本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

    

薬師寺保栄氏(第23代WBC世界バンタム級王者)見参!(26/10/6)

 
第23代WBC世界バンタム級王者 (防衛4回)
みずほ銀行詐欺被害者の会正会員 薬師寺保栄
 
薬師寺保栄氏と佐藤昇は、キラーバンク(人殺し銀行)みずほ銀行が密かに毒を盛ったことが連想され、二人の精神的支柱であった原告Cが急逝したことへの追悼の意を胸に秘めて、証人尋問決戦に臨む(vol.160)
(本物の拳闘士きっちり仕上げるvol.166)
 
島田邦雄弁護士(活躍)(大活躍)(躍動) (大躍動)真骨頂
圓道至剛弁護士(法廷侮辱の脅迫発言をカマす)

みずほ銀行が、暴力団山口組の仲介で、暴力団侠道会へ、裏金での融資を試みる。(vol.162)

みずほ銀行顧問島田邦雄法律事務所が「厚顔無恥」に、詐欺被害者を「返り討ち」にする。(一人目大宮匡統氏vol.163)(二人目同志vol.164)(みずほ銀行コンプライアンス推進第一部vol.165

 「みずほ銀行詐欺」への告発活動は、当初、佐藤昇と、及川幹雄被告訴人に対し、9月30日の10時に詐欺容疑の告訴状を警視庁に提出し受理された、現在の「みずほ銀行詐欺被害者の会」の正会員である東京都内の会社役員の二人だけで、活動しておりました。

 しかし、強大な黒い権力を行使できるみずほ銀行には、たった二人では、全く、世論や大手メディアに相手にされず、首都圏でも、被害者が多数存在するにも関わらず、潜在的被害者達は、裏金が表にできないためなのか(それこそ及川幹雄被告訴人を現場責任者にして資金集めをさせていたみずほ銀行の思うツボなのですが)、被害者の会すら結成することができませんでした。

 そこで、佐藤昇が、日頃、お世話になっている目上の方に、相談したところ、「名古屋の被害者を知っているから、引き合わせてあげるよ。」ということになり、駄目元で、名古屋へ行ってみました。

 すると、名古屋の被害者の方も、被害額がどうのこうのよりも、強大な黒い権力を行使できるみずほ銀行と、それをかさに着ている及川幹雄被告訴人の被害者を舐めきった態度が許せないということになって、「みずほ銀行詐欺被害者の会」が結成されることになりました。(26年8月5日記事をご参照下さい

 その中に、あのボクシングの名王者薬師寺保栄氏(第23代WBC世界バンタム級王者)がいるではないですか。

 既に行動をともにしていた告訴人である東京都内の会社役員も、名古屋の他の被害者の方々も、社会的地位のある人達なので、顔出しは、もちろん、実名も出せません。

  そこで、名王者の薬師寺保栄さんに相談したところ、顔出し実名出し、構わないよと、快諾してくれました。ありがとうございます

  薬師寺さんという、頼もしい仲間ができましたので、今後の「みずほ銀行詐欺被害者の会」における顔出し実名出しは、名王者の薬師寺保栄さんと、ポンコツ学芸会王者の佐藤昇の二人で担当します。

 また、全てのメディア対応の受付は、この「週刊報道サイト」が窓口になりますので、よろしくお願いいたします。

 なお、佐藤昇について、反社会的勢力との付き合いのある人間だとの、間違った風評が、テンプラ・デラックスこと大津洋三郎(26年8月19日記事)(敬天新聞26年8月25日記事)やテンプラ・マックスこと高尾昌司(本名:高尾正志)(26年9月2日記事)(敬天新聞26年9月26日記事)によって、佐藤昇の信用をおとしめるために、盛んに流布されているようですが、それは事実と異なり、善良なる完全堅気であります。

 そのことを、完全に証明していくためにも、この「みずほ銀行詐欺被害者の会」による、みずほ銀行に対しての使用者責任及び管理責任を徹底追及する集団提訴の活動において、きちんと証明していきます

