本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

    

東証一部上場企業のSBIホールディングス(代表取締役社長:北尾吉孝)による清水銀行を利用した『5―ALA』製造工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を不正乗っ取り疑惑 その7 まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(令和3年6月21日)

 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

 <本節>

 まさかの取引妨害指令なのか!?

 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

 SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)、係争の第三者の『5―ALA』サプリ販売業者へネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止を控える旨の連絡をしていた!

 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

 2021年4月21日、SBIファーマは、ネオファーマジャパンに対して、国内販売において、『5―ALA』サプリの無断販売は契約違反だからやめろとのプレスリリースしている。

 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

 しかし、ネオファーマジャパンへ取材すると、既に、2021年3月23日、SBIファーマに対して、『5―ALA』サプリ製品供給契約の解除の通知を行い、その後、契約は解除されていることが判明した。

 公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?

 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

 SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、係争の第三者『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパンの製造する『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止の通知をしている事実は、ネオファーマジャパンへの不当な取引妨害に当たらないのであろうか?

 超新星新美彰規(アミット バクシー)の神通力もメッキが剥がれたか!?

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6) フェイスブックより転載

 直接、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、係争の第三者の『5―ALA』サプリ販売業者に対して、公正取引委員会の下請法に抵触するであろうことが推認される通知をしている事実は、「夢のサプリ」で「金のなる木」の可能性を秘める『5―ALA』製造工場の所有権者であるネオファーマジャパンの35%株主のneoALA株式会社の代表取締役に、騒動の真っ最中の令和3年3月16日の登記で就任した超新星新美彰規(アミット バクシー)は、SBIファーマによる通知の前に、販売業者に対して交渉していたであろうが、全く成果が上がらなかったのであろうことが連想される。

 なお、超新星新美彰規(アミット バクシー)は、辣腕会計士の羽根正哲とワンパッケージで、『5―ALA』への投資の20名様限定の特別枠を絶賛募集中の模様だ。

 SBIソーシャルレンディングの二の舞になるかもしれない、そんな資金集めを新美彰規にさせていて大丈夫なのですか?

 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

 まさかの消費期限三ヶ月の『5―ALA』サプリをアマゾンで販売!

 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

 そもそもサプリとは、人体に直接入れる物質であることから、消費期限は1年から2年あるのが当然だ。

 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

 それが、ケーキやパンではないのに、消費期限がたった三ヶ月しかないサプリを、堂々とアマゾンのネットで公に販売している。

 とりわけ公益性の高い製薬会社は、一般消費者のカスタマーサービスを最優先することは当然であるはずだ。

 しかし、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)、ネオファーマジャパンを乗っ取るために、2020年2月に資本・業務提携を締結したことでSBIホールディングス北尾吉孝に頭が上がらないであろう清水銀行岩山靖宏頭取を使い、突然仮差押えをした後に債権譲渡をして、そして差押して競売開始の措置をとる乗っ取り行為などに傾注して、一般消費者のカスタマーサービスのことは、頭にないように見受けられる

 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

「野心ではなく、志を持ってほしい」

 北尾吉孝には、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)を、目くじら立てていじめて、目先の利益を追いかけるのではなく、河田聡史の人生の先輩として、ネオファーマジャパンと助け合って、日本国のために、『5―ALA』サプリを、社会貢献事業の一環として育成してみてはどうでしょうか?

 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

 「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」

 北尾吉孝は、消費期限三ヶ月の『5―ALA』サプリをアマゾンで販売してみたり、係争の第三者の『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパンの製造する『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止の通知してみたり、金儲けにまい進しておりますが、古希にもなったのですから、『5―ALA』サプリ事業を、そろそろ社会のためになる事業活動に切り替えてみたらどうでしょうか?

 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」

 論語の格言の真髄を思い起こして下さい

 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

〇不祥事続発のソーシャルレンディングはこのまま消えるのか?業界最大手も廃業
日刊ゲンダイ2021年6月13日(日)9:06配信
 太陽光発電関連会社「テクノシステム」に司直の手が伸びたことで、ソーシャルレンディング(SL)業界に激震が走っている。SLは消えてなくなるのか。
 SBIホールディングスが新生銀行の筆頭株主に…背景に北尾社長が描く「第4のメガバンク」構想
 テクノ社事件にからみ、業界最大手のSBIソーシャルレンディング(SBISL=宮地直紀社長)は8日、金融庁から1カ月の金融商品取引停止処分を受けた。親会社のSBIホールディングス(SBIHD=北尾吉孝社長)は先月末、SBISLの廃業と事業からの撤退を発表した。
 SLとは、業者がネットに開示したファンド(案件)の情報をもとに、投資家が資金拠出して配当を得るクラウドファンディングの一種。投資家にとっては、銀行より利回りのいい分配償還を受けられる低金利時代の運用先。資金調達を求める企業は、金融機関から十分な融資を受けられないような案件について、高金利だが融資を受けられる。
 しかし、SLを使ったファンド運営にはズサンさが目立っている。2017年にみんなのクレジット(ファンドは17億円規模)、18年にはmaneoマーケット(同103億円規模)が、投資家に提示した資金使途と異なる使用が指摘されて行政処分を受けている。
 SBISLがテクノ社に資金調達するためのファンドを組み、個人投資家らから150億円もの資金を集めていたケースでも、同じ問題が明らかになっている。
 テクノ社は負債総額150億円を抱えて5月に倒産。生田尚之社長ら幹部3人は、東京地検特捜部に別の融資詐欺容疑で逮捕。SBIHDは今回例外的に、投資家への損失補填を発表している。
 SLの取材を続けてきたフリーライターの村上力氏はこう話す。
 「テクノ社は上場準備をしていて、SBIHDグループのSBI証券が主幹事契約を締結していましたし、SBISLはテクノ社にファンド運用で出た損失を肩代わりさせていました。両者は癒着関係にある。SBIHDが投資家への損失補填に踏み切ったのも、会社としての責任を認めざるを得なかったからでしょう。一方でテクノ社は30に及ぶ地銀や信金から120億円以上の融資を受けていますが、こちらは貸し倒れるのではないか。テクノ社の不正や粉飾決算を見抜けなかった地銀や信金の審査能力や責任が問われます」
 トラブル続きのSLは今後どうなるのか。
「リスクマネーを投じたい投資家はいるし、高利でも融資を受けたい企業もいるため、SLに意味はあります。しかし、現行の規制では融資先の情報開示が極めて限定的なため、投資家はぼやっとした情報で投資判断をせざるを得ない。融資先情報の開示規制をどうするかは、今後の主要な検討課題となるでしょう」(前出の村上氏)
 金融行政はこの難問に有効策を打ち出せるか。

 <予習>

 
堂々たる代表取締役への復帰、河田聡史。まさかの風説の流布なのか!?独占的実施許諾契約なのか?独占的通常実施許諾契約なのか?、neoALA新美彰規(アミット バクシー)が先陣切ってSBI北尾吉孝と戦うべきではないのか!?(vol.8)

 堂々たる復帰河田聡史

 
堂々たる代表取締役への復帰、河田聡史。まさかの風説の流布なのか!?独占的実施許諾契約なのか?独占的通常実施許諾契約なのか?、neoALA新美彰規(アミット バクシー)が先陣切ってSBI北尾吉孝と戦うべきではないのか!?(vol.8)

 令和3年5月27日、SBIホールディングス北尾吉孝は、SBIホールディングス北尾吉孝及びSBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)にかかるネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)のプレスリリースの公表及び一部週刊誌の報道について、名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始したと公に告知した際に、河田聡史はネオファーマジャパン株式会社の代表取締役の退任登記がなされていると、わざわざリリースしているのだから、令和3年5月11日に就任でネオファーマジャパン株式会社の代表取締役に復帰したこの登記(令和3年6月7日登記)についても、その見解を添えて、きちんとリリースするべきであろう。

 
堂々たる代表取締役への復帰、河田聡史。まさかの風説の流布なのか!?独占的実施許諾契約なのか?独占的通常実施許諾契約なのか?、neoALA新美彰規(アミット バクシー)が先陣切ってSBI北尾吉孝と戦うべきではないのか!?(vol.8)

 そもそも、SBIホールディングス北尾吉孝は、「地銀の救世主」と崇められ、菅義偉総理大臣の『影のブレイン』などと呼ばれて、「第四のメガバンク構想」まで打ち出し、第四のメガバンクの頭取の地位を目指し、「令和の政商」を指向している立場の人間なのだから、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)を、目くじら立てていじめて、目先の利益を追いかけている姿を日本国民にさらし続けていれば、第四のメガバンクの頭取に就任した際には、立場の弱い中小企業を、傘下の銀行を使った独占禁止法違反となる優越的地位の濫用で、目くじら立てていじめてくるのであろうことが、自然と連想されるであろう。

 まさかの風説の流布なのか!?

 
堂々たる代表取締役への復帰、河田聡史。まさかの風説の流布なのか!?独占的実施許諾契約なのか?独占的通常実施許諾契約なのか?、neoALA新美彰規(アミット バクシー)が先陣切ってSBI北尾吉孝と戦うべきではないのか!?(vol.8)

 2015年1月16日、SBIホールディングス北尾吉孝及び子会社のSBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)は、「コスモ石油との特許実施許諾契約締結のお知らせ」において、コスモ石油株式会社(本社:東京都港区、代表:森川 桂造、以下「コスモ石油」)との間で、独占的実施許諾に関する契約(以下「本契約」)を締結したとプレスリリースしている。

 
堂々たる代表取締役への復帰、河田聡史。まさかの風説の流布なのか!?独占的実施許諾契約なのか?独占的通常実施許諾契約なのか?、neoALA新美彰規(アミット バクシー)が先陣切ってSBI北尾吉孝と戦うべきではないのか!?(vol.8)

 2021年3月23日、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)は、「SBIファーマ株式会社に許諾されている5−アミノレブリン酸(5−ALA)特許及び模倣品に関する注意喚起についてのお知らせ」において、neoALA株式会社(当時のコスモ石油)がSBIファーマに付与したのは独占的通常実施権であり、専用実施権ではないこと及び、neoALA株式会社がネオファーマジャパン株式会社に対して通常実施権を付与していることを法的に妨げるものではないことを、念のため、お知らせしている。

 
堂々たる代表取締役への復帰、河田聡史。まさかの風説の流布なのか!?独占的実施許諾契約なのか?独占的通常実施許諾契約なのか?、neoALA新美彰規(アミット バクシー)が先陣切ってSBI北尾吉孝と戦うべきではないのか!?(vol.8)

 2021年4月21日、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、「ネオファーマジャパン株式会社による 日本国内におけるサプリメント無断販売等につきまして」において、2021年3月17日に、ネオファーマジャパンによるALAサプリの無断販売に対する損害賠償を求めて、ネオファーマジャパンを被告として、東京地方裁判所に提訴したとプレスリリースして、目くじら立てていじめている。

 このプレスリリースから、SBIホールディングス北尾吉孝かネオファーマジャパン河田聡史のどちらかが嘘をついている

 もし北尾吉孝が嘘をついていたとしたら、不正競争防止法においては、競争関係にある他人の営業上の信用を害する虚偽の事実を告知したことになり、また、SBIホールディングスは東証一部上場の日本を代表する巨大な金融コングロマリットであることから、有価証券の価格を変動させる目的で、虚偽の情報を流した風説の流布になるであろう

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6) フェイスブックより転載

 超新星新美彰規(アミット バクシー)は、先陣切って、SBI北尾吉孝と戦うべきではないのか!?

 新美彰規は、ネオファーマジャパンの35%株主のneoALA株式会社の代表取締役に、騒動の真っ最中の令和3年3月16日の登記で就任しているのだから、SBI北尾吉孝が嘘をついていると、しっかり主張するべきではないのか?

 新美彰規(アミット バクシー)が、SBI北尾吉孝におもねり、何も主張しなければ、それは、北尾吉孝の嘘に加担していることと同義であり、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の社員で、何の仕事もできずに給料泥棒と呼称されていた程度では済まなくなるであろう。

 そもそも、SBI北尾吉孝は、ネオファーマジャパンに対して、突然仮差押えをして、その後に清水銀行に債権譲渡させて、そして差押されて競売を開始する措置をとっているのだから、契約そのものが全て事実上無効になるのではなかろうか?

 
堂々たる代表取締役への復帰、河田聡史。まさかの風説の流布なのか!?独占的実施許諾契約なのか?独占的通常実施許諾契約なのか?、neoALA新美彰規(アミット バクシー)が先陣切ってSBI北尾吉孝と戦うべきではないのか!?(vol.8)

「君子は中庸の徳を守るが、小人は中庸にそむく。中庸こそは最高の徳である。だが民衆の間で中庸の意識が薄くとぼしくなって久しい」
と孔子は嘆いている。

 
堂々たる代表取締役への復帰、河田聡史。まさかの風説の流布なのか!?独占的実施許諾契約なのか?独占的通常実施許諾契約なのか?、neoALA新美彰規(アミット バクシー)が先陣切ってSBI北尾吉孝と戦うべきではないのか!?(vol.8)

〇(朝日新聞社説)SBI子会社 見逃されたずさん経営
朝日新聞デジタル2021年6月21日 5時00分
 金融庁が、SBIソーシャルレンディング社に業務停止を命じた。第三者委員会の調査でずさんな経営実態が明らかにされており、処分は当然だ。親会社のSBIグループの責任と、不正の舞台になった仕組みの不透明さも、問う必要がある。
 日本でソーシャルレンディング(社会的融資)と呼ばれているのは、ネット上でファンドへの出資を集め、それを事業者が企業などに貸す仕組みだ。投資と貸金業の組み合わせで、2年前までは具体的な貸出先を明示しないことになっていた。
 融資が焦げ付いても、事業者には元本償還や利益分配の義務がなく、預金保険のような制度もない。過去にも別の事業者が問題を起こしている。
 第三者委の調査報告によれば、SBI子会社の融資は特定企業絡みの案件に、多いときで4割以上が集中していた。
 太陽光発電やマンション開発の名目で資金を集めながら、審査やモニタリングがろくに行われず、貸金のかなりの部分が違う目的に使われていたという。
 経営トップが営業を優先し、過大な収益目標を掲げて独走したとも指弾されている。
 融資判断をチェックする部門はなく、人員も不足していたという。
 直接の処分対象が子会社であるにせよ、こうしたトップを据え、ゆがんだ経営を放置していた親会社の責任は大きい。
 SBIの名前やロゴを掲げ、「大手金融グループで初めてソーシャルレンディング事業に参入」とうたって資金を集めていたのだから、なおさらだ。
 SBIグループはネット銀行や証券で急成長し、近年は地方銀行に次々と出資している。
 大手金融グループとして、社会的責任の重さを自覚すべきだ。
 今後、この事業から撤退し、当該ファンドへの投資は全額返金するという。
 持ち株会社の北尾吉孝社長は、企業統治のあり方を見直す意向も示した。
 その一方、「僕(北尾吉孝)は(SBIグループの)300社以上の全部を細かくみるわけにはいかない」と、ひとごとのように聞こえる発言もあった。
 本当に改善がなされるのか、行動を見極める必要がある。
 金融庁も、グループ経営のあり方をより考慮して、監督しなければならない。
 ソーシャルレンディングを不正の温床にしないための取り組みも、金融庁には求められる。
 これまでも投資家に「高い利回り情報だけで投資判断をしないように」と注意を呼び掛けていたが、SBI子会社は利回りに加え、「時間や手間がかからない資産運用」を掲げ、多額の資金を集めた。
 最低限、リスクを含めた情報開示の拡充などを、促していくべきだ。(vol.8)

 
ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)は5−アミノレブリン酸(5―ALA)の原料(5―ALA原体)を製造する人的・物的ノウハウを有する唯一の国内企業であり、その5−アミノレブリン酸(5―ALA)を用いた新型コロナウイルス感染症の後遺症に対する特定臨床研究が開始!そこで、新美彰規は、『5―ALA』の利権を総取りするという説明をしている模様!そして、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)の取引妨害指令は、独占禁止法違反ではないのか!?(vol.9)

 2021年6月21日、日本学士院において、天皇陛下皇后陛下のご出席、英国大使列席の下、恩賜賞及び日本学士院賞、日本学士院エジンバラ公賞の授賞式が行われ、長崎大学 北潔教授(熱帯医学・グローバルヘルス研究科/熱帯医学研究所 )に対し、昨年受賞が決定した日本学士院エジンバラ公賞が授与された。

 
ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)は5−アミノレブリン酸(5―ALA)の原料(5―ALA原体)を製造する人的・物的ノウハウを有する唯一の国内企業であり、その5−アミノレブリン酸(5―ALA)を用いた新型コロナウイルス感染症の後遺症に対する特定臨床研究が開始!そこで、新美彰規は、『5―ALA』の利権を総取りするという説明をしている模様!そして、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)の取引妨害指令は、独占禁止法違反ではないのか!?(vol.9)

 北教授は、天皇皇后両陛下に直接研究の内容をご説明する4人の研究者の一人に選ばれ、抗マラリア薬として開発中の5−アミノレブリン酸(5―ALA)による新型コロナウイルス感染症原因ウイルスの試験管内での感染抑制や、治療薬候補として期待されていることについても言及し、長崎大学が一丸となって感染症に取り組んでいることを申し上げた。

 すると、天皇陛下からは「新型コロナウイルスに、マラリアの薬が効くのはどういうことですか?」とのご質問を、皇后陛下からは「希望の持てる話ですね」とのお言葉をかけられた。

 
ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)は5−アミノレブリン酸(5―ALA)の原料(5―ALA原体)を製造する人的・物的ノウハウを有する唯一の国内企業であり、その5−アミノレブリン酸(5―ALA)を用いた新型コロナウイルス感染症の後遺症に対する特定臨床研究が開始!そこで、新美彰規は、『5―ALA』の利権を総取りするという説明をしている模様!そして、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)の取引妨害指令は、独占禁止法違反ではないのか!?(vol.9)

 なお、東京大学大学院薬学系研究科においては、新型コロナウイルス感染症の後遺症に対する5−アミノレブリン酸(5―ALA)を用いた特定臨床研究が開始されている。

 そのような状況の中、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)、5−アミノレブリン酸(5―ALA)の原料(5―ALA原体を製造する人的・物的ノウハウを有する唯一の国内企業であり、5―ALAの研究結果を詳細に知り得る立場にあるのが、「夢のサプリ」で「金のなる木」の可能性を秘める『5―ALA』製造工場の所有権者であるネオファーマジャパンの35%株主のneoALA株式会社の代表取締役の超新星新美彰規(アミット バクシー)だ。

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6) フェイスブックより転載

 新美彰規(アミット バクシー)は、5−アミノレブリン酸(5―ALA)の研究結果から、巨大な利権に化けることを知ったことで、『5―ALA』への投資を募り、全体の枠を約30億円で設定し、その内の50%を新美彰規(アミット バクシー)が確保していて、残りの30%をSBI北尾吉孝が確保していて、残りの20%をアラブの投資家が確保していると称して、『5―ALA』の利権を総取りするという説明をしているそうだ。

 新美彰規の父親の特定非営利活動法人インドセンター(代表者:UPADHYAY VIBHAV KANT ウパデアーエ ヴィバウカント、東京都千代田区紀尾井町3番29−502号)のアドバイザーのLALIT BAKSHI(ラリット バクシー立派な人物との話だが、息子の新美彰規は、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをして大丈夫なのであろうか?

 独占禁止法違反ではないのか!?

 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

  そして、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、係争の第三者『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパンの製造する『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止の通知をしている事実は、独占禁止法19条・同法2条9項6号・一般指定14項の禁止する不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)に当たるのではなかろうか?

 
ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)は5−アミノレブリン酸(5―ALA)の原料(5―ALA原体)を製造する人的・物的ノウハウを有する唯一の国内企業であり、その5−アミノレブリン酸(5―ALA)を用いた新型コロナウイルス感染症の後遺症に対する特定臨床研究が開始!そこで、新美彰規は、『5―ALA』の利権を総取りするという説明をしている模様!そして、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)の取引妨害指令は、独占禁止法違反ではないのか!?(vol.9)

 なお、「僕(北尾吉孝)は(SBIグループの)300社以上の全部を細かくみるわけにはいかない」と述べたSBIグループは、北尾吉孝がワンマン体制を築き上げ、取締役会で北尾吉孝以外の役員が発言することは少なく、もちろん、北尾吉孝への反論など出ることのない組織だそうだ。

 そうならば、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)の独占禁止法違反の嫌疑のかかる取引妨害指令も北尾吉孝の認諾の上の行動なのだろうか?

 また、SBIソーシャルレンディング(SBISL)の金融商品取引法違反や、テクノシステムへの約380億円(うち129億円の使途が契約違反)の融資も北尾吉孝の認諾の上の行動なのだろうか?

 
ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)は5−アミノレブリン酸(5―ALA)の原料(5―ALA原体)を製造する人的・物的ノウハウを有する唯一の国内企業であり、その5−アミノレブリン酸(5―ALA)を用いた新型コロナウイルス感染症の後遺症に対する特定臨床研究が開始!そこで、新美彰規は、『5―ALA』の利権を総取りするという説明をしている模様!そして、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)の取引妨害指令は、独占禁止法違反ではないのか!?(vol.9)

中庸の徳が最高なのではなかろうか!?

 
ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)は5−アミノレブリン酸(5―ALA)の原料(5―ALA原体)を製造する人的・物的ノウハウを有する唯一の国内企業であり、その5−アミノレブリン酸(5―ALA)を用いた新型コロナウイルス感染症の後遺症に対する特定臨床研究が開始!そこで、新美彰規は、『5―ALA』の利権を総取りするという説明をしている模様!そして、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)の取引妨害指令は、独占禁止法違反ではないのか!?(vol.9)

〇巨額詐欺事件に絡みSBI子会社に業務停止命令 小池百合子都知事にも波及か
東スポ 2021年06月08日 21時11分

 金融庁が8日、ネット金融SBIホールディングスの子会社で融資仲介業を手掛ける「SBIソーシャルレンディング」(SBISL)が金融商品取引法に違反したとして業務停止命令を出した。  同社をめぐっては先月、融資した太陽光発電会社「テクノシステム」(横浜市)が地方銀行2行から融資金11億6500万円をだまし取った詐欺容疑で社長の生田尚之容疑者ら3人が逮捕された事件に関連し、巨額の融資をしていた。

 SBISLは2017年から20年の間にテクノシステムに約380億円を融資し、うち129億円の使途が契約違反だったことがわかっている。「生田社長はそれら以外にも地銀など約30の金融機関から約80億円の融資を受け、融資されたカネを本来の目的とは違う借金返済や別の事業、銀座の高級クラブや海外カジノでの豪遊に使っていたとんでもない人物」(関係者)

 SBISLに関して、4月に第三者委員会が「貸付の際の審査や事業監視が不十分だった」とした調査結果を発表し、5月の生田容疑者らの逮捕前にSL事業からの撤退、投資家への出資金の返金をすることを決定していた。

 テクノ社と生田容疑者をめぐっては、小泉純一郎元首相との対談記事や、同社CMにその長男の俳優・小泉孝太郎を起用したのをはじめ、複数の政治家との関係が融資の際に利用されていた。詐欺事件を捜査する東京地検特捜部がどこまで政界ルート≠ノ斬り込むかが注目されている。

 中でも、生田容疑者側から資金管理団体と政党支部に計200万円の献金を受けていた小池百合子東京都知事の周辺に捜査が及ぶとみられている。

 「特捜部は生田容疑者側から献金を受けていた複数の政治家へのカネの流れを把握。週刊文春が報じた小池氏の金庫番≠フ男性がテクノ社の最高顧問のような役割をしていた件にも関心を寄せている」と捜査関係者は話している。(vol.9)

 
ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)は5−アミノレブリン酸(5―ALA)の原料(5―ALA原体)を製造する人的・物的ノウハウを有する唯一の国内企業であり、その5−アミノレブリン酸(5―ALA)を用いた新型コロナウイルス感染症の後遺症に対する特定臨床研究が開始!そこで、新美彰規は、『5―ALA』の利権を総取りするという説明をしている模様!そして、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)の取引妨害指令は、独占禁止法違反ではないのか!?(vol.9)
 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)による競争者に対する取引妨害は、明らかな優越的地位の濫用であり、独占禁止法違反に当たるのではないのか!?SBIホールディングス北尾吉孝の子会社のSBIファーマがネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の取引先に対して、取引先がネオファーマジャパンから直接又は間接を問わず、5―ALAを用いたサプリメントを購入すること及び取引先が5―ALAを用いたサプリメントの販売を控えることを請求する行為は、独占禁止法19条・同法2条9項6号・一般指定14項の禁止する不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)に当たることは明らかであろう。(vol.10)
 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)による競争者に対する取引妨害は、明らかな優越的地位の濫用であり、独占禁止法違反に当たるのではないのか!?SBIホールディングス北尾吉孝の子会社のSBIファーマがネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の取引先に対して、取引先がネオファーマジャパンから直接又は間接を問わず、5―ALAを用いたサプリメントを購入すること及び取引先が5―ALAを用いたサプリメントの販売を控えることを請求する行為は、独占禁止法19条・同法2条9項6号・一般指定14項の禁止する不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)に当たることは明らかであろう。(vol.10)

 SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)による競争者に対する取引妨害、明らかな優越的地位の濫用であり、独占禁止法違反に当たるのではないのか!?

 2021年7月9日、西村康稔経済再生担当相は、緊急事態宣言発令などの決定を受け、酒類を提供する飲食店が休業要請に応じなければ金融機関に店舗情報を提供するとした自身の発言が、与野党から「金融機関による優越的地位の濫用につながる」と反発が上がり、最初に方針を打ち出してからわずか1日で取り下げに追い込まれて撤回した。

 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)による競争者に対する取引妨害は、明らかな優越的地位の濫用であり、独占禁止法違反に当たるのではないのか!?SBIホールディングス北尾吉孝の子会社のSBIファーマがネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の取引先に対して、取引先がネオファーマジャパンから直接又は間接を問わず、5―ALAを用いたサプリメントを購入すること及び取引先が5―ALAを用いたサプリメントの販売を控えることを請求する行為は、独占禁止法19条・同法2条9項6号・一般指定14項の禁止する不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)に当たることは明らかであろう。(vol.10)

 2021年6月15日、SBIホールディングス北尾吉孝の子会社のSBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)との損害賠償請求訴訟(東京地方裁判所令和3年(ワ)第6776号)の係争の第三者である『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパンの製造する『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止の通知をしている事実は、優越的地位の濫用につながっているが、通知から約一ヶ月経過した現在も、未だに、方針の取り下げを行っていない。

 
まさかのSBIホールディングス北尾吉孝と清水銀行岩山靖宏頭取によるネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の経営破綻を目的とした共謀行為なのか!?清水銀行に圧力をかけて債権譲渡をさせたのではないのか!?なぜ、債権を買った会社は、サービサーの許認可のない子会社のただのベンチャーキャピタル会社のSBIインキュベーション(代表取締役:森田俊平)なのだろうか!?SBIホールディングス北尾吉孝と清水銀行岩山靖宏頭取には、「信・義・仁」を物事の判断をする際の「ものさし」にしてほしいものだ。 (vol.2)

 そこで、「信・義・仁」を物事の判断をする際の「ものさし」にしている第三者の『5―ALA』サプリ販売業者から、このたびのSBI北尾吉孝による独占禁止法違反の疑いに関して、公正取引委員会 審査局 管理企画課 情報管理室へ「SBIファーマの営業行為に関する情報提供」が行われていることが取材で明らかになった。

 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)
 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

 公共の利益のため、また「野心ではなく、志を持ち」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位である」との観点から、ここにその全文を公開する。

 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)による競争者に対する取引妨害は、明らかな優越的地位の濫用であり、独占禁止法違反に当たるのではないのか!?SBIホールディングス北尾吉孝の子会社のSBIファーマがネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の取引先に対して、取引先がネオファーマジャパンから直接又は間接を問わず、5―ALAを用いたサプリメントを購入すること及び取引先が5―ALAを用いたサプリメントの販売を控えることを請求する行為は、独占禁止法19条・同法2条9項6号・一般指定14項の禁止する不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)に当たることは明らかであろう。(vol.10)

『                       2021年7月5日
〒100-8987
東京都千代田区霞が関一丁目1番1号
中央合同庁舎第6号館 B棟
公正取引委員会 審査局 管理企画課 情報管理室 御中

    SBIファーマ株式会社の営業行為に関する情報提供

拝 啓

 当社は、貴庁に対し、SBIファーマ株式会社(以下「SBIファーマ」といいます。)の営業行為について、次のとおり、独占禁止法違反に関する情報提供を行います。

1 当社社及びSBIファーマの事業内容

 当社は、インターネットのウェブサイトを通じて、サプリメント等を販売している会社です。当社は、ネオファーマジャパン株式会社(以下「NPJ」といいます。)から、5-ALA(アミノレブリン酸)を配合したサプリメント(以下「本件サプリメント」といいます。)を仕入れて、これを個人消費者に販売しています。5-ALAは、長崎大学の研究において、新方コロナウイルス感染症原因ウイルスの感染抑制効果が発見されたという発表がされる等、近時、各界から注目されている成分です。昨今の状況の中で、5-ALAを配合した本件サプリメントも一般消費者に口コミで広がり、非常に需要が高まっています。

 SBIファーマは、同社のウェブサイトによれば、「5-ALA(5-アミノレブリン酸)に特化して、それを活用・応用することにより世界の人々の健康向上、生活の改善を目指し、医薬品、健康食品を始めとした、さまざまな分野において革新的な製品を提供するために設立され」たとのことであり、要するに、5-ALAを用いた医薬品、健康食品の製造及び販売等を行う会社です。SBIファーマは、従前から5-ALAの原料(5-ALA原体といいます。)をNPJから供給を受けていました。

 NPJとSBIファーマは、いずれも5-ALAを用いたサプリメント等の製造及び販売を行っている点で競争関係にあるといえ、当社とSBIファーマは、個人消費者向けに5-ALAを用いたサプリメントの販売を行っている点で競争関係にあるといえます。

2 事実関係

 当社は、令和3年6月15日、SBIファーマから「ALAサプリに関するご連絡」(「本件連絡書面」といいます。)と題する書面を受領しました。本件連絡書面には、以下の記載がされています。

@ 当社がNPJ製造の本件サプリメントを販売していることを確認した。

A 本件サプリメントは、NPJがSBIファーマとの間で締結した契約に違反して販売したことにより流通したものであり、これに伴ってSBIファーマがNPJに対して損害賠償請求訴訟を提起した。

B NPJによる違反状態が是正されるまで、当社がNPJから直接又は間接を問わず本件サプリメントを購入すること及び当社がこれを販売することを控えることを請求する。

C 当社がこれまでに購入した本件サプリメントの購入日時、販売者、購入数量、購入価格、及び本件サプリメントの具体的な製品内容について、情報提供を請求する。

 しかしながら、当社がNPJに事実関係を確認したところ、本件サプリメントを法人向けに販売することはSBIファーマとの契約に違反するものではなく、また、NPJは令和3年4月2日付けでSBIファーマとの5-ALA製品の取扱いに関する契約を解除しており、いずれにせよ、NPJが当社に対して本件サプリメントを販売することがNPJ・SBIファーマ間の契約に違反するものではないことが確認されました。

 さらに言えば、当社とSBIファーマの間には、一切の契約関係はなく、SBIから、当社が本件サプリメントの仕入れ及び販売を控えるように求められたり、本件サプリメントに関する情報提供を求められなければならない法的根拠はありません。国内で5-ALA原体を製造販売しているのはNPJのみであり、

 また、SBIファーマは、NPJから本件サプリメントを購入している他社に対しても、広く同様の書面を送付して、NPJからの本件サプリメントの仕入れ及び販売を中止するように強く要請していることが判明しました。

3 結語

 NPJの顧問弁護士は、別紙のとおり、SBIファーマが当社を含むNPJの取引先に対して、NPJからの仕入れ及び本件サプリメントの販売について中止すること等を求める行為は、独占禁止法に違反する疑いがある旨の見解を示しております。貴委員会におかれましては、事実関係を調査し、SBIファーマに対し、必要な指導・処分を行い、SBIファーマが公正な競争秩序の中で事業を行うよう監督くださいますよう、お願い申し上げます。
                            敬 具』

 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)による競争者に対する取引妨害は、明らかな優越的地位の濫用であり、独占禁止法違反に当たるのではないのか!?SBIホールディングス北尾吉孝の子会社のSBIファーマがネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の取引先に対して、取引先がネオファーマジャパンから直接又は間接を問わず、5―ALAを用いたサプリメントを購入すること及び取引先が5―ALAを用いたサプリメントの販売を控えることを請求する行為は、独占禁止法19条・同法2条9項6号・一般指定14項の禁止する不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)に当たることは明らかであろう。(vol.10)

 独占禁止法19条とは、事業者が「不公正な取引方法」を用いることを禁止している。

 そして、自己と国内において競争関係にある者(競争者)の取引先に対して、競争者との取引を停止するよう要請する行為は、「競争者に対する取引妨害」に該当する(勧告審決平成2年9月5日審決集37号29頁〔ヤシロ事件〕)。

 SBIホールディングス北尾吉孝の子会社のSBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は、取引先を含む5-ALAを用いたサプリメントの販売先に対して、法的な根拠なくNPJによる5-ALAを用いたサプリメントの販売行為が契約違反行為であると断定した上で、NPJから5-ALAを用いたサプリメントを仕入れること及び本件サプリメントを販売することを中止するように広く要請している事実が確認されている。

 日本国内において、5-ALAを用いたサプリメントの安定的に製造しているのはNPJとSBIファーマの2社であり、取引先がNPJとの取引を中止した場合には、取引先が5-ALAを用いたサプリメントを仕入れるにはSBIファーマと取引を余儀なくされることとなる。

 したがって、NPJとの取引中止を呼びかける行為は、競争者(NPJ)の顧客を自己と取引するように不当に誘引するものと認められる。

 また、取引先がSBIファーマからの要請に応じた場合には、NPJは取引機会を奪われ、5-ALAを用いたサプリメントを(SBIファーマ以外の第三者に対して)販売することができなくなる事態に陥ることになる。

 さらに、取引先は、そもそもSBIファーマと契約関係にないのであって、SBIファーマが取引先に対して、NPJからの仕入れ及び5-ALAを用いたサプリメントの販売について、中止を要求すること自体、取引先の取引機会を法的根拠なく奪うこととなり、公正な競争を阻害する不当性が認められる。

 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

 だから、SBIホールディングス北尾吉孝の子会社のSBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)がネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の取引先に対して、取引先がネオファーマジャパンから直接又は間接を問わず、5―ALAを用いたサプリメントを購入すること及び取引先が5―ALAを用いたサプリメントの販売を控えることを請求する行為は、独占禁止法19条・同法2条9項6号・一般指定14項の禁止する不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)に当たることは明らかであろう

 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)による競争者に対する取引妨害は、明らかな優越的地位の濫用であり、独占禁止法違反に当たるのではないのか!?SBIホールディングス北尾吉孝の子会社のSBIファーマがネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の取引先に対して、取引先がネオファーマジャパンから直接又は間接を問わず、5―ALAを用いたサプリメントを購入すること及び取引先が5―ALAを用いたサプリメントの販売を控えることを請求する行為は、独占禁止法19条・同法2条9項6号・一般指定14項の禁止する不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)に当たることは明らかであろう。(vol.10)

〇識者、独禁法抵触の恐れ指摘 自民若手は悲鳴 西村発言
(朝日新聞デジタル小出大貴2021年7月9日 21時50分)
 お酒の提供自粛や営業時間短縮に協力しない飲食店には金融機関経由で働きかける。そんな考えを示した西村康稔経済再生相の発言に、銀行や与野党から戸惑いや反発の声が広がった。
 「我々に監視役をやれというのか」。大手金融機関首脳は9日、取材に対しこう述べた。「資金繰りをどう支えるかが我々の任務。自粛要請が徹底されない現実への問題意識は理解するが筋が違うんじゃないか」と話す。地方銀行幹部も「自粛警察をしろというのか」と反発の声をあげた。
 資金繰りが苦しい店も多い飲食業界にとって、融資を握る銀行の意向は無視しにくい。「(銀行の)優越的地位の乱用と思われかねない。生き残りに必死で立場が弱い飲食店がどう受け止めるか、想像すべきだ」と別の地銀幹部はいう。
 新宿・歌舞伎町の雑居ビルに店を構えるバーの男性店主(39)は「自分の手を汚さずに『圧力』をかけさせようとしている。あまりに陰湿なやり方だ」と憤る。コロナ禍での借金は300万円近くに。前回の緊急事態宣言時から、要請に応じず酒を提供し続けている。客層は2軒目や3軒目としてやってくる人が中心で、酒がなければ成り立たない。「酒を出すのは生活のための『自助』。今回のやり口に手を貸す金融機関はいないだろうけれど」
 与野党からも疑問や反発の声が相次いだ。自民党幹部は「西村氏の発言を聞けば、酒屋や卸売業者は『けしからん』となる」、衆院若手は「選挙にマイナスだ」と悲鳴を上げた。立憲民主党の安住淳国会対策委員長は「言うことをきかない酒屋に『お金を貸すな』などと政府が言う権限は法律上どこにもない」と批判し、共産党の田村智子政策委員長は会見で「憤りを禁じ得ない」と述べた。
 識者「金融機関の営業の自由にも抵触」
 《飯田泰之・明治大准教授(経済政策)の話》
 お金を借りているという意味で「弱い立場」にある飲食店に対し、金融機関が営業内容に注文をつける行為は独占禁止法で禁じた「優越的地位の濫用(らんよう)」にあたる可能性があり、金融業界も反応に戸惑ったと思われる。
 貸したお金をいずれ返してもらいたい金融機関に対して、わざわざ回収が難しくなるようなことを促しているとも言え、金融機関の営業の自由にも抵触する。
 発言の方法も「金融機関にお願いをして、政府に忖度(そんたく)して動いてね」という姿勢で無責任だった。
 政府のコロナ対策は、営業時間の短縮や酒類の提供停止など飲食業界に集中している。飲食店の営業の権利に、ここまで介入するほどの実効性があるのかは疑問だ。明確な因果関係がないまま、ひとつの業界を悪者にしてしまった印象がぬぐえない。メディアにも責任があると考える。
 酒類を提供する飲食店は他業界に比べて個人経営など小規模事業者が多く、「政治力」が弱い。反論が政府に届きにくく、これまでも無理筋の要求がコロナ対策の名のもとにまかり通ってきた。
 ただ、今回は政治力の強い金融業界が絡んだことで、法的根拠の薄弱さがしっかり指摘されたということではないか。
 特に今年に入ってからは思いつきとしか思えない政策が時々ある。中長期的な補償の枠組みの提示がなく、短絡的な飲食店への命令が続いている印象だ。(小出大貴)(vol.10)


(第8号議案)定款一部変更の件(優越的地位にあるみずほ銀行が、係争相手先の代理人(田邊勝己弁護士、カイロス総合法律事務所代表・上場企業アクロディア筆頭株主)に対して不当な圧力を与え、取引先(佐藤昇)等に対して不当に不利益を与える行為等の優越的地位の濫用の禁止)
1.提案内容 定款に、以下の条文を加える。 「当社グループは、公正取引委員会が2001年7月発表した『金融機関と企業の取引慣行に関する調査報告書』の金融機関における独占禁止法違反例に定められているように、金融機関は顧客より優越的地位にあることから、取引先の筆頭株主である係争相手の代理人弁護士に対して不当な圧力を与える等、取引先等に対して不当に不利益を与える行為等の優越的地位の濫用を禁止する」(vol.10)
2.提案の理由 複数の月刊誌(紙の爆弾平成30年8月号、月刊タイムス令和1年10月号)の報道によると、みずほ銀行本店元審査役Oによる巨額詐欺事件において、被害者達(佐藤昇や薬師寺保栄ら)が集団訴訟を提起したが、その代理人であった田邊勝己弁護士(カイロス総合法律事務所代表)は、みずほ銀行及びみずほ証券の取引先である上場企業アクロディアの筆頭株主であったことから、融資見直しの件を含め関係断絶を迫り、判決言渡期日の3日前に(佐藤昇の代理人だけを)一方的に辞任させた。司法当局者によると法曹人として尋常ではない行為であるとのことだ。このような優越的地位の濫用は、当社グループの信用を失墜させるだけでなく、独占禁止法違反となることから、多くの取引先等に不安と猜疑の気持ちを抱かせてしまうので、再発防止に努めるべきである。(みずほFG株主総会2020参戦記vol.1
 
 
「優越的地位の濫用」を有言実行の男SBI北尾吉孝!さすが、第四のメガバンクの頭取の地位を目指し「令和の政商」と呼ばれる男SBI北尾吉孝、清水銀行(岩山康宏頭取)を使って「優越的地位の濫用」をきっちり既遂!支持率が3割を切った菅義偉政権によるSBI北尾吉孝を軸とするような地銀再編政策は一旦停止して、改めて再考する必要があると言えるであろう。(vol.11)

 「優越的地位の濫用」を有言実行の男SBI北尾吉孝!

