本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

    

及川幹雄の刑事事件第二回公判審理の実況中継 その2 及川幹雄の本人証言(27/8/18)

   
正会員が及川幹雄と知り合ったきっかけは、民主党の元外務大臣の玄葉光一郎公式HP)から紹介された、逮捕された森田光一から紹介された(vol.59)。
 
島田邦雄弁護士(活躍)(大活躍)(躍動) (大躍動)(真骨頂


  <序説>

  担当裁判長も正式に決まり、いよいよ、被告みずほ銀行と直接対決が、5月11日16時から、密室の狭い部屋で始まった。

 東京大学法学部卒・ハーバード大学卒の日本のスーパーエリート島田邦雄弁護士は傲慢に感じられた(vol.66)。

  日本のスーパーエリート島田邦雄弁護士は、ゴルフの球の弾道は、全てひん曲がるらしい(vol.67)。

 そして、佐藤昇は及川幹雄へ、「知人」で「旧交を温める」ために渋谷署へ接見に行ったが、接見拒否され、及川幹雄は「外道」であることが判明した(vol.68)。

 そして、及川幹雄の刑事事件第一回公判が行われ、詐欺の罪状は全て認めた(公判前vol.72)(公判vol.73)(公判後vol.74)。

 また、被告みずほ銀行本店元審査役の及川幹雄は平成27年3月24日に逮捕され(vol.57)、東京地検に起訴された上に(vol.63)、追送検までされて(vol.70)、正式に追起訴された(vol.88)。

 告訴人の本人尋問:その1その2(みずほ銀行詐欺ファンドスキーム図)・その3(みずほ銀行が100%保証)・その4(国際新聞から本間美邦税理士らへ内容証明郵便)。

 その1(二人の証人が出廷)。

 <本節>

 平成27年8月3日、平成27年刑(わ)第848号詐欺事件(刑事第16部B係、被告人:及川幹雄、裁判官(長):安藤範樹、書記官:北山拓郎)が、422号法廷で13:30に第二回審理が開演した。

 及川幹雄の弁護人である川口誠弁護士(風の森法律事務所:http://www.kazenomori.net/、東京都港区虎ノ門1−8−14三昭ビル4階、TEL:03−5511−6700、FAX:03−5511−6701)による、及川幹雄本人への証人尋問が始まった。

 ○及川幹雄の証言を箇条書きしていきます。

・被害者へのお詫びの気持ちが沸き上がり反省している。

・一番最初の被害者は、山本勲(本名:許勲、株式会社ネクストワンの代表取締役、東京都中央区京橋2−9−1−5F、電話03−3538−1700、http://www.nextone-tokyo.co.jp)が、みずほ銀行と及川幹雄とともに被告人筆頭として、東京地方裁判所民事第39部の平成25年(ワ)27247号事件において、上記代物弁済契約を取り消し、所有権移転登記の抹消登記手続きをせよと民事提訴している(参考:MSはミタ平成27年2月25日記事・敬天新聞平成26年7月16日記事)人物である(第23弾)。

東陽町支店長になったのは、みずほ銀行でも異例の出世であり、同期の中でも早いvol.26)。

・出世するための人脈をつくるために、交際費がかかった。

・かなりの交際費をつかって人脈をつくっていることを、みずほ銀行に知られないようにするために、詐欺を始めた

・借金していることが、みずほ銀行にバレると、多重債務者として、生活指導されてしまい、死にたい気持ちになる。

・妻から貰う小遣いは、月5万円だった。

本間美邦税理士(その4)への関係当局の供述調書によると、本間美邦税理士は及川幹雄にぎょうせいファンド(vol.3)のM&Aによる手数料など渡せないとのことである。

・しかし、及川幹雄は、本間美邦税理士から、ぎょうせいファンド(vol.3)のM&Aによる手数料を成約後、すぐに貰えると思っていた

・このぎょうせいファンド(vol.3)のM&Aによる手数料の発生は、みずほ銀行には秘密の事項である。

・ジャスダック上場の卑弥呼http://www.himiko.co.jp/)の社外取締役で、マネックス・ハンブレクト株式会社(http://www.mhinc.jp/)のアドバイザーで、ニンバスアソシエイツ株式会社(http://nmbs.jp/)の代表取締役の西崎泉氏(第22弾)が、及川幹雄へ、みずほ銀行を退職したら、そのぎょうせいファンド(vol.3)のM&Aによる手数料を払う約束になっていた。

