本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

ナチュラルローソンで販売されている「プラズマ解離水」とは、解離装置(特許4929430)を使用して解離された水なのか?、それともただの温泉水なのか? その1 株式会社山渓緑地(代表取締役:山下篤志、東京都葛飾区青戸8―5―16)の関連事業会社である株式会社FKみらいコーポレーション(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下篤志)の設備で富士麗水ビバレッジ株式会社(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下大樹)が製造して、株式会社Gratiae(グラチア、東京都港区芝浦4−9−35、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)が株式会社ローソン(代表取締役社長:竹増貞信)へ卸売している「プラズマ解離水」は、令和2年10月中旬までナチュラルローソンで購入して飲めます。是非ご試飲を!(令和2年9月28日)


株式会社ローソンの大英断だった!令和2年9月25日、株式会社ローソンは、「プラズマ解離水」を令和2年10月中旬でもってナチュラルローソンでの販売が終了する予定であることを決定した。そして、インターネットにおける販売は、店頭販売に先行して、既に販売を終了した。 (vol.2

株式会社ローソンは、令和2年9月25日の販売終了の決定から一週間で、ナチュラルローソンのサイトで検索すらできなくする、素早い対処を行った。(vol.2

ものまねタレントの福田彩乃が「飲みやすい」と論評する「プラズマ解離水」
もし、ただの温泉水だとしたら「ものまね水」ではなかろうかvol.1

 <序説>

 株式会社ローソン(代表取締役社長:竹増貞信)のナチュラルローソンで販売していて、アマゾンでも購入できる、解離装置(特許4929430)を使用して解離された「細胞を潤す水」が売り文句の「プラズマ解離水」が、令和2年10月中旬でもってナチュラルローソンでの販売が終了することになった。
 その原因を調査報道していく。

 
「プラズマ解離水」は、株式会社山渓緑地(代表取締役:山下篤志、東京都葛飾区青戸8―5―16)の関連事業会社である株式会社FKみらいコーポレーション(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下篤志)の設備で富士麗水ビバレッジ株式会社(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下大樹)が製造し、株式会社Gratiae(グラチア、東京都港区芝浦4−9−35、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)が株式会社ローソン(代表取締役社長:竹増貞信)やアマゾンへ卸売している。(vol.1

 <本節>

 まさかの販売終了だった!

 「細胞を潤す水」がキャッチコピーの「プラズマ解離水」が、令和2年10月中旬でもってナチュラルローソンでの販売が終了することになった。

 株式会社ローソン(代表取締役社長:竹増貞信)へ卸売している株式会社Gratiae(グラチア、東京都港区芝浦4−9−35、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)は、株式会社山渓緑地(代表取締役:山下篤志、東京都葛飾区青戸8―5―16)の関連事業会社である株式会社FKみらいコーポレーション(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下篤志)の設備で富士麗水ビバレッジ株式会社(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下大樹)が製造している工場において、猛暑の影響で、「プラズマ解離水」は売れすぎて、生産が追い付かないと吹聴していた矢先の販売終了の事態で、その原因は、誰もが知りたい「公共の利害に関する事実」だ

 特殊技術で水を水素原子(H+)にまで解離させた「プラズマ解離水」とは、解離装置(特許4929430)を使用して解離された水なのか?、それともただの温泉水なのか?

 もし、ただの温泉水だとしたら、水そのものをあらかじめ水素原子(H+)に解離させているのであろうか?

 そして、もし、ただの温泉水だとしたら、小腸での解離作業が必要なく、瞬時に細胞内にまでたっぷりの潤いが即浸透するのだろうか?