 まずは清水銀行(岩山康宏頭取)を使って、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の静岡県袋井市の工場の乗っ取りを「優越的地位の濫用」で画策なのか?

 
「優越的地位の濫用」を有言実行の男SBI北尾吉孝!さすが、第四のメガバンクの頭取の地位を目指し「令和の政商」と呼ばれる男SBI北尾吉孝、清水銀行(岩山康宏頭取)を使って「優越的地位の濫用」をきっちり既遂!支持率が3割を切った菅義偉政権によるSBI北尾吉孝を軸とするような地銀再編政策は一旦停止して、改めて再考する必要があると言えるであろう。(vol.11)

 西村康稔経済再生担当相、2021年7月8日に金融機関からの「優越的地位の濫用」を、口頭で恫喝と読み取れる発表しただけで、翌日には撤回して、未遂で終わる。

 
「優越的地位の濫用」を有言実行の男SBI北尾吉孝!さすが、第四のメガバンクの頭取の地位を目指し「令和の政商」と呼ばれる男SBI北尾吉孝、清水銀行(岩山康宏頭取)を使って「優越的地位の濫用」をきっちり既遂!支持率が3割を切った菅義偉政権によるSBI北尾吉孝を軸とするような地銀再編政策は一旦停止して、改めて再考する必要があると言えるであろう。(vol.11)

 さすが、第四のメガバンクの頭取の地位を目指し「令和の政商」と呼ばれる男SBI北尾吉孝は、2021年3月12日から2021年4月27日の、たった一ヶ月半で「優越的地位の濫用」をきっちり既遂!

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6) フェイスブックより転載

 SBI北尾吉孝の「優越的地位の濫用」の軌跡をおさらいする。

 2021年3月12日、SBIホールディングス北尾吉孝と『地銀再編』を通じて資本・業務提携を締結して北尾吉孝に頭が上がらない清水銀行岩山靖宏頭取は、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)からネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)は16億円の債権は仮差押えを受けたことで不良債権になったとの名目で、6日後の3月10日に元本確定後、サービサーの許認可のない子会社のただのベンチャーキャピタル会社のSBIインキュベーション(代表取締役:森田俊平)へ債権譲渡して、2021年4月27日、弁護士法では『業として』、委託を受け又は譲り受けて債権の回収を行うことを禁じられているただのベンチャーキャピタル会社のSBIインキュベーションが、サービサー法に基づいて取り扱うことができるとされている特定金銭債権の16億円の債権を、『業として』の債権回収行為であることが強く推認される担保不動産競売開始の差押を実行した。

 
論語読みの論語知らずなのか?まさかの競売開始の差押を実行!北尾吉孝は、70才になって、自分の心のままに行動して、人道を踏み外してはいないであろうか?地方銀行再編とは、地方の中小企業や市井の労働者に厳しく、土の香りがしなくて、マネーの腐臭しかしない新自由主義の金の亡者のお先棒を担ぐための政策ではないはずだ。SBISLに業務停止命令へ (vol.3)

 そもそも、SBIホールディングス北尾吉孝の子会社のSBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が仮差押えをして、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)への清水銀行の債権を不良債権化させて、その不良債権となった16億円を、SBIホールディングス北尾吉孝の子会社のサービサーの許認可のないただのベンチャーキャピタル会社のSBIインキュベーション(代表取締役:森田俊平)が、16億円の特定金銭債権を満額で買い取った行為自体が「優越的地位の濫用」ではないのだろうか?

 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

 また、一般的な商取引の常識からしたら、仮差押えをしたら、次の手はずは、債権回収するのが常道であるが、そうはせずに、仮差押えがなされたことにより不良債権となった16億円の特定金銭債権を満額で買い取りにいっている行為自体が、「優越的地位の濫用」による、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)の静岡県袋井市の工場の乗っ取りを企図しているものであると言えはしないだろうか?

 有言実行の男SBI北尾吉孝は、西村康稔経済再生担当相のような口だけでなく、きっちり「優越的地位の濫用」を既遂していると言えるであろう。

 
「優越的地位の濫用」を有言実行の男SBI北尾吉孝!さすが、第四のメガバンクの頭取の地位を目指し「令和の政商」と呼ばれる男SBI北尾吉孝、清水銀行(岩山康宏頭取)を使って「優越的地位の濫用」をきっちり既遂!支持率が3割を切った菅義偉政権によるSBI北尾吉孝を軸とするような地銀再編政策は一旦停止して、改めて再考する必要があると言えるであろう。(vol.11)

 すなわち、SBI北尾吉孝が、『地銀再編』を唱えて、多くの地方銀行を傘下に治めて、第四のメガバンクの頭取となったら、北尾吉孝が欲しいと思った会社があったら、傘下の地方銀行による「優越的地位の濫用」によって、乗っ取られていってしまうであろうことが、自然と連想されてこよう。

 
「優越的地位の濫用」を有言実行の男SBI北尾吉孝!さすが、第四のメガバンクの頭取の地位を目指し「令和の政商」と呼ばれる男SBI北尾吉孝、清水銀行(岩山康宏頭取)を使って「優越的地位の濫用」をきっちり既遂!支持率が3割を切った菅義偉政権によるSBI北尾吉孝を軸とするような地銀再編政策は一旦停止して、改めて再考する必要があると言えるであろう。(vol.11)

 また、『日本の銀行を立て直すのは非常に簡単』と宣うSBI北尾吉孝が、『地銀再編』の名の下に、第四のメガバンクの頭取にしてしまったら、「優越的地位の濫用」の乱れ打ちをするだけでなく、SBIホールディングスの子会社のSBIソーシャルレンディング(代表取締役社長:宮地直紀)が特定の一企業(テクノシステム)へ約383億円を融資して、そのうち約170億円が別の用途に使われ、そして、回収不能の不良債権としたことで、その被害額を金融商品取引法および商品先物取引法違反の損失補填の法令違反に通ずる全額弁済して、金融庁から業務停止命令が出されたようなことが、北尾吉孝が頭取となっているであろう第四のメガバンクにおいて、更に大掛かりで行われることになりはしないであろうか?

 
「優越的地位の濫用」を有言実行の男SBI北尾吉孝!さすが、第四のメガバンクの頭取の地位を目指し「令和の政商」と呼ばれる男SBI北尾吉孝、清水銀行(岩山康宏頭取)を使って「優越的地位の濫用」をきっちり既遂!支持率が3割を切った菅義偉政権によるSBI北尾吉孝を軸とするような地銀再編政策は一旦停止して、改めて再考する必要があると言えるであろう。(vol.11)

 少なくとも、菅義偉首相の目玉政策のひとつである地銀再編は、SBI北尾吉孝のアドバイスによるものであるから、菅義偉首相の周りに「優越的地位の濫用」を有言実行の既遂している『影のブレイン』などと呼ばれているSBIホールディングス北尾吉孝や、口頭で恫喝と読み取れる発表をするも翌日には撤回して未遂の西村康稔経済再生担当相が侍っている間は、市井の人々や中小企業(酒類販売事業者等)、そして、広義の意義としては、国益に適うための政策である地方銀行再編などができるとは考えられないので、支持率が3割を切った菅義偉政権によるSBI北尾吉孝を軸とするような地銀再編政策は一旦停止して、本来の主権者である日本国民は、改めて国益の為に、政権のあり方も含めて再考する必要があると言えるであろう

 
「優越的地位の濫用」を有言実行の男SBI北尾吉孝!さすが、第四のメガバンクの頭取の地位を目指し「令和の政商」と呼ばれる男SBI北尾吉孝、清水銀行(岩山康宏頭取)を使って「優越的地位の濫用」をきっちり既遂!支持率が3割を切った菅義偉政権によるSBI北尾吉孝を軸とするような地銀再編政策は一旦停止して、改めて再考する必要があると言えるであろう。(vol.11)

〇京都新聞社説:酒停止巡る混乱 政権の無責任さ示した
京都新聞2021年7月15日 16:05
 新型コロナウイルス対策での酒類の提供停止要請を巡り、菅義偉政権の迷走が続いている。
 緊急事態宣言下で要請に応じない飲食店への対応の一つとしていた酒類販売事業者に取引停止を求める方針が撤回に追い込まれた。
 憲法が保障する「営業の自由」の侵害にあたる懸念が指摘された上、苦境に立つ酒販業界から大きな反発を受けたためだ。
 先週末には、取引金融機関から店に順守を働きかけてもらう方針について「優越的地位の乱用」の恐れがあると批判され、一日で取り下げとなったばかりだ。
 方針はいずれも法的根拠を欠いた措置で、撤回するのは当然だ。
 恣意(しい)的な「圧力」ともいえ、飲食業関係者らに与えた衝撃は計り知れない。
 政府は、感染拡大を業者への締め付けで押さえ込もうとした強権的な手法を反省すべきだ。

 
「優越的地位の濫用」を有言実行の男SBI北尾吉孝!さすが、第四のメガバンクの頭取の地位を目指し「令和の政商」と呼ばれる男SBI北尾吉孝、清水銀行(岩山康宏頭取)を使って「優越的地位の濫用」をきっちり既遂!支持率が3割を切った菅義偉政権によるSBI北尾吉孝を軸とするような地銀再編政策は一旦停止して、改めて再考する必要があると言えるであろう。(vol.11)

 これらの方針は、東京に4度目の宣言発令が決まった8日、西村康稔経済再生担当相が発表した。
 金融機関への要請では、内閣官房から各府庁省に対し、所管する金融機関に政府方針への協力を求めるよう依頼する文書が出されていたことが明らかになっている。
 政権ぐるみの関与を強くうかがわせる。西村氏も当初、菅首相へ事前に報告したとしていた。
 しかし、菅首相はきのう、「要請の具体的内容について議論したことはない」と述べた。事実とすれば、方針の妥当性について閣内で十分議論しないまま決定したことになる。

 
「優越的地位の濫用」を有言実行の男SBI北尾吉孝!さすが、第四のメガバンクの頭取の地位を目指し「令和の政商」と呼ばれる男SBI北尾吉孝、清水銀行(岩山康宏頭取)を使って「優越的地位の濫用」をきっちり既遂!支持率が3割を切った菅義偉政権によるSBI北尾吉孝を軸とするような地銀再編政策は一旦停止して、改めて再考する必要があると言えるであろう。(vol.11)

 関係閣僚の対応も人ごとのように思える。麻生太郎財務相兼金融担当相は「ほっとけばいいと言った」とし、梶山弘志経済産業相は「強い違和感を覚えた」ため了承していないと話した。
 問題点に気付いたのなら、なぜ強く指摘しなかったのか。首相をはじめ内閣全体が無責任と言われても仕方がない。
 酒販業界からの反発は強い。日頃から対策を求めてきた経緯を無視しているとの批判が出たのも道理だ。
 菅政権は酒類提供の抑制を感染対策の中心のように位置付けながら、関係業界が置かれた状況への問題意識が低いことを露呈したともいえる。
 菅首相は「多くの皆さまに大変ご迷惑をおかけした。おわび申し上げたい」と謝罪し、飲食店への協力金の先払いなどで理解を求めていきたいとした。
 困窮する人々に寄り添う具体策を示さねば信頼回復は望めまい。

 
「優越的地位の濫用」を有言実行の男SBI北尾吉孝!さすが、第四のメガバンクの頭取の地位を目指し「令和の政商」と呼ばれる男SBI北尾吉孝、清水銀行(岩山康宏頭取)を使って「優越的地位の濫用」をきっちり既遂!支持率が3割を切った菅義偉政権によるSBI北尾吉孝を軸とするような地銀再編政策は一旦停止して、改めて再考する必要があると言えるであろう。(vol.11)

〇菅内閣支持29.3%、発足後最低 初の3割割れ―時事世論調査
時事通信2021年07月16日19時04分
 時事通信が9〜12日に実施した7月の世論調査で、菅内閣の支持率は前月比3.8ポイント減の29.3%で、不支持率は5.6ポイント増の49.8%となった。政権発足後、支持率が3割を切り「危険水域」とされる20%台に落ち込むのは初めて。逆に不支持率は最高となった。
 支持率3割割れは「加計学園」問題で安倍政権が揺れていた2017年7月以来4年ぶり。
 政府は今月8日、東京都に4回目の緊急事態宣言発令を決定し、酒類提供店に対する「圧力」問題も起きた。日常生活に制約が続く不満や五輪開催への懸念が支持率に影響したとみられる。菅内閣の従来の最低値は3度目の緊急事態宣言の期間延長、対象拡大が決まった5月の32.2%。
 新型コロナウイルス感染拡大をめぐる政府対応は、「評価しない」が前月比4.0ポイント増の59.1%、「評価する」は同0.5ポイント減の22.7%。「どちらとも言えない・分からない」は18.2%だった。
 菅義偉首相が感染対策の「切り札」と位置付けるワクチン接種の進捗(しんちょく)に関しては、「遅い」が71.5%と、「順調」の17.7%を大きく上回った。「どちらとも言えない・分からない」は10.8%。
 内閣を支持する理由(複数回答)は、「他に適当な人がいない」が最多の12.1%。「首相を信頼する」7.8%、「首相の属する党を支持している」4.4%が続いた。支持しない理由(同)は「期待が持てない」27.7%、「リーダーシップがない」25.3%が双璧で、3番手は「政策が駄目」18.4%。

 
「優越的地位の濫用」を有言実行の男SBI北尾吉孝!さすが、第四のメガバンクの頭取の地位を目指し「令和の政商」と呼ばれる男SBI北尾吉孝、清水銀行(岩山康宏頭取)を使って「優越的地位の濫用」をきっちり既遂!支持率が3割を切った菅義偉政権によるSBI北尾吉孝を軸とするような地銀再編政策は一旦停止して、改めて再考する必要があると言えるであろう。(vol.11)

 ◇与党支持も減、立民上昇
 政党支持率は自民党が前月比1.4ポイント減の21.4%、公明党が同1.2ポイント減の2.5%。これに対し、立憲民主党は1.6ポイント増えて4.5%となった。3月の4.8%に次ぐ数値。
 以下、日本維新の会2.0%、共産党1.8%、国民民主党0.5%、れいわ新選組0.3%、社民党0.2%、嵐の党0.1%だった。「支持政党なし」は63.9%。
 調査は全国の18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は62.9%。(vol.11)


(第8号議案)定款一部変更の件(優越的地位にあるみずほ銀行が、係争相手先の代理人(田邊勝己弁護士、カイロス総合法律事務所代表・上場企業アクロディア筆頭株主)に対して不当な圧力を与え、取引先(佐藤昇)等に対して不当に不利益を与える行為等の優越的地位の濫用の禁止)
1.提案内容 定款に、以下の条文を加える。 「当社グループは、公正取引委員会が2001年7月発表した『金融機関と企業の取引慣行に関する調査報告書』の金融機関における独占禁止法違反例に定められているように、金融機関は顧客より優越的地位にあることから、取引先の筆頭株主である係争相手の代理人弁護士に対して不当な圧力を与える等、取引先等に対して不当に不利益を与える行為等の優越的地位の濫用を禁止する」
2.提案の理由 複数の月刊誌(紙の爆弾平成30年8月号、月刊タイムス令和1年10月号)の報道によると、みずほ銀行本店元審査役Oによる巨額詐欺事件において、被害者達(佐藤昇や薬師寺保栄ら)が集団訴訟を提起したが、その代理人であった田邊勝己弁護士(カイロス総合法律事務所代表)は、みずほ銀行及びみずほ証券の取引先である上場企業アクロディアの筆頭株主であったことから、融資見直しの件を含め関係断絶を迫り、判決言渡期日の3日前に(佐藤昇の代理人だけを)一方的に辞任させた。司法当局者によると法曹人として尋常ではない行為であるとのことだ。このような優越的地位の濫用は、当社グループの信用を失墜させるだけでなく、独占禁止法違反となることから、多くの取引先等に不安と猜疑の気持ちを抱かせてしまうので、再発防止に努めるべきである。(みずほFG株主総会2020参戦記vol.1

SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は5―アミノレブリン酸(5―ALA)の臨床試験を行うも、5―ALAを社会貢献事業の一環にするのではなく、己の利益のために独り占めしようとして、「優越的地位の濫用」をきっちり既遂して、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる5―ALAを製造する袋井工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を乗っ取ろうとしているようにしか連想されてこない。SBI北尾吉孝のような人間を、ソーシャルレンディングとは比較にならない規模の預金と言う名の資金を低金利で集められる地銀の再編政策の中心の軸に添えておいてよいのであろうか?「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」(vol.12)
 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は5―アミノレブリン酸(5―ALA)の臨床試験を行うも、5―ALAを社会貢献事業の一環にするのではなく、己の利益のために独り占めしようとして、「優越的地位の濫用」をきっちり既遂して、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる5―ALAを製造する袋井工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を乗っ取ろうとしているようにしか連想されてこない。SBI北尾吉孝のような人間を、ソーシャルレンディングとは比較にならない規模の預金と言う名の資金を低金利で集められる地銀の再編政策の中心の軸に添えておいてよいのであろうか?「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」(vol.12)

 2021年3月29日、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は、『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者に対する 5−アミノレブリン酸リン酸塩とクエン 酸第一鉄ナトリウム含有栄養補助食品を使用した共同試験に関するお知らせ』をリリースして、SBIホールディングス株式会社の5―アミノレブリン酸(5―ALA)を利用した医薬品開発事業を手掛ける子会社と、それぞれ研究資金および試験食を提供し、アイルランド王立外科医学院バーレーン医科大学がスポンサーを務める、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者に対して5―ALAリン酸塩とクエン酸第一鉄ナトリウム(SFC)含有栄養補助食品を使用する試験「新型コロナウイルス感染症の被験者における5−アミノレブリン酸リン酸塩+クエン酸第一鉄ナトリウムの安全性、忍容性、および有効性を評価するためのパイロット試験」について、バーレーン医科大学が臨床試験の第1段階が完了したことを発表した。

 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は5―アミノレブリン酸(5―ALA)の臨床試験を行うも、5―ALAを社会貢献事業の一環にするのではなく、己の利益のために独り占めしようとして、「優越的地位の濫用」をきっちり既遂して、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる5―ALAを製造する袋井工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を乗っ取ろうとしているようにしか連想されてこない。SBI北尾吉孝のような人間を、ソーシャルレンディングとは比較にならない規模の預金と言う名の資金を低金利で集められる地銀の再編政策の中心の軸に添えておいてよいのであろうか?「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」(vol.12)

 このリリースだけを読むと、SBI北尾吉孝は、コロナ禍で苦境に陥っている日本国の為に、5―アミノレブリン酸(5―ALA)を社会貢献事業の一環にするために、臨床試験を進めているようにも連想される。

 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は5―アミノレブリン酸(5―ALA)の臨床試験を行うも、5―ALAを社会貢献事業の一環にするのではなく、己の利益のために独り占めしようとして、「優越的地位の濫用」をきっちり既遂して、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる5―ALAを製造する袋井工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を乗っ取ろうとしているようにしか連想されてこない。SBI北尾吉孝のような人間を、ソーシャルレンディングとは比較にならない規模の預金と言う名の資金を低金利で集められる地銀の再編政策の中心の軸に添えておいてよいのであろうか?「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」(vol.12)

 しかし、このリリースの25日前の2021年3月4日、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)はネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)に対して突然の仮差押えを実行して、2021年3月12日、SBI北尾吉孝と『地銀再編』を通じて資本・業務提携を締結して北尾吉孝に頭が上がらない清水銀行岩山靖宏頭取に対する「優越的地位の濫用」により、清水銀行のネオファーマジャパンへの16億円の債権はSBIファーマから仮差押えを受けたことで不良債権になったとの理由で、2021年3月10日に元本確定後、サービサーの許認可のない子会社のただのベンチャーキャピタル会社のSBIインキュベーション(代表取締役:森田俊平)へ債権譲渡させて、2021年4月27日、弁護士法では『業として』、委託を受け又は譲り受けて債権の回収を行うことを禁じられているただのベンチャーキャピタル会社のSBIインキュベーションが、サービサー法に基づいて取り扱うことができるとされている特定金銭債権の16億円の債権を、『業として』の債権回収行為であることが強く推認される担保不動産競売開始の差押を実行して、第四のメガバンクの頭取の地位を目指し「令和の政商」と呼ばれる男SBI北尾吉孝は「優越的地位の濫用」をきっちり既遂している。

 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は5―アミノレブリン酸(5―ALA)の臨床試験を行うも、5―ALAを社会貢献事業の一環にするのではなく、己の利益のために独り占めしようとして、「優越的地位の濫用」をきっちり既遂して、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる5―ALAを製造する袋井工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を乗っ取ろうとしているようにしか連想されてこない。SBI北尾吉孝のような人間を、ソーシャルレンディングとは比較にならない規模の預金と言う名の資金を低金利で集められる地銀の再編政策の中心の軸に添えておいてよいのであろうか?「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」(vol.12)

 なお、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せるのは、世界で唯一、ネオファーマジャパンの袋井工場だけであり、このネオファーマジャパン袋井工場だけが年間数十トンの5−ALAを発酵法で大量生産することができる。

 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は5―アミノレブリン酸(5―ALA)の臨床試験を行うも、5―ALAを社会貢献事業の一環にするのではなく、己の利益のために独り占めしようとして、「優越的地位の濫用」をきっちり既遂して、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる5―ALAを製造する袋井工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を乗っ取ろうとしているようにしか連想されてこない。SBI北尾吉孝のような人間を、ソーシャルレンディングとは比較にならない規模の預金と言う名の資金を低金利で集められる地銀の再編政策の中心の軸に添えておいてよいのであろうか?「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」(vol.12)

 すなわち、SBI北尾吉孝は、5−ALAの用途が、この10年、研究の進歩と共に急速に広がってきたことにともない、5−ALA摂取でがん細胞にのみ蛍光物質が蓄積し、がんを赤く光らせることが判明したり、2013年には脳腫瘍、2017年には膀胱がんで手術の精度を上げる術中診断薬として承認されたことが、公式に発表されたり、新型コロナ患者6人に5−ALAのサプリメントを投与した所、6人中5人は7日〜10日以内に症状が改善したり、

 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は5―アミノレブリン酸(5―ALA)の臨床試験を行うも、5―ALAを社会貢献事業の一環にするのではなく、己の利益のために独り占めしようとして、「優越的地位の濫用」をきっちり既遂して、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる5―ALAを製造する袋井工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を乗っ取ろうとしているようにしか連想されてこない。SBI北尾吉孝のような人間を、ソーシャルレンディングとは比較にならない規模の預金と言う名の資金を低金利で集められる地銀の再編政策の中心の軸に添えておいてよいのであろうか?「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」(vol.12)

ヘビースモーカーだった1人はおよそ2週間で症状が改善して、CRPと呼ばれる体内の炎症を示すタンパク質の値も同時に正常化したり、中には集中治療室で人工呼吸器につながれていた62才の男性が、他の薬と共に5−ALAを投与後、4日目に人工呼吸器が外れたりする等、

 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は5―アミノレブリン酸(5―ALA)の臨床試験を行うも、5―ALAを社会貢献事業の一環にするのではなく、己の利益のために独り占めしようとして、「優越的地位の濫用」をきっちり既遂して、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる5―ALAを製造する袋井工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を乗っ取ろうとしているようにしか連想されてこない。SBI北尾吉孝のような人間を、ソーシャルレンディングとは比較にならない規模の預金と言う名の資金を低金利で集められる地銀の再編政策の中心の軸に添えておいてよいのであろうか?「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」(vol.12)

5−ALAの真価が明らかになればなる程、5―アミノレブリン酸(5―ALA)を社会貢献事業の一環にするのではなく、SBI北尾吉孝が己の利益のために独り占めしようとして、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる『5―ALAを製造する袋井工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を乗っ取ろうとしているようにしか読み取ることはできないと言えよう。

 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は5―アミノレブリン酸(5―ALA)の臨床試験を行うも、5―ALAを社会貢献事業の一環にするのではなく、己の利益のために独り占めしようとして、「優越的地位の濫用」をきっちり既遂して、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる5―ALAを製造する袋井工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を乗っ取ろうとしているようにしか連想されてこない。SBI北尾吉孝のような人間を、ソーシャルレンディングとは比較にならない規模の預金と言う名の資金を低金利で集められる地銀の再編政策の中心の軸に添えておいてよいのであろうか?「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」(vol.12)

 そんな、SBI北尾吉孝が「優越的地位の濫用」をきっちり既遂してまで、己の利益のために独り占めしようとしている5―アミノレブリン酸(5―ALA)を、父親が立派な人物の特定非営利活動法人インドセンター(代表者:UPADHYAY VIBHAV KANT ウパデアーエ ヴィバウカント、東京都千代田区紀尾井町3番29−502号)のアドバイザーのLALIT BAKSHI(ラリット バクシュ)だからといっても、その息子の新美彰規が、2021年3月16日にネオファーマジャパンの35%株主のneoALA株式会社の代表取締役に就任したからといって、5―ALAの利権を総取りしようとするのは無理があるのではないのか?

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6) フェイスブックより転載

 そもそも、銀行とは、ソーシャルレンディングとは異なり、低い預金利息で、桁違いの資金を、広く一般の国民から集めることができる

 そんな中、高い配当利回りを謳い、事実と異なる虚偽の説明で、投資家を勧誘したなどとして金融商品取引に基づき、金融庁から業務停止命令を出されたのが、SBIホールディングス北尾吉孝の100%子会社のSBIソーシャルレンディング(SBISL)である。

 
北尾吉孝が書いた本を何冊も並べて展示して、北尾吉孝がしゃべっているビデオを延々と流しているSBI本社の受付。
北尾吉孝には『中庸』の再学習をお勧めします。
「誠は天の道なり。これを誠にする者は、人の道なり」
「誠」こそ人間生活の基本です
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)

 その後、SBIホールディングス北尾吉孝は、全既存ファンドの償還を条件として、自主的な廃業およびソーシャルレンディング事業からの撤退を決定した。

 そして、SBI北尾吉孝は、100%子会社のSBIソーシャルレンディング(SBISL)が刑事事件として詐欺事件化するのを免れている

 詐欺被害金を全額弁済すれば、詐欺事件ではなくなるのであろうか?

 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は5―アミノレブリン酸(5―ALA)の臨床試験を行うも、5―ALAを社会貢献事業の一環にするのではなく、己の利益のために独り占めしようとして、「優越的地位の濫用」をきっちり既遂して、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる5―ALAを製造する袋井工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を乗っ取ろうとしているようにしか連想されてこない。SBI北尾吉孝のような人間を、ソーシャルレンディングとは比較にならない規模の預金と言う名の資金を低金利で集められる地銀の再編政策の中心の軸に添えておいてよいのであろうか?「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」(vol.12)

 実際、SBIホールディングス北尾吉孝の100%子会社のSBIソーシャルレンディング(SBISL)が、第三者委員会よる2021年4 月26日付「調査報告書」により、『「虚偽の表示」又は「重要な事項につき誤解を生ぜしめるべき表示」(金商法39条9号、金商業等府令117条1項2号)が存在する』『顧客に対する匿名組合契約に基づく営業者としての善管注意義務に係る違反が存在する』と、SBIホールディングス北尾吉孝の行為の適法性について指摘を受けているだけでなく、2021年7月21日には関東財務局から融資金目的外流用の事故認定されていることからも、明らかな詐欺事件であると言えよう。

 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は5―アミノレブリン酸(5―ALA)の臨床試験を行うも、5―ALAを社会貢献事業の一環にするのではなく、己の利益のために独り占めしようとして、「優越的地位の濫用」をきっちり既遂して、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる5―ALAを製造する袋井工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を乗っ取ろうとしているようにしか連想されてこない。SBI北尾吉孝のような人間を、ソーシャルレンディングとは比較にならない規模の預金と言う名の資金を低金利で集められる地銀の再編政策の中心の軸に添えておいてよいのであろうか?「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」(vol.12)

 更には、SBIソーシャルレンディング(SBISL)事件における被害者へ被害額の全額弁済を公表した行為の本質は、金融商品取引法および商品先物取引法違反の損失補填に通ずるものがあると言えよう。

 それが、「地銀の救世主」と崇められ、菅義偉総理大臣の『影のブレイン』などと呼ばれて、「第四のメガバンク構想」まで打ち出し、第四のメガバンクの頭取の地位を目指し、「令和の政商」を指向しているらしき人間のSBI北尾吉孝の本質であろう。

 SBI北尾吉孝のような人間を、ソーシャルレンディングとは比較にならない規模の預金と言う名の資金を低金利で集められる地銀の再編政策の中心の軸に添えておいてよいのであろうか?

 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は5―アミノレブリン酸(5―ALA)の臨床試験を行うも、5―ALAを社会貢献事業の一環にするのではなく、己の利益のために独り占めしようとして、「優越的地位の濫用」をきっちり既遂して、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる5―ALAを製造する袋井工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を乗っ取ろうとしているようにしか連想されてこない。SBI北尾吉孝のような人間を、ソーシャルレンディングとは比較にならない規模の預金と言う名の資金を低金利で集められる地銀の再編政策の中心の軸に添えておいてよいのであろうか?「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」(vol.12)

 孔子の孫の子思が中庸で説いた。

「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」

(道徳を行っても、それが人情に遠いものであれば、真の道ではない)

〇SBI子会社が融資金目的外流用 関東財務局が事故認定
テレビ朝日2021年7月21日 20:51
 SBIホールディングスの子会社が太陽光発電事業などに融資した資金を目的外に流用されていた問題について、関東財務局が事故と認定し、投資家に資金が返金される見通しであることが分かりました。
 SBIソーシャルレンディングは、インターネット経由で投資家から集めた資金を横浜市のテクノシステムが手掛ける太陽光発電事業に融資していました。
 しかし、このうち約129億円が計画通りに使われていないことなどが明らかになり、投資家への償還が滞っていました。
 その後の関係者への取材で、関東財務局が「ソーシャル社に法令違反があった」として金融商品取引法に基づく事故と認定したことが分かりました。
 これを受けてSBIホールディングスは投資家1万868人に対し、来月2日までに元本を返金する方針を固めたということです。
 テクノシステムを巡っては社長の生田尚之被告(49)が複数の金融機関から融資金をだまし取った罪などで東京地検特捜部に逮捕・起訴されています。(vol.12)


まさかの大逆転!実業界史に残る大番狂わせへ!2021年7月21日、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)はSBIインキュベーションへ債権を全額弁済したことでSBI北尾吉孝による不正乗っ取り疑惑も消失!その背後では、21LADYの株価が大暴落して、5.11%まで21LADYの株を大量保有したSBI証券は甚大な損失!そんなSBI北尾吉孝のような人物に、地銀再編という国益に適うための政策を任せてもよいのであろうか?(vol.13)

 まさかの大逆転!

 実業界史に残る大番狂わせへ!

