれば、写真撮影はします」と回答した

 さすがは、指定暴力団六代目山口組系福井康二容疑者らから自宅を銃撃されたサトノ軍団総帥のセガサミー里見治会長に競り勝つような、知人に招かれた宴席でいらっしゃった指定暴力団員らとたまたま写真撮影をしたアドマイヤ軍団総帥の合建近藤利一会長だけあり、貫禄を見せつけた回答であった。(vol.19

 「指定暴力団員らとの付き合いはありません。なお、知人に招かれた宴席にたまたま指定暴力団員らがいらっしゃれば、写真撮影はします」(vol.19)私(アドマイヤ軍団総帥合建近藤利一会長)も当年75歳になり今更ながら(佐藤昇から)高く評価して頂いている事をお礼申し上げるとともに、貴殿(佐藤昇)のご活躍を拝聴し、ご立派な方と評価させて頂いております。

 私(アドマイヤ軍団総帥合建近藤利一会長)ごとでありますが、合建株式会社東京支店は平成26年11月25日をもって不振の為封鎖し、営業致しておりました建物も売却しました。(vol.20

○指定暴力団六代目山口組系福井康二容疑者を起訴=セガサミー里見治会長宅銃撃−東京地検(時事ドットコムニュース2017/08/04-19:10

 パチンコ・ゲーム機器大手「セガサミーホールディングス」の里見治会長宅への発砲事件で、東京地検は4日、銃刀法違反(発射、加重所持)などの罪で、事件を主導したとみられる指定暴力団山口組系組員の福井康二容疑者(69)ら3人を起訴した。

 起訴状によると、福井容疑者らは2015年1月8日と14日、実行役の松島高夫被告(55)=同罪などで起訴=らと共謀の上、東京都板橋区の里見会長宅にそれぞれ銃弾1発を発射し、門灯やシャッターを壊すなどしたとされる。(vol.21

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)に関する政府の有識者会議「IR推進会議」における提言において、反社会的勢力の影響を排除するため、暴力団員の入場は禁止。カジノ事業は免許更新制とし、IR事業者の役員だけでなく幅広い関係者の交友関係などを調査するとの提言をまとめた。

 特に、反社会的勢力の関与については、暴力団員の入場禁止をIR事業者と暴力団員本人に義務付け、違反が発覚した場合は罰則を科すなどの対策を想定した。

 この提言に基づけば、指定暴力団六代目山口組系福井康二容疑者を首謀者とする暴力団員らによって、自宅を銃撃されるような密接な反社会的勢力との交友関係を持つ里見治氏を会長に戴くセガサミーには、カジノ事業の免許は認められないことになるであろう。

 「勢いで行っちゃった」と『サトノ祭り』で、我が世の春を満喫する里見治氏を会長に戴くセガサミーにカジノ事業の免許が認められないことが確実になってしまったことは、大変残念な事態なのであろう。(vol.22

 大手ゼネコン各社からも工事依頼がありましたが、「指定暴力団員らとの付き合いはありません。なお、知人に招かれた宴席にたまたま指定暴力団員らがいらっしゃれば、写真撮影はします」(vol.19)私(アドマイヤ軍団総帥合建近藤利一会長)が度々上京することもままならず、今は療養に専念しており、東京支店の社員は話し合いの結果、全員依頼退職をして事務所も現在封鎖し誰一人として在籍していないのが現状です。

 返事が遅れました事は、「指定暴力団員らとの付き合いはありません。なお、知人に招かれた宴席にたまたま指定暴力団員らがいらっしゃれば、写真撮影はします」(vol.19)私(アドマイヤ軍団総帥合建近藤利一会長)が入院療養の為本日となり誠に申し訳ありません。(vol.23

 貴殿(「ジャーナリストの王者」佐藤昇)から、「指定暴力団員らとの付き合いはありません。なお、知人に招かれた宴席にたまたま指定暴力団員らがいらっしゃれば、写真撮影はします」(vol.19)私(アドマイヤ軍団総帥合建近藤利一会長)が反社会的人物との付き合いがその後も続いていると明記されておりますが、暴対法改正以来、一切断じてございません。

 また、竹中工務店、鹿島建設、前田建設等々の取引もこの5〜6年前より取引はなく、大成建設のみでありました。またオリンピック等々、東京での建物工事は一切やめております。