 「細胞を潤す、解離水」、私たち消費者が本当に必要な“水”は、解離装置(特許4929430)を使用して解離された“本物のプラズマ解離水”です

 
「プラズマ解離水」は、株式会社山渓緑地(代表取締役:山下篤志、東京都葛飾区青戸8―5―16)の関連事業会社である株式会社FKみらいコーポレーション(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下篤志)の設備で富士麗水ビバレッジ株式会社(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下大樹)が製造し、株式会社Gratiae(グラチア、東京都港区芝浦4−9−35、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)が株式会社ローソン(代表取締役社長:竹増貞信)やアマゾンへ卸売している
山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2には「富士山水館」という温泉水が自慢の旅館があった。(vol.1
 <予習>
 
株式会社Gratiae(グラチア、東京都港区芝浦4−9−35)の代表取締役の木下建志(旧姓:木下健士、テレビ朝日元社員、当時はテレビ朝日に勤務する傍ら情報処理サービス会社「メディア・リンクス」の役員を兼務)は、情報システム開発会社「メディア・リンクス」(大阪市、上場廃止)の架空取引に絡む業務上横領事件で、IT関連会社「伊藤忠テクノサイエンス」元部長らと共謀し、その元部長が経営する広告会社「ナノ・ドリームス」の銀行口座に、メディア・リンクス社の架空取引資金の一部を、2003年4、5月、計3回にわたって約800万円、約6300万円、1億円弱を振込、約1億7000万円を着服したとする嫌疑をかけられて、大阪地検特捜部から起訴されて懲役3年を求刑されたが、大阪地裁(並木正男裁判長)は「木下健士は架空取引に協力した企業の預金を自由に移動したり処分したりする権限はなかった」と指摘し、業務上横領罪は成立しないと判断し、業務上横領罪が認定されなかった場合の予備的訴因として追加した背任罪についても「取引の具体的な内容についての認識がなかった」と述べ、無罪を言い渡されて、全ての嫌疑はなくなっている。(vol.2

   株式会社ローソンの大英断だった!

 令和2年9月25日、株式会社ローソンは、「プラズマ解離水」を令和2年10月中旬でもってナチュラルローソンでの販売が終了する予定であることを決定した。

 そして、インターネットにおける販売は、店頭販売に先行して、既に販売を終了した。

 
株式会社山渓緑地(代表取締役:山下篤志、東京都葛飾区青戸8―5―16)の関連事業会社である株式会社FKみらいコーポレーション(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下篤志)の設備で「プラズマ解離水」を製造している富士麗水ビバレッジ株式会社(資本金2000万円、山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160-2、代表小林茂氏)、令和2年6月25日までに事後処理を錦織淳弁護士(千代田区麹町4-3-29 VORT紀尾井坂4階、錦織・新阜法律事務所、電話03-3263-0451)に一任した。今後、自己破産を申請する予定。 「プラズマ解離水」を製造している富士麗水ビバレッジ株式会社は、2016年(平成28年)9月に設立されたミネラルウォーター製造業者。「富士の麗水」の名称のミネラルウォーターを製造し、2018年1月期には年売上高約8200万円を計上していた。 しかし、販路が確立せず、生産能力の50%以下の稼働率にとどまり、赤字決算が続いていた。度重なる代表の交代に加え、支払遅延が聞かれるなど厳しい資金繰りが続き、先行きの見通しがつかないことから、今回の事態となった。負債は現在調査中。 なお、事業は株式会社グラチアが継続している。 (vol.2

  なお 株式会社山渓緑地(代表取締役:山下篤志、東京都葛飾区青戸8―5―16)の関連事業会社である株式会社FKみらいコーポレーション(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下篤志)の設備で「プラズマ解離水」を製造している富士麗水ビバレッジ株式会社(資本金2000万円、山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160-2、代表小林茂氏)、令和2年6月25日までに事後処理を錦織淳弁護士(千代田区麹町4-3-29 VORT紀尾井坂4階、錦織・新阜法律事務所、電話03-3263-0451)に一任した。今後、自己破産を申請する予定

 「プラズマ解離水」を製造している富士麗水ビバレッジ株式会社は、2016年(平成28年)9月に設立されたミネラルウォーター製造業者。「富士の麗水」の名称のミネラルウォーターを製造し、2018年1月期には年売上高約8200万円を計上していた。

 しかし、販路が確立せず、生産能力の50%以下の稼働率にとどまり、赤字決算が続いていた。度重なる代表の交代に加え、支払遅延が聞かれるなど厳しい資金繰りが続き、先行きの見通しがつかないことから、今回の事態となった。負債は現在調査中。