 
まさかの大逆転!実業界史に残る大番狂わせへ!2021年7月21日、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)はSBIインキュベーションへ債権を全額弁済したことでSBI北尾吉孝による不正乗っ取り疑惑も消失!その背後では、21LADYの株価が大暴落して、5.11%まで21LADYの株を大量保有したSBI証券は甚大な損失!そんなSBI北尾吉孝のような人物に、地銀再編という国益に適うための政策を任せてもよいのであろうか?(vol.13)

 2021年7月21日、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)、サービサーの許認可のないSBIホールディングス北尾吉孝の子会社のSBIインキュベーション(代表取締役:森田俊平)ネオファーマジャパンに対する債権を、SBIインキュベーションが指定する銀行口座へ支払い、全額弁済した

 この債権は、当初、株式会社清水銀行(頭取:岩山康宏)を債権者として、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる『5―ALA』を製造するネオファーマジャパン袋井工場を担保とする貸付金債権であったが、2021年3月4日、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)による袋井工場への仮差押え申立てを発端として、この債権は清水銀行からSBIインキュベーションに債権譲渡されて、その後、SBIインキュベーションにより、この債権を被担保債権として、袋井工場に対して差押して担保不動産競売が申し立てられていた。

 
まさかの大逆転!実業界史に残る大番狂わせへ!2021年7月21日、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)はSBIインキュベーションへ債権を全額弁済したことでSBI北尾吉孝による不正乗っ取り疑惑も消失!その背後では、21LADYの株価が大暴落して、5.11%まで21LADYの株を大量保有したSBI証券は甚大な損失!そんなSBI北尾吉孝のような人物に、地銀再編という国益に適うための政策を任せてもよいのであろうか?(vol.13)

 2021年7月23日、ネオファーマジャパンがこの債権の全額弁済を行ったことにより、SBIインキュベーションによる差押の競売申立ては取下げられた

 SBI北尾吉孝は、「地銀の救世主」と崇められ、菅義偉総理大臣の『影のブレイン』などと呼ばれて、「第四のメガバンク構想」まで打ち出し、第四のメガバンクの頭取の地位を目指し、「令和の政商」を指向しているらしい立場であることから、ネオファーマジャパンが約16億円の債権を全額弁済できるわけないとタカを括っていたことであろう。

 
まさかの大逆転!実業界史に残る大番狂わせへ!2021年7月21日、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)はSBIインキュベーションへ債権を全額弁済したことでSBI北尾吉孝による不正乗っ取り疑惑も消失!その背後では、21LADYの株価が大暴落して、5.11%まで21LADYの株を大量保有したSBI証券は甚大な損失!そんなSBI北尾吉孝のような人物に、地銀再編という国益に適うための政策を任せてもよいのであろうか?(vol.13)

 しかし、様々な妨害を跳ね除け、河田聡史氏(ネオファーマジャパン株式会社代表取締役)、約16億円の債権を全額弁済を成し遂げたことで、SBI北尾吉孝の終わりの始まりへ導く実業界史に残る大番狂わせの扉を開くことになるのであろう。

 
まさかの大逆転!実業界史に残る大番狂わせへ!2021年7月21日、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)はSBIインキュベーションへ債権を全額弁済したことでSBI北尾吉孝による不正乗っ取り疑惑も消失!その背後では、21LADYの株価が大暴落して、5.11%まで21LADYの株を大量保有したSBI証券は甚大な損失!そんなSBI北尾吉孝のような人物に、地銀再編という国益に適うための政策を任せてもよいのであろうか?(vol.13)

 21LADYを舞台にした『5―ALA』劇場もまさかの閉幕か!?

 2021年7月21日、河田聡史氏(ネオファーマジャパン株式会社代表取締役)が、約16億円の債権をSBIインキュベーションへ全額弁済した日、名古屋証券取引所セントレックス上場の21LADYの終値は90円であった。

 
まさかの大逆転!実業界史に残る大番狂わせへ!2021年7月21日、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)はSBIインキュベーションへ債権を全額弁済したことでSBI北尾吉孝による不正乗っ取り疑惑も消失!その背後では、21LADYの株価が大暴落して、5.11%まで21LADYの株を大量保有したSBI証券は甚大な損失!そんなSBI北尾吉孝のような人物に、地銀再編という国益に適うための政策を任せてもよいのであろうか?(vol.13)

 その後、21LADYの株価の終値は、7月26日は83円へ、7月27日は79円へ、7月28日は出来高を伴って大暴落して63円へ、7月29日は66円へ、7月30日は63円へと値を下げ続けた。

 まさかの黒幕K氏が暗躍か!?

 新美彰規は、会計士の羽根正哲とワンパッケージで、『5―ALA』への投資と募っていたが、その黒幕はK氏である模様だ。

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6) フェイスブックより転載

 黒幕K氏は、ネオファーマジャパンの35%株主のneoALA株式会社の代表取締役の新美彰規と会計士の羽根正哲を使って、ネオファーマジャパンの『5―ALA』利権を取り、21LADYをプラットフォームにして『5―ALA』事業を展開することを企図していた模様だ。

 そして、黒幕K氏は、その『5―ALA』事業計画をSBI北尾吉孝に説明して、SBI証券へ21LADYの株を大量に買わせていた模様だ。

 
まさかの大逆転!実業界史に残る大番狂わせへ!2021年7月21日、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)はSBIインキュベーションへ債権を全額弁済したことでSBI北尾吉孝による不正乗っ取り疑惑も消失!その背後では、21LADYの株価が大暴落して、5.11%まで21LADYの株を大量保有したSBI証券は甚大な損失!そんなSBI北尾吉孝のような人物に、地銀再編という国益に適うための政策を任せてもよいのであろうか?(vol.13)

 2021年7月21日、SBI証券は財務省へ、21LADYの株式保有比率が0%から5.11%となる大量保有報告書を提出している。

 しかし、その2021年7月21日に、河田聡史氏(ネオファーマジャパン株式会社代表取締役)が、約16億円の債権をSBIインキュベーションへ全額弁済したことで、ネオファーマジャパンの『5―ALA』利権を取ることは不可能になったことで、21LADYの株価は63円まで大暴落し、結果的に、SBI証券は甚大な損失を被っている

 
まさかの大逆転!実業界史に残る大番狂わせへ!2021年7月21日、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)はSBIインキュベーションへ債権を全額弁済したことでSBI北尾吉孝による不正乗っ取り疑惑も消失!その背後では、21LADYの株価が大暴落して、5.11%まで21LADYの株を大量保有したSBI証券は甚大な損失!そんなSBI北尾吉孝のような人物に、地銀再編という国益に適うための政策を任せてもよいのであろうか?(vol.13)

 黒幕K氏の『5―ALA』事業計画で21LADYを再生させるとの説明に乗ったSBI北尾吉孝は、SBI証券を使って、5.11%まで21LADYの株を大量保有したが、2021年7月21日の河田聡史氏(ネオファーマジャパン株式会社代表取締役)の全額弁済で、乗っ取りは不可能となり、21LADYの株価も大暴落して、SBI北尾吉孝の神通力も風前の灯火の模様だ。

 また、「地銀の救世主」と崇められ、菅義偉総理大臣の『影のブレイン』などと呼ばれて、「第四のメガバンク構想」まで打ち出し、第四のメガバンクの頭取の地位を目指し、「令和の政商」を指向しているらしいSBI北尾吉孝は、黒幕K氏の操る新美彰規と会計士の羽根正哲に嵌められて、更には、21LADY株の売り逃げの為のババを引かされた?ことさえ連想され、また、その背後には、様々なインサイダー取引の疑惑さえ自然と連想されてくる。

 
まさかの大逆転!実業界史に残る大番狂わせへ!2021年7月21日、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)はSBIインキュベーションへ債権を全額弁済したことでSBI北尾吉孝による不正乗っ取り疑惑も消失!その背後では、21LADYの株価が大暴落して、5.11%まで21LADYの株を大量保有したSBI証券は甚大な損失!そんなSBI北尾吉孝のような人物に、地銀再編という国益に適うための政策を任せてもよいのであろうか?(vol.13)

 そんなSBI北尾吉孝のような人物に、地銀再編という国益に適うための政策を任せてもよいのであろうか?

〇SBI資金流出関与容疑の男、給付金詐取容疑で再逮捕
朝日新聞デジタル 河野光汰 2021年7月7日 14時05分
 ネット証券最大手SBI証券の顧客資金流出事件にからみ、2月に詐欺などの容疑で大阪府警に逮捕された男が、新型コロナウイルス対策の持続化給付金もだまし取っていたとして、府警は7日、詐欺などの疑いで再逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。
 捜査関係者によると、住所不定の無職、岸伸二容疑者(45)=公判中=ら男2人で、今年2月ごろ、偽造した身分証明書を使い、実在しない人の名義で経済産業省の持続化給付金100万円を申請し、だまし取った疑いがもたれている。
 府警は他人名義の偽造保険証で銀行口座を開設し、通帳をだまし取ったとして、詐欺と偽造有印私文書行使の疑いで岸容疑者らを2月に逮捕した。同容疑者は容疑を否認したが、3月に詐欺などの罪で起訴された。
 サイバー犯罪対策課によると、岸容疑者らが偽造したとされる保険証と開設口座の名義は、昨年9月に不正アクセスを受け、資金が流出する被害に遭ったSBI証券の顧客と同じだったという。
 捜査関係者によると、岸容疑者の滞在先から、偽の身分証明書のデータが大量に入ったパソコンなどが見つかった。府警は何らかの方法で入手したSBI証券の顧客情報を元に、保険証を偽造したとみている。
 捜査を進めるうち、見つかった偽の運転免許証のうち数十枚が持続化給付金の申請に使われていたとみられることがわかったという。府警は複数の人になりすまして給付金を不正受給していた疑いがあるとみて調べている。(河野光汰)(vol.13)


まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

 まさかの取引妨害指令を継続!

 SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、2021年4月21日にネオファーマジャパンに対して、国内販売において、『5―ALA』サプリの無断販売は契約違反だからやめろとのプレスリリースをしただけでなく、2021年6月に入り、独占禁止法違反の嫌疑のかかる取引妨害指令を出していたことは既報の通りである(vol.7)。

 
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

 その後、2021年7月21日、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)によるまさかの大逆転で実業界史に残る大番狂わせを起こしたことで、SBI北尾吉孝による、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せるネオファーマジャパン袋井工場の不正乗っ取り疑惑も消滅したことも既報の通りである(vol.13)。

 
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

 それにも関わらず、2021年8月に入り、またもや、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)、独占禁止法19条・同法2条9項6号・一般指定14項の禁止する不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)に該当するであろう、係争の第三者の『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパンの製造する『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止の通知をしている事実が明らかになった。

 もはや、SBI北尾吉孝には、年間数十トンの5−ALAを発酵法で大量生産することができるネオファーマジャパン袋井工場からの調達を諦めて、別の謀略を練っているのであろうか?

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6) フェイスブックより転載

 考えられるSBI北尾吉孝の謀略としては、黒幕K氏の操るネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の35%株主のneoALA株式会社の代表取締役の新美彰規と会計士の羽根正哲を使って、五大法律事務所の一角であり外国法律事務所と提携しているTMI総合法律事務所を窓口として、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の海外の債権者やその債権者への投資家と交渉して、資本政策による乗っ取りを企図するしか方策はないであろう

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6)

 そうなると、黒幕K氏の操る新美彰規の父親の特定非営利活動法人インドセンター(代表者:UPADHYAY VIBHAV KANT ウパデアーエ ヴィバウカント、東京都千代田区紀尾井町3番29−502号)のアドバイザーのLALIT BAKSHI(ラリット バクシュ)の出番となるのであろう。

 そうなると、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)では、何の仕事もできずに給料泥棒と呼称されていたらしい新美彰規の面目躍如ということになるのであろう(vol.6)。

 いずれにせよ、このままでは、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は上場どころか、5−ALA事業そのものの継続が困難となるであろうことは明らかである。

 
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

 SBI北尾吉孝は、中国に近過ぎはしないだろうか!?

 
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

 「地銀の救世主」と崇められ、菅義偉総理大臣の『影のブレイン』などと呼ばれて、「第四のメガバンク構想」まで打ち出し、第四のメガバンクの頭取の地位を目指し、「令和の政商」を指向しているらしき人間のSBI北尾吉孝を菅義偉総理大臣に橋渡ししたのは、大昔に『乱交パーティー「女衒(ぜげん)芸能プロ社長」』と報道されていて、今では現代の児玉誉士夫との触れ込みの大樹総研の矢島義也であり、

 
矢島義也(大樹総研)と二階俊博(参照:平成25年10月25日記事
現代の児玉誉士夫との触れ込みは本当なのか!?大樹総研の矢島義也が菅義偉総理大臣にSBIホールディングス北尾吉孝を紹介した橋渡し役だった!矢島義也も北尾吉孝も太陽光発電事業関係でつまずいている様相だ。果たして、北尾吉孝も矢島義也も「令和の政商」の呼称に相応しい人物なのであろうか?本物の政商とは、国益の為に「中庸の徳たるや其れ至れるかな」であるはずだ。(vol.5)

その大樹総研の矢島義也は、二階俊博と昵懇の仲であると自ら語っている。

 
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

 その二階俊博は、2015年5月、約3000人を引き連れて、中国の習近平国家主席の元を訪れるような(参照:東洋経済2015年5月24記事)、俗に言う『親中派』である。

 
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

 そのような経緯から、2021年7月11日行われた中国共産党成立百年抗議行動のデモにおいて、『中共の犬』二階俊博とのプラカードを掲げられる(参照:敬天新聞2021年7月11日記事)ような御仁である。

 
敬天新聞より転載
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

 SBIホールディングスの子会社のSBIソーシャルレンディング(代表取締役社長:宮地直紀)から約383億円の融資を受け、そのうち約170億円を別の用途に使った特定の一企業であるテクノシステムが、太陽光発電事業に参入したきっかけは、株式会社玄海インベストメントアドバイザー(現商号:株式会社Renewable Energy Investment Japan、東京都千代田区丸の内2-2-1 岸本ビルヂング10F)の代表取締役の文智勇とのパイプであったことであり、

 
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

この玄海インベストメントアドバイザーはSBIソーシャルレンディング(代表取締役社長:宮地直紀)と協業(参照:2017年10月13日SBIソーシャルレンディング協業のお知らせ)や業務提携していた(参照:2019年8月29日SBIソーシャルレンディングお知らせ)だけでなく、玄海インベストメントアドバイザーの代表取締役の文智勇は、テクノシステムの取締役を平成29年4月20日の就任から令和1年11月30日の辞任まで務めていたようなズブズブの関係であった。

 
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

 
 本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?

 
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

 自由民主党の金融調査会・地域金融に関する小委員会(片山さつき参議院議員が委員長)は、事業会社(SBIホールディングスと推認される)を絡めた地銀再編を推進しているが、北尾吉孝が頭取になるらしい第四のメガバンクに関する具体的な動きは未だ不明のままである。

 
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

 2020年10月以降開催されている、金融調査会地域金融に関する小委員会の第一回には、SBI北尾吉孝が招かれて、『金融による地方創生の取組み』を講演しているが、北尾吉孝が頭取になるらしい第四のメガバンクに関する具体的な動きは未だ不明のままである。

 
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

 国益に適うための政策である地方銀行再編を担う金融庁として、『取引妨害指令を継続』して謀略を練り、『中国に近過ぎる』SBI北尾吉孝を、当惑ではなく、厳しく警戒しているから、北尾吉孝が頭取になるらしい第四のメガバンクに関する具体的な動きは未だ不明のままなのではないのだろうか?

 
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

 SBI北尾吉孝を地銀再編政策の中心の軸に添えて、第四のメガバンクの頭取にしてしまったら、『地銀再編』を通じて資本・業務提携を締結して北尾吉孝に頭が上がらない清水銀行岩山靖宏頭取に対する「優越的地位の濫用」によるネオファーマジャパン袋井工場の不正乗っ取り疑惑とは比較にならない、『中国に近過ぎる』「優越的地位の濫用」による日本の基幹産業への不正乗っ取り疑惑を誘発することにはならないだろうか?

 
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

 こんなSBI北尾吉孝のような人物に、地銀再編という国益に適うための政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮するべき時期にきているであろう。

 
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

〇地域金融に事業多様化促す 「統合も選択肢」 自民提言
日本経済新聞2021年5月15日23:35
 自民党金融調査会の地域金融に関する小委員会(片山さつき委員長)は、収益源の多角化や事業再編を地方銀行などに促す提言をまとめる。近く政府に示す。
 地域金融機関に関して預金の貸し出しで収益をあげる経営は「収益低下が著しく限界にある」と指摘する。経営統合を「一つの有力な選択肢」と明記し、事業再編で経営を強化すべきだと唱える。
 今国会には銀行法改正案が提出されている。(vol.14)


コロナに効く5―ALAが需要ひっ迫状態へ!でも、たった3億円で高品質の5−ALAの仕入れが不可能!SBIファーマは、高品質の5−ALAの原料を販売先である「ダイドードリンコ」「エーザイ」「RIZAP」「山野愛子」等への安定供給はできるのであろうか?北尾吉孝が河田聡史氏に頭を下げれば国益に適うことになるのではないか!?SBIホールディングスの株価も絶賛暴落中!淡泊明志の心はないのであろうか?(vol.15)

 コロナに効く5―ALAが需要ひっ迫状態へ!

 
コロナに効く5―ALAが需要ひっ迫状態へ!でも、たった3億円で高品質の5−ALAの仕入れが不可能!SBIファーマは、高品質の5−ALAの原料を販売先である「ダイドードリンコ」「エーザイ」「RIZAP」「山野愛子」等への安定供給はできるのであろうか?北尾吉孝が河田聡史氏に頭を下げれば国益に適うことになるのではないか!?SBIホールディングスの株価も絶賛暴落中!淡泊明志の心はないのであろうか?(vol.15)

 新型コロナ患者6人に5−ALAのサプリメントを投与した所、6人中5人は7日〜10日以内に症状が改善したりすることが、長崎大学による研究に基づいて発表されている、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる高品質の5−ALAを独自の発酵法で大量生産することができるネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の『5―ALA』サプリは、現在、コロナ禍に苦しむ世相を反映して、在庫が品薄状態の模様だ。

 
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

 きっと、ネオファーマジャパンから世界で唯一の高品質の5−ALAを仕入れていたSBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)、ネオファーマジャパンと同様に、在庫は品薄状態であろうことが推認される。

 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は5―アミノレブリン酸(5―ALA)の臨床試験を行うも、5―ALAを社会貢献事業の一環にするのではなく、己の利益のために独り占めしようとして、「優越的地位の濫用」をきっちり既遂して、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる5―ALAを製造する袋井工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を乗っ取ろうとしているようにしか連想されてこない。SBI北尾吉孝のような人間を、ソーシャルレンディングとは比較にならない規模の預金と言う名の資金を低金利で集められる地銀の再編政策の中心の軸に添えておいてよいのであろうか?「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」(vol.12)

 しかし、SBIファーマは、2021年8月に入っても、わざわざ、『ネオファーマジャパンを被告として損害賠償請求訴訟(東京地方裁判所令和3年(ワ)第6776号)を提起しています』と記したご連絡と称する、独占禁止法19条・同法2条9項6号・一般指定14項の禁止する不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)に該当するであろう、係争の第三者の『5―ALA』サプリ販売業者に対して、ネオファーマジャパンの製造する『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止の通知をしている事実からも分かる通り、ネオファーマジャパンから世界で唯一の高品質の5−ALAを仕入れることはできない状況だ


まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

 たった3億円で高品質の5−ALAの仕入れが不可能!

 SBI北尾吉孝は、仕入れ代金の3億円をネオファーマジャパンへ支払ったのに、高品質の5−ALAが納入されていないと主張して、損害賠償請求訴訟(東京地方裁判所令和3年(ワ)第6776号)を提起している。

 このコロナ禍で、SBIファーマの『5―ALA』サプリの本年度の売上は、昨年度の約100億円位から倍増の約200億円位にまでに達するであろうことが推測される。

 それを、たった3億円の損害賠償請求訴訟により、自らがネオファーマジャパンから世界で唯一の高品質の5−ALAを仕入れることはできない状況を作り出し、早ければ、本年度内には、SBIファーマは高品質の5−ALAの在庫が枯渇することになるであろうことが推測される。

 
コロナに効く5―ALAが需要ひっ迫状態へ!でも、たった3億円で高品質の5−ALAの仕入れが不可能!SBIファーマは、高品質の5−ALAの原料を販売先である「ダイドードリンコ」「エーザイ」「RIZAP」「山野愛子」等への安定供給はできるのであろうか?北尾吉孝が河田聡史氏に頭を下げれば国益に適うことになるのではないか!?SBIホールディングスの株価も絶賛暴落中!淡泊明志の心はないのであろうか?(vol.15)

 なお、SBIファーマは、高品質の5−ALAの原料をネオファーマジャパンから仕入れて、販売先である「ダイドードリンコ」「エーザイ」「RIZAP」「山野愛子」等へ、『ALA PLUS+』とラベルに刻印して張り替えた加工品を卸売りしている。

 
コロナに効く5―ALAが需要ひっ迫状態へ!でも、たった3億円で高品質の5−ALAの仕入れが不可能!SBIファーマは、高品質の5−ALAの原料を販売先である「ダイドードリンコ」「エーザイ」「RIZAP」「山野愛子」等への安定供給はできるのであろうか?北尾吉孝が河田聡史氏に頭を下げれば国益に適うことになるのではないか!?SBIホールディングスの株価も絶賛暴落中!淡泊明志の心はないのであろうか?(vol.15)

 SBIファーマは、ネオファーマジャパンから仕入れた世界で唯一の高品質の5−ALAの在庫が枯渇したら、「ダイドードリンコ」「エーザイ」「RIZAP」「山野愛子」等の販売先への安定供給はできるのであろうか?

 
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

 まさか『中国に近過ぎる』特権を使うのだろうか!?

 『中国に近過ぎる』SBI北尾吉孝に対して、国益に適うための政策である地方銀行再編を担う金融庁は、厳しく警戒しているのではなかろうかと推認されていることは既報の通りである。(vol.14

 化学上では、元素記号が一致すれば、品質にかかわらず、5−ALAは5−ALAである。

 そのため、工業用の5−ALAも存在することも歴然とした事実である。

 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は5―アミノレブリン酸(5―ALA)の臨床試験を行うも、5―ALAを社会貢献事業の一環にするのではなく、己の利益のために独り占めしようとして、「優越的地位の濫用」をきっちり既遂して、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる5―ALAを製造する袋井工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を乗っ取ろうとしているようにしか連想されてこない。SBI北尾吉孝のような人間を、ソーシャルレンディングとは比較にならない規模の預金と言う名の資金を低金利で集められる地銀の再編政策の中心の軸に添えておいてよいのであろうか?「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」(vol.12)

 現在、中国には、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる高品質の5−ALAを独自の発酵法で大量生産することができるネオファーマジャパンのような会社は存在しない

 そして、5―アミノレブリン酸(5―ALA)は特許表示でもある。

 まさか、中国で生産された低品質の5−ALAを、従来の商品と同じようなパッケージで販売するようなことは、論語を極めたSBI北尾吉孝がするはずはないであろうことを祈念する。

 北尾吉孝が河田聡史氏に頭を下げれば、国益に適うことになるのではないだろうか!?

 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は5―アミノレブリン酸(5―ALA)の臨床試験を行うも、5―ALAを社会貢献事業の一環にするのではなく、己の利益のために独り占めしようとして、「優越的地位の濫用」をきっちり既遂して、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる5―ALAを製造する袋井工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を乗っ取ろうとしているようにしか連想されてこない。SBI北尾吉孝のような人間を、ソーシャルレンディングとは比較にならない規模の預金と言う名の資金を低金利で集められる地銀の再編政策の中心の軸に添えておいてよいのであろうか?「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」(vol.12)

 2021年7月21日、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)によるサービサーの許認可のないSBIホールディングス北尾吉孝の子会社のSBIインキュベーション(代表取締役:森田俊平)への、まさかの約16億円の全額弁済により、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる『5―ALA』を製造するネオファーマジャパン袋井工場の乗っ取りは不可能となった。(vol.13

 更には、SBIファーマは、早ければ、本年度内には、ネオファーマジャパンから仕入れた高品質の5−ALAの在庫が枯渇することになるであろうことが推測される状況を自ら作り出した。

 
コロナに効く5―ALAが需要ひっ迫状態へ!でも、たった3億円で高品質の5−ALAの仕入れが不可能!SBIファーマは、高品質の5−ALAの原料を販売先である「ダイドードリンコ」「エーザイ」「RIZAP」「山野愛子」等への安定供給はできるのであろうか?北尾吉孝が河田聡史氏に頭を下げれば国益に適うことになるのではないか!?SBIホールディングスの株価も絶賛暴落中!淡泊明志の心はないのであろうか?(vol.15)

 現在、日本では、コロナ患者の自宅療養者が過去最高を更新して、家族内感染が深刻な状況だ

 
コロナに効く5―ALAが需要ひっ迫状態へ!でも、たった3億円で高品質の5−ALAの仕入れが不可能!SBIファーマは、高品質の5−ALAの原料を販売先である「ダイドードリンコ」「エーザイ」「RIZAP」「山野愛子」等への安定供給はできるのであろうか?北尾吉孝が河田聡史氏に頭を下げれば国益に適うことになるのではないか!?SBIホールディングスの株価も絶賛暴落中!淡泊明志の心はないのであろうか?(vol.15)

 論語を極めたSBI北尾吉孝ならば、現実としてネオファーマジャパン袋井工場の乗っ取りは失敗したのだから、自らの過ちを認めて、コロナ禍に苦しむ国民のために、北尾吉孝から河田聡史氏へ、平身低頭に頭を下げれば、国益に適うことになるのではないか?

河田君、いや、河田社長、この度のこの北尾の乗っ取り劇場は、大変申し訳なかった

「日本国民をコロナ禍から救うために、この北尾 のSBIファーマへ、係争前と同じように、ネオファーマジャパン袋井工場からの高品質の5−ALAの安定供給を、お願いします」

 論語を極めたSBI北尾吉孝なら、きっと、近いうちに、河田聡史氏へ、平身低頭に頭を下げて、陳謝するのであろうことを、国益に適うために、「今日勝つために生まれてきた」「今日勝つために創刊した」「今日勝つために負けも経験した」『ジャーナリストの王者』佐藤昇は祈念している。

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6) フェイスブックより転載

 一方、黒幕K氏の操る新美彰規は、どうやって、ネオファーマジャパンの高品質の5−ALAを、北尾吉孝のSBIファーマへ供給させるかの策謀を練っているのであろうか?

 しかし、黒幕K氏が絡んだ銘柄は、全てが絶賛暴落中である。

 
コロナに効く5―ALAが需要ひっ迫状態へ!でも、たった3億円で高品質の5−ALAの仕入れが不可能!SBIファーマは、高品質の5−ALAの原料を販売先である「ダイドードリンコ」「エーザイ」「RIZAP」「山野愛子」等への安定供給はできるのであろうか?北尾吉孝が河田聡史氏に頭を下げれば国益に適うことになるのではないか!?SBIホールディングスの株価も絶賛暴落中!淡泊明志の心はないのであろうか?(vol.15)

 名古屋証券取引所セントレックス上場の21LADYの株価も絶賛暴落中

 ジャスダックの某銘柄の株価も絶賛暴落中。

 
コロナに効く5―ALAが需要ひっ迫状態へ!でも、たった3億円で高品質の5−ALAの仕入れが不可能!SBIファーマは、高品質の5−ALAの原料を販売先である「ダイドードリンコ」「エーザイ」「RIZAP」「山野愛子」等への安定供給はできるのであろうか?北尾吉孝が河田聡史氏に頭を下げれば国益に適うことになるのではないか!?SBIホールディングスの株価も絶賛暴落中!淡泊明志の心はないのであろうか?(vol.15)

 そして、本丸の東京証券取引所一部上場のSBIホールディングスの株価まで絶賛暴落中だ。

 なお、SBIホールディングスは、2021年2月に入ってから5−ALAネタで上げて、2021年4月28日の「権力の監視」を体現する報道の第一人者である週刊新潮の報道から下げている。

 SBI北尾吉孝は、黒幕K氏の策謀に乗せられたままでも大丈夫なのであろうか?

 
コロナに効く5―ALAが需要ひっ迫状態へ!でも、たった3億円で高品質の5−ALAの仕入れが不可能!SBIファーマは、高品質の5−ALAの原料を販売先である「ダイドードリンコ」「エーザイ」「RIZAP」「山野愛子」等への安定供給はできるのであろうか?北尾吉孝が河田聡史氏に頭を下げれば国益に適うことになるのではないか!?SBIホールディングスの株価も絶賛暴落中!淡泊明志の心はないのであろうか?(vol.15)

 SBI北尾吉孝には、淡泊明志の心はないのであろうか?(vol.15)


5―ALAがコロナに効くとSNS上等でも話題に!SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)はネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と価格交渉すらなく供給停止へ!SBIグループ各社はテクノシステムへの約383億円の融資契約の仲介業務からの不正な利益は発生していないのか!?SBI北尾吉孝には、有志竟成の意味を、思い出してほしいものだ。(vol.16)

 5―ALAがコロナに効くとSNS上等でも話題に!

 現在、コロナ感染者が過去最高を更新し続けるとともに、その背後では、入院療養ができない自宅療養者も過去最高を更新している。

 
5―ALAがコロナに効くとSNS上等でも話題に!SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)はネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と価格交渉すらなく供給停止へ!SBIグループ各社はテクノシステムへの約383億円の融資契約の仲介業務からの不正な利益は発生していないのか!?SBI北尾吉孝には、有志竟成の意味を、思い出してほしいものだ。(vol.16)

 自宅療養者が過去最高を更新しているということは、家族内感染によるコロナ感染者も過去最高を更新することになるのであろう。

 
5―ALAがコロナに効くとSNS上等でも話題に!SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)はネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と価格交渉すらなく供給停止へ!SBIグループ各社はテクノシステムへの約383億円の融資契約の仲介業務からの不正な利益は発生していないのか!?SBI北尾吉孝には、有志竟成の意味を、思い出してほしいものだ。(vol.16)

 論語を極めたSBI北尾吉孝ならば、自宅療養しているコロナ感染者に対して、SBIファーマが、庶民に手の届き易い価格での提供を、コロナ禍に苦しむ国民のために、始めることであろう。

 
5―ALAがコロナに効くとSNS上等でも話題に!SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)はネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と価格交渉すらなく供給停止へ!SBIグループ各社はテクノシステムへの約383億円の融資契約の仲介業務からの不正な利益は発生していないのか!?SBI北尾吉孝には、有志竟成の意味を、思い出してほしいものだ。(vol.16)

 また、名古屋証券取引所セントレックス上場の21LADYや本丸の東京証券取引所一部上場のSBIホールディングスの株価を絶賛暴落させている原因であろう黒幕K氏の操る新美彰規も、日本国民のために、SBIファーマの5―ALAを低価格で販売することを進言していることであろう。

 まさかの日印の黒いパイプなのか!?

 
5―ALAがコロナに効くとSNS上等でも話題に!SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)はネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と価格交渉すらなく供給停止へ!SBIグループ各社はテクノシステムへの約383億円の融資契約の仲介業務からの不正な利益は発生していないのか!?SBI北尾吉孝には、有志竟成の意味を、思い出してほしいものだ。(vol.16)

 新美彰規の父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシュ)が二階俊博とパイプがあるらしいとの真偽不明の情報が寄せられた。

 なお、LALIT BAKSHI(ラリット バクシュ)とは、特定非営利活動法人インドセンター(代表者:UPADHYAY VIBHAV KANT ウパデアーエ ヴィバウカント、東京都千代田区紀尾井町3番29−502号)のアドバイザーの地位にあり、インドにおける日本からのODA(政府開発援助)の窓口を担っているらしい

 それゆえ、LALIT BAKSHI(ラリット バクシュ)は、一種のロビイストとして、インドのフィクサー(政商)と呼ばれているらしい

 
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

 二階俊博とは、2015年5月に、約3000人を引き連れて、中国の習近平国家主席の元を訪れるような(参照:東洋経済2015年5月24記事)、俗に言う『親中派』であるとともに、中国へのODA(政府開発援助)が行われていた時期に強い影響力を持っていて、その見返り(俗に言う融資契約の仲介業務からの不正な利益)があったのではないか?と噂されている御仁である。

 
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

 LALIT BAKSHI(ラリット バクシュ)が立派な人物と言われているのは、インドにおける日本からのODA(政府開発援助)の窓口を担っていることによる見返り(俗に言う融資契約の仲介業務からの不正な利益)の力によるものなのであろうか?

 価格交渉すらなく供給停止へ!

 
5―ALAがコロナに効くとSNS上等でも話題に!SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)はネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と価格交渉すらなく供給停止へ!SBIグループ各社はテクノシステムへの約383億円の融資契約の仲介業務からの不正な利益は発生していないのか!?SBI北尾吉孝には、有志竟成の意味を、思い出してほしいものだ。(vol.16)

 現在、トヨタと日本製鉄という日本のトップメーカー同士の鋼材価格交渉での亀裂が話題になっている。

 「価格をのまないと供給を止めると言ってきた。脅しのやり方だ」
とトヨタ幹部は嘆いた。

 「国際的に見て陥没している。改善されなければ安定供給に責任が持てない」
と森高弘日本製鉄副社長は発言した。

 最終的にトヨタ自動車は、日本製鉄による大幅値上げを受け入れたが、供給の停止までちらつかせた日本製鉄側の交渉姿勢には不信感を持ったとのことだ。

 
5―ALAがコロナに効くとSNS上等でも話題に!SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)はネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と価格交渉すらなく供給停止へ!SBIグループ各社はテクノシステムへの約383億円の融資契約の仲介業務からの不正な利益は発生していないのか!?SBI北尾吉孝には、有志竟成の意味を、思い出してほしいものだ。(vol.16)

 それに比べて、現在、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)とネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)は、日本の5―ALA販売元同士の乗っ取り攻防劇場(参照:週刊新潮「SBI北尾吉孝社長のベンチャー乗っ取り失敗 その手口とは」が話題になっている。

 「16億円は事業の利益や新しいパートナーからの借り入れで捻出しました。5―ALA事業を支配しようとするSBI側の思惑は外れたということです」
と河田聡史社長は言った。

 「SBIグループ各社は、法令に従った対応を行っており、何ら非難されるべき点はありませんとSBI側は回答していることから、SBIファーマは、早ければ、本年度内には、ネオファーマジャパンからの供給が停止されていることから、既に仕入れていた高品質の5−ALAの在庫は枯渇することになるであろうことが推測される状況を自ら改める意思は、現時点ではないように見受けられる。


コロナに効く5―ALAが需要ひっ迫状態へ!でも、たった3億円で高品質の5−ALAの仕入れが不可能!SBIファーマは、高品質の5−ALAの原料を販売先である「ダイドードリンコ」「エーザイ」「RIZAP」「山野愛子」等への安定供給はできるのであろうか?北尾吉孝が河田聡史氏に頭を下げれば国益に適うことになるのではないか!?SBIホールディングスの株価も絶賛暴落中!淡泊明志の心はないのであろうか?(vol.15)

 「河田君、いや、河田さん、この度の乗っ取り劇場は、大変申し訳なかった」

 「日本国民をコロナ禍から救うために、北尾のSBIファーマへ、係争前のように、ネオファーマジャパン袋井工場からの高品質の5−ALAの安定供給を、お願いします」

 
5―ALAがコロナに効くとSNS上等でも話題に!SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)はネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と価格交渉すらなく供給停止へ!SBIグループ各社はテクノシステムへの約383億円の融資契約の仲介業務からの不正な利益は発生していないのか!?SBI北尾吉孝には、有志竟成の意味を、思い出してほしいものだ。(vol.16)

 現実として、SBIグループ各社によるネオファーマジャパン袋井工場の乗っ取りは失敗したのですから、論語を極めたSBI北尾吉孝が自らの過ちを認めて、コロナ禍に苦しむ国民のために、北尾吉孝から河田聡史氏へ、平身低頭に頭を下げれば、国益に適うことになるのではないでしょうか!?