 その大成建設も昨年の春以来、一切の受注もありません。(お調べ頂いて結構です)(vol.24

 東京支店も売却せざるを得なかったのは現状であります。

 現在、本社社員数名とともに事業収縮に向かって残務整理を致しておるところです。

 また競馬の方ですが、この老体にむちを打って尽くして参りましたが、来年(平成29年)の改正時には辞めさせて頂く所存です。

 貴殿(「ジャーナリストの王者」佐藤昇)には何の関係もない事ですが、心おきして頂ければ幸いです。

 繰り返しますが、反社会的な方々とは、暴対法改正以来、一切お付き合いない事を改めて申し添えます。

 追伸

 お恥ずかしい話ですが、この年になって先妻とは離婚致しましたので、前住所に郵便は届きません。

                        敬具

                     平成28年5月24日

                     近藤利一 (vol.25

○阪神馬主協会元会長である近藤利一氏と反社会的勢力の者らとの写真についての取材申込書

〒665−0053 兵庫県宝塚市駒の町1番1号

一般社団法人阪神馬主協会 会長 木村昌三 御中
一般社団法人阪神馬主協会 事務局 御中

 突然の取材申込書、恐縮でございます。

 私、佐藤昇は、東京地方裁判所民事第9部による平成27年(ヨ)第59号の決定により、公式にジャーナリストとして認定されている者です。

 現在、私がジャーナリストとして、暴力団と民間企業との癒着についての取材を進めておりますと、阪神馬主協会元会長近藤利一氏と反社会的勢力である凶悪の極みの者らとが昵懇の仲であることを窺わせる写真を入手しました。

 なので、弊社は、近藤利一氏に対し、平成28年5月2日に取材申込書を、平成28年5月17日に同封の予定原稿の訂正依頼書を出しましたが、一切付き合いはないとの回答でありました。

 その後、近藤利一氏の回答への裏取り取材を進めますと、現在も近藤利一氏は、反社会的勢力である凶悪の極みの者らの周辺者との付き合いがあるとの結果でありました。

 現在、神戸山口組と六代目山口組との抗争が勃発し、日本中の善良なる国民が不安にされている最中、名誉ある阪神馬主協会の元会長の近藤利一氏が、反社会的勢力である凶悪の極みの者らと交際しているということになれば、それは見過ごすことのできない由々しき問題であります。

 なので、阪神馬主協会の会長の木村昌三氏とその事務局には、元会長の近藤利一氏と反社会的勢力である凶悪の極みの者らとの関係につきまして厳重なる調査をしていただき、その調査結果への取材申込を致します。

 阪神馬主協会とは、社会的に公の存在であること、そして、元会長の近藤利一氏は、社会的に公の責務を担っている人物であることから、その実態への世間の関心度は高く、この反社会的勢力である凶悪の極みの者らと昵懇の仲であるかどうかの調査結果を世間に周知させることは、公共性があり、社会の利益に繋がっていくと考えております。

             質 問 要 件

 阪神馬主協会の元会長の近藤利一氏と反社会的勢力である凶悪の極みの者らは交際の事実はあるのですか?

 日程は貴殿のご予定に合わせますので、直接面談の上で、上記の質問への見解を直接拝聴し、ご指導賜りたく存じます。

 本質問状送達後7日以内の6月14日までに、FAXやメール等の文書にて御返答いただきたく存じますので、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 万一、何の回答もなかった場合は、何のお申し付けのなかった場合は、阪神馬主協会の元会長の近藤利一氏と反社会的勢力である凶悪の極みの者らの交際の事実はある受け止め、同封の予定原稿のまま「週刊報道サイト」のサイト上及び、新聞紙面にて、そのまま掲載してまいります。

             平成28年6月7日

             東京都江東区亀戸2−42−6−304
             週刊報道サイト株式会社
             代表取締役 佐藤昇 (vol.26


アドマイヤ軍団総帥近藤利一会長が「知人に招かれた宴席にたまたま指定暴力団員らがいらっしゃれば、写真撮影はします」と回答する (vol.26)

 
セガサミー広報部小峰広将部長代理(現任)

 