・ぎょうせいファンド(vol.3)のM&Aによる手数料は、及川幹雄と西崎泉氏(第22弾)は、折半の約束になっていた。

西崎泉氏(第22弾)は、本間美邦税理士から、平成17年に、一度、3500万円の手数料を受け取った

・すると、翌平成18年に、西崎泉氏の会社(第23弾)に税務調査が入り、一度、3500万円を返却しなければならない状況になった。

・その頃から、10年間位、詐欺を続けていた。最後の2年間はブローカー(桜橋厚と森田光一は逮捕・佐々木秀明と新井貴亮と秋山美樹などは未だ逮捕されず)を入れて(vol.59)詐欺をやっていた。

・告訴人への詐欺の頃は、詐欺総額12億円位で、その内、7億円は運用にまわしていた。その他に、担保付で2億を運用していた。

 3億円はブラックジャーナリスト高尾昌司・本名:正志:平成26年7月1日記事中西明彦平成27年2月3日記事など)や事件屋大津洋三郎平成26年8月19日記事本間吉平成27年1月27日記事へ払った

・投資先として、美術品や宝飾品の中国への販売、水のプラント、携帯電話のアプリの開発へ投資の運用をしていた。

・その後も、本間美邦税理士(その4)と西崎泉氏(第22弾)と三人で会ったりしていた。

・及川幹雄の手元には、金は残っていない。

・詐欺で集めた80%(9億6000万円相当)は、配当とブローカー(桜橋厚と森田光一は逮捕・佐々木秀明と新井貴亮と秋山美樹などは未だ逮捕されず)への紹介手数料(vol.59)で消えた。

・詐欺で集めた18%(2億1600万円相当)は、ブラックジャーナリスト(高尾昌司・本名:正志:平成26年7月1日記事や中西明彦:平成27年2月3日記事など)や事件屋(大津洋三郎:平成26年8月19日記事や本間吉:平成27年1月27日記事)に恐喝された。

・詐欺で集めた2%(2400万円相当)は、投資家との会食や、詐欺した金を保管するために、ホテルの貸金庫を借りるなどのスペースの確保の費用に消えた。

・社会復帰したら、被害者への弁償を考えていく。

 との及川幹雄の証言であった。

 <参照>

 この審理の様子を、一緒に傍聴したMSさんが、簡潔に要点だけを記してくれていますので、全文引用します。

(MSブログ:8月4日記事「みずほ銀行行員及川幹雄追起訴公判傍聴」・から一部引用)。

○「みずほ銀行行員及川幹雄追起訴公判傍聴」

 マスコミから数名。裏世界マスコミも数名。関係者その他で法廷は満員に近かったですね。私的に興味あったことは、及川幹雄が、「ギョウセイ」の件で手数料を得る約束をしていて、その手数料を当てにして自己の借財を返済しようとしていたこと。本間美邦税理士の供述があるということ。(もちろん本間税理士は及川への手数料支払いは明言していないのであろう。)犯行の動機は、銀行ローンや個人借り入れで6000万ほどの借財があり、それを解消するためということである。さて、2000万の個人借り入れの相手は誰であろうか。K氏原告損害賠償訴訟で被告となっている、山本(許)勲[三重 山本組興業]であろうか。さてそうであるなら及川幹雄の北千住のタワーマンションに関して、山本勲は代物弁済で物件を取得しているが、及川はいわば物件を二重に売買する意味で週刊報道サイトから3000万の金を引いたのであろうか。これは山本勲が悪意であれば問題になりうるし、及川の二重売買的行為は問題であること言うまでもない。山本勲は週刊報道サイトを名誉棄損で告発しているが、その真の動機はどこにあるかと疑念を感じさせる。一緒に告発した高尾昌司も刑事告発を放置して逐電しているようである。及川が主張する詐取金額は12億円、その18%が恐喝者への支払い。80%が配当に。2%が飲み食いなどの営業経費と陳述。「ぎょうせい手数料」は銀行退職の時と本間美邦税理士が言うというのであるから、退職は間違いないのであるから、手数料を請求して弁済にあてたらいいとおもうがまた、あの本間美邦税理士であるから、支払いはされないのであろう。それにしても12億円という数字は表だけのもので少ない気がする。18%相当というと2億円くらいになるが、大津洋三郎へ11千万とか本間吉らに5500万とか取りざたされているから、数字的には大体あっている。ブローカーへの支払いなどもあるようであり、及川幹雄の詐欺経済行為は時間に従い変質しており、最初の段階の個人的借り入れから所謂ヤクザに「型に嵌められる」経過をたどったのではないだろうか。誰かが及川を梃子にみずほ銀行に「刺さった」かんじがする。恐喝と支払いのことを陳述したことは評価できるが、現実に恐喝者名や恐喝金額恐喝時期について証言しておらず一種の弁明であろう。しかし、正当な理由なく及川から金を得た者は及川に金を返すべきであり、及川の被害者はその金を回収すべきであろう。みずほ銀行と及川を訴えている人たちや弁護士事務所関係者の傍聴人もいた。ともあれこの刑事裁判で検察が明らかにしたことが民事事件に影響するであろうか。それは今の段階ではわかりません。