 
5―ALAがコロナに効くとSNS上等でも話題に!SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)はネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と価格交渉すらなく供給停止へ!SBIグループ各社はテクノシステムへの約383億円の融資契約の仲介業務からの不正な利益は発生していないのか!?SBI北尾吉孝には、有志竟成の意味を、思い出してほしいものだ。(vol.16)

 テクノシステムへの約383億円の融資契約の仲介業務からの不正な利益は発生していないのか!?

 
5―ALAがコロナに効くとSNS上等でも話題に!SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)はネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と価格交渉すらなく供給停止へ!SBIグループ各社はテクノシステムへの約383億円の融資契約の仲介業務からの不正な利益は発生していないのか!?SBI北尾吉孝には、有志竟成の意味を、思い出してほしいものだ。(vol.16)

 2021年8月4日、公明党の吉田宣弘衆院議員と太田昌孝衆院議員の事務所、緊急事態宣言下の今年1月、銀座のクラブ通いがバレて、2月に議員辞職に追い込まれた公明党の遠山清彦前衆院議員が現在代表を務める千代田区のコンサルタント会社と自宅が、遠山氏の辞職後、それぞれ吉田議員と太田議員の秘書に就いていた遠山氏の秘書だった2人が、貸金業登録をしていないのに、政府系金融機関による融資契約に関し、仲介で不正な利益を得た疑いがあるとみて、東京地検特捜部が捜索した

 
5―ALAがコロナに効くとSNS上等でも話題に!SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)はネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と価格交渉すらなく供給停止へ!SBIグループ各社はテクノシステムへの約383億円の融資契約の仲介業務からの不正な利益は発生していないのか!?SBI北尾吉孝には、有志竟成の意味を、思い出してほしいものだ。(vol.16)

 2021年5月、東京地検特捜部は、SBIホールディングスの子会社のSBIソーシャルレンディング(代表取締役社長:宮地直紀)から約383億円の融資を受け、そのうちの約170億円を別の用途に使ったことが、第三者委員会よる2021年4 月26日付「調査報告書」により明らかにされた太陽光発電関連会社「テクノシステム」の社長の生田尚之被告を融資金の詐欺容疑で逮捕した。

 その捜査の過程で、吉田議員と太田議員の秘書に就いていた遠山氏の秘書だった2人による貸金業法違反容疑が浮上しており、生田被告とは、これまで遠山氏との親密な関係を指摘されていた、いわくつきの人物である

 
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

 そのようなテクノシステムの取締役を平成29年4月20日の就任から令和1年11月30日の辞任まで務めていた、SBIソーシャルレンディング(代表取締役社長:宮地直紀)と業務提携していて窓口となっていたであろう(参照:2019年8月29日SBIソーシャルレンディングお知らせ)玄海インベストメントアドバイザーの代表取締役の文智勇に対して、「テクノシステム」の社長の生田尚之被告から、管理料や顧問料などの形での融資契約の仲介業務からの不正な利益の仲介料は支払われていなかったであろうか!?

 更には、SBIソーシャルレンディング(代表取締役社長:宮地直紀)に対しても、「テクノシステム」の社長の生田尚之被告から、直接、SBIグループ各社へ管理料や顧問料などの形での融資契約の仲介業務からの不正な利益の仲介料は支払われていなかったであろうか!?

 
5―ALAがコロナに効くとSNS上等でも話題に!SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)はネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と価格交渉すらなく供給停止へ!SBIグループ各社はテクノシステムへの約383億円の融資契約の仲介業務からの不正な利益は発生していないのか!?SBI北尾吉孝には、有志竟成の意味を、思い出してほしいものだ。(vol.16)

 SBI北尾吉孝には、有志竟成の意味を、思い出してほしいものだ。(vol.16)


菅義偉は、恩義ある藤木幸夫と二階俊博の二人の撃墜を試みるが、失敗して自爆した。
「地銀の数が多すぎる」と菅義偉総理大臣は言ったが、「自民党の議員の数が多すぎる」と日本国民は言ってはいないであろうか?菅義偉総理大臣は実質的に辞任したが、SBI北尾吉孝は今後、どのような身の処し方をするのか注目が集まる事であろう。SBI北尾吉孝は、2019年に中国投資教会のブロックチェーン・ビッグデータ産業投資専業委員会の戦略投資高級顧問に就任している事実を、SBIホールディングスは民間経営者に与えられる最も位の高いタイトルであると誇っていることから、二階俊博と同様の『親中派』であると言え、中庸の真髄は全く理解できていない人物であろう。 (vol.17)

   「地銀の数が多すぎる」
と菅義偉総理大臣は言った。

 「自民党の議員の数が多すぎる」
と日本国民は言ってはいないであろうか?

 2021年9月3日、菅義偉総理大臣は自身が自民党総裁選に出馬しないことを表明した。

 その予兆はあった。

 
「地銀の数が多すぎる」と菅義偉総理大臣は言ったが、「自民党の議員の数が多すぎる」と日本国民は言ってはいないであろうか?菅義偉総理大臣は実質的に辞任したが、SBI北尾吉孝は今後、どのような身の処し方をするのか注目が集まる事であろう。SBI北尾吉孝は、2019年に中国投資教会のブロックチェーン・ビッグデータ産業投資専業委員会の戦略投資高級顧問に就任している事実を、SBIホールディングスは民間経営者に与えられる最も位の高いタイトルであると誇っていることから、二階俊博と同様の『親中派』であると言え、中庸の真髄は全く理解できていない人物であろう。 (vol.17)

 12日前の2021年8月22日の自身のお膝元の横浜市長選で、菅義偉総理大臣の推していた盟友の小此木八郎前国家公安委員長が瞬時に大敗し、古くから恩義のある横浜港ハーバーリゾート協会の藤木幸夫会長(参照:令和2年3月23日記事)から「菅(義偉首相)も今日あたりやめるんじゃないの? やめないとしょうがないだろう」と言われていた。

 
「地銀の数が多すぎる」と菅義偉総理大臣は言ったが、「自民党の議員の数が多すぎる」と日本国民は言ってはいないであろうか?菅義偉総理大臣は実質的に辞任したが、SBI北尾吉孝は今後、どのような身の処し方をするのか注目が集まる事であろう。SBI北尾吉孝は、2019年に中国投資教会のブロックチェーン・ビッグデータ産業投資専業委員会の戦略投資高級顧問に就任している事実を、SBIホールディングスは民間経営者に与えられる最も位の高いタイトルであると誇っていることから、二階俊博と同様の『親中派』であると言え、中庸の真髄は全く理解できていない人物であろう。 (vol.17)

 3日前の2021年8月31日には、自身を総理大臣にしてもらった恩義のある二階俊博の幹事長交代を企図したが、実行する前に潰え、二階俊博幹事長から「まことに残念。精一杯おやりになった。」と言われた。

 
「地銀の数が多すぎる」と菅義偉総理大臣は言ったが、「自民党の議員の数が多すぎる」と日本国民は言ってはいないであろうか?菅義偉総理大臣は実質的に辞任したが、SBI北尾吉孝は今後、どのような身の処し方をするのか注目が集まる事であろう。SBI北尾吉孝は、2019年に中国投資教会のブロックチェーン・ビッグデータ産業投資専業委員会の戦略投資高級顧問に就任している事実を、SBIホールディングスは民間経営者に与えられる最も位の高いタイトルであると誇っていることから、二階俊博と同様の『親中派』であると言え、中庸の真髄は全く理解できていない人物であろう。 (vol.17)

 菅義偉総理大臣とは「昔散々世話になった恩義ある人間を平気で裏切るような、義理も人情もない最低の人間である」ことが自然と連想されはしないであろうか?

 そして、大昔に『乱交パーティー「女衒(ぜげん)芸能プロ社長」』と報道され、今は「現代の児玉誉士夫」と呼称されている大樹総研の矢島義也(vol.5)が親父と呼ぶ二階俊博は衆議院選挙が終わるまでは幹事長であり続けることが濃厚となった。

 「地銀の数は多すぎる」と地銀再編を菅義偉総理大臣は唱えた後に、すかさず「資本提携する地銀は5、6行ある」とメディアに言い放ち、更には「第四のメガバンク構想」まで打ち出して、菅義偉総理大臣と密接であると印象付けたがっていたSBIホールディングス北尾吉孝が、これからも、地銀再編という国益に適うための政策の中心に居続けることは難しいであろう

 
「地銀の数が多すぎる」と菅義偉総理大臣は言ったが、「自民党の議員の数が多すぎる」と日本国民は言ってはいないであろうか?菅義偉総理大臣は実質的に辞任したが、SBI北尾吉孝は今後、どのような身の処し方をするのか注目が集まる事であろう。SBI北尾吉孝は、2019年に中国投資教会のブロックチェーン・ビッグデータ産業投資専業委員会の戦略投資高級顧問に就任している事実を、SBIホールディングスは民間経営者に与えられる最も位の高いタイトルであると誇っていることから、二階俊博と同様の『親中派』であると言え、中庸の真髄は全く理解できていない人物であろう。 (vol.17)

 2021年8月30日、公明党の太田昌孝衆議院議員(比例北陸信越)が次期衆議院選挙の公認を辞退することを表明した。

 その理由は、2021年5月、東京地検特捜部が、SBIホールディングスの子会社のSBIソーシャルレンディング(代表取締役社長:宮地直紀)から約383億円の融資を受け、そのうちの約170億円を別の用途に使ったことが、第三者委員会よる2021年4 月26日付「調査報告書」により明らかにされた太陽光発電関連会社「テクノシステム」の社長の生田尚之被告を融資金の詐欺容疑で逮捕したことに伴い、2021年8月4日、公明党の吉田宣弘衆院議員と太田昌孝衆院議員の事務所が、緊急事態宣言下の今年1月、銀座のクラブ通いがバレて、2月に議員辞職に追い込まれた公明党の遠山清彦前衆院議員が現在代表を務める千代田区のコンサルタント会社と自宅と、遠山氏の辞職後、それぞれ吉田議員と太田議員の秘書に就いていた遠山氏の秘書だった2人が、貸金業登録をしていないのに、政府系金融機関による融資契約に関し、仲介で不正な利益を得た疑いがあるとみて、東京地検特捜部から捜索されたことが原因だ。

 
「地銀の数が多すぎる」と菅義偉総理大臣は言ったが、「自民党の議員の数が多すぎる」と日本国民は言ってはいないであろうか?菅義偉総理大臣は実質的に辞任したが、SBI北尾吉孝は今後、どのような身の処し方をするのか注目が集まる事であろう。SBI北尾吉孝は、2019年に中国投資教会のブロックチェーン・ビッグデータ産業投資専業委員会の戦略投資高級顧問に就任している事実を、SBIホールディングスは民間経営者に与えられる最も位の高いタイトルであると誇っていることから、二階俊博と同様の『親中派』であると言え、中庸の真髄は全く理解できていない人物であろう。 (vol.17)

 通常、東京地検特捜部は、選挙に影響を与えないという不文律があるのにもかかわらず、現役の公明党衆議院議員二人の事務所に異例の家宅捜索を行った。

 そして、公明党は、党の歴史上、最悪レベルの事件により、総選挙への活動に支障をきたしている状況になったと言われているだけでなく、現有議席の29から、この状態だと、3〜4議席は落とすのではないか?と言われ始めている状況にまで陥っている。

 
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

 その遠因は、テクノシステムの取締役を平成29年4月20日の就任から令和1年11月30日の辞任まで務めていた玄海インベストメントアドバイザーの代表取締役の文智勇を窓口としていたであろう、SBIソーシャルレンディング(代表取締役社長:宮地直紀)(参照:2019年8月29日SBIソーシャルレンディングお知らせ)からテクノシステムへの約383億円の乱脈とも言えるであろう融資である。

 
矢島義也(大樹総研)と二階俊博(参照:平成25年10月25日記事
現代の児玉誉士夫との触れ込みは本当なのか!?大樹総研の矢島義也が菅義偉総理大臣にSBIホールディングス北尾吉孝を紹介した橋渡し役だった!矢島義也も北尾吉孝も太陽光発電事業関係でつまずいている様相だ。果たして、北尾吉孝も矢島義也も「令和の政商」の呼称に相応しい人物なのであろうか?本物の政商とは、国益の為に「中庸の徳たるや其れ至れるかな」であるはずだ。(vol.5)

 そして、東京地検特捜部は、公明党ルートとは別の捜査を行っているという情報は飛び交っており、菅義偉総理大臣にSBIホールディングス北尾吉孝を紹介した橋渡し役である現代の児玉誉士夫との触れ込みの大樹総研の矢島義也などに関する捜査の行方にも注目が集まっている状況のようだ。

 
「地銀の数が多すぎる」と菅義偉総理大臣は言ったが、「自民党の議員の数が多すぎる」と日本国民は言ってはいないであろうか?菅義偉総理大臣は実質的に辞任したが、SBI北尾吉孝は今後、どのような身の処し方をするのか注目が集まる事であろう。SBI北尾吉孝は、2019年に中国投資教会のブロックチェーン・ビッグデータ産業投資専業委員会の戦略投資高級顧問に就任している事実を、SBIホールディングスは民間経営者に与えられる最も位の高いタイトルであると誇っていることから、二階俊博と同様の『親中派』であると言え、中庸の真髄は全く理解できていない人物であろう。 (vol.17)

 なお、菅義偉総理大臣のブレインと呼ばれているデービット・アトキンソン小西美術工藝社社長は、低賃金、長時間労働、低生産性を放置する中小企業は存在意義がないとして、中小企業基本法を諸悪の根源と言い放つ人物だ。

 ゆえに、菅義偉総理大臣の『影のブレイン』などと呼ばれているSBI北尾吉孝も同様の考え方を持っていると自然と推察されよう

 こんな日本国を混乱させる遠因を作っているSBI北尾吉孝のような人物に、地銀再編という国益に適うための政策を任せてしまっては、更なる混乱の遠因となるだけであろう。

 菅義偉総理大臣は実質的に辞任したが、SBI北尾吉孝は今後、どのような身の処し方をするのか注目が集まる事であろう。

 
「地銀の数が多すぎる」と菅義偉総理大臣は言ったが、「自民党の議員の数が多すぎる」と日本国民は言ってはいないであろうか?菅義偉総理大臣は実質的に辞任したが、SBI北尾吉孝は今後、どのような身の処し方をするのか注目が集まる事であろう。SBI北尾吉孝は、2019年に中国投資教会のブロックチェーン・ビッグデータ産業投資専業委員会の戦略投資高級顧問に就任している事実を、SBIホールディングスは民間経営者に与えられる最も位の高いタイトルであると誇っていることから、二階俊博と同様の『親中派』であると言え、中庸の真髄は全く理解できていない人物であろう。 (vol.17)

 最後に、SBI北尾吉孝は、2019年に中国投資教会のブロックチェーン・ビッグデータ産業投資専業委員会の戦略投資高級顧問に就任している事実を、SBIホールディングスは民間経営者に与えられる最も位の高いタイトルであると誇っていることから、二階俊博と同様の『親中派』であると言え、中庸の真髄は全く理解できていない人物であろうことを申し添えておく。(vol.17)

 
「地銀の数が多すぎる」と菅義偉総理大臣は言ったが、「自民党の議員の数が多すぎる」と日本国民は言ってはいないであろうか?菅義偉総理大臣は実質的に辞任したが、SBI北尾吉孝は今後、どのような身の処し方をするのか注目が集まる事であろう。SBI北尾吉孝は、2019年に中国投資教会のブロックチェーン・ビッグデータ産業投資専業委員会の戦略投資高級顧問に就任している事実を、SBIホールディングスは民間経営者に与えられる最も位の高いタイトルであると誇っていることから、二階俊博と同様の『親中派』であると言え、中庸の真髄は全く理解できていない人物であろう。 (vol.17)

「信義にもとる男だな」とSBI北尾吉孝に言われた新生銀行の工藤英之社長
「信義にもとる男だな」とSBI北尾吉孝は言った。そして、2021年9月9日、SBI北尾吉孝は、新生銀行の子会社化を目指す株式公開買い付け(TOB)を発表、これは敵対的買収を仕掛ける「ブラックナイト」であろう。SBI北尾吉孝が新生銀行を傘下に治めることが実現されたら、清水銀行とは比較にならない位の「優越的地位の濫用」による日本の基幹産業への不正乗っ取りを誘発することになるであろう。ネオファーマジャパンの関係者は「北尾吉孝こそ、信義にもとる男です」と語気を強めて言った。 (vol.18)

 「信義にもとる男だな」

 
「信義にもとる男だな」とSBI北尾吉孝に言われた新生銀行の工藤英之社長
「信義にもとる男だな」とSBI北尾吉孝は言った。そして、2021年9月9日、SBI北尾吉孝は、新生銀行の子会社化を目指す株式公開買い付け(TOB)を発表、これは敵対的買収を仕掛ける「ブラックナイト」であろう。SBI北尾吉孝が新生銀行を傘下に治めることが実現されたら、清水銀行とは比較にならない位の「優越的地位の濫用」による日本の基幹産業への不正乗っ取りを誘発することになるであろう。ネオファーマジャパンの関係者は「北尾吉孝こそ、信義にもとる男です」と語気を強めて言った。 (vol.18)

 2021年1月27日、新生銀行がSBI北尾吉孝と競合するマネックス証券松本大と金融商品仲介業務で包括提携を発表、そして、SBIホールディングスの本社が入る東京都港区の泉ガーデンタワー20階の社長室で、北尾吉孝は居並ぶ幹部を前に新生銀行の工藤英之社長に対する不満を口にしたそうだ。

 
北尾吉孝が書いた本を何冊も並べて展示して、北尾吉孝がしゃべっているビデオを延々と流しているSBI本社の受付。
北尾吉孝には『中庸』の再学習をお勧めします。
「誠は天の道なり。これを誠にする者は、人の道なり」
「誠」こそ人間生活の基本です
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)

 なお、SBIホールディングス本社の受付には、北尾吉孝が書いた本が何冊も並べて展示して、北尾吉孝がしゃべっているビデオが延々と流されている『中庸』の精神の片鱗も感じさせない造りだ。(vol.4

 
「信義にもとる男だな」とSBI北尾吉孝は言った。そして、2021年9月9日、SBI北尾吉孝は、新生銀行の子会社化を目指す株式公開買い付け(TOB)を発表、これは敵対的買収を仕掛ける「ブラックナイト」であろう。SBI北尾吉孝が新生銀行を傘下に治めることが実現されたら、清水銀行とは比較にならない位の「優越的地位の濫用」による日本の基幹産業への不正乗っ取りを誘発することになるであろう。ネオファーマジャパンの関係者は「北尾吉孝こそ、信義にもとる男です」と語気を強めて言った。 (vol.18)

 本来、SBI北尾吉孝は、マネックス証券松本大と同様の提案を新生銀行へ提案していただけでなく、新生銀行の16.4%の株式を保有する筆頭株主なのであるから、純粋な金融商品のラインナップの多さやIPOの充実度や金融商品仲介の仕組みを使った提携の経験値において、マネックス証券松本大を大きく上回っているのに、新生銀行は、SBI北尾吉孝ではなく、マネックス証券松本大との包括業務提携を決めた

 
「信義にもとる男だな」とSBI北尾吉孝は言った。そして、2021年9月9日、SBI北尾吉孝は、新生銀行の子会社化を目指す株式公開買い付け(TOB)を発表、これは敵対的買収を仕掛ける「ブラックナイト」であろう。SBI北尾吉孝が新生銀行を傘下に治めることが実現されたら、清水銀行とは比較にならない位の「優越的地位の濫用」による日本の基幹産業への不正乗っ取りを誘発することになるであろう。ネオファーマジャパンの関係者は「北尾吉孝こそ、信義にもとる男です」と語気を強めて言った。 (vol.18)

 新生銀行は「コスト削減よりもラインナップ拡充に比重がある」、「例えば、新生証券では個別株式の取引やIPO(新規株式公開)の取り扱いがない。ネット証券との提携でサービスを拡充していきたい」と説明しているが、単純に、SBI北尾吉孝は、新生銀行の目に見える資産だけでなく、日本長期信用銀行時代からの法人融資による日本の基幹産業との繋がりや消費者金融における個人との繋がりなどの目に見えない資産をも、論語の真髄とは真逆の「今だけ、金だけ、自分だけ」の収益第一主義のカネの一極集中の新自由主義の資本の論理(参照:令和3年9月6日記事「三菱UFJFG株主総会2021参戦記vol.11」に利用され尽くされるこを懸念したから、マネックス証券松本大との包括業務提携を選択したのではなかろうか?

 
「信義にもとる男だな」とSBI北尾吉孝は言った。そして、2021年9月9日、SBI北尾吉孝は、新生銀行の子会社化を目指す株式公開買い付け(TOB)を発表、これは敵対的買収を仕掛ける「ブラックナイト」であろう。SBI北尾吉孝が新生銀行を傘下に治めることが実現されたら、清水銀行とは比較にならない位の「優越的地位の濫用」による日本の基幹産業への不正乗っ取りを誘発することになるであろう。ネオファーマジャパンの関係者は「北尾吉孝こそ、信義にもとる男です」と語気を強めて言った。 (vol.18)

 「マネックスさんとの対比では、弊社で扱っている商品群やIFA(金融商品仲介としての提携)スキームの実績は圧倒的。どういう理由で(新生銀行の経営陣が)ああいう選択をされたのか、よくわからない」
と新生銀行による発表の2日後の1月29日のSBIホールディングスの決算説明会でSBI証券の高村正人社長が語ったことからも、SBIホールディングスの幹部らは、論語の真髄を身につけることはなく、「今だけ、金だけ、自分だけ」の収益第一主義のカネの一極集中の新自由主義の資本の論理(参照:令和3年9月6日記事「三菱UFJFG株主総会2021参戦記vol.11」)に染まっていることが認められる。


まさかの真実が明らかに!指定広域暴力団住吉会系組織の親方は言った二五「当時の竹中工務店の現役の部長の伊藤博之は『この2億2000万円は裏で持って行かなければいけない金です。先に使わせて下さい』と言って、赤坂の山王の裏の日本長期信用銀行?へ一緒に行った」(竹中工務店vol.33)

 1998年、新生銀行の前身である日本長期信用銀行は、国から公的資金の注入を受けて、その後、約1500億円は返したが、まだ約3500億円は未返済の上、完済のめどは立っていない状況だ。


指定広域暴力団住吉会系組織の親方は言った四〇「高橋治則に3億円を裸で貸したのは、電通の専務取締役だった経歴を持ち、今は東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事の1才上の兄の高橋治之がいるから大丈夫だとの仲介者の口上があったからだ」(vol.48)
指定広域暴力団住吉会系組織の親方は言った四一「実兄の電通の専務取締役だった経歴を持ち、今は東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事の高橋治之が電通にいるから大丈夫ですとの仲介者の口上だったから、高橋治則へ裸で貸した3億円は、死んであの世へ持って逃げられた」(竹中工務店vol.49)

 2021年9月9日、そこで、SBI北尾吉孝は、金融庁から、事業会社が銀行の株式の20%以上を取得するなどして主要株主になる場合に必要な主要株主認可認可を取った後、新生銀行の子会社化を目指し、株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表し、今回、TOB成立後には、新生銀行株を持つ国(預金保険機構など)と公的資金返済に向けて協議すると表明して、SBIホールディングスによるTOBには最もな理由があることを強調した。

 
「信義にもとる男だな」とSBI北尾吉孝は言った。そして、2021年9月9日、SBI北尾吉孝は、新生銀行の子会社化を目指す株式公開買い付け(TOB)を発表、これは敵対的買収を仕掛ける「ブラックナイト」であろう。SBI北尾吉孝が新生銀行を傘下に治めることが実現されたら、清水銀行とは比較にならない位の「優越的地位の濫用」による日本の基幹産業への不正乗っ取りを誘発することになるであろう。ネオファーマジャパンの関係者は「北尾吉孝こそ、信義にもとる男です」と語気を強めて言った。 (vol.18)

 このため新生銀行は、TOBを拒否する場合は公的資金返済の道筋について明確な説明を求められることになりそうだ。

 
「信義にもとる男だな」とSBI北尾吉孝は言った。そして、2021年9月9日、SBI北尾吉孝は、新生銀行の子会社化を目指す株式公開買い付け(TOB)を発表、これは敵対的買収を仕掛ける「ブラックナイト」であろう。SBI北尾吉孝が新生銀行を傘下に治めることが実現されたら、清水銀行とは比較にならない位の「優越的地位の濫用」による日本の基幹産業への不正乗っ取りを誘発することになるであろう。ネオファーマジャパンの関係者は「北尾吉孝こそ、信義にもとる男です」と語気を強めて言った。 (vol.18)

 なお、SBI北尾吉孝は、新生銀行が6月23日に開いた株主総会において、新生銀行の工藤英之社長ら複数の取締役選任議案に反対票を投じるなど対立姿勢を強めてきた。

 そして、9月9日、新生銀行は「(TOBの公表について)SBIホールディングスより事前の連絡を受けておらず、公開買い付けは当行取締役会の賛同を得て実施されるものではない。当行の意見は、決定次第改めてお知らせする」とのコメントを発表した。

 この事実から、敵対的買収になることは間違いないであろう。

 
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)

 かつて、SBI北尾吉孝は、2005年にライブドア堀江貴文によるニッポン放送買収騒動の際に、ニッポン放送側の「ホワイトナイト」として登場した際に、「(ライブドア堀江貴文は)株式市場の清冽な水を汚した」「(社会の役に立とうするSB孫正義とは異なり)堀江君は自分のためという意識が強すぎる」と発言している。(vol.4

 
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)

 今回のTOBでは、SBI北尾吉孝は、特に経済分野(本件においては地銀再編政策)において、相手会社(本件においては新生銀行)に敵対的買収を仕掛けるなど、主として自分たち(本件においてはSBIホールディングス北尾吉孝)が利する形で、その会社の意に反して経済的に弱い立場に陥らせようとする者を表す言葉である「ブラックナイト」(vol.4であろう

 本来の地銀再編政策とは、国益に適うための政策であり、自分の金儲けのためなら、地方の中小企業や市井の労働者が苦しんでも構わないという論語の真髄とは真逆の「今だけ、金だけ、自分だけ」の収益第一主義のカネの一極集中の新自由主義の資本の論理(参照:令和3年9月6日記事「三菱UFJFG株主総会2021参戦記vol.11」であってはならないはずだ

 
「筆頭株主になったのにあいさつにも来ない。このままあいさつがなかったら次の株主総会で全役員(の選任)に反対票を投じる」とSBI北尾吉孝に言われた大東銀行の鈴木孝雄社長
「信義にもとる男だな」とSBI北尾吉孝は言った。そして、2021年9月9日、SBI北尾吉孝は、新生銀行の子会社化を目指す株式公開買い付け(TOB)を発表、これは敵対的買収を仕掛ける「ブラックナイト」であろう。SBI北尾吉孝が新生銀行を傘下に治めることが実現されたら、清水銀行とは比較にならない位の「優越的地位の濫用」による日本の基幹産業への不正乗っ取りを誘発することになるであろう。ネオファーマジャパンの関係者は「北尾吉孝こそ、信義にもとる男です」と語気を強めて言った。 (vol.18)

 SBI北尾吉孝は、2020年6月に、約18%(当時)の株式を保有する福島県の大東銀行(鈴木孝雄社長)に対して「筆頭株主になったのにあいさつにも来ない。このままあいさつがなかったら次の株主総会で全役員(の選任)に反対票を投じる」と論語の真髄とは真逆の「優越的地位の濫用」を連想させる発言をするような人物だ。

 
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)

 また、SBI北尾吉孝は、「地銀の救世主」と崇められ、菅義偉総理大臣の『影のブレイン』などと呼ばれている立場を利用して、『地銀再編』を通じて資本・業務提携を行っている(2020年2月18日締結)清水銀行岩山康宏頭取に圧力をかけて、株式会社清水銀行(頭取:岩山康宏)を債権者として、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる『5―ALA』を製造するネオファーマジャパン袋井工場を担保とする貸付金債権を、2021年3月4日、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)による袋井工場への仮差押え申立てを発端として、この債権は清水銀行からSBIインキュベーションに債権譲渡されて、その後、SBIインキュベーションにより、この債権を被担保債権として、袋井工場に対して差押して担保不動産競売が申し立てるような「優越的地位の濫用」を実行する人物だ。

 
5―ALAがコロナに効くとSNS上等でも話題に!SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)はネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と価格交渉すらなく供給停止へ!SBIグループ各社はテクノシステムへの約383億円の融資契約の仲介業務からの不正な利益は発生していないのか!?SBI北尾吉孝には、有志竟成の意味を、思い出してほしいものだ。(vol.16)

 この傘下の銀行を「優越的地位の濫用」によって使った乗っ取りは、2021年7月23日、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)がこの債権の全額弁済を行ったことにより、SBIインキュベーションによる差押の競売申立ては取下げられて、乗っ取りは失敗に終わり事なきを得たが、SBI北尾吉孝により、新生銀行を傘下に治めることが実現されたら、清水銀行とは比較にならない位の「優越的地位の濫用」による日本の基幹産業への不正乗っ取り疑惑を誘発することになるであろう

 
「優越的地位の濫用」を有言実行の男SBI北尾吉孝!さすが、第四のメガバンクの頭取の地位を目指し「令和の政商」と呼ばれる男SBI北尾吉孝、清水銀行(岩山康宏頭取)を使って「優越的地位の濫用」をきっちり既遂!支持率が3割を切った菅義偉政権によるSBI北尾吉孝を軸とするような地銀再編政策は一旦停止して、改めて再考する必要があると言えるであろう。(vol.11)

 だからこそ、「地銀の救世主」と崇められ、菅義偉総理大臣の『影のブレイン』などと呼ばれて、「第四のメガバンク構想」まで打ち出し、第四のメガバンクの頭取の地位を目指し、「令和の政商」を指向しているらしきSBI北尾吉孝としては、急転直下の菅義偉総理大臣の退陣表明により後ろ盾を失い、これからは、SBI北尾吉孝を中心軸とするような第四のメガバンク構想実現には逆風が吹くことになることから、新政権誕生前に、敵対的手法によってでも、新生銀行の子会社化を急いだのではないだろうか?


菅義偉は、恩義ある藤木幸夫と二階俊博の二人の撃墜を試みるが、失敗して自爆した。
「地銀の数が多すぎる」と菅義偉総理大臣は言ったが、「自民党の議員の数が多すぎる」と日本国民は言ってはいないであろうか?菅義偉総理大臣は実質的に辞任したが、SBI北尾吉孝は今後、どのような身の処し方をするのか注目が集まる事であろう。SBI北尾吉孝は、2019年に中国投資教会のブロックチェーン・ビッグデータ産業投資専業委員会の戦略投資高級顧問に就任している事実を、SBIホールディングスは民間経営者に与えられる最も位の高いタイトルであると誇っていることから、二階俊博と同様の『親中派』であると言え、中庸の真髄は全く理解できていない人物であろう。 (vol.17)

 「北尾吉孝こそ、信義にもとる男です」
とSBI北尾吉孝による袋井工場乗っ取り劇場に翻弄され振り回されたネオファーマジャパンの関係者は語気を強めて言った。

 
まさかのSBIホールディングス北尾吉孝と清水銀行岩山靖宏頭取によるネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の経営破綻を目的とした共謀行為なのか!?清水銀行に圧力をかけて債権譲渡をさせたのではないのか!?なぜ、債権を買った会社は、サービサーの許認可のない子会社のただのベンチャーキャピタル会社のSBIインキュベーション(代表取締役:森田俊平)なのだろうか!?SBIホールディングス北尾吉孝と清水銀行岩山靖宏頭取には、「信・義・仁」を物事の判断をする際の「ものさし」にしてほしいものだ。 (vol.2)

 「信・義・仁」は物事の判断をする際の「ものさし」だ(vol.2)。

 
論語読みの論語知らずなのか?まさかの競売開始の差押を実行!北尾吉孝は、70才になって、自分の心のままに行動して、人道を踏み外してはいないであろうか?地方銀行再編とは、地方の中小企業や市井の労働者に厳しく、土の香りがしなくて、マネーの腐臭しかしない新自由主義の金の亡者のお先棒を担ぐための政策ではないはずだ。SBISLに業務停止命令へ (vol.3)

 「吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順(した)がう。七十にして心の欲する所に従って矩(のり)を踰(こ)えず。」人間の進むべき道を学んだのか?(vol.3

 
現代の児玉誉士夫との触れ込みは本当なのか!?大樹総研の矢島義也が菅義偉総理大臣にSBIホールディングス北尾吉孝を紹介した橋渡し役だった!矢島義也も北尾吉孝も太陽光発電事業関係でつまずいている様相だ。果たして、北尾吉孝も矢島義也も「令和の政商」の呼称に相応しい人物なのであろうか?本物の政商とは、国益の為に「中庸の徳たるや其れ至れるかな」であるはずだ。(vol.5)

 「中庸の徳たるや其れ至れるかな」(vol.5

 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

 「過ぎたるは猶及ばざるが如し」(vol.7

 
堂々たる代表取締役への復帰、河田聡史。まさかの風説の流布なのか!?独占的実施許諾契約なのか?独占的通常実施許諾契約なのか?、neoALA新美彰規(アミット バクシー)が先陣切ってSBI北尾吉孝と戦うべきではないのか!?(vol.8)

 「君子は中庸の徳を守るが、小人は中庸にそむく。中庸こそは最高の徳である。だが民衆の間で中庸の意識が薄くとぼしくなって久しい」(vol.8

 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は5―アミノレブリン酸(5―ALA)の臨床試験を行うも、5―ALAを社会貢献事業の一環にするのではなく、己の利益のために独り占めしようとして、「優越的地位の濫用」をきっちり既遂して、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる5―ALAを製造する袋井工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を乗っ取ろうとしているようにしか連想されてこない。SBI北尾吉孝のような人間を、ソーシャルレンディングとは比較にならない規模の預金と言う名の資金を低金利で集められる地銀の再編政策の中心の軸に添えておいてよいのであろうか?「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」(vol.12)

 「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」(vol.12

 
ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)は5−アミノレブリン酸(5―ALA)の原料(5―ALA原体)を製造する人的・物的ノウハウを有する唯一の国内企業であり、その5−アミノレブリン酸(5―ALA)を用いた新型コロナウイルス感染症の後遺症に対する特定臨床研究が開始!そこで、新美彰規は、『5―ALA』の利権を総取りするという説明をしている模様!そして、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)の取引妨害指令は、独占禁止法違反ではないのか!?(vol.9)

 SBI北尾吉孝には論語の格言の真髄を思い起こしてほしいものだ。 (vol.18)


お疲れ様!新美彰規(アミット バクシー)、neoALA株式会社の代表取締役を退任、何もしなくてくれてありがとう!そして、河田聡史氏が堂々たる代表取締役への復帰!。地銀再編政策とは、資本の論理であってはならないはずだから、SBI北尾吉孝による「(新生銀行の買収が)敵対的TOBといった形で行われるのは好ましくない」と言えよう。 (vol.19)

 お疲れ様!新美彰規(アミット バクシー)

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6) フェイスブックより転載

 令和3年6月30日、超新星と呼ばれ、日本語と英語とインド語の三ケ国語を操る日印のハーフで、父親が特定非営利活動法人インドセンター(代表者:UPADHYAY VIBHAV KANT ウパデアーエ ヴィバウカント、東京都千代田区紀尾井町3番29−502号)のアドバイザーのLALIT BAKSHI(ラリット バクシュ)の新美彰規(アミット バクシー)がneoALA株式会社の代表取締役を退任していた。

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6)

 neoALA株式会社とは、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる『5―ALA』を製造するネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の35%株主の会社である。

 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は5―アミノレブリン酸(5―ALA)の臨床試験を行うも、5―ALAを社会貢献事業の一環にするのではなく、己の利益のために独り占めしようとして、「優越的地位の濫用」をきっちり既遂して、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる5―ALAを製造する袋井工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を乗っ取ろうとしているようにしか連想されてこない。SBI北尾吉孝のような人間を、ソーシャルレンディングとは比較にならない規模の預金と言う名の資金を低金利で集められる地銀の再編政策の中心の軸に添えておいてよいのであろうか?「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」(vol.12)

 それが、黒幕K氏の振付の趣旨を全く理解できなかったのか、もしくは、理解はできてもパフォーマンスができなかったのかは不明であるが、neoALA株式会社の代表取締役として、新美彰規は何もしないで退任となった。

 黒幕K氏の振付に必要な脇役の辣腕会計士の羽根正哲も、同日、同時に退任している。

 羽根正哲は、五大法律事務所の一角であり外国法律事務所と提携しているTMI総合法律事務所とのパイプが売りの御仁であるが、TMI総合法律事務所は出番なしで退場することになった模様だ。

 
まさかの大逆転!実業界史に残る大番狂わせへ!2021年7月21日、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)はSBIインキュベーションへ債権を全額弁済したことでSBI北尾吉孝による不正乗っ取り疑惑も消失!その背後では、21LADYの株価が大暴落して、5.11%まで21LADYの株を大量保有したSBI証券は甚大な損失!そんなSBI北尾吉孝のような人物に、地銀再編という国益に適うための政策を任せてもよいのであろうか?(vol.13)

 なお、黒幕K氏は、『5―ALA』事業計画で21LADYを再生させるとSBI北尾吉孝に説明し、SBI証券へ5.11%まで21LADYの株を大量に買わせていた模様である事実(vol.13)から、既に、得意の株価操縦とインサイダー取引で大儲けしたことが推認される模様であることから、もう、お腹いっぱいなのであろうか?