 <佐藤昇からのメッセージ>

 薬師寺保栄さんの運営するボクシングジム 薬師寺ボクシングジムhttp://www.yakushiji.jp/

(佐藤昇も薬師寺さんに、館内を案内してもらいましたが、首都圏には存在しえない充実した設備と、選手のことを配慮した環境の、素晴らしいジムでした)

 
みずほ銀行へ集団提訴で1億3000万円被害の右アッパーを打ち込みます


  <次回予告>

 及川幹雄被告訴人への刑事告訴だけでなく、近日中に、東京地方裁判所へ、「みずほ銀行詐欺被害者の会」が集団提訴を行い、みずほ銀行に対して、使用者責任及び管理責任を徹底追及する訴訟を行っていきます。

 その後に、代理人の田邊勝己弁護士とともに、代表幹事の佐藤昇が、司法記者クラブにて、記者会見を行う予定であります。

 <弁護士田邊勝己の公式見解> http://ameblo.jp/t0018t/entry-11918370503.html

  <2014年10月25日OA 関西テレビ「たかじん胸いっぱい」正会員 薬師寺保栄名王者 出演>

http://www.youtube.com/watch?v=TJM55P3OFy8

 
 
 
林信秀(57才)頭取  旧富士銀行派閥  東京大学経済学部卒

 2014年3月28日に株主代表訴訟が提訴されました。林信秀頭取は、国際畑を歩み、国内での裏金作りスキームに一切タッチしていなかったので、消去法で頭取に選ばれたと推察いたします。何も知らないことは、一番強いことです。なので、この株主代表訴訟の係争を契機に、及川幹雄被告を現場責任者として行った、代々脈々と受継がれている裏金作りスキームの膿を出し切ることを望みます。

 
塚本隆史(63才)元頭取
旧第一勧業銀行派閥
京都大学法学部卒
既に辞任済
 
佐藤康博(62才)前頭取
旧日本興業銀行派閥
東京大学経済学部卒
既に辞任済
 
及川幹雄(51才)
旧第一勧業銀行派閥
日本大学法学部卒
未だ逮捕されず

及川幹雄被告からの着信履歴です。
みずほ銀行への及川幹雄被告からの伝言メッセージです。内容は「自首をする」と言ってますよ。代表佐藤昇    
 
佐藤昇(42才)
生涯無派閥
専修大学法学部卒
既にパンチドランカーでポンコツ済

会員番号

記事の全文を読むには、会員番号が必要なページがあります。
会員番号は、下記銀行口座にお振込いただくと、入金の確認ができ次第、メールで会員番号を発行いたします。


■会員登録料のお支払い
個人会員 年間登録料 60,000円
法人会員 年間登録料 240,000円
銀行口座へのお振込でお願いします

■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net



みずほ銀行詐欺被害者の会

 正会員による及川幹雄への刑事告訴が警視庁に受理されました。

 近日中に集団提訴を行います。

正会員数   6名
入会検討者 複数名

正会員薬師寺保栄名王者見参


弁護士田邊勝己の公式見解

本会規約.pdf
本会入会申込書.pdf

お問合せメールアドレス info@hodotokushu.net

高尾昌司及びその周辺者達の告発情報を募集しています

<テンプラ・マックスこと高尾昌司(本名:高尾正志)のテンプラ病を診察する vol.1>

投稿先メールアドレス info@hodotokushu.net

国立国会図書館

 週刊報道サイトは、国立国会図書館に納本され、国民共有の文化的資産として期限なく保存され続け、後世に継承されることになりました。
 詳細については9月9日記事をご参照ください。

お知らせ

内閣官房拉致問題対策本部事務局のバナーを上記に掲載し、2014年4月1日より、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発活動を行うために、弊社独自取材による連載記事を開始しました。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

<活動ご支援金振込先>
三菱東京UFJ銀行
亀戸北口支店 普通
 0033595
週刊報道サイト株式会社


 

2013年11月21日に第2回セミナーを開催しました。セミナーの光景はSCHEDULEをご覧ください

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

広告

広告募集中です