 <セガサミー里見治自宅銃撃事件概要>

 平成27年1月14日午前8時30分ころ、東証1部上場で、パチンコ・ゲーム機器大手「セガサミーホールディングス株式会社」(本社:東京都港区東新橋1−9−2汐留住友ビル21階)の里見治会長(当時72才)宅(東京都板橋区双葉町31−7)の警備員から「銃弾が落ちている」と警視庁板橋署に通報があった。

 通報を受けて警視庁板橋署の警察官らが現場に駆けつけて調べると、現場住宅の北側の門にある街灯が割れていて、その下には未使用の銃弾3発が残されており、近くの路上には使用済み薬きょう1つが落ちていた。

 警備員は警察に対して「14日未明の午前3時〜3時半ころに、『パン』とか『ドン』というような音がした」と話しており、この時間帯に発砲事件が起きたものとみられている。

 警視庁板橋署は発砲事件とみて調べている。

 里見治会長と家族にけがはなかった。

 警視庁板橋署はこれまでに脅迫などの相談は受けていないという。

 現場は東武東上線中板橋駅から北東約400メートルの住宅街。里見治会長宅近くの都営アパートに住む無職女性(65)は「いつもは静かなところだが、こんな事件が起きるなんて怖い」と顔をこわばらせていた。

 セガサミーホールディングス株式会社広報部小峰広将部長代理(現任)の話は「現在、事実関係を確認中。状況の把握に努め、警察の捜査には全面的に協力させていただきます。これまでに会社や会長宛てへの脅迫などはなかった」とコメント。

 警視庁は発砲事件として、周辺に設置された防犯カメラの映像解析を行うとともに、里見治会長の周辺でトラブルがなかったかなど捜査を進めている。

 セガサミーホールディングス株式会社のホームページによると、同社は平成16年10月に設立、資本金は299億円(平成26年3月末現在)。パチンコの遊技機事業やゲームなどのアミューズメント機器事業などを展開している。

 


佐藤昇他481名の原告団「朝日新聞を正す会」が「従軍慰安婦虚偽報道訴訟を提起する(「朝日新聞を正す会」提訴vol.1控訴vol.60)

 <参考>

 ○パチンコ機器メーカー「セガサミー」の「里見治」会長宅 銃撃犯が慌ててミスした自動式拳銃の取扱い(週刊新潮平成27年1月29日号掲載記事

  未明の住宅街に鳴り響いた銃声。後に残されたのは、空薬莢1個と未使用の銃弾3個――。

 大手パチンコ機器メーカー「セガサミーホールディングス」の里見治(はじめ)会長兼社長(73)の自宅はなぜ銃撃されたのか。

 目下、捜査陣が注目しているのは、「カジノ利権」を巡るトラブルである。

 東京・板橋区にある里見会長の自宅に常駐している警備員が「ドン」という発砲音を聞いたのは1月14日未明だ。

 通報を受けて駆け付けた警察官が薬莢と銃弾を発見、自宅の門の照明が破損していることなどを確認した。

 「里見会長の自宅を巡っては、1月8日にも“発砲音がした”との110番通報が板橋区内の公衆電話からあった。この時も警察官が駆けつけましたが、被害は確認できなかった」

 と、社会部デスク。

「警察は事件現場に未使用の銃弾3個が落ちていたことに注目している。わざと銃弾を置いたのではなく、銃撃する際に落としたと見ているのです。そのことから、犯人は拳銃の扱いに慣れていない人物、との見方を強めています」  銃器評論家の津田哲也氏が言う。

「自動式拳銃は一回スライドを引けば連続して撃てる。今回の実行犯は撃とうとして何度もスライドを引いたので銃弾を落としてしまったのでしょう。間抜けな犯人像が浮かびます」

 先の社会部デスクは、

「警察は8日に110番をした男が14日に事件を起こしたと見ている。里見会長に危害を加えるつもりはなく、自宅を撃つことによって会長を“脅す”のが目的だったのでしょう」

 問題はその“脅し”の背景事情だが、

 「目下、警察は里見会長周辺のトラブルの洗い出しを進めているものの、まだ絞り込めていない。ただ、“カジノ絡みじゃないか”と見立てている捜査員が多いようです」(同)