 
まさかの大逆転!実業界史に残る大番狂わせへ!2021年7月21日、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)はSBIインキュベーションへ債権を全額弁済したことでSBI北尾吉孝による不正乗っ取り疑惑も消失!その背後では、21LADYの株価が大暴落して、5.11%まで21LADYの株を大量保有したSBI証券は甚大な損失!そんなSBI北尾吉孝のような人物に、地銀再編という国益に適うための政策を任せてもよいのであろうか?(vol.13)

  いずれにせよ、新美彰規(アミット バクシー)は、黒幕K氏の振付に基づいて、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる『5―ALA』を製造するネオファーマジャパンを牛耳るつもりであったが、何もしないで退任となった。

 ネオファーマジャパンの関係者は、「新美彰規(アミット バクシー)は、うち(ネオファーマジャパン)に居た時(元々はネオファーマジャパンの社員であった)から、何の仕事もできずに給料泥棒と呼ばれていたから、何も不思議じゃないですよ」というが、「ジャーナリストの王者」佐藤昇は違う見解を持った。

 
コロナに効く5―ALAが需要ひっ迫状態へ!でも、たった3億円で高品質の5−ALAの仕入れが不可能!SBIファーマは、高品質の5−ALAの原料を販売先である「ダイドードリンコ」「エーザイ」「RIZAP」「山野愛子」等への安定供給はできるのであろうか?北尾吉孝が河田聡史氏に頭を下げれば国益に適うことになるのではないか!?SBIホールディングスの株価も絶賛暴落中!淡泊明志の心はないのであろうか?(vol.15)

 新美彰規(アミット バクシー)、超新星と呼ばれるだけあって、黒幕K氏の振付の趣旨を全く理解できなかったのではなくて、日本の国益に深い思いを巡らせ、国益に適うためには、ネオファーマジャパンがSBIホールディングス北尾吉孝に乗っ取られるよりも、コロナ禍に苦しむ日本国民のために(vol.16)、新型コロナ患者6人に5−ALAのサプリメントを投与した所、6人中5人は7日〜10日以内に症状が改善したりすることが、長崎大学による研究に基づいて発表されている、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる高品質の5−ALAを独自の発酵法で大量生産することができるネオファーマジャパンの『5―ALA』サプリは、河田聡史氏の下で管理させていた方が良いと判断したから、何の仕事もできずに給料泥棒と呼ばれていたネオファーマジャパンの社員であった頃のような振る舞いを魅せて、あえて何もしないで、neoALA株式会社の代表取締役を退任したのではないだろうか!?

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6) ワールドインベスターズTVより転載

 新美彰規(アミット バクシー)、何もしないでくれてありがとう!

 そして、令和3年7月8日、河田聡史氏がneoALA株式会社の代表取締役へ堂々たる復帰を果たした。

 
お疲れ様!新美彰規(アミット バクシー)、neoALA株式会社の代表取締役を退任、何もしなくてくれてありがとう!そして、河田聡史氏が堂々たる代表取締役への復帰!。地銀再編政策とは、資本の論理であってはならないはずだから、SBI北尾吉孝による「(新生銀行の買収が)敵対的TOBといった形で行われるのは好ましくない」と言えよう。 (vol.19)

「(新生銀行の買収が)敵対的TOBといった形で行われるのは好ましくない」
と全国地方銀行協会の会長であり、静岡銀行の頭取である柴田久会長は述べた。

 
「信義にもとる男だな」とSBI北尾吉孝に言われた新生銀行の工藤英之社長
「信義にもとる男だな」とSBI北尾吉孝は言った。そして、2021年9月9日、SBI北尾吉孝は、新生銀行の子会社化を目指す株式公開買い付け(TOB)を発表、これは敵対的買収を仕掛ける「ブラックナイト」であろう。SBI北尾吉孝が新生銀行を傘下に治めることが実現されたら、清水銀行とは比較にならない位の「優越的地位の濫用」による日本の基幹産業への不正乗っ取りを誘発することになるであろう。ネオファーマジャパンの関係者は「北尾吉孝こそ、信義にもとる男です」と語気を強めて言った。 (vol.18)

 静岡銀行は、「(新生銀行の工藤英之社長は)信義にもとる男だな」とのSBI北尾吉孝による発言の原因となったマネックス証券松本大のマネックスグループ(vol.18)の株式の23.7%を保有する筆頭株主だ。

 
お疲れ様!新美彰規(アミット バクシー)、neoALA株式会社の代表取締役を退任、何もしなくてくれてありがとう!そして、河田聡史氏が堂々たる代表取締役への復帰!。地銀再編政策とは、資本の論理であってはならないはずだから、SBI北尾吉孝による「(新生銀行の買収が)敵対的TOBといった形で行われるのは好ましくない」と言えよう。 (vol.19)

「敵対的(な買収)では取引先が不安になるのではないか」
とも柴田久会長は述べている。

 
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)

 きっと、柴田久会長は、SBI北尾吉孝が、「地銀の救世主」と崇められ、菅義偉総理大臣の『影のブレイン』などと呼ばれている立場を利用して、『地銀再編』を通じて資本・業務提携を行っている(2020年2月18日締結)清水銀行岩山康宏頭取に圧力をかけて、株式会社清水銀行(頭取:岩山康宏)を債権者として、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる『5―ALA』を製造するネオファーマジャパン袋井工場を担保とする貸付金債権を、2021年3月4日、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)による袋井工場への仮差押え申立てを発端として、この債権は清水銀行からSBIインキュベーションに債権譲渡されて、その後、SBIインキュベーションにより、この債権を被担保債権として、袋井工場に対して差押して担保不動産競売が申し立てるような「優越的地位の濫用」を実行する人物であり、この傘下の銀行を「優越的地位の濫用」によって使った乗っ取りは、

 
5―ALAがコロナに効くとSNS上等でも話題に!SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)はネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と価格交渉すらなく供給停止へ!SBIグループ各社はテクノシステムへの約383億円の融資契約の仲介業務からの不正な利益は発生していないのか!?SBI北尾吉孝には、有志竟成の意味を、思い出してほしいものだ。(vol.16)

2021年7月23日、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)がこの債権の全額弁済を行ったことにより、SBIインキュベーションによる差押の競売申立ては取下げられて、失敗に終わり事なきを得たが、新生銀行を傘下に治めることが実現されたら、清水銀行とは比較にならない位の「優越的地位の濫用」による日本の基幹産業への不正乗っ取りを誘発することになるであろうことに対して、強い懸念を持って発言したのでろうことが推認される。

 
「地銀の数が多すぎる」と菅義偉総理大臣は言ったが、「自民党の議員の数が多すぎる」と日本国民は言ってはいないであろうか?菅義偉総理大臣は実質的に辞任したが、SBI北尾吉孝は今後、どのような身の処し方をするのか注目が集まる事であろう。SBI北尾吉孝は、2019年に中国投資教会のブロックチェーン・ビッグデータ産業投資専業委員会の戦略投資高級顧問に就任している事実を、SBIホールディングスは民間経営者に与えられる最も位の高いタイトルであると誇っていることから、二階俊博と同様の『親中派』であると言え、中庸の真髄は全く理解できていない人物であろう。 (vol.17)

 地銀再編政策とは、国益に適うための政策であり、自分の金儲けのためなら、地方の中小企業や市井の労働者が苦しんでも構わないという論語の真髄とは真逆の「今だけ、金だけ、自分だけ」の収益第一主義のカネの一極集中の新自由主義の資本の論理(参照:令和3年9月6日記事「三菱UFJFG株主総会2021参戦記vol.11」であってはならないはずだから、SBIホールディングス北尾吉孝による「(新生銀行の買収が)敵対的TOBといった形で行われるのは好ましくない」と言えよう。

 
お疲れ様!新美彰規(アミット バクシー)、neoALA株式会社の代表取締役を退任、何もしなくてくれてありがとう!そして、河田聡史氏が堂々たる代表取締役への復帰!。地銀再編政策とは、資本の論理であってはならないはずだから、SBI北尾吉孝による「(新生銀行の買収が)敵対的TOBといった形で行われるのは好ましくない」と言えよう。 (vol.19)

〇「好ましくない」 銀行の敵対的買収―柴田地銀協会長
時事通信2021年09月15日18時29分
 全国地方銀行協会の柴田久会長(静岡銀行頭取)は15日の記者会見で、SBIホールディングスによる新生銀行へのTOB(株式公開買い付け)に関連し、「(銀行の買収が)敵対的TOBといった形で行われるのは好ましくない」との見方を示した。新生銀は買収への賛否を示していないが、防衛策を検討するなど対立の構図が深まりつつある。
 柴田会長は、地方銀行などは地域に多くの取引先を抱える「地域あっての銀行だ」と指摘。このため「敵対的(な買収)では取引先が不安になるのではないか」と述べた。 (vol.19)


まさかの偽物5―ALAなのか!?株式会社東亜産業(前代表取締役:渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)、現代表取締役:深井明匡、東京都千代田区外神田2−5−12)が5―ALAサプリメントを30粒1980円で販売中!漁夫の利か?SBI北尾吉孝はネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)と係争している場合なのか!?そして地方銀行がSBI北尾吉孝による新生銀行への株式公開買い付け(TOB)に警戒中! (vol.20)

 2021年9月6日、ヨネクラボクシングスクールサポーターズ株式会社(取締役理事長:柴田国明)へ、株式会社東亜産業(前代表取締役:渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)、現代表取締役:深井明匡、東京都千代田区外神田2−5−12)なる会社からゆうメールが届いた。

 その16ページにわたるゆうメールの6ページには、5―ALA(5−アミノレブリン酸)サプリメントを30粒1980円で販売中との記載があった。

 既報の通り、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)は、5−アミノレブリン酸(5―ALA)の原料(5―ALA原体)を製造する人的・物的ノウハウを有する唯一の国内企業であり(vol.9)、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せるのは、世界で唯一、ネオファーマジャパンの袋井工場だけであり、このネオファーマジャパン袋井工場だけが年間数十トンの5−ALAを発酵法で大量生産することができる。(vol.12

 
まさかの偽物5―ALAなのか!?株式会社東亜産業(前代表取締役:渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)、現代表取締役:深井明匡、東京都千代田区外神田2−5−12)が5―ALAサプリメントを30粒1980円で販売中!漁夫の利か?SBI北尾吉孝はネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)と係争している場合なのか!?そして地方銀行がSBI北尾吉孝による新生銀行への株式公開買い付け(TOB)に警戒中! (vol.20)

 ネオファーマジャパンの関係者によると、ネオファーマジャパンから株式会社東亜産業(前代表取締役:渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)、現代表取締役:深井明匡)なる会社へ納品している事実はないそうだ。

 
まさかの偽物5―ALAなのか!?株式会社東亜産業(前代表取締役:渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)、現代表取締役:深井明匡、東京都千代田区外神田2−5−12)が5―ALAサプリメントを30粒1980円で販売中!漁夫の利か?SBI北尾吉孝はネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)と係争している場合なのか!?そして地方銀行がSBI北尾吉孝による新生銀行への株式公開買い付け(TOB)に警戒中! (vol.20)

 この株式会社東亜産業(前代表取締役:渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)、現代表取締役:深井明匡)なる会社は、2020年8月28日、消費者庁から「株式会社東亜産業に対する景品表示法に基づく措置命令について」に基づいて、株式会社東亜産業に対し、同社が供給する「ウイルスシャットアウト」と称する商品に係る表示について、景品表示法に違反する行為(同法第5条第1号(優良誤認)に該当)が認められたことから、同法第7条第1項の規定に基づき、措置命令が行われている。

 
まさかの偽物5―ALAなのか!?株式会社東亜産業(前代表取締役:渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)、現代表取締役:深井明匡、東京都千代田区外神田2−5−12)が5―ALAサプリメントを30粒1980円で販売中!漁夫の利か?SBI北尾吉孝はネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)と係争している場合なのか!?そして地方銀行がSBI北尾吉孝による新生銀行への株式公開買い付け(TOB)に警戒中! (vol.20)

 また、2021年4月9日、神奈川県が福祉施設職員らに実施している新型コロナウイルスの集中検査を巡り、検査を行っていないのに「陰性」と通知したり、検査キットを過剰に配ったりするミスが計223施設であったことが分かり、県は業務管理システムを改修するとともに、業務委託先の業者に対して管理体制を強化するよう指導しており、株式会社東亜産業(前代表取締役:渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)、現代表取締役:深井明匡)は1施設に対し、検査をキャンセルした2人分を含め「全員陰性」と通知したほか、197施設に検査キットを必要数の最大4倍配布していた。

 
まさかの偽物5―ALAなのか!?株式会社東亜産業(前代表取締役:渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)、現代表取締役:深井明匡、東京都千代田区外神田2−5−12)が5―ALAサプリメントを30粒1980円で販売中!漁夫の利か?SBI北尾吉孝はネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)と係争している場合なのか!?そして地方銀行がSBI北尾吉孝による新生銀行への株式公開買い付け(TOB)に警戒中! (vol.20)

 そのような株式会社東亜産業(前代表取締役:渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)、現代表取締役:深井明匡)の企業風土から、東亜産業の販売している5―ALA(5−アミノレブリン酸)サプリメントは、化学上では、元素記号が一致すれば、品質にかかわらず、5−ALAは5−ALAであることから、中国製の工業用の5−ALAであるvol.15)ことが自然と連想されてくる。

 
左から、渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)、小池百合子、深井明匡。
まさかの偽物5―ALAなのか!?株式会社東亜産業(前代表取締役:渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)、現代表取締役:深井明匡、東京都千代田区外神田2−5−12)が5―ALAサプリメントを30粒1980円で販売中!漁夫の利か?SBI北尾吉孝はネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)と係争している場合なのか!?そして地方銀行がSBI北尾吉孝による新生銀行への株式公開買い付け(TOB)に警戒中! (vol.20)

 しかし、東亜産業の販売している5―ALA(5−アミノレブリン酸)サプリメントは、30粒1980円の破格の廉価であることから、売上伸張中のようだ。

 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

 SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)は、2021年4月21日、「ネオファーマジャパン株式会社による 日本国内におけるサプリメント無断販売等につきまして」において、2021年3月17日に、ネオファーマジャパンによるALAサプリの無断販売に対する損害賠償を求めて、ネオファーマジャパンを被告として、東京地方裁判所に提訴したとプレスリリースして(vol.8)、2021年6月15日、SBIホールディングス北尾吉孝の子会社のSBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)との損害賠償請求訴訟(東京地方裁判所令和3年(ワ)第6776号)の係争の第三者である『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパンの製造する『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止の通知をしている事実は、「優越的地位の濫用につながっている」が、通知から約一ヶ月経過した現在も、未だに、方針の取り下げを行わないような(vol.10)係争を、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)として、東亜産業(前代表取締役:渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)、現代表取締役:深井明匡)に漁夫の利を得させている場合なのだろうか?

 
お疲れ様!新美彰規(アミット バクシー)、neoALA株式会社の代表取締役を退任、何もしなくてくれてありがとう!そして、河田聡史氏が堂々たる代表取締役への復帰!。地銀再編政策とは、資本の論理であってはならないはずだから、SBI北尾吉孝による「(新生銀行の買収が)敵対的TOBといった形で行われるのは好ましくない」と言えよう。 (vol.19)

 地方銀行がSBI北尾吉孝による新生銀行への株式公開買い付け(TOB)に警戒中!

 本来の地銀再編政策とは、国益に適うための政策であり、その公益性の高さから、地域地域の情勢に応じて再編していくべきで、例えば、中部地域であれば、優れた静岡銀行を軸にして、劣っている清水銀行などを拾う形で再編していくべきあろう

 
お疲れ様!新美彰規(アミット バクシー)、neoALA株式会社の代表取締役を退任、何もしなくてくれてありがとう!そして、河田聡史氏が堂々たる代表取締役への復帰!。地銀再編政策とは、資本の論理であってはならないはずだから、SBI北尾吉孝による「(新生銀行の買収が)敵対的TOBといった形で行われるのは好ましくない」と言えよう。 (vol.19)

 その端緒な例として、優れた静岡銀行の頭取であり、全国地方銀行協会の会長である柴田久会長は

「(新生銀行の買収が)敵対的TOBといった形で行われるのは好ましくない」

「地域あっての銀行だ」

「敵対的(な買収)では取引先が不安になるのではないか」

と毅然と述べている。(vol.19

 
東証一部上場企業のSBIホールディングス(代表取締役社長:北尾吉孝)による清水銀行を利用した『5―ALA』製造工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を不正乗っ取り疑惑 清水銀行は、経営理念として「SBIホールディングスに親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる。北尾吉孝との人間関係を尊重し働きがいある職場をつくる」を実行しているのか!?ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の事情をきちんと聴取したのか!?地域に密着した活動を行っているのか!?清水銀行には、地域にお客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行であってもらいたい。(vol.1)

 一方、地域密着性の欠片もなく、SBIホールディングス北尾吉孝に密着した活動しかできない模様の劣っていると言える清水銀行の岩山靖宏頭取は「(2021年3月12日に実行したSBIホールディングス北尾吉孝への約16億円の債権譲渡は)SBIホールディングス北尾吉孝からお話があったもので、法的なルールに基づいた債権譲渡だったと認識しています。確かに私どもも関与した形になっていますが、SBIホールディングス北尾吉孝さんとネオファーマジャパン河田聡史さんに事実確認をされた方がよいかと思います」と他人事のようなコメントをしている。(vol.1

 
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)

 金融庁は、新生銀行の前身である日本長期信用銀行は、国から公的資金の注入を受けて、その後、約1500億円は返したが、まだ約3500億円は未返済の上、完済のめどは立っていない状況であるからといって(vol.18)、『日本の銀行を立て直すのは非常に簡単』と宣うSBI北尾吉孝を、『地銀再編』の名の下に、第四のメガバンクの頭取にしてしまったら、「優越的地位の濫用」の乱れ打ちをするだけでなく、SBIホールディングスの子会社のSBIソーシャルレンディング(代表取締役社長:宮地直紀)が特定の一企業(テクノシステム)へ約383億円を融資して、そのうち約170億円が別の用途に使われ、そして、回収不能の不良債権としたことで、その被害額を金融商品取引法および商品先物取引法違反の損失補填の法令違反に通ずる全額弁済して、金融庁から業務停止命令が出されたようなことが、北尾吉孝が頭取となっているであろう第四のメガバンクにおいて、更に大掛かりで行われることになりことが連想され(vol.11)、

 
5―ALAがコロナに効くとSNS上等でも話題に!SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)はネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と価格交渉すらなく供給停止へ!SBIグループ各社はテクノシステムへの約383億円の融資契約の仲介業務からの不正な利益は発生していないのか!?SBI北尾吉孝には、有志竟成の意味を、思い出してほしいものだ。(vol.16)

極めつけは、まさかの大逆転で、『地銀再編』を通じて資本・業務提携を締結して北尾吉孝に頭が上がらない清水銀行岩山靖宏頭取に対する「優越的地位の濫用」によるネオファーマジャパン袋井工場の不正乗っ取りに失敗した(vol.13)ことに象徴されるように、自分の金儲けのためなら、地方の中小企業や市井の労働者が苦しんでも構わないという論語の真髄とは真逆の「今だけ、金だけ、自分だけ」の収益第一主義のカネの一極集中の新自由主義の資本の論理(参照:令和3年9月6日記事「三菱UFJFG株主総会2021参戦記vol.11」)で行動していることが推認される

 
「信義にもとる男だな」とSBI北尾吉孝に言われた新生銀行の工藤英之社長
「信義にもとる男だな」とSBI北尾吉孝は言った。そして、2021年9月9日、SBI北尾吉孝は、新生銀行の子会社化を目指す株式公開買い付け(TOB)を発表、これは敵対的買収を仕掛ける「ブラックナイト」であろう。SBI北尾吉孝が新生銀行を傘下に治めることが実現されたら、清水銀行とは比較にならない位の「優越的地位の濫用」による日本の基幹産業への不正乗っ取りを誘発することになるであろう。ネオファーマジャパンの関係者は「北尾吉孝こそ、信義にもとる男です」と語気を強めて言った。 (vol.18)

SBI北尾吉孝へ「信義にもとる男だな」と日本国民から評されるような結果にならないことを「ジャーナリストの王者」佐藤昇は祈念する。

 
まさかの偽物5―ALAなのか!?株式会社東亜産業(前代表取締役:渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)、現代表取締役:深井明匡、東京都千代田区外神田2−5−12)が5―ALAサプリメントを30粒1980円で販売中!漁夫の利か?SBI北尾吉孝はネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)と係争している場合なのか!?そして地方銀行がSBI北尾吉孝による新生銀行への株式公開買い付け(TOB)に警戒中! (vol.20)


〇地銀、SBIに警戒感強める、新生銀行へのTOB注視
共同通信社2021/9/23 15:43

 SBIホールディングスによる新生銀行への株式公開買い付け(TOB)を受け、地方銀行がSBIに警戒感を強めている。SBIが地銀連合の形成を進めようと、地銀にも敵対的買収など強硬な対応に出かねないとの臆測を呼んでいるためだ。新生銀はSBI傘下となれば、地銀との取引に支障が出ると訴えており、地銀はTOBの行方を注視している。

 SBIは地銀との資本提携を広げる「第4のメガバンク構想」を掲げ、資本提携する銀行を8行まで増やしている。最初の提携相手の島根銀行(松江市)はSBIの資産運用ノウハウを活用しながら、コスト削減を断行。21年3月期の純損益が黒字に転換した。 (vol.20)


「うちが色々持っている特許を侵害している商品は殺さにぁならん」と東亜産業の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)は言ったようだが、「ネオファーマジャパンが色々持っている5―ALAの特許を侵害している東亜産業の商品は殺さにぁならん」と自らにきちんと言っているのであろうか?親中派のSBI北尾吉孝は論語を極めているようであるが、インチキ中国残留孤児2世の株式会社東亜産業の前代表取締役の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)は、その「殺さにぁならん」発言から察するに、論語の格言すら知らないであろうことが推認され、信義にもとる男であることは間違いなさそうだ。 (vol.21)

「うちが色々持っている特許を侵害している商品は殺さにぁならん
5―ALA(5−アミノレブリン酸)サプリメントを30粒1980円で販売中の株式会社東亜産業の前代表取締役の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)は言ったようだ。


まさかの偽物5―ALAなのか!?株式会社東亜産業(前代表取締役:渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)、現代表取締役:深井明匡、東京都千代田区外神田2−5−12)が5―ALAサプリメントを30粒1980円で販売中!漁夫の利か?SBI北尾吉孝はネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)と係争している場合なのか!?そして地方銀行がSBI北尾吉孝による新生銀行への株式公開買い付け(TOB)に警戒中! (vol.20)

 そもそも、5―ALA(5−アミノレブリン酸)の特許は、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)が持っていることは既報の通りであり、渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)の「殺さにぁならん」発言から推認される東亜産業の企業風土から、東亜産業の販売している5―ALA(5−アミノレブリン酸)サプリメントは、化学上では、元素記号が一致すれば、品質にかかわらず、5−ALAは5−ALAであることから、中国製の工業用の5−ALAである(vol.15)ことが自然と連想される(vol.20)ことも既報の通りである。

 また、5−アミノレブリン酸(5―ALA)の原料(5―ALA原体)を製造する人的・物的ノウハウを有する唯一の国内企業であり(vol.9)、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せるのは、世界で唯一、ネオファーマジャパンの袋井工場だけであり、このネオファーマジャパン袋井工場だけが年間数十トンの5−ALAを発酵法で大量生産することができる。(vol.12

 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は5―アミノレブリン酸(5―ALA)の臨床試験を行うも、5―ALAを社会貢献事業の一環にするのではなく、己の利益のために独り占めしようとして、「優越的地位の濫用」をきっちり既遂して、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる5―ALAを製造する袋井工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を乗っ取ろうとしているようにしか連想されてこない。SBI北尾吉孝のような人間を、ソーシャルレンディングとは比較にならない規模の預金と言う名の資金を低金利で集められる地銀の再編政策の中心の軸に添えておいてよいのであろうか?「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」(vol.12)

 株式会社東亜産業(前代表取締役:渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)、現代表取締役:深井明匡、東京都千代田区外神田2−5−12)なる会社、特許侵害の提訴予告通知書なるものを送り付けた後に、不正競争防止法に基づく差止請求訴訟を提起することを「十八番(おはこ)」としている模様だ。

 それならば、株式会社東亜産業の前代表取締役の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)は、自らで自らへ特許侵害の提訴予告通知書なるものを送り付けた後に、自らで自らへ不正競争防止法に基づく差止請求訴訟を提起しなければならないのではなかろうか?

 
「うちが色々持っている特許を侵害している商品は殺さにぁならん」と東亜産業の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)は言ったようだが、「ネオファーマジャパンが色々持っている5―ALAの特許を侵害している東亜産業の商品は殺さにぁならん」と自らにきちんと言っているのであろうか?親中派のSBI北尾吉孝は論語を極めているようであるが、インチキ中国残留孤児2世の株式会社東亜産業の前代表取締役の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)は、その「殺さにぁならん」発言から察するに、論語の格言すら知らないであろうことが推認され、信義にもとる男であることは間違いなさそうだ。 (vol.21)

「ネオファーマジャパンが色々持っている5―ALAの特許を侵害している東亜産業の商品は殺さにぁならん
と渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)は自らにきちんと言っているのであろうか?

 
「食べるな危険、食べたら毒がまわる」ポイズンピル(毒薬)をSBI北尾吉孝は新生銀行(工藤英之社長)から呑まされるのか?
「うちが色々持っている特許を侵害している商品は殺さにぁならん」と東亜産業の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)は言ったようだが、「ネオファーマジャパンが色々持っている5―ALAの特許を侵害している東亜産業の商品は殺さにぁならん」と自らにきちんと言っているのであろうか?親中派のSBI北尾吉孝は論語を極めているようであるが、インチキ中国残留孤児2世の株式会社東亜産業の前代表取締役の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)は、その「殺さにぁならん」発言から察するに、論語の格言すら知らないであろうことが推認され、信義にもとる男であることは間違いなさそうだ。 (vol.21)

 「食べるな危険、食べたら毒がまわる」ポイズンピル(毒薬)をSBI北尾吉孝は呑まされるのか?

 2021年9月14日、かつて、菅義偉前総理大臣の『影のブレイン』などと呼ばれていて、「第四のメガバンク構想」まで打ち出し、第四のメガバンクの頭取の地位を目指し、「令和の政商」を指向しているらしき親中派のSBI北尾吉孝は、新生銀行(工藤英之社長)から、「ポイズンピル(毒薬)」と呼ばれ、「食べたら毒がまわる」という意味の既存株主にあらかじめ「買収者のみが行使できない」オプションを付与することで、支配権を獲得するために必要な買収コストを増加させて買収を困難にすることを目的とする買収防衛策を?まされることを、取締役会に諮って、決定、発表する方向で調整していた。

 
「食べるな危険、食べたら毒がまわる」ポイズンピル(毒薬)をSBI北尾吉孝は新生銀行(工藤英之社長)から呑まされるのか?
「うちが色々持っている特許を侵害している商品は殺さにぁならん」と東亜産業の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)は言ったようだが、「ネオファーマジャパンが色々持っている5―ALAの特許を侵害している東亜産業の商品は殺さにぁならん」と自らにきちんと言っているのであろうか?親中派のSBI北尾吉孝は論語を極めているようであるが、インチキ中国残留孤児2世の株式会社東亜産業の前代表取締役の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)は、その「殺さにぁならん」発言から察するに、論語の格言すら知らないであろうことが推認され、信義にもとる男であることは間違いなさそうだ。 (vol.21)

 9月29日、新生銀行はSBI北尾吉孝によるTOB(株式公開買い付け)に応じるよう株主に要請するかどうか判断材料が不足しているとしているとして、SBI北尾吉孝によるTOBへの賛否を「留保」したうえで、期間を12月8日まで延長するよう要請していたが、SBI北尾吉孝の新生銀行(工藤英之社長)への疑念は深く、その後、延長に応じる条件を突きつけ、新生銀を揺さぶり続けていたが、「ポイズンピル(毒薬)」の買収防衛策とTOBの延長を切り離し、新生銀行からのTOB期間の12月8日までの延長に応じる方が得策と判断して容認し、SBI北尾吉孝は半歩譲歩して、新生銀行への当初予定していたTOB終了期限を10月25日から12月8日に延長した。

 10月1日、新生銀行は、SBI北尾吉孝からのTOB(株式公開買い付け)に対し、SBI北尾吉孝がTOB終了期限を10月25日から12月8日に延長したことを受け、買収防衛策の即時発動に向けた「ポイズンピル(毒薬)」の新株予約権の発行を見送り、買収防衛策を発動するかどうかの検討は今後も続け、10月中にも正式に判断すると発表した。

 SBI北尾吉孝と新生銀行(工藤英之社長)のそれぞれの一挙手一投足が賛否判断を左右する神経戦に入ってきている。

 
「信義にもとる男だな」とSBI北尾吉孝に言われた新生銀行の工藤英之社長
「信義にもとる男だな」とSBI北尾吉孝は言った。そして、2021年9月9日、SBI北尾吉孝は、新生銀行の子会社化を目指す株式公開買い付け(TOB)を発表、これは敵対的買収を仕掛ける「ブラックナイト」であろう。SBI北尾吉孝が新生銀行を傘下に治めることが実現されたら、清水銀行とは比較にならない位の「優越的地位の濫用」による日本の基幹産業への不正乗っ取りを誘発することになるであろう。ネオファーマジャパンの関係者は「北尾吉孝こそ、信義にもとる男です」と語気を強めて言った。 (vol.18)

 北尾吉孝が信義にもとる男なのか?、それとも工藤英之が信義にもとる男なのか?

 「信・義・仁」を、北尾吉孝や工藤英之が信義にもとる男かどうかの判断をする際の「ものさし」として(vol.2
)、我々中小企業の経営者や市井の労働者はしっかり見極めることが肝要であろう。

 
まさかのSBIホールディングス北尾吉孝と清水銀行岩山靖宏頭取によるネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の経営破綻を目的とした共謀行為なのか!?清水銀行に圧力をかけて債権譲渡をさせたのではないのか!?なぜ、債権を買った会社は、サービサーの許認可のない子会社のただのベンチャーキャピタル会社のSBIインキュベーション(代表取締役:森田俊平)なのだろうか!?SBIホールディングス北尾吉孝と清水銀行岩山靖宏頭取には、「信・義・仁」を物事の判断をする際の「ものさし」にしてほしいものだ。 (vol.2)

「吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順(した)がう。七十にして心の欲する所に従って矩(のり)を踰(こ)えず。」人間の進むべき道を学んだのか?(vol.3

「中庸の徳たるや其れ至れるかな」(vol.5

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」(vol.7

「君子は中庸の徳を守るが、小人は中庸にそむく。中庸こそは最高の徳である。だが民衆の間で中庸の意識が薄くとぼしくなって久しい」(vol.8

「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」(vol.12

 
「地銀の数が多すぎる」と菅義偉総理大臣は言ったが、「自民党の議員の数が多すぎる」と日本国民は言ってはいないであろうか?菅義偉総理大臣は実質的に辞任したが、SBI北尾吉孝は今後、どのような身の処し方をするのか注目が集まる事であろう。SBI北尾吉孝は、2019年に中国投資教会のブロックチェーン・ビッグデータ産業投資専業委員会の戦略投資高級顧問に就任している事実を、SBIホールディングスは民間経営者に与えられる最も位の高いタイトルであると誇っていることから、二階俊博と同様の『親中派』であると言え、中庸の真髄は全く理解できていない人物であろう。 (vol.17)

 親中派のSBI北尾吉孝は論語を極めているようであるが、インチキ中国残留孤児2世株式会社東亜産業の前代表取締役の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)は、その「殺さにぁならん」発言から察するに、論語の格言すら知らないであろうことが推認される。

 
「うちが色々持っている特許を侵害している商品は殺さにぁならん」と東亜産業の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)は言ったようだが、「ネオファーマジャパンが色々持っている5―ALAの特許を侵害している東亜産業の商品は殺さにぁならん」と自らにきちんと言っているのであろうか?親中派のSBI北尾吉孝は論語を極めているようであるが、インチキ中国残留孤児2世の株式会社東亜産業の前代表取締役の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)は、その「殺さにぁならん」発言から察するに、論語の格言すら知らないであろうことが推認され、信義にもとる男であることは間違いなさそうだ。 (vol.21)

 渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)が信義にもとる男であることは間違いなさそうだ。 (vol.21)


悪貨は良貨を駆逐するを実践して、5―ALA市場の天下獲りへ!?偽物5―ALAを売りまくるインチキ中国残留孤児2世の株式会社東亜産業の前代表取締役の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)。そして、模造5―ALAがインターネット通販市場に氾濫。SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)は、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と本物5―ALAをめぐり、日本国内勢同士で争っている場合なのですか!?(vol.22)

   悪貨は良貨を駆逐するを実践して、5―ALA市場の天下獲りへ!?