 (MSブログ:8月5日記事「コメントにお答えします」から一部引用)。

○「コメントにお答えします」

[公判レポートお疲れ様です。 現場では本間税理士、ぎょうせい、恐喝者への支払い等の単語が出ているのですね。 また詐取金のうちの80%というのは、今現在被害を名乗り出ていない方々(佐藤氏率いる被害者の会以外)への配当が主なのですかね。 恐喝者配当者への具体的な言及はなく、どう収束する裁判なのか興味深いです。 2015-08-04 23:10:41 返信編集]コメント

1 ポジショントーキング みずほ銀行及川幹雄に対する民事訴訟は、集団訴訟的なもの1件個人が原告のもの三件あるということは知っています。及川幹雄はこれらの民事訴訟に答弁書も出さず欠席のまま及川に対して原告の請求通りの判決が出ています。相被告のみずほ銀行本体の責任追及について、及川幹雄個人に対する債務名義という物を考えると、(弁護士的には請求の範囲ということでしょうか)これらの訴訟に統一がないとすると、みずほ銀行に責任を認めるということを考えた時に請求額に齟齬があると、裁判所としては判決を出しにくいと思う。説明が難しいのですが、及川幹雄が誰に幾らの実損を与えたのかということが大事だと思うわけです。みずほ銀行に対して旧来の使用者責任を問うてみても、銀行は権力とべったりで、こういう行員の不始末は日常ですから、銀行というものは使用者責任を問われない日常的法的バリアは作っていて当然であります。そういう基本的事実的仕組みがある中で、及川幹雄は刑事的に追起訴されたわけでして、最初の起訴だけでは実刑でも少なすぎる予測が検察にあったかもしれない。及川幹雄はある時期から確信犯であり、追加起訴で刑期が増えることが不満で、ここで自らのポジショントークを陳述したのかもしれません。及川が表面的に陳述した12億円という詐取額以上に暗数的にさらに被害はあるはずで25億から30億が最低限の被害額でしょう。法廷にも訴えてはいないが、被害を受けたであろう人たちが傍聴に来ています。そういう事実的状況の中で、ア 本間税理士の供述(逆に言うと捜査はアル意味されている)イ 恐喝の事実公表この二点が及川自身の口から語られ、ウ ギョウセイ株式売買で手数料が得られると語った。(すなわちギョウセイ事件はあった)これら三ポイントが大事と思います。

2 さて、警察官に対する供述と検事に対する供述は違う。 この事件で検察警察が100%の捜査と起訴をしたということはありません。アル意味不可能であるし、大人の事情とか捜査側の事実的時間人員制約とか、いろいろあることに加え、及川は警察に雑談的に言ったことでも検事にはしゃべらないこと山ほどあるわけです。(私見にすぎず根拠も示せないが、周知の常識であるとムリクリ言いたい。)及川幹雄は自分のポジショントークをしているわけで、ア 恐喝云々もきっちり告発はしていないが、恐喝したHさんなんかは嫌でしょう。(まあ事件にならないと多寡はくくっている、なんせ狗かもしれないから)イ 本間税理士とギョウセイを出すことで自分の立場が守れると思っている?思いたいこういう自己防衛が具体化したのが追起訴事件での弁明でしょう。恐喝について本格的供述は怖いし損だと思っているのです。