 なお、事業は株式会社グラチアが継続している。

 
株式会社ローソン(代表取締役社長:竹増貞信)へ「プラズマ解離水」を卸売していた株式会社Gratiae(グラチア、東京都港区芝浦4−9−35、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)(vol.2

 そして、その株式会社Gratiae(グラチア、東京都港区芝浦4−9−35)の代表取締役の木下建志(旧姓:木下健士、テレビ朝日元社員、当時はテレビ朝日に勤務する傍ら情報処理サービス会社「メディア・リンクス」の役員を兼務)は、情報システム開発会社「メディア・リンクス」(大阪市、上場廃止)の架空取引に絡む業務上横領事件で、IT関連会社「伊藤忠テクノサイエンス」元部長らと共謀し、その元部長が経営する広告会社「ナノ・ドリームス」の銀行口座に、メディア・リンクス社の架空取引資金の一部を、2003年4、5月、計3回にわたって約800万円、約6300万円、1億円弱を振込、約1億7000万円を着服したとする嫌疑をかけられて、大阪地検特捜部から起訴されて懲役3年を求刑されたが、大阪地裁(並木正男裁判長)は「木下健士は架空取引に協力した企業の預金を自由に移動したり処分したりする権限はなかった」と指摘し、業務上横領罪は成立しないと判断し、業務上横領罪が認定されなかった場合の予備的訴因として追加した背任罪についても「取引の具体的な内容についての認識がなかった」と述べ、無罪を言い渡されて、全ての嫌疑はなくなっている。(vol.2


まさかのグラチアによる虚偽報告だった!ローソン(代表取締役社長:竹増貞信)、Gratiae(グラチア、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)から、「プラズマ解離水」に関する井戸水の取水権や解離水の解離活性度について、デタラメ内容の報告を受けて、実質的な被害を受けていたことが判明したから、令和2年10月中旬でもってナチュラルローソンでの販売が終了する予定であることを決定し、インターネットにおける販売は、店頭販売に先行して、既に販売を終了したのであろうことが取材で明らかになった。私たち消費者が本当に必要な“水”は、ただの水道水(温泉水)ではなく、解離装置(特許4929430)を使用して解離された解離水の解離活性度を示すpKw値が13.19の“本物のプラズマ解離水”です。vol.3

 まさかのグラチアによる虚偽報告だった!

 ローソン(代表取締役社長:竹増貞信)、Gratiae(グラチア、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)から、「プラズマ解離水」に関する井戸水の取水権や解離水の解離活性度について、デタラメ内容の報告を受けて、実質的な被害を受けていたことが判明したから、令和2年10月中旬でもってナチュラルローソンでの販売が終了する予定であることを決定し、インターネットにおける販売は、店頭販売に先行して、既に販売を終了したのであろうことが取材で明らかになった。


株式会社ローソン(代表取締役社長:竹増貞信)が、「プラズマ解離水」がきちんと解離装置を使って製造されているかを、帳合(問屋)の株式会社Gratiae(グラチア、東京都港区芝浦4−9−35、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)を通して、製造会社の富士麗水ビバレッジ株式会社(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下大樹)に適宜確認したところ、写真のとおり解離装置を使用して製造しているとの回答を受けた。(vol.3

 株式会社ローソン(代表取締役社長:竹増貞信)が、「プラズマ解離水」がきちんと解離装置を使って製造されているかを、帳合(問屋)の株式会社Gratiae(グラチア、東京都港区芝浦4−9−35、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)を通して、製造会社の富士麗水ビバレッジ株式会社(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下大樹)に適宜確認したところ、写真のとおり解離装置を使用して製造しているとの回答を受けた。

 そして、株式会社ローソン(代表取締役社長:竹増貞信)が、ナチュラルローソンにおいて販売されている「プラズマ解離水」の源水となっている富士麗水ビバレッジ株式会社(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下大樹)の富士河口湖町における井戸水の取水権が失効していないかどうかを、帳合(問屋)の株式会社Gratiae(グラチア、東京都港区芝浦4−9−35、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)を通して、製造会社の富士麗水ビバレッジ株式会社(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下大樹)に確認したところ、採水地は山梨県南都留郡富士河口湖町河口との回答を受けた。