 偽物5―ALAを売りまくるインチキ中国残留孤児2世の株式会社東亜産業の前代表取締役の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)。

 
まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

 5−ALAの用途が、この10年、研究の進歩と共に急速に広がってきたことにともない、5−ALA摂取でがん細胞にのみ蛍光物質が蓄積し、がんを赤く光らせることが判明したり、2013年には脳腫瘍、2017年には膀胱がんで手術の精度を上げる術中診断薬として承認されたことが、公式に発表されたり、新型コロナ患者6人に5−ALAのサプリメントを投与した所、6人中5人は7日〜10日以内に症状が改善したり、ヘビースモーカーだった1人はおよそ2週間で症状が改善して、CRPと呼ばれる体内の炎症を示すタンパク質の値も同時に正常化したり、中には集中治療室で人工呼吸器につながれていた62才の男性が、他の薬と共に5−ALAを投与後、4日目に人工呼吸器が外れたりする等、5−ALAの真価が明らかになっており(vol.12)、現在、5−ALAはバカ売れしている

 
SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は5―アミノレブリン酸(5―ALA)の臨床試験を行うも、5―ALAを社会貢献事業の一環にするのではなく、己の利益のために独り占めしようとして、「優越的地位の濫用」をきっちり既遂して、世界で唯一、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せる5―ALAを製造する袋井工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を乗っ取ろうとしているようにしか連想されてこない。SBI北尾吉孝のような人間を、ソーシャルレンディングとは比較にならない規模の預金と言う名の資金を低金利で集められる地銀の再編政策の中心の軸に添えておいてよいのであろうか?「人の道を為して人に遠きは、以って道を為すべからず」(vol.12)

 そして、5−アミノレブリン酸(5―ALA)の原料(5―ALA原体)を製造する人的・物的ノウハウを有する唯一の国内企業であり(vol.9)、5−ALAを作り出せる『特殊な光合成細菌』を生み出せるのは、世界で唯一、ネオファーマジャパンの袋井工場だけであり、このネオファーマジャパン袋井工場だけが年間数十トンの5−ALAを発酵法で大量生産することができる。(vol.12

 すなわち、天然発酵する酵母菌を見つけ出して、天然発酵食品を、ネオファーマジャパン袋井工場は作りだしている

 
悪貨は良貨を駆逐するを実践して、5―ALA市場の天下獲りへ!?偽物5―ALAを売りまくるインチキ中国残留孤児2世の株式会社東亜産業の前代表取締役の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)。そして、模造5―ALAがインターネット通販市場に氾濫。SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)は、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と本物5―ALAをめぐり、日本国内勢同士で争っている場合なのですか!?(vol.22)

 一方、5―ALA(5−アミノレブリン酸)サプリメントを30粒1980円で販売中の株式会社東亜産業(前代表取締役:渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)、現代表取締役:深井明匡、東京都千代田区外神田2−5−12)の5−ALAは、化学上では、元素記号が一致すれば、品質にかかわらず、5−ALAは5−ALAであることから、中国製の工業用の5−ALAであるvol.15ことが自然と連想されてくることは既報の通りである。(vol.20

 そして、5―ALAを天然発酵ではなく、化学合成で作り出す場合は、その製造工程で、シアン化合物を使うことになる

 そのシアン化合物とは、青酸化合物とも呼ばれ、一般に人体に有毒であり、ごく少量で死に至ることもある

 5―ALAを化学合成で作った場合には、最後の蒸留の時に、不純物を取り切れず、加工物が必ず残存する。

 すなわち、化学反応を起こして、精製する合成過程で、シアン化合物を使うことになることから、天然界には存在しない残存物が発生する。

 そのようなことから、中国で化学合成により生産した5―ALAを体内に入れると、安全基準が遵守されていないため、健康被害が出る可能性が連想される

 
ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)は5−アミノレブリン酸(5―ALA)の原料(5―ALA原体)を製造する人的・物的ノウハウを有する唯一の国内企業であり、その5−アミノレブリン酸(5―ALA)を用いた新型コロナウイルス感染症の後遺症に対する特定臨床研究が開始!そこで、新美彰規は、『5―ALA』の利権を総取りするという説明をしている模様!そして、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)の取引妨害指令は、独占禁止法違反ではないのか!?(vol.9)

 なお、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)が生産した5―ALAは、『特殊な光合成細菌』を使った天然発酵法で生産していることから、2021年6月21日、日本学士院において、天皇陛下皇后陛下のご出席、英国大使列席の下、天皇皇后両陛下に直接研究の内容をご説明した

 
コロナに効く5―ALAが需要ひっ迫状態へ!でも、たった3億円で高品質の5−ALAの仕入れが不可能!SBIファーマは、高品質の5−ALAの原料を販売先である「ダイドードリンコ」「エーザイ」「RIZAP」「山野愛子」等への安定供給はできるのであろうか?北尾吉孝が河田聡史氏に頭を下げれば国益に適うことになるのではないか!?SBIホールディングスの株価も絶賛暴落中!淡泊明志の心はないのであろうか?(vol.15)

長崎大学 北潔教授(熱帯医学・グローバルヘルス研究科/熱帯医学研究所 )により、抗マラリア薬として開発中の5−アミノレブリン酸(5―ALA)による新型コロナウイルス感染症原因ウイルスの試験管内での感染抑制や、治療薬候補として期待されていることについても言及されて通り(vol.9)、その効果は証明されている。

 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

 また、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)が生産した5―ALAの原料を仕入れて、「ALA PLUS+」の刻印をいれて販売しているSBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)の5―ALAもその効果は同様に証明されている。

 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

 2021年6月15日、SBIホールディングス北尾吉孝の子会社のSBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)は、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)との損害賠償請求訴訟(東京地方裁判所令和3年(ワ)第6776号)の係争の第三者である『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパンの製造する『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止の通知をして、


まさかの取引妨害指令を継続!SBIファーマが、2021年8月に入っても、またもや、不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)による通知をしている事実が明らかに!SBI北尾吉孝は中国に近過ぎはしないだろうか!?本当に北尾吉孝が頭取の第四のメガバンクはできるのであろうか!?SBI北尾吉孝に地銀再編政策を任せてもよいのかを日本国民は熟慮する時期にきているであろう。(vol.14)

2021年8月に入り、またもや、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、独占禁止法19条・同法2条9項6号・一般指定14項の禁止する不公正な取引方法(競争者に対する取引妨害)に該当するであろう、係争の第三者の『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパンの製造する『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止の通知をしている間隙を縫って、


「うちが色々持っている特許を侵害している商品は殺さにぁならん」と東亜産業の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)は言ったようだが、「ネオファーマジャパンが色々持っている5―ALAの特許を侵害している東亜産業の商品は殺さにぁならん」と自らにきちんと言っているのであろうか?親中派のSBI北尾吉孝は論語を極めているようであるが、インチキ中国残留孤児2世の株式会社東亜産業の前代表取締役の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)は、その「殺さにぁならん」発言から察するに、論語の格言すら知らないであろうことが推認され、信義にもとる男であることは間違いなさそうだ。 (vol.21)

インチキ中国残留孤児2世の株式会社東亜産業の前代表取締役の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)は「殺さにぁならん」と発言しながら、5―ALA市場を席巻し、30粒1980円の破格の廉価で、偽物5―ALAが、本物の国産5―ALAの売上額を追い抜き、偽物が売上1位となっている模様だ。


悪貨は良貨を駆逐するを実践して、5―ALA市場の天下獲りへ!?偽物5―ALAを売りまくるインチキ中国残留孤児2世の株式会社東亜産業の前代表取締役の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)。そして、模造5―ALAがインターネット通販市場に氾濫。SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)は、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と本物5―ALAをめぐり、日本国内勢同士で争っている場合なのですか!?(vol.22)

 法律の範囲内の裁判でお公家様が係争している間に、無法者の野武士のインチキ中国残留孤児2世の株式会社東亜産業の前代表取締役の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)は、「殺さにぁならん」と発言しながら、天下獲りへまい進している模様だ。


悪貨は良貨を駆逐するを実践して、5―ALA市場の天下獲りへ!?偽物5―ALAを売りまくるインチキ中国残留孤児2世の株式会社東亜産業の前代表取締役の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)。そして、模造5―ALAがインターネット通販市場に氾濫。SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)は、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と本物5―ALAをめぐり、日本国内勢同士で争っている場合なのですか!?(vol.22)

 特許侵害の提訴予告通知書なるものを送り付けた後に、不正競争防止法に基づく差止請求訴訟を提起することを「十八番(おはこ)」としている模様のインチキ中国残留孤児2世の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)は
「ネオファーマジャパンが色々持っている5―ALAの特許を侵害している東亜産業の商品は殺さにぁならん」
と自らにきちんと言っている様子は見受けられない。


悪貨は良貨を駆逐するを実践して、5―ALA市場の天下獲りへ!?偽物5―ALAを売りまくるインチキ中国残留孤児2世の株式会社東亜産業の前代表取締役の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)。そして、模造5―ALAがインターネット通販市場に氾濫。SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)は、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と本物5―ALAをめぐり、日本国内勢同士で争っている場合なのですか!?(vol.22)

 また、ネオファーマジャパンの名前を騙る5―ALAの商品が、その成分内容が不明の状態で、模造5―ALAがインターネット通販市場に氾濫して、悪貨は良貨を駆逐している現状になってきている。

 
「食べるな危険、食べたら毒がまわる」ポイズンピル(毒薬)をSBI北尾吉孝は新生銀行(工藤英之社長)から呑まされるのか?
「うちが色々持っている特許を侵害している商品は殺さにぁならん」と東亜産業の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)は言ったようだが、「ネオファーマジャパンが色々持っている5―ALAの特許を侵害している東亜産業の商品は殺さにぁならん」と自らにきちんと言っているのであろうか?親中派のSBI北尾吉孝は論語を極めているようであるが、インチキ中国残留孤児2世の株式会社東亜産業の前代表取締役の渡邊龍志(中国名:劉凱鵬)は、その「殺さにぁならん」発言から察するに、論語の格言すら知らないであろうことが推認され、信義にもとる男であることは間違いなさそうだ。 (vol.21)

 SBI北尾吉孝は新生銀行(工藤英之社長)へのTOB(株式公開買い付け)で御多忙であることはお察しいたしますが、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)は、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と本物5―ALAをめぐり、日本国内勢同士で争っている場合なのですか!? (vol.22)


金融行政の清冽な水を汚す男・北尾吉孝!ブラックナイトの本性が露わに?新生銀行(工藤英之社長)がSBI北尾吉孝によるTOB(株式公開買い付け)に対し、反対意見を表明することを取締役会で正式決定し、銀行への敵対的TOBという異例の事態に発展!SBI北尾吉孝は、失脚、転落して、人生を狂わされることなく、無事に、敵対的TOBを成功させることができるのか、ますます目が離せなくなってきた。 (vol.23)

 金融行政の清冽な水を汚す男北尾吉孝!

 ブラックナイトの本性が露わに?

 新生銀行(工藤英之社長)がSBI北尾吉孝によるTOB(株式公開買い付け)に対し、反対意見を表明することを取締役会で正式決定し、銀行への敵対的TOBという異例の事態に発展!

 
金融行政の清冽な水を汚す男・北尾吉孝!ブラックナイトの本性が露わに?新生銀行(工藤英之社長)がSBI北尾吉孝によるTOB(株式公開買い付け)に対し、反対意見を表明することを取締役会で正式決定し、銀行への敵対的TOBという異例の事態に発展!SBI北尾吉孝は、失脚、転落して、人生を狂わされることなく、無事に、敵対的TOBを成功させることができるのか、ますます目が離せなくなってきた。 (vol.23)

 「バラマキ合戦」と岸田文雄政権が掲げる「新しい資本主義」を辛辣に批判する矢野康治財務省事務次官を頂点に抱く金融庁は、この敵対的TOBに対して、どう差配するのだろうか!?

 2021年10月11日、新生銀行がインターネット金融大手SBIホールディングスによるTOB(株式公開買い付け)に対し、反対意見を表明する方向で調整に入り、10月半ばにも開催する新生銀行の取締役会で正式決定の上で意見表明して、SBI北尾吉孝による買収提案は、銀行への敵対的TOBという異例の事態に発展することが明らかとなった。

 
金融行政の清冽な水を汚す男・北尾吉孝!ブラックナイトの本性が露わに?新生銀行(工藤英之社長)がSBI北尾吉孝によるTOB(株式公開買い付け)に対し、反対意見を表明することを取締役会で正式決定し、銀行への敵対的TOBという異例の事態に発展!SBI北尾吉孝は、失脚、転落して、人生を狂わされることなく、無事に、敵対的TOBを成功させることができるのか、ますます目が離せなくなってきた。 (vol.23)

 2005年、ライブドア堀江貴文の敵対的TOBによるニッポン放送買収騒動の際に、SBI北尾吉孝がニッポン放送側の「ホワイトナイト」として登場した際に、「(ライブドア堀江貴文は)株式市場の清冽な水を汚した」「(社会の役に立とうするSB孫正義とは異なり)堀江君は自分のためという意識が強すぎる」と発言している。

 そして、16年の時を経て、SBI北尾吉孝がブラックナイトであることの本性を露わにしたようだ

 
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)

 「(SBIホールディングス北尾吉孝は金融行政の清冽な水を汚してはいないであろうか?

 「SBIホールディングス北尾吉孝は自分のためという意識が強すぎはしないであろうか?

 なお、ブラックナイトとは、経済分野(本件においては新生銀行へのTOB)において、相手会社(本件においては新生銀行工藤英之社長)に敵対的TOBを仕掛けるなど、主として自分たち(本件においてはSBIホールディングス北尾吉孝)が利する形で、その会社の意に反して経済的に弱い立場に陥らせようとする者を表す言葉である。

 既報の通り、そもそも、銀行とは、極めて公益性の高い企業であることから、銀行や資本・業務提携を締結した株主の都合で、勝手に債権譲渡をされたり、差押などをされたら、その銀行と取引をしている中小企業や労働者は、安心して活動ができなくなるであろう。

 
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)

 清水銀行岩山靖宏頭取は、2020年2月に資本・業務提携を締結したSBIホールディングス北尾吉孝に頭が上がらないであろうからといって、SBIホールディングス北尾吉孝の事情だけを聴いた措置をしていたら、清水銀行と取引をしている中小企業や労働者には、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)と同じように、突然仮差押えされた後に債権譲渡されて、そして差押されて競売開始される措置をとられることが起こり得ることが想像されて、安心して清水銀行とは取引できなくなる心理になるであろうことが自然と連想される。

 
5―ALAがコロナに効くとSNS上等でも話題に!SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)はネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)と価格交渉すらなく供給停止へ!SBIグループ各社はテクノシステムへの約383億円の融資契約の仲介業務からの不正な利益は発生していないのか!?SBI北尾吉孝には、有志竟成の意味を、思い出してほしいものだ。(vol.16)

 更には、SBIホールディングス北尾吉孝が『地銀再編』を唱えて、多くの地方銀行を傘下に治めたら、子会社のSBIソーシャルレンディング(代表取締役社長:宮地直紀)と同じように、預金などで集めた約420億円のうち特定の一企業(テクノシステム)に約170億円を融資して、その後に回収不能の不良債権としてしまうであろうことが自然と連想されてくる。

 
論語読みの論語知らずなのか?まさかの競売開始の差押を実行!北尾吉孝は、70才になって、自分の心のままに行動して、人道を踏み外してはいないであろうか?地方銀行再編とは、地方の中小企業や市井の労働者に厳しく、土の香りがしなくて、マネーの腐臭しかしない新自由主義の金の亡者のお先棒を担ぐための政策ではないはずだ。SBISLに業務停止命令へ (vol.3)

 それにも関わらず、2021年4月28日の決算説明会において、SBIホールディングス北尾吉孝は「詐欺師によってたくさんの被害者が出たが、最大の被害者がわれわれだ」と放言し、「日本の銀行を立て直すのは非常に簡単」と宣うSBI北尾吉孝を、前身が国策銀行であった日本長期信用銀行の新生銀行に対する敵対的TOBを成功させてしまったら、その融資先である日本の基幹産業に対して「優越的地位の濫用」の乱れ打ちをするだけでなく、

 
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)

高い配当利回りを謳い、事実と異なる虚偽の説明で、投資家を勧誘したなどとして金融商品取引に基づき、金融庁から業務停止命令を出されたSBIホールディングスの子会社のSBIソーシャルレンディング(代表取締役社長:宮地直紀)が特定の一企業(テクノシステム)へ約383億円を融資して、そのうち約170億円が別の用途に使われ、そして、回収不能の不良債権としたことで、その被害額を金融商品取引法および商品先物取引法違反の損失補填の法令違反に通ずる全額弁済した上で、自主的な廃業およびソーシャルレンディング事業からの撤退を決定して刑事事件として詐欺事件化するのを免れたが、金融庁から業務停止命令が出されて、

 
まさかの取引妨害指令なのか!?SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝、取締役執行役員:竹岡正博)が、『5―ALA』サプリ販売業者へ、ネオファーマジャパン(代表取締役:河田聡史)からの『5―ALA』サプリの購入及びその販売の停止をお願い!公正取引委員会の下請法に抵触しないのか!?「野心ではなく、志を持ってほしい」「大事なのは、己の金儲けよりも、人間としての品位なんです。」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」論語の格言の真髄を思い起こして下さい。(vol.7)

第三者委員会による2021年4 月26日付「調査報告書」により、『「虚偽の表示」又は「重要な事項につき誤解を生ぜしめるべき表示」(金商法39条9号、金商業等府令117条1項2号)が存在する』『顧客に対する匿名組合契約に基づく営業者としての善管注意義務に係る違反が存在する』と、SBIホールディングス北尾吉孝の行為の適法性について指摘を受けているだけでなく、2021年7月21日には関東財務局から融資金目的外流用の事故認定されるようなことが再び起こることが自然と連想されてくる。

 
北尾吉孝が書いた本を何冊も並べて展示して、北尾吉孝がしゃべっているビデオを延々と流しているSBI本社の受付。
北尾吉孝には『中庸』の再学習をお勧めします。
「誠は天の道なり。これを誠にする者は、人の道なり」
「誠」こそ人間生活の基本です
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)

 すなわち、このSBIソーシャルレンディング事件の経緯から、SBI北尾吉孝には金融モラルが明らかに欠如しているといえるのでないだろうか?

 銀行とは、その業務の公共性にかんがみ、信用を維持し、預金者等の保護を確保するとともに金融の円滑を図るため、銀行の業務の健全かつ適切な運営を期し、もつて国民経済の健全な発展に資するべき公益性の極めて高い、社会的に公の責務を担っていることから、SBIソーシャルレンディング事件の経緯は、SBIホールディングスは「銀行経営にふさわしくない企業グループである」ことは明らかであり、その企業風土は「今だけ、金だけ、自分だけ」の収益第一主義のカネの一極集中の新自由主義の資本の論理(参照:令和3年9月6日記事「三菱UFJFG株主総会2021参戦記vol.11」に基づいている

 
金融行政の清冽な水を汚す男・北尾吉孝!ブラックナイトの本性が露わに?新生銀行(工藤英之社長)がSBI北尾吉孝によるTOB(株式公開買い付け)に対し、反対意見を表明することを取締役会で正式決定し、銀行への敵対的TOBという異例の事態に発展!SBI北尾吉孝は、失脚、転落して、人生を狂わされることなく、無事に、敵対的TOBを成功させることができるのか、ますます目が離せなくなってきた。 (vol.23)

 2021年10月15日、岸田文雄首相が掲げる「成長と分配の好循環」を具体化するため「新しい資本主義実現本部」が設置されることが決まった。

 その一週間前の2021年10月8日、月刊誌「文藝春秋」11月号に、金融庁の上の財務省の矢野康治事務次官による、岸田文雄政権の財政政策を辛辣に批判する論文が寄稿された。

 
金融行政の清冽な水を汚す男・北尾吉孝!ブラックナイトの本性が露わに?新生銀行(工藤英之社長)がSBI北尾吉孝によるTOB(株式公開買い付け)に対し、反対意見を表明することを取締役会で正式決定し、銀行への敵対的TOBという異例の事態に発展!SBI北尾吉孝は、失脚、転落して、人生を狂わされることなく、無事に、敵対的TOBを成功させることができるのか、ますます目が離せなくなってきた。 (vol.23)

 矢野康治財務相事務次官とは、2012年からの3年間、安倍晋三政権で菅義偉官房長官を秘書官として支え、長期政権の道を歩む中で権勢をふるった菅義偉前首相に気に入られ、その言動は「有力議員レベル以上」(財務省中堅)といわれたほどで、野党や政策が合わない与党議員を内々に批判することが多くなるような攻撃的なキャラクターになり、秘書官の役目を終え、財務省に戻った後は官房長、主税局長、主計局長と出世を果たし、2021年7月、ついに事務方トップの事務次官になり、事務次官にまでなることができたのは菅義偉前首相の力があったからだと言われている。

 矢野康治財務相事務次官が投じた一石に、ある閣僚経験者は理解を示しつつも、総選挙後は更迭論が強まるとの見方を示し、総選挙前に矢野康治財務相事務次官を厳しく追及しないのは「意に添わぬことをいえばすぐにトバされる恐怖政治」との逆風を恐れるからだが、自民党内には「選挙後はもう財務省との戦争だ」と息巻く声があがっているという。

 なお、菅義偉前首相と関わった者たちは次々と失脚、転落して、人生を狂わされている

〇菅首相と関わり失脚、転落…人生を狂わされた「政官界10人」の不幸
(日刊ゲンダイ 公開日:2021/08/24 15:50)

 そして誰もいなくなった

 
金融行政の清冽な水を汚す男・北尾吉孝!ブラックナイトの本性が露わに?新生銀行(工藤英之社長)がSBI北尾吉孝によるTOB(株式公開買い付け)に対し、反対意見を表明することを取締役会で正式決定し、銀行への敵対的TOBという異例の事態に発展!SBI北尾吉孝は、失脚、転落して、人生を狂わされることなく、無事に、敵対的TOBを成功させることができるのか、ますます目が離せなくなってきた。 (vol.23)

「もう選挙には立候補しない」――。横浜市長選で惨敗した小此木八郎前国家公安委員長が政界引退に追い込まれた。閣僚を辞してホンの2カ月。当初は圧勝と思われたのに、感染爆発・医療崩壊でいや応なくコロナ無策政権の矢面に立たされた。菅首相の全面支援は完全に裏目で、その“戦犯”からはメールで「ご苦労さま」のひと言。無常感すら漂うが、菅首相に関わって人生が暗転したのは小此木氏だけではない。

 菅首相側近の菅原一秀前経産相や、河井克行元法相と案里夫妻はいずれも議員辞職。菅首相のブレーンで内閣官房参与だった高橋洋一、平田竹男の両氏も、前者はコロナ「さざ波」ツイート、後者はライザップからの“ゴチ”ゴルフレッスンで辞任した。

「首相肝いりのデジタル庁で初代事務方トップに内定していた米・マサチューセッツ工科大メディアラボ元所長の伊藤穰一氏も先週、起用が白紙に。少女への性的虐待などの罪で起訴された米資産家からの資金提供が問題視されていました」(霞が関関係者)

 
金融行政の清冽な水を汚す男・北尾吉孝!ブラックナイトの本性が露わに?新生銀行(工藤英之社長)がSBI北尾吉孝によるTOB(株式公開買い付け)に対し、反対意見を表明することを取締役会で正式決定し、銀行への敵対的TOBという異例の事態に発展!SBI北尾吉孝は、失脚、転落して、人生を狂わされることなく、無事に、敵対的TOBを成功させることができるのか、ますます目が離せなくなってきた。 (vol.23)

 菅首相が「検事総長に」と固執した元東京高検検事長の黒川弘務氏は賭けマージャンで辞職。賭博罪で略式起訴された。総務相時代から菅首相が懐刀として目をかけてきた次官候補の谷脇康彦元総務審議官は、NTTからの高額接待で引責辞職。菅首相のお気に入りだった総務省出身の山田真貴子前内閣広報官は、東北新社勤務の菅首相長男からの接待が発覚した直後、体調不良を理由に辞職と“死屍累々”である。

 むろん、失脚した面々は自業自得。全員、菅首相の威光をカサに着てふんぞり返っていた連中ばかり。菅首相の周囲には不幸の連鎖だけでなく傲慢さも伝播するようだ。そして誰もいなくなり、次に沈むのは、いよいよ“疫病神”の菅首相本人かもしれない。

「菅首相の選挙区の衆院神奈川2区(横浜市西区、南区、港南区)でも、市長選で勝利した野党系の山中竹春氏は小此木氏の得票を上回りました。得票率の差も3つの行政区でそれぞれ約7〜11ポイント離され、投票率は西区50.69%、南区46.37%、港南区51.43%。南区以外は市全体の49.05%を超えました。従来は棄権していた多くの無党派層が『菅政権ノー』に雪崩を打った証しで、首相自身の次の選挙も決して安泰とは言えません」(横浜市政関係者)

 自民党大敗とともに、前首相が政界を去ることになるのか。


菅義偉は、恩義ある藤木幸夫と二階俊博の二人の撃墜を試みるが、失敗して自爆した。
「地銀の数が多すぎる」と菅義偉総理大臣は言ったが、「自民党の議員の数が多すぎる」と日本国民は言ってはいないであろうか?菅義偉総理大臣は実質的に辞任したが、SBI北尾吉孝は今後、どのような身の処し方をするのか注目が集まる事であろう。SBI北尾吉孝は、2019年に中国投資教会のブロックチェーン・ビッグデータ産業投資専業委員会の戦略投資高級顧問に就任している事実を、SBIホールディングスは民間経営者に与えられる最も位の高いタイトルであると誇っていることから、二階俊博と同様の『親中派』であると言え、中庸の真髄は全く理解できていない人物であろう。 (vol.17)

  SBI北尾吉孝は、菅義偉前総理大臣の「影のブレイン」などと呼ばれていたが、疫病神の菅義偉前首相と関わった者たちのように次々と失脚、転落して、人生を狂わされることなく、無事に、新生銀行(工藤英之社長)への敵対的TOBを成功させることができるのだろうか?、ますます目が離せなくなってきた。(vol.23)

 <起因>


東証一部上場企業のSBIホールディングス(代表取締役社長:北尾吉孝)による清水銀行を利用した『5―ALA』製造工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を不正乗っ取り疑惑 清水銀行は、経営理念として「SBIホールディングスに親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる。北尾吉孝との人間関係を尊重し働きがいある職場をつくる」を実行しているのか!?ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の事情をきちんと聴取したのか!?地域に密着した活動を行っているのか!?清水銀行には、地域にお客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行であってもらいたい。(vol.1)


 2021年4月28日、「権力の監視」を体現する報道の第一人者である週刊新潮において、「地銀の救世主」と崇められ、菅義偉総理大臣の『影のブレイン』などと呼ばれているSBIホールディングス北尾吉孝が、子会社のSBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)による突然の仮差押え(2021年3月4日実行)を契機に、

 
東証一部上場企業のSBIホールディングス(代表取締役社長:北尾吉孝)による清水銀行を利用した『5―ALA』製造工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を不正乗っ取り疑惑 清水銀行は、経営理念として「SBIホールディングスに親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる。北尾吉孝との人間関係を尊重し働きがいある職場をつくる」を実行しているのか!?ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の事情をきちんと聴取したのか!?地域に密着した活動を行っているのか!?清水銀行には、地域にお客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行であってもらいたい。(vol.1)

 『地銀再編』を唱えるSBIホールディングス北尾吉孝と資本・業務提携を行っている(2020年2月18日締結)清水銀行岩山靖宏頭取が

 
東証一部上場企業のSBIホールディングス(代表取締役社長:北尾吉孝)による清水銀行を利用した『5―ALA』製造工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を不正乗っ取り疑惑 清水銀行は、経営理念として「SBIホールディングスに親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる。北尾吉孝との人間関係を尊重し働きがいある職場をつくる」を実行しているのか!?ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の事情をきちんと聴取したのか!?地域に密着した活動を行っているのか!?清水銀行には、地域にお客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行であってもらいたい。(vol.1)

 サービサーの許認可のない子会社のSBIインキュベーション(代表取締役:森田俊平)、約16億円の根抵当権の元本を確定して(2021年3月10日確定)、その約16億円の債権を譲渡した(2021年3月12日実行)ことから、

 
東証一部上場企業のSBIホールディングス(代表取締役社長:北尾吉孝)による清水銀行を利用した『5―ALA』製造工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を不正乗っ取り疑惑 清水銀行は、経営理念として「SBIホールディングスに親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる。北尾吉孝との人間関係を尊重し働きがいある職場をつくる」を実行しているのか!?ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の事情をきちんと聴取したのか!?地域に密着した活動を行っているのか!?清水銀行には、地域にお客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行であってもらいたい。(vol.1)

 「夢のサプリ」で「金のなる木」の可能性を秘める『5―ALA』製造工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)への不正乗っ取り疑惑が報道された。

 
東証一部上場企業のSBIホールディングス(代表取締役社長:北尾吉孝)による清水銀行を利用した『5―ALA』製造工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を不正乗っ取り疑惑 清水銀行は、経営理念として「SBIホールディングスに親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる。北尾吉孝との人間関係を尊重し働きがいある職場をつくる」を実行しているのか!?ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の事情をきちんと聴取したのか!?地域に密着した活動を行っているのか!?清水銀行には、地域にお客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行であってもらいたい。(vol.1)

 また、同日、SBIホールディングス北尾吉孝は決算発表を行っていると共に、子会社のSBIソーシャルレンディング(代表取締役社長:宮地直紀)がネットを通じて投資家から集めた資金の融資を受けていた太陽光発電関連会社「株式会社テクノシステム」(横浜市、生田尚之社長)へは、約4億円を詐取した疑いの詐欺容疑で東京地検特捜部から捜索を受けている。

 
山口三尊さん(左、参照:令和2年6月15日記事)と大塚和成弁護士(右)
東証一部上場企業のSBIホールディングス(代表取締役社長:北尾吉孝)による清水銀行を利用した『5―ALA』製造工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を不正乗っ取り疑惑 清水銀行は、経営理念として「SBIホールディングスに親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる。北尾吉孝との人間関係を尊重し働きがいある職場をつくる」を実行しているのか!?ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の事情をきちんと聴取したのか!?地域に密着した活動を行っているのか!?清水銀行には、地域にお客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行であってもらいたい。(vol.1)

 なお、ネオファーマジャパンの代理人である大塚和成弁護士(OMM法律事務所)は「そもそも銀行の不良債権は弁護士や弁護士法人、法務省の許可を得た業者しか管理・回収が出来ないはず。SBIインキュベーションはこの許可を得ておらず、法律に抵触する可能性があります。また債務者(ネオファーマジャパン)の事情を一切考慮せず、許可業者以外に債権譲渡した銀行(清水銀行)の見識も問われます」と指摘している。

 <復習>

 
東証一部上場企業のSBIホールディングス(代表取締役社長:北尾吉孝)による清水銀行を利用した『5―ALA』製造工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を不正乗っ取り疑惑 清水銀行は、経営理念として「SBIホールディングスに親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる。北尾吉孝との人間関係を尊重し働きがいある職場をつくる」を実行しているのか!?ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の事情をきちんと聴取したのか!?地域に密着した活動を行っているのか!?清水銀行には、地域にお客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行であってもらいたい。(vol.1)

 清水銀行の経営理念は「SBIホールディングスに親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる。北尾吉孝との人間関係を尊重し働きがいある職場をつくる」なのか!

 
東証一部上場企業のSBIホールディングス(代表取締役社長:北尾吉孝)による清水銀行を利用した『5―ALA』製造工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を不正乗っ取り疑惑 清水銀行は、経営理念として「SBIホールディングスに親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる。北尾吉孝との人間関係を尊重し働きがいある職場をつくる」を実行しているのか!?ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の事情をきちんと聴取したのか!?地域に密着した活動を行っているのか!?清水銀行には、地域にお客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行であってもらいたい。(vol.1)

 清水銀行は経営理念として「社会的公共性を重んじ健全経営をすすめる。お客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる。人間関係を尊重し働きがいある職場をつくる。」を掲げている。

 しかし、2020年2月に資本・業務提携を締結したSBIホールディングス北尾吉孝に頭が上がらない模様だ。

 清水銀行は、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の事情をきちんと聴取したのか!?

 
東証一部上場企業のSBIホールディングス(代表取締役社長:北尾吉孝)による清水銀行を利用した『5―ALA』製造工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を不正乗っ取り疑惑 清水銀行は、経営理念として「SBIホールディングスに親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる。北尾吉孝との人間関係を尊重し働きがいある職場をつくる」を実行しているのか!?ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の事情をきちんと聴取したのか!?地域に密着した活動を行っているのか!?清水銀行には、地域にお客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行であってもらいたい。(vol.1)

 清水銀行は企業理念として「地域とともにお客様とともに」を掲げている。

 しかし、清水銀行は、東京支店長や担当者を「出張中」「研修中」と称して、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の事情は一切聴かず、SBIホールディングス北尾吉孝の事情だけを聴いた模様だ

 
東証一部上場企業のSBIホールディングス(代表取締役社長:北尾吉孝)による清水銀行を利用した『5―ALA』製造工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を不正乗っ取り疑惑 清水銀行は、経営理念として「SBIホールディングスに親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる。北尾吉孝との人間関係を尊重し働きがいある職場をつくる」を実行しているのか!?ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の事情をきちんと聴取したのか!?地域に密着した活動を行っているのか!?清水銀行には、地域にお客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行であってもらいたい。(vol.1)

 清水銀行は、地域に密着した活動を行っているのか!?

 ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)は、1971年から静岡県袋井市に工場を構え、地域に密着しながら企業活動をしている。

 しかし、清水銀行は、地域密着性の欠片もなく、SBIホールディングス北尾吉孝に密着した活動しかできない模様だ

 
菅義偉総理大臣
国防事案という究極の公共の利害に関する事実である馬毛島基地整備計画を考察する。まさかの虚偽表示なのか!?藤田建設興業株式会社(代表取締役:藤田護、代表取締役:藤田将)の登記簿上の本店は鹿児島県鹿児島市大黒町3番地6であるのに、公式ホームページ上の本社所在地には支店登記した鹿児島県西之表市西町46を標記しており、更に、3つの藤田建設興業株式会社が存在しているのは何故なのだろうか?(馬毛島vol.1)

 本来、地方銀行再編とは、市井の人々や中小企業、そして、広義の意義としては、国益に適うための政策であるはずだ。

 それにもかかわらず、清水銀行の岩山靖宏頭取は「(2021年3月12日に実行したSBIホールディングス北尾吉孝への約16億円の債権譲渡は)SBIホールディングス北尾吉孝からお話があったもので、法的なルールに基づいた債権譲渡だったと認識しています。確かに私どもも関与した形になっていますが、SBIホールディングス北尾吉孝さんとネオファーマジャパン河田聡史さんに事実確認をされた方がよいかと思います」と他人事のようなコメントだ。

 
東証一部上場企業のSBIホールディングス(代表取締役社長:北尾吉孝)による清水銀行を利用した『5―ALA』製造工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を不正乗っ取り疑惑 清水銀行は、経営理念として「SBIホールディングスに親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる。北尾吉孝との人間関係を尊重し働きがいある職場をつくる」を実行しているのか!?ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の事情をきちんと聴取したのか!?地域に密着した活動を行っているのか!?清水銀行には、地域にお客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行であってもらいたい。(vol.1)

 2021年3月4日、SBIホールディングス北尾吉孝の子会社のSBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)による突然の仮差押えは、サプリに使う『5―ALA』の原料が購入したのに引き渡されなかったとの主張に基づき、SBIファーマに代わり第三者弁護士由井恒輝(法律事務所ZeLo・外国法共同事業)が金6000万円の担保を立てて決定されたが、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)が金1億293万9191円を供託したらこの決定の執行の停止又はその執行処分の取消しを求めることができるのである。

 もし、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)が金1億293万9191円を供託して、仮差押えの効力が失効したら、清水銀行の持っていた約16億円の債権は『不良債権』といえるのであろうか?

 清水銀行には、地域にお客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行であってもらいたい。 (vol.1)

 
まさかのSBIホールディングス北尾吉孝と清水銀行岩山靖宏頭取によるネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の経営破綻を目的とした共謀行為なのか!?清水銀行に圧力をかけて債権譲渡をさせたのではないのか!?なぜ、債権を買った会社は、サービサーの許認可のない子会社のただのベンチャーキャピタル会社のSBIインキュベーション(代表取締役:森田俊平)なのだろうか!?SBIホールディングス北尾吉孝と清水銀行岩山靖宏頭取には、「信・義・仁」を物事の判断をする際の「ものさし」にしてほしいものだ。 (vol.2)

 まさかのSBIホールディングス北尾吉孝清水銀行岩山靖宏頭取によるネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の経営破綻を目的とした共謀行為なのか!?

 
まさかのSBIホールディングス北尾吉孝と清水銀行岩山靖宏頭取によるネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の経営破綻を目的とした共謀行為なのか!?清水銀行に圧力をかけて債権譲渡をさせたのではないのか!?なぜ、債権を買った会社は、サービサーの許認可のない子会社のただのベンチャーキャピタル会社のSBIインキュベーション(代表取締役:森田俊平)なのだろうか!?SBIホールディングス北尾吉孝と清水銀行岩山靖宏頭取には、「信・義・仁」を物事の判断をする際の「ものさし」にしてほしいものだ。 (vol.2)

 SBIホールディングス北尾吉孝、「地銀の救世主」と崇められ、菅義偉総理大臣の『影のブレイン』などと呼ばれている立場を利用して、『地銀再編』を通じて資本・業務提携を行っている(2020年2月18日締結)清水銀行岩山靖宏頭取に圧力をかけて、債権譲渡をさせたのではないのか!?