3 それでも、ギョウセイという言葉が出た意味は大きい みずほ銀行は合併でできたメガバンクです。こういう銀行の不祥事は行政が積極的に始動すれば是正できるし、行政機関にはできるけど、行わない理由があるわけです。大人の事情と言っておきます。仮定をたて検証する。みずほ銀行に対して使用者責任を問うことは難しいけど、銀行は目くらまししてまでも隠ぺいしたいことはある。事実があればいつかは捲れます。及川幹雄はいまだに手数料は取れると信じているでしょう。及川幹雄が配当した相手は、配当したほうが及川に有利な者ばかりでしょう。こういう場合、まず共犯者に優先配当することが通常です。みずほ銀行に行政が手をこまねいていることはそろそろなくなる予感はします。

(MSブログ:8月5日記事「コメントにお答えします、追加版」から一部引用)。
○「コメントにお答えします、追加版」

  前回エントリーの続きです。コメント者の疑問で、

【恐喝者配当者への具体的な言及はなく、どう収束する裁判なのか興味深いです。】

 こういう疑問は当然でありまして、みずほ事件及川幹雄事件はまだ解明が続けられるのかという意味でありましたら、刑事事件的にはこれで終わりです。求刑は8月25日4時半法廷は423号傍聴席は少数しかないので聴きに行かないと思います。及川幹雄自身が語る詐取した金額は12億円。暗数はもっと多いでしょう。しかし起訴された詐取金実額は1億5千万弱。ある意味、及川側と捜査側は暗黙の握りがあるということでして、今まで事件を放置していたから時効になった部分もおおい。(被害者が告発したのが三年以上前、刑事警察が事情を聴き始めたのが三年くらい前からでしょうか。銀行は善だとインプリントされている。餌もくれるかもしれない。)ですから1億5千万の詐取の件で、求刑されると懲役7年くらい。判決は懲役6年前後。未決拘留も認められて実質5年くらいで出てくるのが及川幹雄氏です。出てきたときに彼の実力と運が試される。出てきたときには本間美邦税理士が死んでいるかもしれない。ギョウセイ報酬は今でも及川幹雄氏はもらえると信じていますが、手に入らないし5年後はさらに難しい。しかし及川氏がヤクザの盃を飲んでいれば、(最近こういう事例が多い。すなわち銀行員も現役ヤクザの舎弟になっている者がいるように、多くの方面でこういうのがいます。)回収できるかもしれない。こういう世界でありますので、及川幹雄事件は表面的にはこれでしまいです。まあ物事終わらせないと、いつまでも続くのですが、小さい詐欺の手先にさせられ、またそれしか生きる道がないので、出てきたら別件で捕まり懲役太郎になるか、警察の狗として生きるか二つに一つでしょう。

 <参考>

 第四回弁論準備における「みずほ銀行詐欺被害者の会」側の準備書面:その1その2その3「原告ミリオントラスト(佐藤昇)について」・その4「被告みずほ銀行の民法709条に基づく責任について」・その5「被告みずほ銀行への求釈明」

    
 
左から、碓井雅也氏(ブログ)、佐藤昇、山口三尊氏(ブログ)。
三人で力を合わせて、みずほ銀行を正していきます。
 
 
 
「朝日新聞を正す会」会報8面のご紹介
 
 
 
 


 <参考>

  既に、大手メディア各社で報道されているように、平成27年3月24日に被告みずほ銀行本店元審査役の及川幹雄は逮捕され(vol.57)、東京地検に起訴された上に(vol.63)、追送検までされたが(vol.70)、その責任への言及は全くなしだ(vol.64)。

 そして、金融庁は24日、被告みずほ銀行に対し、今回の事件(みずほ銀行本店元審査役及川幹雄事件)について銀行法に基づく報告命令を出しました(vol.58)。

 そして、及川幹雄とともに、手数料を得ていた桜橋厚と森田光一の二人も共に逮捕された(vol.59)。

 なお、佐々木秀明(26年9月9日記事他)、新井貴亮(26年8月19日記事他)、秋山美樹(26年9月9日記事他)も、及川幹雄から多額の手数料を得ていた(平成26年9月16日記事)。

 そして、テンプラ・デラックスこと大津洋三郎(26年8月19日記事)、テンプラ・マックスこと高尾昌司(本名:高尾正志)(26年9月2日記事)、松澤泰生(26年6月10日記事)、本間吉(27年2月9日記事)は、及川幹雄から多額の金を恐喝している。 なお、テンプラ・マックスこと高尾昌司(本名:高尾正志)は、及川幹雄から5500万円の恐喝を実行した上、佐藤昇(株式会社ミリオントラスト名義)からも詐欺行為による資金詐取したので第三者破産をかけられて、華麗に破産者となっている