■「利権の争奪戦」

 安倍晋三総理は先日召集された通常国会で「カジノ法案」を成立させたいと意気込んでいるというが、

 「これまで、カジノ構想で先行していたのは里見会長ではなく、ユニバーサルエンターテインメントの岡田和生会長だった。岡田会長は東京・お台場にカジノを誘致しようと目論んでいましたが、途中、タッグを組んでいたラスベガスの“ウィン・リゾーツ”との関係が悪化。で、急失速してしまったのですが、それを尻目に“主役”に躍り出たのが里見会長だったのです」

 そう話すのは、カジノ構想に詳しいジャーナリスト。

 「韓国のカジノ業者と合弁会社を設立し、カジノ運営のノウハウを学ぶべく動き始めている里見会長は安倍総理との関係も良好。また、“お台場構想”が立ち消えになるにつれ、横浜が候補地として浮上した。昨年夏には里見会長、菅義偉官房長官、林文子横浜市長が密かに会い、カジノについて話し合ったとも言われています」

 横浜市政関係者の話。

 「セガサミーは早くから横浜に目をつけていたようで、数年前には“みなとみらい21”地区の土地を取得したこともあった。ただ、有力候補地である横浜の開発に関しては、暴力団も絡む利権の争奪戦が始まっていると囁かれています」

 いずれにせよ、「カジノ解禁」の日が迫るにつれ、水面下の争いも激しさを増す。

 今回の銃撃事件は、熾烈な攻防の始まりを告げる「号砲」だったのか――。

 

 

 

 

 

 
安倍晋三(平成30年8月20日記事)と石破茂(平成30年12月24日記事)と野田聖子(平成30年11月12日記事)

■政治団体「日本を正す政治連盟」ご支援のお願い

 佐藤昇は、政治団体「日本を正す政治連盟」を改組発足して代表に就任しました。

 その目的は、立憲民主主義の理念に基づいた「自由・自主・自立・自尊・平等」の精神、「言論の自由・表現の自由・報道の自由」等の国民の権利を守り、@政治(立法)を正す、A官僚(行政)を正す、B司法を正す、C企業(みずほ銀行等)を正す、D報道(朝日新聞等)を正す、E世の中(倫理・道徳)を正す等、日本を正すために必要な政治活動を行なうことです。(詳細はPOLITICSにて)

 何卒、賛助金等のご支援の程、よろしくお願い申し上げます。


■会員登録料のお支払い
個人会員 年間登録料(ご支援金含む) 60,000円
法人会員 年間登録料(ご支援金含む) 240,000円
銀行口座へのお振込でお願いします

■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net

東京地方裁判所公認のジャーナリスト佐藤昇

「佐藤昇」は、東京地方裁判所による、平成27年(ワ)第13632号判決及び平成27年(ヨ)第59号決定において、公式に「ジャーナリスト」として認定されております。詳細は PROFILEにて
「ジャーナリストの王者 (チャンピオン)」を襲名

平成30年12月6日大忘年会開催!

ジャーナリストの王者」佐藤昇と直接語り合っていただくために、会員以外の方でも、有料で参加できるようにしております。 随時参加者募集中です。詳細はSCHEDULEにて。

日本を正す政治連盟

ジャーナリストの王者」佐藤昇が代表者に就任して、政治団体 「日本を正す政治連盟」を改組発足しました。随時会員募集中です。 詳細はPOLITICSにて。

会社内におけるパワハラ・セクハラ等の人権問題相談窓口

 秘密厳守の上、弁護士他専門スタッフを派遣するなど、問題解決に尽力します。
 まずはご一報を。

相談窓口メールアドレス info@hodotokushu.net

家庭内におけるDV(家庭内暴力)・中年の引きこもり等の問題相談窓口

 秘密厳守の上、弁護士他専門スタッフを派遣するなど、問題解決に尽力します。
 まずはご一報を。

相談窓口メールアドレス info@hodotokushu.net

告知・ご注意

 週刊報道サイトの関係者であると名乗り、承認なく勝手に活動した上、恐喝・恐喝未遂を行っている者が存在するとの告発が寄せられております。
 なお、石坂幸久・中山登支彦(中山利彦)は、週刊報道サイトと一切の関係はありません。
 ご不審な事象がありましたら、お問合せ願います。