 
まさかのSBIホールディングス北尾吉孝と清水銀行岩山靖宏頭取によるネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の経営破綻を目的とした共謀行為なのか!?清水銀行に圧力をかけて債権譲渡をさせたのではないのか!?なぜ、債権を買った会社は、サービサーの許認可のない子会社のただのベンチャーキャピタル会社のSBIインキュベーション(代表取締役:森田俊平)なのだろうか!?SBIホールディングス北尾吉孝と清水銀行岩山靖宏頭取には、「信・義・仁」を物事の判断をする際の「ものさし」にしてほしいものだ。 (vol.2)

 なぜ、債権を買った会社は、サービサー法に基づく法務省許可番号95号を持つ子会社のエスビーアイ債権回収サービス株式会社ではなく、サービサーの許認可のない子会社のただのベンチャーキャピタル会社のSBIインキュベーション(代表取締役:森田俊平)なのだろうか!?

 本来、弁護士法では、弁護士又は弁護士法人以外の者が、業として、委託を受け又は譲り受けて債権の回収を行うことを禁じている(弁護士法72条、73条)。

 しかし、バブル崩壊後に大量に発生した不良債権を迅速に処理するために、民間企業の活力を利用し、特定金銭債権の処理につき、債権回収会社が業として特定金銭債権の管理・回収を可能とし、許可制度など必要な規制により業務の適正な運営の確保を図り、もって国民経済の健全な発展に資すること目的として、1998年、サービサー法(債権管理回収業に関する特別措置法)が議員立法された。 なお、特定金銭債権とは、金融機関等が有する貸付債権等のことである。

 すなわち、清水銀行の持っていた16億円の債権はサービサー法に基づいて取り扱うことができるとされている特定金銭債権である

 よって、本来は、法務省許可番号95号を持つエスビーアイ債権回収サービス株式会社がサービサー法に基づいて購入するべきであるのだが、なぜか、許認可のない子会社のただのベンチャーキャピタル会社のSBIインキュベーション(代表取締役:森田俊平)が購入した。

 
まさかのSBIホールディングス北尾吉孝と清水銀行岩山靖宏頭取によるネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の経営破綻を目的とした共謀行為なのか!?清水銀行に圧力をかけて債権譲渡をさせたのではないのか!?なぜ、債権を買った会社は、サービサーの許認可のない子会社のただのベンチャーキャピタル会社のSBIインキュベーション(代表取締役:森田俊平)なのだろうか!?SBIホールディングス北尾吉孝と清水銀行岩山靖宏頭取には、「信・義・仁」を物事の判断をする際の「ものさし」にしてほしいものだ。 (vol.2)

 SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)は「仮差押え(2021年3月4日実行)により、(資本・業務提携を行っている)清水銀行にご迷惑がかからないよう、16億円の債権を満額で買い取らせて頂きました。債権回収は『業として』行っていないので、(サービサー)法に抵触するものではありません」と述べている。

 ということは、清水銀行の持っていた16億円の債権を購入したが、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)へは『業として』債権回収を行わないと言う事になるのであろうか?

 そうであれば、16億円の債権は購入して所有することはできるが、サービサー法に基づいて『業として』債権回収はできないので、塩漬け状態で保有し続けるということなのであろうか?

 そうすると、清水銀行の持っていた、『業として』債権回収できない16億円の債権を満額で買い取った行為は、SBIホールディングスの株主価値を毀損することにはなりはしないだろうか?

 SBIホールディングスの株主価値を保護できない北尾吉孝が、市井の人々や中小企業、そして、広義の意義としては、国益に適うための政策である地方銀行再編などできるのであろうか?

 
まさかのSBIホールディングス北尾吉孝と清水銀行岩山靖宏頭取によるネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の経営破綻を目的とした共謀行為なのか!?清水銀行に圧力をかけて債権譲渡をさせたのではないのか!?なぜ、債権を買った会社は、サービサーの許認可のない子会社のただのベンチャーキャピタル会社のSBIインキュベーション(代表取締役:森田俊平)なのだろうか!?SBIホールディングス北尾吉孝と清水銀行岩山靖宏頭取には、「信・義・仁」を物事の判断をする際の「ものさし」にしてほしいものだ。 (vol.2)

 SBIホールディングス北尾吉孝は、SBIソーシャルレンディング(SBISL)事件において、被害者への全額弁済を公表したが、SBIソーシャルレンディング(SBISL)への投資は自己責任であると十分に説明を尽くした上で投資させているのであろうから、投資家への被害額の全額弁済の本質は、金融商品取引法および商品先物取引法違反の損失補填に通ずるものがあると連想されるので、きちんと、リーガルチェックを行って公表したのであろうか?

 リーガルチェックが、完全な白であったとは考えづらく、多分グレーであったのであろうことが連想される。

 法的に黒ではなくグレーであれば、法令順守であるとして実行してしまう北尾吉孝に、市井の人々や中小企業、そして、広義の意義としては、国益に適うための政策である地方銀行再編などできるのであろうか?

 清水銀行の岩山靖宏頭取は「法的なルールに基づいた債権譲渡だったと認識しています。」とのことだが、市井の我々の感覚からしたら、明らかに異常な債権譲渡である。

 
まさかのSBIホールディングス北尾吉孝と清水銀行岩山靖宏頭取によるネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の経営破綻を目的とした共謀行為なのか!?清水銀行に圧力をかけて債権譲渡をさせたのではないのか!?なぜ、債権を買った会社は、サービサーの許認可のない子会社のただのベンチャーキャピタル会社のSBIインキュベーション(代表取締役:森田俊平)なのだろうか!?SBIホールディングス北尾吉孝と清水銀行岩山靖宏頭取には、「信・義・仁」を物事の判断をする際の「ものさし」にしてほしいものだ。 (vol.2)

 SBIホールディングス北尾吉孝と清水銀行岩山靖宏頭取には、「信・義・仁」を物事の判断をする際の「ものさし」にしてほしいものだ。(vol.2)

 
論語読みの論語知らずなのか?まさかの競売開始の差押を実行!北尾吉孝は、70才になって、自分の心のままに行動して、人道を踏み外してはいないであろうか?地方銀行再編とは、地方の中小企業や市井の労働者に厳しく、土の香りがしなくて、マネーの腐臭しかしない新自由主義の金の亡者のお先棒を担ぐための政策ではないはずだ。SBISLに業務停止命令へ (vol.3)

 論語読みの論語知らずなのか?

 現在、『心を養う』〜人間の進むべき道を学ぶ〜(著者:北尾吉孝)が絶賛発売中だ。

 
論語読みの論語知らずなのか?まさかの競売開始の差押を実行!北尾吉孝は、70才になって、自分の心のままに行動して、人道を踏み外してはいないであろうか?地方銀行再編とは、地方の中小企業や市井の労働者に厳しく、土の香りがしなくて、マネーの腐臭しかしない新自由主義の金の亡者のお先棒を担ぐための政策ではないはずだ。SBISLに業務停止命令へ (vol.3)

 2021年3月4日、SBIホールディングス北尾吉孝の子会社のSBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)が、サプリに使う『5―ALA』の原料を購入したのに引き渡されなかったとのとの主張に基づき、「夢のサプリ」で「金のなる木」の可能性を秘める『5―ALA』製造工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)へ約3億円で仮差押えを申し立て、清水銀行がネオファーマジャパに対して持っていた16億円の債権を不良債権に仕立て上げた

 2021年3月12日、SBIホールディングス北尾吉孝と『地銀再編』を通じて資本・業務提携を締結して北尾吉孝に頭が上がらない清水銀行岩山靖宏頭取は、16億円の債権は仮差押えを受けたことで不良債権になったとの名目で、6日後の3月10日に元本確定後、サービサーの許認可のない子会社のただのベンチャーキャピタル会社のSBIインキュベーション(代表取締役:森田俊平)債権譲渡した

 
岩山靖宏は、56才になって、北尾吉孝に親しまれ喜ばれ役に立つために、北尾吉孝の事情だけを聴き、北尾吉孝に密着した活動だけをすることが、(静岡銀行やスルガ銀行に大きく差をつけられている現状から)清水銀行が生き残る道であるとの天命を知ったのであろうか?
論語読みの論語知らずなのか?まさかの競売開始の差押を実行!北尾吉孝は、70才になって、自分の心のままに行動して、人道を踏み外してはいないであろうか?地方銀行再編とは、地方の中小企業や市井の労働者に厳しく、土の香りがしなくて、マネーの腐臭しかしない新自由主義の金の亡者のお先棒を担ぐための政策ではないはずだ。SBISLに業務停止命令へ (vol.3)

 2021年4月27日、弁護士法では『業として』、委託を受け又は譲り受けて債権の回収を行うことを禁じられているただのベンチャーキャピタル会社のSBIインキュベーションが、サービサー法に基づいて取り扱うことができるとされている特定金銭債権の16億円の債権を、『業として』の債権回収行為であることが強く推認される担保不動産競売開始の差押を実行した。

 
論語読みの論語知らずなのか?まさかの競売開始の差押を実行!北尾吉孝は、70才になって、自分の心のままに行動して、人道を踏み外してはいないであろうか?地方銀行再編とは、地方の中小企業や市井の労働者に厳しく、土の香りがしなくて、マネーの腐臭しかしない新自由主義の金の亡者のお先棒を担ぐための政策ではないはずだ。SBISLに業務停止命令へ (vol.3)

 人間の進むべき道を学んだのか?

 そもそも、約3億円が未払いであるとの名目で仮差押えを申し立て、16億円の債権を不良債権に仕立て上げたのにも関わらず、清水銀行の持っていた、『業として』債権回収できない不良債権となっている16億円の特定金銭債権を満額で買い取った行為自体が、利益相反行為であり、矛盾してはいないだろうか?

 SBIホールディングスの株主価値を毀損することにはなりはしないだろうか?

 通常、銀行の持つ不良債権は、五掛け(50%)六掛け(60%)で売却されるのが当然であろう。

 しかし、SBIホールディングス北尾吉孝の子会社のサービサーの許認可のないただのベンチャーキャピタル会社のSBIインキュベーションは、不良債権の16億円を十掛け(100%)の満額で買い取った

 すなわち、SBIホールディングスの株主価値を毀損する行為を確信的に行った

 2021年1月21日、SBIホールディングス北尾吉孝は古希の70才となった

 なお、清水銀行岩山靖宏頭取は56才である。

 
論語読みの論語知らずなのか?まさかの競売開始の差押を実行!北尾吉孝は、70才になって、自分の心のままに行動して、人道を踏み外してはいないであろうか?地方銀行再編とは、地方の中小企業や市井の労働者に厳しく、土の香りがしなくて、マネーの腐臭しかしない新自由主義の金の亡者のお先棒を担ぐための政策ではないはずだ。SBISLに業務停止命令へ (vol.3)

 孔子が74歳で亡くなる前の晩年に自分の人生を振り返って弟子たちに述べた。

 「吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順(した)がう。七十にして心の欲する所に従って矩(のり)を踰(こ)えず。」
(現代語訳:「私は15歳の時学問を志した。30歳の時に学問で身を立てる事が出来るようになり、40歳で学問に対する迷いがなくなり、50歳の時に自らの天命を知った。そして60歳の時には人の言葉を偏見無く聴く事が出来るようになり、70歳になったら自分の心のままに行動しても人道を踏み外す事が無くなった。」)

 北尾吉孝は、70才になって、自分の心のままに行動して、人道を踏み外してはいないであろうか?

 岩山靖宏は、56才になって、北尾吉孝に親しまれ喜ばれ役に立つために、北尾吉孝の事情だけを聴き、北尾吉孝に密着した活動だけをすることが、(静岡銀行やスルガ銀行に大きく差をつけられている現状から)清水銀行が生き残る道であるとの天命を知ったのであろうか?

 地方銀行再編とは、地方の中小企業や市井の労働者に厳しく、土の香りがしなくて、マネーの腐臭しかしない新自由主義の金の亡者のお先棒を担ぐための政策ではないはずだ

 
論語読みの論語知らずなのか?まさかの競売開始の差押を実行!北尾吉孝は、70才になって、自分の心のままに行動して、人道を踏み外してはいないであろうか?地方銀行再編とは、地方の中小企業や市井の労働者に厳しく、土の香りがしなくて、マネーの腐臭しかしない新自由主義の金の亡者のお先棒を担ぐための政策ではないはずだ。SBISLに業務停止命令へ (vol.3)

○SBI子会社に業務停止命令へ 虚偽表示など金商法違反―金融庁(時事通信2021年05月21日23時29分
 金融庁は21日、インターネット金融大手SBIホールディングス(HD)子会社の「SBIソーシャルレンディング」(SBISL、東京)に対し、業務停止命令を出す方針を固めた。同社の取り扱うファンドで、虚偽表示など金融商品取引法に違反する行為が確認されたため。近く発表する。
 SBISLは、投資家から集めた資金を太陽光発電事業などに融資するファンドを運営している。しかし同社は2月、このファンドの貸付先をめぐり「重大な懸案事項が生じている可能性がある」として、第三者委員会での調査を開始。金融庁も同社に報告命令を出していた。4月下旬には第三者委が、ファンドの資金が目的外に使われるなどの不正を認定していた。
 この問題では、SBISLが既に出資者に元本を全額返還する方針を公表。親会社のSBIHDは2021年3月期決算に145億円の関連損失を計上した。資金募集は停止しており、事業撤退も視野に入れている。(vol.3)

 
北尾吉孝が書いた本を何冊も並べて展示して、北尾吉孝がしゃべっているビデオを延々と流しているSBI本社の受付。
北尾吉孝には『中庸』の再学習をお勧めします。
「誠は天の道なり。これを誠にする者は、人の道なり」
「誠」こそ人間生活の基本です
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)

 いざ最高峰の舞台へ!

 
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)

 2021年5月27日、SBIホールディングス北尾吉孝は、SBIホールディングス北尾吉孝及びSBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)にかかるネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)のプレスリリースの公表及び一部週刊誌の報道について、名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始したと公に告知した。

 週刊新潮(2021年5月6日・13日号掲載『SBIグループ「北尾吉孝」社長、コロナで注目されるサプリ工場を乗っ取り疑惑』)は、週刊文春(参照:令和2年12月7日記事)と双璧をなす「権力の監視」の精神を体現する日本のジャーナリズムにおける本物のスーパー王者だ。

 
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)

 そして、週刊報道サイトの佐藤昇は、「ジャーナリストの王者 (チャンピオン)」と名乗ることを、大御所の皆様から御承認いただいている。(参照:平成29年3月13日記事

 「ジャーナリストの王者」佐藤昇は、8年間に及ぶジャーナリズム活動において、民事・刑事の両方で、数多くの提訴・告訴を受けてきたが、その告訴人達は全て事件師・詐欺師の類だ。

 それが、この度は、SBIホールディングス北尾吉孝という日本を代表する巨大な金融コングロマリットに君臨する総裁から、名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始したと公に告知された。

 「ジャーナリストの王者佐藤昇は、SBIホールディングス北尾吉孝が用意してくれた最高峰の舞台で、己の最高のパフォーマンスを魅せることをここに宣言する

「佐藤昇は今日勝つために生まれてきた」

「佐藤昇は今日勝つために創刊した」

「佐藤昇は今日勝つために負けも経験した」

「これが『ジャーナリストの王者』佐藤昇、それが分かるか?

 
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)

 そもそも、銀行とは、極めて公益性の高い企業であることから、銀行や資本・業務提携を締結した株主の都合で、勝手に債権譲渡をされたり、差押などをされたら、その銀行と取引をしている中小企業や労働者は、安心して活動ができなくなるであろう。

 
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)

 清水銀行岩山靖宏頭取は、2020年2月に資本・業務提携を締結したSBIホールディングス北尾吉孝に頭が上がらないであろうからといって、SBIホールディングス北尾吉孝の事情だけを聴いた措置をしていたら、清水銀行と取引をしている中小企業や労働者には、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)と同じように、突然仮差押えされた後に債権譲渡されて、そして差押されて競売開始される措置をとられることが起こり得ることが想像されて、安心して清水銀行とは取引できなくなる心理状態になるであろうことが自然と連想される。

 
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)

 更には、SBIホールディングス北尾吉孝が『地銀再編』を唱えて、多くの地方銀行を傘下に治めたら、子会社のSBIソーシャルレンディング(代表取締役社長:宮地直紀)と同じように、預金などで集めた約383億円のうち特定の一企業(テクノシステム)約129億円を融資してその後に回収不能の不良債権としてしまうであろうことが自然と連想されてくる。

 
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)

(SBIホールディングス北尾吉孝は)地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?

「(社会の役に立とうするSB孫正義とは異なり)SBIホールディングス北尾吉孝は自分のためという意識が強すぎはしないであろうか?

 SBIホールディングス北尾吉孝は、2005年にライブドア堀江貴文によるニッポン放送買収騒動の際に、ニッポン放送側の「ホワイトナイト」として登場した際に、「(ライブドア堀江貴文は)株式市場の清冽な水を汚した」「(社会の役に立とうするSB孫正義とは異なり)堀江君は自分のためという意識が強すぎる」と発言している。

 
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)

 北尾吉孝は、ブラックナイトではないのか?

 ブラックナイトとは、特に経済分野(本件においては地銀再編政策)において、相手会社(本件においてはネオファーマジャパン株式会社代表取締役河田聡史)に敵対的買収を仕掛けるなど、主として自分たち(本件においてはSBIホールディングス北尾吉孝)が利する形で、その会社の意に反して経済的に弱い立場に陥らせようとする者を表す言葉だ。

 北尾吉孝は、地銀再編という国益に適うための政策を、自分の金儲けのためなら、地方の中小企業や市井の労働者が苦しんでも構わないと考えてはいないであろうか?

 
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)

 北尾吉孝は、SBIホールディングス北尾吉孝及びSBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)にかかるネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)のプレスリリースの公表及び一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉を著しく毀損する行為であると受けとめる程度の国民の『知る権利』についての理解が全くない人物で、名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始したと公に告知する程度の器量であることから、国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう

 
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)

〇小泉元首相が広告塔「太陽光会社社長」が詐欺で逮捕 カジノ豪遊の実態を元社員が証言
デイリー新潮2021年5月27日掲載
 週末は入り浸り
 東京地検特捜部は27日、すでに家宅捜索を進めていた太陽光発電関連会社「テクノシステム」の社長、生田尚之容疑者を詐欺の疑いで逮捕した。再生可能エネルギー事業に用いる名目で、金融機関から融資金をだまし取った疑いが持たれている。
 生田容疑者は、借りた融資金を借金の返済に充てた他、カジノで散財していたとみられている。
 「週刊新潮」(2021年2月25日号)で詳しく報じたように、生田容疑者のことはクリーンエネルギー業界の若き旗手として小泉純一郎元総理も高く評価していた。実際、小泉氏は日経新聞の対談広告に生田容疑者とともに登場するなど、同社の広告塔になっていた。
 渦中の生田容疑者のカジノ豪遊について、テクノ社の元社員はこう証言する。
 「生田社長は大のカジノ好きで知られていました。特に頻繁に利用していたのはラスベガス・サンズグループのカジノ。ラスベガスなら『ザ・ベネチアン』『ザ・パラッツォ・アット・ザ・ベネチアン』、シンガポールなら『マリーナベイ・サンズ』、マカオなら『ザ・ベネチアン・マカオ』といった具合で、韓国やシンガポールといった日本から近いカジノには2週に1度くらいのペースで足を運んでいた。2019年頃には、週末になるとカジノに入り浸る生活でした。会社の資金繰りがショートしかけていた昨年前半まで、カジノに出入りしていましたよ」
 テクノ社は、SBIホールディングスの子会社であるSBIソーシャルレンディング(SBISL)から、計380億円もの巨額の資金を得ていた。しかし、「週刊新潮」で詳しく報じたように、資金の大半は太陽光発電をはじめとする正規の目的には使われず、複数のトンネル会社を通じて、テクノ社の借入金の返済に充てられた可能性が濃厚だ。
 負ける額も億単位
 金融機関やSBISLからの融資によって借金を返済する「自転車操業」に陥っていたテクノ社は、6月上旬にも民事再生法の適用申請を行う方針を発表。負債総額は150億円にのぼる模様だ。さらに、テクノ社への融資を巡って金融庁から業務停止命令が出されると報じられたSBISLは、自主的に廃業する方針を固めた。
 金融業界を巻き込む巨額の詐欺スキャンダル。その裏で疑惑の生田容疑者は、もはや「中毒」と呼ぶのがふさわしいほどカジノに耽溺していた。先の元社員が続ける。
 「カジノではVIPルームに陣取って遊んでいて、1回につき最低でも3000万〜5000万円ほどは使っていました。太陽光事業でメディアの注目を浴び、160億円を売り上げていたとされる2019年頃には、1回にベットする金額が数千万円にのぼっていた。ただ、カジノで勝ち続けられるわけもなく、負ける額も億単位にのぼっていました」
 生田容疑者は負けが込むと、テクノ社の社員に会社の資金を現金化するよう指示していたという。
 「関係者らが現地まで呼び出され、現金を直接、億単位の札束で運んでいたそうです。分かっているだけでも2018年に3億円以上、2019年前半には2億5000万円以上もの金が、生田社長のカジノ資金として運ばれました。そのなかには、金融機関から融資金詐欺で集めた金や、SBISLから調達した資金も含まれていたはずですが、生田社長はそんなこと全くお構いなしですよ。何しろ彼の口癖は“おカネに色はない”ですからね……」
 太陽光発電事業で注目を浴びた生田容疑者。「陽はまた昇る」とはいかなそうである。(vol.4)

 
いざ最高峰の舞台へ!一部週刊誌の報道について、北尾吉孝の名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟の提起等を含む法的措置の検討を開始!北尾吉孝は地銀再編の清冽な水を汚してはいないであろうか?ただのブラックナイトではないのか!?北尾吉孝は国益に適うための政策に関わる地銀連合構想を提唱するのに相応しい人財であるとはいえないであろう。 (vol.4)
 
矢島義也(大樹総研)と二階俊博(参照:平成25年10月25日記事
現代の児玉誉士夫との触れ込みは本当なのか!?大樹総研の矢島義也が菅義偉総理大臣にSBIホールディングス北尾吉孝を紹介した橋渡し役だった!矢島義也も北尾吉孝も太陽光発電事業関係でつまずいている様相だ。果たして、北尾吉孝も矢島義也も「令和の政商」の呼称に相応しい人物なのであろうか?本物の政商とは、国益の為に「中庸の徳たるや其れ至れるかな」であるはずだ。(vol.5)

 現代の児玉誉士夫との触れ込みは本当なのか!?


児玉誉士夫(中央)の取り持ちで、六本木TSK・CCCターミナルビルオーナー町井久之(右)は、田岡一雄三代目山口組組長(左)の三寸下がりの兄弟となる。(参照:平成26年5月6日記事)
現代の児玉誉士夫との触れ込みは本当なのか!?大樹総研の矢島義也が菅義偉総理大臣にSBIホールディングス北尾吉孝を紹介した橋渡し役だった!矢島義也も北尾吉孝も太陽光発電事業関係でつまずいている様相だ。果たして、北尾吉孝も矢島義也も「令和の政商」の呼称に相応しい人物なのであろうか?本物の政商とは、国益の為に「中庸の徳たるや其れ至れるかな」であるはずだ。(vol.5)

 ある日、現代の児玉誉士夫を紹介すると言われ、知り合っておけば必ず役に立つと知人に言われた人がいた。

 その人が、知人がどの様な大物を連れてくるのかと思い待っていると、今は大物らしき人物が、大昔に『乱交パーティー「女衒(ぜげん)芸能プロ社長」』と新潮社の写真誌「FOCUS」1999年7月21日号で報道されていた時分に、その人へ共同で乱交パーティー事業をやろうと持ち掛けてきた既知の人物が目の前に現れた。

 
現代の児玉誉士夫との触れ込みは本当なのか!?大樹総研の矢島義也が菅義偉総理大臣にSBIホールディングス北尾吉孝を紹介した橋渡し役だった!矢島義也も北尾吉孝も太陽光発電事業関係でつまずいている様相だ。果たして、北尾吉孝も矢島義也も「令和の政商」の呼称に相応しい人物なのであろうか?本物の政商とは、国益の為に「中庸の徳たるや其れ至れるかな」であるはずだ。(vol.5)

 その今は大物らしき人物の名は、大樹総研の矢島義也だ。

 『乱交パーティー「女衒(ぜげん)芸能プロ社長」』と新潮社の写真誌「FOCUS」1999年7月21日号で報道されていた頃は、矢島義成と名乗っていた模様だ。

 その人は、知人がしきりに「この矢島義也は、現代の児玉誉士夫だ」と言って、紹介したことを自慢げに振る舞っていたので、その人と矢島義也は、大昔に既知であったことは言わなかったとのことだ。

 
現代の児玉誉士夫との触れ込みは本当なのか!?大樹総研の矢島義也が菅義偉総理大臣にSBIホールディングス北尾吉孝を紹介した橋渡し役だった!矢島義也も北尾吉孝も太陽光発電事業関係でつまずいている様相だ。果たして、北尾吉孝も矢島義也も「令和の政商」の呼称に相応しい人物なのであろうか?本物の政商とは、国益の為に「中庸の徳たるや其れ至れるかな」であるはずだ。(vol.5)

 そして、その現代の児玉誉士夫との触れ込みの大樹総研の矢島義也が菅義偉総理大臣SBIホールディングス北尾吉孝を紹介した橋渡し役である。

 「地銀の数は多すぎる」と地銀再編を菅義偉総理大臣は唱えた

 「資本提携する地銀は5、6行ある」とすかさずSBIホールディングス北尾吉孝とメディアに言い放った。

 更には「第四のメガバンク構想」までSBIホールディングス北尾吉孝は打ち出した

 まるで北尾吉孝は菅義偉総理大臣と密接であると印象付けたがっていることが自然と連想された。

 第四のメガバンクの頭取になりたいのか!?

 北尾吉孝は、SBIホールディングスという日本を代表する巨大な金融コングロマリットに君臨する総裁の地位では満足せず、古巣の野村證券を名実ともに超える第四のメガバンクの頭取の地位を目指し、「令和の政商」を指向しているらしい

 なお、矢島義也は、現代の児玉誉士夫との触れ込みで、「令和の政商」と呼ばれている。

 北尾吉孝と矢島義也は似た者同士ということなのだろうか?

 北尾吉孝も矢島義也も、太陽光発電事業関連で、関係企業が、民事再生したり、破産したり、金融庁から業務停止命令が出されると報じられた途端に自主廃業を発表したり、つまずいている様相だ。

 
パワープランツにまさかの影武者か!?まさかの徳山雅士が取締役で登場!太陽光発電、バイオマス発電などの再生可能エネルギー事業に破綻が続出!パワープランツの許認可の取得過程に瑕疵はないのであろうか?(vol.34)
現代の児玉誉士夫との触れ込みは本当なのか!?大樹総研の矢島義也が菅義偉総理大臣にSBIホールディングス北尾吉孝を紹介した橋渡し役だった!矢島義也も北尾吉孝も太陽光発電事業関係でつまずいている様相だ。果たして、北尾吉孝も矢島義也も「令和の政商」の呼称に相応しい人物なのであろうか?本物の政商とは、国益の為に「中庸の徳たるや其れ至れるかな」であるはずだ。(vol.5)

 JC証券や株式会社グリーンインフラレンディングの親会社である太陽光発電、バイオマス発電などの再生可能エネルギー事業者である株式会社JCサービス(資本金2億7315万円、港区新橋6-2-1、登記面=大阪市西区新町1-14-39、代表中久保正己氏)は、令和3年3月24日に東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請し、令和3年3月31日に保全処分および包括的禁止命令を受けた。

 
パワープランツにまさかの影武者か!?まさかの徳山雅士が取締役で登場!太陽光発電、バイオマス発電などの再生可能エネルギー事業に破綻が続出!パワープランツの許認可の取得過程に瑕疵はないのであろうか?(vol.34)
現代の児玉誉士夫との触れ込みは本当なのか!?大樹総研の矢島義也が菅義偉総理大臣にSBIホールディングス北尾吉孝を紹介した橋渡し役だった!矢島義也も北尾吉孝も太陽光発電事業関係でつまずいている様相だ。果たして、北尾吉孝も矢島義也も「令和の政商」の呼称に相応しい人物なのであろうか?本物の政商とは、国益の為に「中庸の徳たるや其れ至れるかな」であるはずだ。(vol.5)

 そして、その後、JCサービスの子会社の株式会社グリーンインフラレンディング(資本金1億2000万円、港区新橋6-2-1、代表中久保正己氏)も、令和3年4月9日に東京地方裁判所より破産手続き開始決定を受けた。

 
2014年11月26日19時に、レイプのステージを加速させたのか?(みずほ銀行の大切なお客様藤澤信義vol.4)
 官公庁の資金を扱うみずほ銀行の次期執行役員候補が、みずほ銀行の30代女性行員をレイプした準強姦事件(みずほレイプ事件vol.9
 藤澤信義氏は「後にレイプ事件が発生したことを本当に知らなかった」と株主総会において株主からの質問に対して回答した。
現代の児玉誉士夫との触れ込みは本当なのか!?大樹総研の矢島義也が菅義偉総理大臣にSBIホールディングス北尾吉孝を紹介した橋渡し役だった!矢島義也も北尾吉孝も太陽光発電事業関係でつまずいている様相だ。果たして、北尾吉孝も矢島義也も「令和の政商」の呼称に相応しい人物なのであろうか?本物の政商とは、国益の為に「中庸の徳たるや其れ至れるかな」であるはずだ。(vol.5)

 なお、株式会社グリーンインフラレンディングは、ソーシャルレンディングのmaneoマーケットのプラットフォームを使い、再生可能エネルギー向け「グリーンインフラレンディング」を展開して、一般債権者から10%を超える利回りのローンファンドを募集し、株式会社グリーンインフラレンディングの公表によると貸付件数2204件、貸付金額200億8026万円まで拡大した資金集めを行っていたが、令和3年3月8日、株式会社グリーンインフラレンディング債権者の令和3年3月にJトラストの藤澤信義(参照:平成27年3月24日記事)の傘下に入ったmaneoマーケット(株)(TSR企業コード:297202863、法人番号:5010401091384、千代田区)から東京地裁に破産を申し立てられ3月10日、保全管理命令を受けていた。

 
細野豪志は「矢島義也から5000万円を衆議院選挙期間中に受け取りました」と指をさしながら自主申告でもしているのだろうか?(参照:平成25年10月25日記事
現代の児玉誉士夫との触れ込みは本当なのか!?大樹総研の矢島義也が菅義偉総理大臣にSBIホールディングス北尾吉孝を紹介した橋渡し役だった!矢島義也も北尾吉孝も太陽光発電事業関係でつまずいている様相だ。果たして、北尾吉孝も矢島義也も「令和の政商」の呼称に相応しい人物なのであろうか?本物の政商とは、国益の為に「中庸の徳たるや其れ至れるかな」であるはずだ。(vol.5)

 「令和の政商」と呼称される大樹総研(会長:矢島義也)(参照:平成25年10月25日記事)に業務委託費など5億円がJCサービス支払われていた問題や、2018年6月には衆議院議員・細野豪志が2017年10月の選挙期間中に選挙資金5000万円をJC証券から受領していた問題がその背景に存在している。

 
現代の児玉誉士夫との触れ込みは本当なのか!?大樹総研の矢島義也が菅義偉総理大臣にSBIホールディングス北尾吉孝を紹介した橋渡し役だった!矢島義也も北尾吉孝も太陽光発電事業関係でつまずいている様相だ。果たして、北尾吉孝も矢島義也も「令和の政商」の呼称に相応しい人物なのであろうか?本物の政商とは、国益の為に「中庸の徳たるや其れ至れるかな」であるはずだ。(vol.5)

 また、SBIホールディングスの子会社のSBIソーシャルレンディング(代表取締役社長:宮地直紀)が特定の一企業(テクノシステム)へ約383億円を融資して、そのうち約170億円が別の用途に使われ、そして、回収不能の不良債権としたことで、金融庁から業務停止命令が出される見込みとなったことで、全既存ファンドの償還を条件として、自主的な廃業およびソーシャルレンディング事業からの撤退を決定した。

 
現代の児玉誉士夫との触れ込みは本当なのか!?大樹総研の矢島義也が菅義偉総理大臣にSBIホールディングス北尾吉孝を紹介した橋渡し役だった!矢島義也も北尾吉孝も太陽光発電事業関係でつまずいている様相だ。果たして、北尾吉孝も矢島義也も「令和の政商」の呼称に相応しい人物なのであろうか?本物の政商とは、国益の為に「中庸の徳たるや其れ至れるかな」であるはずだ。(vol.5)

 果たして、北尾吉孝も矢島義也も「令和の政商」の呼称に相応しい人物なのであろうか?