  そして、山本勲(本名:許勲、株式会社ネクストワンの代表取締役、東京都中央区京橋2−9−1−5F、電話03−3538−1700、http://www.nextone-tokyo.co.jpは、及川幹雄のデフォルト直後に、及川幹雄の自宅マンションを代物弁済で不可解な所有権移転登記を行った(参考:MSはミタ平成26年9月8日記事平成26年10月21日記事)。

 なお、山本勲(本名:許勲)は、佐藤昇(株式会社ミリオントラスト名義)に対し、及川幹雄との共謀共同正犯行為により、公正証書原本不実記載及び同行使を行い、佐藤昇は被害にあった。

  その後の及川幹雄は、毎日夕方2時間程、山本勲(本名:許勲)の株式会社ネクストワンの事務所へ立ち寄っていた、と関係者からの証言を得ている。

 なお、「みずほ銀行詐欺被害者の会」の正会員の1人が、かつて、及川幹雄へ「山本勲(本名:許勲)とは何者なのか?」と尋ねたところ、「私(及川幹雄)を護ってくれる人です」との返答を得たとのことだ。

 また、山本勲(本名:許勲)は、みずほ銀行と及川幹雄とともに被告人筆頭として、東京地方裁判所民事第39部の平成25年(ワ)27247号事件において、上記代物弁済契約を取り消し、所有権移転登記の抹消登記手続きをせよと民事提訴されている(参考:MSはミタ平成27年2月25日記事・敬天新聞平成26年7月16日記事)。

 佐藤昇は、今後の経緯次第では、高尾昌司(本名:高尾正志)と山本勲(本名:許勲)に対しての刑事告訴も考えている


  <参考>

 第一回公判
第二回公判第三回弁論準備第四回弁論準備

 ●「みずほ銀行詐欺被害者の会」の正会員6名の判決
・東京都内の会社役員        約1億5000万円弱
・原告A                 3210万円
・薬師寺保栄(vol.9)           4800万円
・原告C               1億3000万円
・チャンド・ディネッシュ(vol.36)    1000万円
・佐藤昇(株式会社ミリオントラスト名義) 3000万円
 「みずほ銀行詐欺被害者の会」の正会員6名の合計被害額 約4億円
 「みずほ銀行詐欺被害者の会」の正会員5名+1名の合計6名の全員は、本物の法曹家である田邊勝己弁護士を全面的に信頼し(26年8月5日記事)、みずほ銀行に勝つまで、闘い抜く決意で臨んでいます。

(被害者の会からの訴状:26年12月2日記事
(被告みずほ銀行からの答弁書:26年12月9日記事
(被告みずほ銀行側代理人、島田邦雄法律事務所、弁護士:島田邦雄、連絡担当弁護士:沖田美恵子、弁護士:圓道至剛ツイッター
(民事第4部合議A係、裁判長:福井章代、裁判官:佐藤重憲、裁判官:大瀧泰平、書記官:木崎祐三子)

 <深刻なみずほ銀行の30代女性行員を職務中にレイプしたみずほ銀行の幹部行員こと官公庁の資金を扱うエリート中のエリートの次期執行役員候補の事件>

 
この中に実行犯はいませんでした!(vol.8

●事件概略:(事件詳細は平成27年3月17日記事にて)みずほ銀行幹部行員こと官公庁の資金を扱うエリート中のエリートの次期執行役員候補は、泥酔状態になり意識朦朧となったみずほ銀行30代女性行員へ、送り狼して、突然、裸で覆い被さってきて、生理中にもかかわらず、その生理用品を引き抜き、動けなくなっている女性行員への暴行におよぶ。女性行員は「早く終わって」と思いながら時を過ぎるのを待ち、準強姦罪に問われる可能性がある暴行が終わった後のベットには血の塊が残り、女性行員の両脇にはくっきりとアザが残っていた(平成27年3月24日記事)。そして、みずほ銀行は、この重大事件を、及川幹雄詐欺事件(平成26年10月14日記事)と同様に、「個人間の問題」として、様々な揉み消し工作や悪評の流布工作をした後に、女性行員を切り捨て、みずほ銀行は「個人のプライバシーに係わる問題であり、認否も含めて回答は差し控えさせていただきます」といつものお約束の文言を繰り返している「北米トヨタ自動車セクハラ訴訟事件」に匹敵する上場企業にあってはならない驚愕の事件。平成27年3月10日記事に記した現象が、メディア業界で発生していることが考えられるので、あえて佐藤昇の週刊報道サイトは報道し続けていきます。
 