お問合せメールアドレス info@hodotokushu.net

新聞媒体配布の御案内

 週刊報道サイトは、インターネット上だけでなく、新聞媒体でもって、事件発生地域周辺へ集中的に配布する報道活動も行っております。
 マスメディアが扱えない、小さなメディアでしか報道できない事件を、相応の活動支援をして下されば、ゲラ作成から校了印刷し配布までの報道活動を請け負っております。
 新聞媒体を集中配布後は、地域住民から「よくやってくれた」と賛意や感謝の激励の言葉が数多く寄せられてきております。
日光東照宮(国宝陽明門竣工式)
稲葉尚正権宮司(不倫と中絶の巣)
稲葉久雄宮司(ラブホテル三昧)
福原ソープランド界隈の礼儀知らず者?
徳島銀行М資金
ローソン玉塚元一会長М資金退任(週刊新潮)
小泉勝志賀町長学歴詐称(オンブズマン志賀)
 他多数実績有

朝日新聞を正す会

■平成27年2月9日、東京地方
 裁判所へ482名で提訴(vol.1)

■平成28年8月19日、甲府地方裁判所へ150名で提訴(vol.59)

■平成28年9月30日、東京高等裁判所へ229名で控訴(vol.60)

「朝日新聞を糺す国民会議」との盟約締結(vol.12)
■提訴の経緯(vol.56)
■会報(一面二面三面五面
■関行男大尉を偲ぶ(vol.17)
南京大虐殺はあったのか?(vol.30)
公式ホームページ
原告団弁護士米山健也弁護士
原告団事務局長 佐藤昇
訴状PDF
訴訟委任状PDF
問合せ先info@hodotokushu.net

大樹総研(矢島義也)

民主党議員(細野豪志ら)が群がる大樹総研(オーナー矢島義也)という実態のない団体の正体。乱交パーティーか?

カジノ解禁法案反対

セガサミー里見治自宅銃撃事件の真相を報道する

サントリーと暴力団

サントリーに完全勝利する

■サントリーが暴力団住吉会副会長へ利益供与を実行した事実の隠ぺい工作の全貌   

アライオートオークション小山

荒井商事主催アライオートオークション小山におけるメーター改ざん詐欺を争う裁判が勃発     

山崎製パン

山崎製パン大阪第一工場において異物混入したまま商品を出荷したとの内部告発文書を検証する

地位確認等請求事件への内部告発を検証する

福島県除染偽装事件等

福島県と三春町への取材結果

大林道路福島営業所への突撃取材結果

仙台震災復興生コンクリート工場詐欺事件    

リミックスポイント

國重惇史辞任

関係者4名逮捕

暴力団●道会関与か?

架空採石権4億円設定!

真珠宮ビル跡地

買付証明売買予約金策祝杯上客赤富士裏金枠偽造本間吉偲ぶ会一条工務店?刑事告訴予告公売か?武蔵野ハウジング東京都主税局徴収部とのルート構築イーストシティ藤江克彦が逃走    

齋藤衛(佐藤茂秘書?)

檻に3日間閉じ込められた後に埋められた齋藤衛氏(リュー一世・龍一成)を追悼する

イチロー選手

実父チチローから「殿堂入りする位の親不孝者だ」と言い放たれるイチロー(鈴木一朗)選手の資産管理会社IYI社の実像

阪神西岡剛選手

暴行傷害事件疑惑(診断書)・猿芝居感謝状

国立国会図書館

 週刊報道サイトは、国立国会図書館に納本され、国民共有の文化的資産として期限なく保存され続け、後世に継承されることになりました。
 詳細については9月9日記事をご参照ください。

月間アクセス数

<及川幹雄逮捕でアクセス伸張!>

<12月度のアクセス数>

<11月度のアクセス数>

<10月度のアクセス数>

<9月度のアクセス数>

<8月度のアクセス数>

<7月度のアクセス数>

<6月度のアクセス数>

<5月度のアクセス数>

お知らせ

内閣官房拉致問題対策本部事務局のバナーを上記に掲載し、2014年4月1日より、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発活動を行うために、弊社独自取材による連載記事を開始しました。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

<1> <2> <3> <4> <5> <6> <7> <8> <9> <10>


<活動ご支援金振込先>
三菱東京UFJ銀行
亀戸北口支店 普通
 0033595
週刊報道サイト株式会社

 

京都・中山記念館

マルハン韓昌祐会長(vol.5)

記事削除質問状への回答()

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

お問合せメールアドレス info@hodotokushu.net

広告

広告募集中です