 
現代の児玉誉士夫との触れ込みは本当なのか!?大樹総研の矢島義也が菅義偉総理大臣にSBIホールディングス北尾吉孝を紹介した橋渡し役だった!矢島義也も北尾吉孝も太陽光発電事業関係でつまずいている様相だ。果たして、北尾吉孝も矢島義也も「令和の政商」の呼称に相応しい人物なのであろうか?本物の政商とは、国益の為に「中庸の徳たるや其れ至れるかな」であるはずだ。(vol.5)

 本物の政商とは国益の為に「中庸の徳たるや其れ至れるかな」であるはずだ

 
現代の児玉誉士夫との触れ込みは本当なのか!?大樹総研の矢島義也が菅義偉総理大臣にSBIホールディングス北尾吉孝を紹介した橋渡し役だった!矢島義也も北尾吉孝も太陽光発電事業関係でつまずいている様相だ。果たして、北尾吉孝も矢島義也も「令和の政商」の呼称に相応しい人物なのであろうか?本物の政商とは、国益の為に「中庸の徳たるや其れ至れるかな」であるはずだ。(vol.5)

〇年商160億円“急成長”のウラに政官工作…? 東京地検特捜部「復讐戦」の深層
現代ビジネス2021年05月13日伊藤博敏ジャーナリスト
 ゴールデンウィーク前の4月27日、東京地検特捜部が再生エネルギー関連を手掛けるテクノシステム(本社・横浜市)に家宅捜索に入り、騒然となった。
 テクノシステムが小泉純一郎元首相を広告塔にした「政治銘柄」であるのは、筆者が本サイトで<菅首相の金融アドバイザーの子会社と小泉ファミリーの支援会社が絡んだ「投資案件」の詳細>(4月8日配信)で指摘した通りである。
 金融アドバイザーとは、SBIホールディングス(SBIHD)を率いる北尾吉孝社長のこと。菅義偉首相の目玉政策のひとつである地銀再編は、北尾氏のアドバイスによるもので、SBIは島根銀行、福島銀行などに出資、「第4のメガバンク構想」をぶち上げている。
 地検特捜部が狙うに相応しい役者は揃っている。同時に再生エネルギーとソーシャルレンディング(SL)は、東京地検特捜部にとって“復讐戦”である。
 ネット上に開示された情報をもとに、投資家が事業資金を貸し付け、配当を得るのがSL。短期小口高利が魅力となって投資家を引き付け、一時は、急成長したが、安易な甘い計画で投資を募る業者が多く、被害者が続出、金融庁は業務改善命令を頻発させた。
 また、そんな状況に刑事面から釘を刺すように、東京地検特捜部は19年8月、太陽光など再生エネルギーで急成長したJCサービスへの捜査を本格化させた。
 同社を狙った理由は、第1に許認可や売電権などを巡って不正の多い太陽光業者であること、第2にビジネスモデルが崩れて被害者続出のSL業者であること、第3に細野豪志元環境相らと付き合いのある「政治銘柄」であること、などだった。
 だが、捜査は刑事事件化することなく尻すぼみに終わった。
 急成長のウラに政官工作?
 今回、テクノシステムはその3要件を備えている。
 入口は、金融機関に対し、ウソの書類を提出、約4億円のバイオマス関連の事業資金を引き出したという融資詐欺だが、テクノシステムの生田尚之社長が、「水・食・電気」に力を入れ、『SDGsが地方を救う』という著書もあり、幅広い人脈を誇るだけに、「特捜が年商160億円に急成長した背景を探れば、政官工作に行き着くのではないか」(検察関係者)という見方がある。
 生田氏の“工作”のひとつが、民主党政権下の12年10月、金融庁を所管する金融担当相として初入閣した中塚一宏氏を<シニアアドバイザー>として迎え入れていることだろう。
 中塚氏の名刺には「シニアアドバイザー(前金融担当大臣)」とある
 「中塚さんとは名刺交換し、金融行政のことなどを話しました。テクノ社はSLで資金を集めており、その前担当大臣がアドバイザーというんだから、信用力アップに貢献したのは間違いありません」(金融業者)
 09年にテクノシステムを設立、浄水システム、フード関連システムなど「水」と「食」を手掛けていた生田氏が、事業を急拡大するのは、太陽光など再生エネルギー関連事業に進出してからだった。
 再生エネルギーに特化したコンサルタントの玄海インベストメントアドバイザー(現Renewableエナジーインベストメント)を率いる文智勇代表と出会い、そのアドバイスを受けて再生エネルギーに本格進出。玄海社がSBIグループのSBISLと再生エネルギーで協業していることから、SBISLのプラットフォームで資金調達するようになり、急成長を遂げた。
 18年(11月期)、19年といずれも売上高160億円を達成、生田氏は上場を視野に入れ、SBI証券を幹事に上場準備に入った。また、SBIグループには再生エネルギーを手掛けるSBIエナジーがあり、前述の中塚氏が政界引退後、SBIグループ入りし、同社の社長を務め、出口戦略(テクノ社の物件売却先)も担っていた。
 粉飾が問題になり…
 テクノ社が最初に問題となったのは、粉飾だった。
 今年2月5日、SBIHDが<SBISLの貸付先の事業運営に重大な懸案事項が生じていることが認められ、第三者委員会を設置する>と発表。
 その貸付先がテクノ社で、懸念事項とは、資金繰りに窮し、集めたファンドのカネを別のファンドの配当に回すなど自転車操業に陥り、事件化した融資詐欺も含め、さまざまな粉飾行為を行なっていた。
 その際、筆者はSBIHDに向けて、取材で知り得たテクノ社粉飾の内実を確認しようと、9項目の質問書を送った。そのなかにはSBISL、SBI証券、SBIエナジーとの関係を示したうえで、<グループ全体で一企業を虫食い状態にしたのではないか>と、SBIの責任を問うものも含まれていた。
 それに対しSBIHDコーポレート・コミュニケーション部は、「第三者委員会で調査しており回答は差し控えたい」とのことだった。 再生エネルギーとSLの「闇」
 皮肉にも、特捜捜査が報じられた4月28日、SBIHDは第三者委員会の「報告書」を公表した。資料付きでA4版78枚にも及び、詳細を極めるが、突き詰めれば次の一文に象徴されよう。
 SPCのアセットマネージャーとして金融経験値の高いB社(玄海社)が就いていることから問題があれば、B社が解決するであろう、A社(テクノ社)は上場準備中でありグループのSBI証券が主幹事証券として就任していることから同社のチェックが働いているであろう、A社には会計監査人が就任しているから財務面に問題ないであろう
 こうして各社が責任を押しつけ合っていた。
 また、当然のことながらSBISLの織田貴行社長の責任は重く、4月28日付けで解任されたのだが、SBISLもまた上場準備中で、数字を積み上げるために貸付先の過半がテクノ社に集中するという異常事態だった。
 織田氏には、部下はもちろん取引先や投資家が、テクノ社の事業を危惧、注意喚起したということだが、織田氏は聞く耳を持たなかったという。
 ただ、第三者委員会報告書に、SBIエナジーのことは触れられていなかった。
 そこで筆者は、改めてSBIHDに、(1)テクノ社の出口戦略にSBIエナジーがいて、同社の中塚社長がテクノ社のシニアアドバイザーに就いているのは利益相反行為ではないか、(2)中塚氏の役割はどのようなもので報酬は発生していたか。また、その事実をSBISL及びSBIHDは承知していたか、という2点を質した。
 その回答は、「報告書が全て。他にお答えすることはない」というものだった。
 SBIHDはグループとして投資家に責任を果たすと約しており、民事上はそれで済まされるのかも知れない。
 しかし、既に刑事事件に発展、特捜部は急成長した再生エネルギービジネスの背景まで探ることになっており、「前金融担当相」の役割は気になるところだ。
 また、小泉元首相は「広告塔」かも知れないが、俳優の小泉孝太郎氏とはスポンサー契約を結んでおり、同社のホームページやパンフレットに登場している。SDGsを掲げる生田氏は小泉進次郎環境相とはどういう関係だったのか。
 さらに生田氏は、地方創生担当大臣などを歴任した女性政治家、財務副大臣などを経験した公明党代議士など政治家とのつきあいも多く、支援もすれば見返りも求め、そうした仲を吹聴することもあったという。
 再生エネルギーとSLの「闇」は明かされるのか――。(vol.5)

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6) ワールドインベスターズTVより転載

 まさかの超新星が登場!?

 SBI北尾吉孝を手玉か?

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6) ワールドインベスターズTVより転載

 その名は新美彰規(アミット バクシー)!

 neoALA株式会社の代表取締役に、騒動の真っ最中の令和3年3月16日の登記で就任した、日本語と英語とインド語の三ケ国語を操る日印のハーフだ。

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6) ワールドインベスターズTVより転載

 新美彰規(アミット バクシー)は、neoALA株式会社の代表取締役に就任する前までは、ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の元社員で、何の仕事もできずに給料泥棒と呼称されていたそうだ。

 なお、neoALA株式会社は、「夢のサプリ」で「金のなる木」の可能性を秘める『5―ALA』製造工場の所有権者であるネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の35%株主だ。

 「ジャーナリストの王者」佐藤昇は、『5―ALA』への投資を募っている投資話が吹聴されているというので、取材を進めた。

 まさかの20名様限定の特別枠20億円程度を絶賛募集中だった!

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6) ワールドインベスターズTVより転載

 超新星新美彰規が募っている『5―ALA』への投資話は、特別枠が20億円程度で、募集人数が20名様限定ということだそうだ。

 すなわち、単純計算だと、お一人様平均1億円程度を絶賛募集中ということになるのだろうか?。

 SBI北尾吉孝もまさかの特別枠へ出資するのであろうか?

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6) ワールドインベスターズTVより転載

 超新星新美彰規(アミット バクシー)が募っている『5―ALA』への投資話は、全体の枠は30億円から40億円程度で、その内の50%分を超新星新美彰規(アミット バクシー)が確保していて、残りの50%をSBI北尾吉孝とアラブの投資家達が確保しているとの触れ込みだ。

 そして、その投資目的はネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)をスクラップ&ビルドして新会社を設立して、『5―ALA』製造工場を引き受けるというものだ。

 そして、その新会社の代表取締役に超新星新美彰規(アミット バクシー)が就任して、『5―ALA』の利権を総取りするというオチだ。

 まさかの強欲父子なのか!?

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6)

 そして、超新星新美彰規(アミット バクシー)は、父親の特定非営利活動法人インドセンター(代表者:UPADHYAY VIBHAV KANT ウパデアーエ ヴィバウカント、東京都千代田区紀尾井町3番29−502号)のアドバイザーのLALIT BAKSHI(ラリット バクシー、 週刊新潮で報道されている「2021年5月6日・13日号掲載『SBIグループ「北尾吉孝」社長、コロナで注目されるサプリ工場を乗っ取り疑惑』」に乗じて、漁夫の利を狙っているようだ。

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6)

 大丈夫なのか?TMI総合法律事務所!

 更には、超新星新美彰規(アミット バクシー)は、共に騒動の真っ最中の令和3年3月16日の登記で取締役に就任した辣腕会計士の羽根正哲の手を借りて、五大法律事務所の一角であり外国法律事務所と提携しているTMI総合法律事務所も巻き込んでいるとの話だ。

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6) みなとユネスコ第124号より転載

 要約すると、超新星新美彰規と父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)、羽根正哲会計士を上手く利用してTMI総合法律事務所の名前を使い、更には、SBI北尾吉孝も出資するからとの話で名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6) フェイスブックより転載

 大丈夫なのか?古希を迎えた北尾吉孝!

 
まさかの超新星が登場!?その名は新美彰規(アミット バクシー)!neoALA株式会社の代表取締役だ。父親のLALIT BAKSHI(ラリット バクシー)と会計士の羽根正哲を引き連れ、TMI総合法律事務所の名前を使い、更には、古希を迎えたSBI北尾吉孝の名前を使って信用付けして、SBIソーシャルレンディングの二番煎じのような金集めをしているだけではないのか?(vol.6)

〇SBI子会社に業務停止命令 金融庁、金融商品取引法違反で
一般社団法人共同通信社 2021/6/8 17:52
 金融庁は8日、融資仲介業のSBIホールディングス(HD)子会社に対し、業務停止命令を出したと発表した。太陽光発電施設などを巡る投資案件の説明に虚偽があったとして、金融商品取引法違反と認定した。命令の対象は金融商品の取引に関わる全ての業務で、期間は8日から7月7日まで。
 子会社は2008年設立の「SBIソーシャルレンディング」(東京)。インターネットを通じて投資家から集めた資金をエネルギーや不動産関連の企業などに融資し、投資家に元本や利息を分配するビジネスを手掛けてきたが、ずさんな審査で投資家に損失を与えたことが明らかになっていた。(vol.6)

 <次回予告>


平成29年4月12日、三菱商事(vol.51)傘下のローソン代表取締役会長玉塚元一が退任を発表した。その退任原因は、週刊報道サイトの新聞媒体による糾弾報道により具次龍朝鮮総連最高幹部石井進稲川会二代目会長をも喰った岩合直美らを通じて、M資金申込していたことが明らかにされたことによるものであろうと、平成29年4月20日発売の週刊新潮が報道した。(vol.52)(参照:デイリー新潮「週刊新潮」2017年4月27日号掲載

 週刊報道サイトの新聞媒体による公益目的のM資金詐欺糾弾報道をしたところ、ローソンの玉塚元一が任期満了前に2017年5月30日の代表取締役会長退任を発表した原因は、週刊報道サイトの報道によるものであろうと週刊新潮が報道したことから(参照:週刊新潮2017年4月27日記事)、2021年4月28日発売の週刊新潮において、SBIファーマ(代表取締役社長:北尾吉孝)とネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)との係争の事実が報道されるやいなや、週刊報道サイトの元へSBIホールディングス北尾吉孝に関する多くの情報が提供されて着た。

 
東証一部上場企業のSBIホールディングス(代表取締役社長:北尾吉孝)による清水銀行を利用した『5―ALA』製造工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を不正乗っ取り疑惑 清水銀行は、経営理念として「SBIホールディングスに親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる。北尾吉孝との人間関係を尊重し働きがいある職場をつくる」を実行しているのか!?ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の事情をきちんと聴取したのか!?地域に密着した活動を行っているのか!?清水銀行には、地域にお客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行であってもらいたい。(vol.1)

 言うまでもないが、SBIファーマは、「医は仁術なり」として我国に根付いて来た高度な医療倫理観を持ち、活動する全ての国で法令遵守を徹底することを経営理念に掲げており、

 
東証一部上場企業のSBIホールディングス(代表取締役社長:北尾吉孝)による清水銀行を利用した『5―ALA』製造工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を不正乗っ取り疑惑 清水銀行は、経営理念として「SBIホールディングスに親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる。北尾吉孝との人間関係を尊重し働きがいある職場をつくる」を実行しているのか!?ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の事情をきちんと聴取したのか!?地域に密着した活動を行っているのか!?清水銀行には、地域にお客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行であってもらいたい。(vol.1)

 また、SBIホールディングスは、「法律に触れないか」、「儲かるか」ではなく、それをすることが社会正義に照らして正しいかどうかを判断基準として事業を行うことを経営理念に掲げていることからも、社会的責任と公共的使命の重さを認識している公益性の極めて高い、社会的に公の責務を担っている企業であることから、

 
東証一部上場企業のSBIホールディングス(代表取締役社長:北尾吉孝)による清水銀行を利用した『5―ALA』製造工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を不正乗っ取り疑惑 清水銀行は、経営理念として「SBIホールディングスに親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる。北尾吉孝との人間関係を尊重し働きがいある職場をつくる」を実行しているのか!?ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の事情をきちんと聴取したのか!?地域に密着した活動を行っているのか!?清水銀行には、地域にお客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行であってもらいたい。(vol.1)

 2021年4月28日発売の週刊新潮において、ネオファーマジャパン株式会社との係争の週刊新潮記事を起因として情報提供された事案に関するSBIホールディングス北尾吉孝の見解は、公共の利害に関する事実であり、その見解を世間に周知させることは、専ら公益を図り、社会の利益に繋がっていく。

 
東証一部上場企業のSBIホールディングス(代表取締役社長:北尾吉孝)による清水銀行を利用した『5―ALA』製造工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を不正乗っ取り疑惑 清水銀行は、経営理念として「SBIホールディングスに親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる。北尾吉孝との人間関係を尊重し働きがいある職場をつくる」を実行しているのか!?ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の事情をきちんと聴取したのか!?地域に密着した活動を行っているのか!?清水銀行には、地域にお客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行であってもらいたい。(vol.1)

 <ジャーナリストの重鎮伊藤博敏さんによるSBIグループホールディングス(SBIHD)子会社SBIソーシャルレンディング(SBISL)記事>

〇菅首相の金融アドバイザーの子会社と小泉ファミリーの支援会社が絡んだ「投資事件」の詳細(現代ビジネス2021年04月08日伊藤博敏ジャーナリスト

「さすがSBIグループ。信じて投資して良かった!」
 ネットでこんな書き込みが、しきりになされているのが、4月2日にSBIグループホールディングス(SBIHD)が発表した「SBIソーシャルレンディング(SBISL)が取り扱うファンドに対して投資家の皆様に対して行なう未償還元本の償還について」である。 ファンドへの勧誘にあたり金融商品取引法に違反する行為があったために、損失補填を行なうというもの。そのためにSBIHDとして約150億円の特別損失を計上、投資家への返金額も同等だという。
 ネット上に開示された情報をもとに、個人が企業に事業資金を貸し付け、配当を得る金融サービスがソーシャルレンディング(SL)。金融機関が融資をためらう段階で事業資金を提供するのだからリスクは高い。だが、その分、配当も高く利回り10%前後が多い。  「短期小口高利」が魅力となって投資家を引き付け、ブームとなった2018年は1年間で1300億円を集め、「将来的には1兆円規模に」という予測もあった。
 しかし、10%内外の配当を出したうえで利益を確保、運営資金を得て、次の事業に取り掛かるのは容易ではなく、SL業者の多くは、集めたファンドのカネを別のファンドの配当に回す自転車操業に陥った。
 みんなのクレジット、ラッキーバンク、エーアイトラスト、maneoマーケット……。
 金融庁の行政処分を受けたSL業者だが、この数の多さは「高利で集めて右のポケットから左のポケットへ」というSLの実態を表わしており、18年7月、SLを日本で最初に立ち上げた老舗で最大手のmaneoマーケットが業務改善命令を受けたことで、「SLというビジネスモデルは終わった」と、指摘された。
 そんなSL業界の退潮をよそに、着実に投資家を集め、maneoマーケットに代わる最大手にのし上がったのがSBISLだった。背景にあるのはSBIグループの信用である。
 SBIの顔は北尾吉孝代表。孫正義氏の右腕としてソフトバンクグループの礎を築き、SBIを創業してからは豊富な人脈とビジネスへの嗅覚、そして時に尊大とも受け取られる芯の太さでSBIを一大金融グループに育て上げた。今や、菅義偉首相の金融アドバイザーであり、地銀再編のキーマンとなっている。
 投資家はSBISLの背後にSBIグループと北尾氏を見ており、その信用に投資した。しかしSBIHDが、その実態を鑑みて損失補填したわけではないし、それは金融商品取引法が禁じている。
「違法行為」とは何だったのか
 では、損失補填が認められる「ファンドの勧誘に際しての違法行為」とは何か。そこに登場するのが、横浜に本拠を置くテクノシステムという会社である。
 「水、食、電気の提供を通じた社会貢献」を会社の使命としており、代表の生田尚之氏(47)には『SDGsが地方を救う』という著書もある。その自然エネルギーへの取り組みが縁で、小泉純一郎元首相と日経新聞で特別対談広告を行ない、スポンサー契約を結んだ小泉孝太郎氏はテクノシステムの広告塔として、パンフレットやホームページに登場している。
 テクノシステムの会社案内に登場する小泉孝太郎氏
 生田氏は、09年、特殊ポンプなど水処理関係に特許を持つ父親の事業を受け継ぐ形でテクノシステムを設立。浄水システム、フードシステム関連製品などの事業は順調だったが、大きな伸びは見込めず、飛躍のきっかけとなるのは太陽光など再生エネルギー関連事業への進出だった。
 再生エネルギーに特化したコンサルタントの玄海インベストメントアドバイザー(現Renewableエナジーインベストメントジャパン)を率いる文智勇代表と出会ったのが縁で本格的に取り組み、玄海社がSBISLと再生エネルギーで協業していることからSBISLのプラットフォームで資金調達するようになった。
 文氏は、17年4月から19年11月までテクノシステムの社外取締役を務めており、その間、売上高は急伸、18年(11月期)、19年ともに売上高160億円を達成、上場準備に入った。だが、テクノシステム関係者によれば、「SLによる売り上げ急伸と上場準備が粉飾につながった」という。
 「SBISL、玄海などへの管理料やコンサル料を支払ったうえで、投資家への高配当を継続するには、次々と開発を仕掛けるしかないが、条件に見合う案件はそれほどない、勢い、プロジェクト概要をごまかし、無理に集めたカネを別の事業に回すようになる。その自転車操業を一挙に解決するために上場を企画するが、上場基準を満たすために、売上高、利益を粉飾するしかなかった」  テクノシステムが、物件売却のために作成した「ご提案案件一覧(20年2月作成)」によれば、熊本県天草、佐賀県北佐久など新規太陽光案件が13プロジェクト、自社のセカンダリー案件が7プロジェクト、関内や新横浜など地元を中心とした不動産案件が13プロジェクト、新潟・新発田、沖縄・石垣島などバイオマス関連が10プロジェクト、それに購入予定の太陽光や風力案件を含めて約872億円分が記載されている。
 そうした案件を使って投資家を募る際、スケジュール、利回り、物件価格、現地状況などに不実記載があり、その集積を前に、金融庁の監督を受ける第二種金融商品取引業者のSBISLとしてはテクノシステムに修正させ、SBIHDがその総合力で処理せざるを得なかったということだろう。
 マンション建設の頓挫・中断…
 痕跡は随所に残る。
 ディベロッパーズローンファンド9号、10号、11号として集めた約29億円で、東京・東日本橋に12階建てマンション、神奈川・川崎大師駅前に9階建てマンションを建設する計画は資金不足で頓挫。東日本橋はSBI子会社が物件を取得、工事を引き継いだが、川崎大師駅前は中断のままである。
 ディベロッパーズローンファンド16号として集めた約25億円で熱海市に全室露天風呂付きのSDGsホテルを建設する計画は、20年2月着工、21年3月に完成と「プロジェクト概要」で説明していながら、更地のままで竣工にはほど遠い。
 ディベロッパーローンファンド14号は、約16億円で横浜・関内にビジネスホテルを建設するもの。19年5月に貸し付けられ、20年に着工、21年5月末を最終返済日としているが、進展は見られない。現在、駐車場として利用されており、建設計画の看板も撤去された。
 太陽光やバイオマスでも、不動産同様、仕掛かり案件が多く、スケジュールを含めてネットで公開される物件概要は、誇大広告の不実記載が少なくない。
 投資家への裏切りとその痕跡
 それにしても、SBISLの融資残高は約420億円で、うちテクノシステム分は約170億円といわれている。当然、SBISLはアセットマネジメントの玄海社とともに、テクノシステムを厳しく審査、モニタリングを怠ってはならないハズなのに、それが出来ていなかったのはなぜか。
 生田社長と親しい業界関係者が、こう指摘する。
「生田氏と玄海を含むSBIグループはもたれ合っていたんです。maneoに代わってSLの主役に躍り出たSBISLとしては、若くて野心がある生田氏は使い勝手のいい経営者だった。SBISLが資金調達、再生エネルギーの出口(買い手)にはSBIエナジーが名乗りをあげることもあり、上場の幹事証券はSBI証券になる予定でした。従って、SBIグループにはSLの管理料だけでなく、上場コンサル料、アドバイザーフィー、顧問料など様々な名目でカネが入った。それが審査の緩さにつながり、テクノの惨状を知りながらも募集を続ける“温情”ともなった」
 要は癒着であり、投資家にとっては裏切りである。その痕跡も残る。
 JR山手線鴬谷駅のすぐ近くに、SBI証券が寮として利用している4階建ての集合住宅がある。謄本によれば、SBISLが極度額2億7000万円で融資していた案件が焦げ付き、競売を申し立てた案件をテクノシステムが落とし、19年3月、所有権移転した。
 SBISLはテクノシステムの協力で約8割を回収。テクノシステムはここに4階建てのビルを建設、都内信組が約4億6000万円の抵当権を設定していたが、2月16日、かつての借りを返すように、SBI証券が取得した。SBISLが今回の問題を始めて公にし、「第三者委員会の設置」を発表したのが2月5日なので、その直後の購入だった。
 純粋なビジネスに加え、癒着の貸し借りもあれば、濃密すぎる人間関係もある。それが金商法上の損失補填を認められる違法行為につながった。北尾氏が地銀再編の旗を振っている状況下、足元で発生したスキャンダルを放置はできない。それが、「投資は自己原則」の厳しい対応をすることなく、いち早く“罪”を認めた理由だろう。
 それが、どれだけ許しがたい行為なのか。4月中に公表されるという第三者委員会報告書に期待したいし、SLを金融サービスの一形態として今後も残すのであれば、防止策を視野にいれた徹底解明が必要である。

 
東証一部上場企業のSBIホールディングス(代表取締役社長:北尾吉孝)による清水銀行を利用した『5―ALA』製造工場(所有権者:ネオファーマジャパン株式会社・代表取締役:河田聡史)を不正乗っ取り疑惑 清水銀行は、経営理念として「SBIホールディングスに親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる。北尾吉孝との人間関係を尊重し働きがいある職場をつくる」を実行しているのか!?ネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)の事情をきちんと聴取したのか!?地域に密着した活動を行っているのか!?清水銀行には、地域にお客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行であってもらいたい。(vol.1)

 <ジャーナリストの王者佐藤昇によるSBIホールディングス(SBIHD)子会社SBIソーシャルレンディング(SBISL)事件への論評>

 2021年4月28日、東京地検特捜部から捜索を受けたSBIソーシャルレンディング(SBISL)事件では、一口30万円や50万円の一般投資家が本当の被害者であり、SBIホールディングス北尾吉孝ではない。

 親会社のSBIホールディングス北尾吉孝が、被害者へ全額弁済しても、管理不行き届きであった子会社のSBIソーシャルレンディングによる詐欺事件への関与の事実は消えない。

 そして、被害額の全額弁済は、金融商品取引法および商品先物取引法違反の損失補填の法令違反に通ずる

 すなわち、清水銀行の持っていたネオファーマジャパン株式会社(代表取締役:河田聡史)への約16億円の債権譲渡を受けたこと自体が、法律に違反しかねない行為であることから、SBIホールディングス北尾吉孝の思考はどのようなものかは自然に連想されてくる

 
 2021年3月12日、みずほ銀行の藤原弘治頭取(上)は、システム障害について謝罪した。
 2021年3月17日、みずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長(下左)は、多発したシステム障害について謝罪した。
 そして、4月1日付で予定していたみずほ銀行頭取の交代人事を取り消すと発表し、内定していた4月の全国銀行協会会長就任を当面見合わせると明らかにした。
 坂井辰史社長は、短期間での障害多発で「顧客からの信用・信頼が著しく損なわれている」と強い危機感を表明し、自らの経営責任について「原因究明、再発防止、信頼回復を図ることが私の責務」とした上で、「どのような責任を取るかは今後適切に判断する」と述べた。
  なお、佐藤昇から3000万円を詐取した上に、その詐欺事件の訴訟を提起したら、一審判決言渡日の三日前に訴訟代理人を佐藤昇の代理だけ一方的に辞任させた件についての謝罪は未だに無い。(参照:平成29年7月10日記事)


 2021年3月31日、第一生命保険株式会社は、元社員による金銭不正取得事案(2020年10月2日公表)に係る対応について、公表から6ヶ月経過した時点において、元社員が被害を受けられた方々に対して被害額を弁済する見込みは立っておらず、問題解決が長期化することが懸念されるため、第一生命保険株式会社は、元社員による金銭不正取得事案において、被害者が被害に至った経緯・理由(「特別調査役」というお客さまからの特別な信頼を惹起しやすい外観の存在などの事情)や事実関係等に照らして、被害を受けられた方々の更なる救済を進める観点から、被害額の全額を被害を受けられた方々に補償する必要があるとの判断をした。
 一方、みずほ銀行は、元本店幹部行員及川幹雄による金銭不正取得事案(2014年10月7日佐藤昇らが集団提訴)に係る対応について、提訴から6年6ヶ月経過した現在においても、詐欺被害者が被害に至った経緯・理由(「みずほ銀行本店審査第二部審査役」や「みずほ銀行営業時間内での本店応接室における特別案件投資預託商品の勧誘」という被害者からの特別な信頼を惹起しやすい外観の存在などの事情)や事実関係等に照らして、被害を受けられた方々の救済を進める観点はなく、被害額を被害を受けられた方々に全く補償する必要はないとの判断をしている。(参照:平成29年7月10日記事)


 2021年4月6日、日本郵便株式会社と株式会社ゆうちょ銀行は、長崎住吉郵便局を退職済みの元局長による存在しない架空の貯金の勧奨を装う等の方法現金詐取事案(2021年1月27日判明)に係る対応について、判明から3ヶ月経過した時点において、被害にあわれた方に対しては、個別に連絡を取って謝罪したうえで、調査の結果を踏まえて、原則として実損額全額を補償するとの判断をした。
 一方、みずほ銀行は、元本店幹部行員及川幹雄による金銭不正取得事案(2014年10月7日佐藤昇らが集団提訴)に係る対応について、提訴から6年6ヶ月経過した現在においても、詐欺被害者に謝罪することはなく、調査の結果、みずほ銀行に落ち度はなく、全て及川幹雄の責任であるとの理由で、被害額を被害者へ全く補償する必要はないとの判断をしている。(参照:平成29年7月10日記事)

<2020年みずほFG第18期定時株主総会における株主提案5議案>


(第8号議案)定款一部変更の件(優越的地位にあるみずほ銀行が、係争相手先の代理人(田邊勝己弁護士、カイロス総合法律事務所代表・上場企業アクロディア筆頭株主)に対して不当な圧力を与え、取引先(佐藤昇)等に対して不当に不利益を与える行為等の優越的地位の濫用の禁止)
1.提案内容 定款に、以下の条文を加える。 「当社グループは、公正取引委員会が2001年7月発表した『金融機関と企業の取引慣行に関する調査報告書』の金融機関における独占禁止法違反例に定められているように、金融機関は顧客より優越的地位にあることから、取引先の筆頭株主である係争相手の代理人弁護士に対して不当な圧力を与える等、取引先等に対して不当に不利益を与える行為等の優越的地位の濫用を禁止する」
2.提案の理由 複数の月刊誌(紙の爆弾平成30年8月号、月刊タイムス令和1年10月号)の報道によると、みずほ銀行本店元審査役Oによる巨額詐欺事件において、被害者達(佐藤昇や薬師寺保栄ら)が集団訴訟を提起したが、その代理人であった田邊勝己弁護士(カイロス総合法律事務所代表)は、みずほ銀行及びみずほ証券の取引先である上場企業アクロディアの筆頭株主であったことから、融資見直しの件を含め関係断絶を迫り、判決言渡期日の3日前に(佐藤昇の代理人だけを)一方的に辞任させた。司法当局者によると法曹人として尋常ではない行為であるとのことだ。このような優越的地位の濫用は、当社グループの信用を失墜させるだけでなく、独占禁止法違反となることから、多くの取引先等に不安と猜疑の気持ちを抱かせてしまうので、再発防止に努めるべきである。(みずほFG株主総会2020参戦記vol.1

■政治団体「日本を正す政治連盟」ご支援のお願い

■ 佐藤昇は、政治団体「日本を正す政治連盟」を改組発足して代表に就任しました。

 その目的は、立憲民主主義の理念に基づいた「自由・自主・自立・自尊・平等」の精神、「言論の自由・表現の自由・報道の自由」等の国民の権利を守り、@政治(立法)を正す、A官僚(行政)を正す、B司法を正す、C企業(みずほ銀行等)を正す、D報道(朝日新聞等)を正す、E世の中(倫理・道徳)を正す等、日本を正すために必要な政治活動を行なうことです。(詳細はPOLITICSにて)

 何卒、賛助金等のご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

記事の全文を読むには、会員番号が必要なページがあります。
会員番号は、下記銀行口座にお振込いただくと、入金の確認ができ次第、メールで会員番号を発行いたします。


■会員登録料のお支払い
個人会員 年間登録料 60,000円
法人会員 年間登録料 240,000円
銀行口座へのお振込でお願いします

■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net

東京地方裁判所公認のジャーナリスト佐藤昇

「佐藤昇」は、東京地方裁判所による、平成27年(ワ)第13632号判決及び平成27年(ヨ)第59号決定において、公式に「ジャーナリスト」として認定されております。詳細は PROFILEにて
「ジャーナリストの王者 (チャンピオン)」を襲名
創刊7年目で発刊300号に到達

「真夏の法曹祭」(令和元年8月1日開催)の風景

ジャーナリストの王者」佐藤昇が主催する第28回「真夏の法曹祭」の風景。中込秀樹弁護士(名古屋高等裁判所元長官)が法曹界の秘密の裏話を語る。詳細はSCHEDULEにて。

日本を正す政治連盟

ジャーナリストの王者」佐藤昇が代表者に就任して、政治団体 「日本を正す政治連盟」を改組発足しました。随時会員募集中です。 詳細はPOLITICSにて。

官公需向広告掲載募集

週刊報道サイトは、独立行政法人中小企業基盤整備機構運営「ここから調達サイト」に取引候補企業として登録され、官公需向広告掲載募集を行っております。

詳細については9月9日記事をご参照ください。

会社内におけるパワハラ・セクハラ等の人権問題相談窓口

 秘密厳守の上、弁護士他専門スタッフを派遣するなど、問題解決に尽力します。
 まずはご一報を。

相談窓口メールアドレス info@hodotokushu.net

家庭内におけるDV(家庭内暴力)・中年の引きこもり等の問題相談窓口

 秘密厳守の上、弁護士他専門スタッフを派遣するなど、問題解決に尽力します。
 まずはご一報を。

相談窓口メールアドレス info@hodotokushu.net

告知・ご注意

 週刊報道サイトの関係者であると名乗り、承認なく勝手に活動した上、恐喝・恐喝未遂を行っている者が存在するとの告発が寄せられております。
 なお、石坂幸久・中山登支彦(中山利彦)は、週刊報道サイトと一切の関係はありません。
 ご不審な事象がありましたら、お問合せ願います。

お問合せメールアドレス info@hodotokushu.net

新聞媒体配布の御案内

 週刊報道サイトは、インターネット上だけでなく、新聞媒体でもって、事件発生地域周辺へ集中的に配布する報道活動も行っております。
 マスメディアが扱えない、小さなメディアでしか報道できない事件を、相応の活動支援をして下されば、ゲラ作成から校了印刷し配布までの報道活動を請け負っております。
 新聞媒体を集中配布後は、地域住民から「よくやってくれた」と賛意や感謝の激励の言葉が数多く寄せられてきております。
日光東照宮(国宝陽明門竣工式)
稲葉尚正権宮司
稲葉久雄宮司
福原ソープランド界隈の礼儀知らず者?
徳島銀行М資金
ローソン玉塚元一会長М資金退任(週刊新潮)
小泉勝志賀町長学歴詐称(オンブズマン志賀)
 他多数実績有

朝日新聞を正す会

■平成27年2月9日、東京地方
 裁判所へ482名で提訴(vol.1)

■平成28年8月19日、甲府地方裁判所へ150名で提訴(vol.59)

■平成28年9月30日、東京高等裁判所へ229名で控訴(vol.60)

「朝日新聞を糺す国民会議」との盟約締結(vol.12)
■提訴の経緯(vol.56)
■会報(一面二面三面五面
■関行男大尉を偲ぶ(vol.17)
南京大虐殺はあったのか?(vol.30)
公式ホームページ
原告団弁護士米山健也弁護士
原告団事務局長 佐藤昇
訴状PDF
訴訟委任状PDF
問合せ先info@hodotokushu.net

大樹総研(矢島義也)

民主党議員(細野豪志ら)が群がる大樹総研(オーナー矢島義也)という実態のない団体の正体。乱交パーティーか?

カジノ解禁法案反対

セガサミー里見治自宅銃撃事件の真相を報道する

サントリーと暴力団

サントリーに完全勝利する

■サントリーが暴力団住吉会副会長へ利益供与を実行した事実の隠ぺい工作の全貌   

アライオートオークション小山

荒井商事主催アライオートオークション小山におけるメーター改ざん詐欺を争う裁判が勃発     

山崎製パン

山崎製パン大阪第一工場において異物混入したまま商品を出荷したとの内部告発文書を検証する

地位確認等請求事件への内部告発を検証する

福島県除染偽装事件等

福島県と三春町への取材結果

大林道路福島営業所への突撃取材結果

仙台震災復興生コンクリート工場詐欺事件    

リミックスポイント

國重惇史辞任

関係者4名逮捕

暴力団●道会関与か?

架空採石権4億円設定!

真珠宮ビル跡地

買付証明売買予約金策祝杯上客赤富士裏金枠偽造本間吉偲ぶ会一条工務店?刑事告訴予告公売か?武蔵野ハウジング東京都主税局徴収部とのルート構築イーストシティ藤江克彦が逃走    

齋藤衛(佐藤茂秘書?)

檻に3日間閉じ込められた後に埋められた齋藤衛氏(リュー一世・龍一成)を追悼する

イチロー選手

実父チチローから「殿堂入りする位の親不孝者だ」と言い放たれるイチロー(鈴木一朗)選手の資産管理会社IYI社の実像

阪神西岡剛選手

暴行傷害事件疑惑(診断書)・猿芝居感謝状

国立国会図書館

 週刊報道サイトは、国立国会図書館に納本され、国民共有の文化的資産として期限なく保存され続け、後世に継承されることになりました。
 詳細については9月9日記事をご参照ください。

月間アクセス数

<及川幹雄逮捕でアクセス伸張!>

<12月度のアクセス数>

<11月度のアクセス数>

<10月度のアクセス数>

<9月度のアクセス数>

<8月度のアクセス数>

<7月度のアクセス数>

<6月度のアクセス数>

<5月度のアクセス数>

お知らせ

内閣官房拉致問題対策本部事務局のバナーを上記に掲載し、2014年4月1日より、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発活動を行うために、弊社独自取材による連載記事を開始しました。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

<1> <2> <3> <4> <5> <6> <7> <8> <9> <10>


<活動ご支援金振込先>
三菱東京UFJ銀行
亀戸北口支店 普通
 0033595
週刊報道サイト株式会社

 

京都・中山記念館

マルハン韓昌祐会長(vol.5)

記事削除質問状への回答()

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

広告

広告募集中です