<みずほ銀行の犯罪者行員のまとめ>

27年1月20日記事、みずほ銀行相模大野支店の元課長代理の高川真弥容疑者(46)が計1200万円の有印私文書偽造・同行使と詐欺容疑で逮捕。

26年11月18日記事、みずほ銀行宇都宮支店の元課長の本間盛悦(51)が100万円の横領容疑で逮捕。

26年4月15日記事、みずほ銀行桜台支店の元課長の朝倉隆(56)が2500万円の業務上横領で逮捕。それに加え、みずほ銀行の元行員の上田悦生(49)が強制わいせつ容疑で逮捕。

 <素敵な弁護士のご紹介>

 小林健一弁護士:西銀座法律事務所。及川幹雄の元代理人。「みずほ銀行詐欺被害者の会」の第一回公判日(26年12月9日記事)の2日前に敵前逃亡。(懲戒請求)(事情聴取調査)(その1)(その2)(ご助言)(その3)(その4)(議決決定)(敵前逃亡)(綱紀審査開始)。  

 
東京地方裁判所2階の司法記者クラブ会見室における記者会見風景
 
 
 第23代WBC世界バンタム級王者
(防衛4回)
みずほ銀行詐欺被害者の会正会員
薬師寺保栄
 
ポンコツ学芸会王者
(防衛7回継続中)
代表幹事 佐藤昇
 
みずほ銀行へ集団提訴で1億3000万円被害の右アッパーを打ち込みました
 
みずほ銀行へ正会員による及川幹雄への刑事告訴警視庁受理の左ジャブを刺し込んでみました
 
林信秀(57才)頭取  旧富士銀行派閥  東京大学経済学部卒

 2014年3月28日に株主代表訴訟が提訴されました。林信秀頭取は、国際畑を歩み、国内での裏金作りスキームに一切タッチしていなかったので、消去法で頭取に選ばれたと推察いたします。何も知らないことは、一番強いことです。なので、この株主代表訴訟の係争を契機に、及川幹雄被告を現場責任者として行った、代々脈々と受継がれている裏金作りスキームの膿を出し切ることを望みます。

 
塚本隆史(63才)元頭取
旧第一勧業銀行派閥
京都大学法学部卒
既に辞任済
 
佐藤康博(62才)前頭取
旧日本興業銀行派閥
東京大学経済学部卒
既に辞任済
 
及川幹雄(52才)
旧第一勧業銀行派閥
日本大学法学部卒
3/24逮捕

及川幹雄被告からの着信履歴です。
みずほ銀行への及川幹雄被告からの伝言メッセージです。内容は「自首をする」と言ってますよ。代表佐藤昇   
 
佐藤昇(43才)
生涯無派閥
専修大学法学部卒
既にパンチドランカーでポンコツ済

■対朝日新聞訴訟、支援のお願い

 佐藤昇は現在、「朝日新聞を正す会」を結成し、大義のために提訴をしました。

 吹けば飛ぶようなネットメディア媒体ですが、大手メディア媒体ができない自浄活動を、損害賠償請求や名誉毀損などのリスクを負ってでもやっていると自負しています。

 何卒、ご支援の程、よろしくお願い申し上げます。


■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net


朝日新聞を正す会

「朝日新聞を糺す国民会議」との盟約締結(vol.12)
■会報(一面二面三面五面
■関行男大尉を偲ぶ(vol.17)
公式ホームページ
原告団弁護士米山健也弁護士
原告団事務局長 佐藤昇
訴状PDF
訴訟委任状PDF
問合せ先info@hodotokushu.net 

京都・中山記念館

マルハン韓昌祐会長(vol.5)

記事削除質問状への回答()

国立国会図書館

 週刊報道サイトは、国立国会図書館に納本され、国民共有の文化的資産として期限なく保存され続け、後世に継承されることになりました。
 詳細については9月9日記事をご参照ください。

お知らせ

内閣官房拉致問題対策本部事務局のバナーを上記に掲載し、2014年4月1日より、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発活動を行うために、弊社独自取材による連載記事を開始しました。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

<活動ご支援金振込先>
三菱東京UFJ銀行
亀戸北口支店 普通
 0033595
週刊報道サイト株式会社


 

2013年11月21日に第2回セミナーを開催しました。セミナーの光景はSCHEDULEをご覧ください

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

広告

広告募集中です