 
まさかのグラチアによる虚偽報告だった!ローソン(代表取締役社長:竹増貞信)、Gratiae(グラチア、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)から、「プラズマ解離水」に関する井戸水の取水権や解離水の解離活性度について、デタラメ内容の報告を受けて、実質的な被害を受けていたことが判明したから、令和2年10月中旬でもってナチュラルローソンでの販売が終了する予定であることを決定し、インターネットにおける販売は、店頭販売に先行して、既に販売を終了したのであろうことが取材で明らかになった。私たち消費者が本当に必要な“水”は、ただの水道水(温泉水)ではなく、解離装置(特許4929430)を使用して解離された解離水の解離活性度を示すpKw値が13.19の“本物のプラズマ解離水”です。vol.3

 更に、株式会社ローソン(代表取締役社長:竹増貞信)が、ナチュラルローソンにおいて販売されている「プラズマ解離水」が、その特許権者である花岡孝吉氏により、本来の解離水の解離活性度を示すpKw値は13.19でなければならないのに、水道水と同じ14.00であると解析されたので、帳合(問屋)の株式会社Gratiae(グラチア、東京都港区芝浦4−9−35、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)を通して、製造会社の富士麗水ビバレッジ株式会社(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下大樹)に確認してもらったところ、解離装置を購入した際に解離活性度pKw13.2との数値をいただいたが、その後は検査をしていないとの報告だったとの回答を受けた。

 すなわち、「プラズマ解離水」は、写真の解離装置を使用して製造しており、源水の採水地は山梨県南都留郡富士河口湖町河口であるが、その井戸水の取水権が失効していないかどうかは答えられない状況で、「プラズマ解離水」の特許権者である花岡孝吉氏による解離水の解離活性度を示すpKw値は、解離装置を購入した際には解離活性度pKw13.2の数値であったが、現在は水道水(温泉水)と同じ14.00であると解析されていることを否定できない状況であるということだ。

 「細胞を潤す、解離水」がキャッチコピーの「プラズマ解離水」であるが、実際は「細胞を潤すことはない、ただの水道水(温泉水)」である模様だ。

 私たち消費者が本当に必要な“水”は、ただの水道水(温泉水)ではなく、解離装置(特許4929430)を使用して解離された解離水の解離活性度を示すpKw値が13.19の“本物のプラズマ解離水”です。 vol.3


「プラズマ解離水」が、令和2年10月中旬でもってナチュラルローソンでの販売が終了する予定であることを決定し、インターネットにおける販売は、店頭販売に先行して、既に販売を終了したことから、Gratiae(グラチア、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)はインターネットでの直販を開始したのであろうか?(vol.4

「プラズマ解離水」が、令和2年10月中旬でもってナチュラルローソンでの販売が終了する予定であることを決定し、インターネットにおける販売は、店頭販売に先行して、既に販売を終了したことから、Gratiae(グラチア、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)はインターネットでの直販を開始したのであろうか?(vol.4

 消費者からのまさかの問い合わせだった!

 週刊報道サイト株式会社のジャーナリスト佐藤昇が、一般大衆を顧客とする公衆の健康や生活にかかわる事案への取材を進めていると、Gratiae(グラチア)の「プラズマ解離水」について「鉄の味がする」や「カビ臭い」とのクレームが当該会社らへ寄せられているとの情報が寄せられた。

 なので、株式会社ローソン(代表取締役社長:竹増貞信)へ、『ナチュラルローソンにおいて販売されている「プラズマ解離水」について「鉄の味がする」や「カビ臭い」とのクレームを受けておりませんか?』と尋ねると、ローソンからまさかの回答を告げられた。

 
消費者からのまさかの問い合わせだった!ローソンへ『ナチュラルローソンにおいて販売されているGratiae(グラチア)の「プラズマ解離水」について「鉄の味がする」や「カビ臭い」とのクレームを受けておりませんか?』と尋ねると、ローソンは『以前のような体感がありません。飲みにくくなった感じがします。何か成分や製法が変わったのでしょうか。』や『機械を変えたと聞きました。水のデータは最近取りましたか、以前より飲んでいますが、明らかに体感が違います。』と「プラズマ解離水」に関してお客様よりお問い合わせをいただいていた!(vol.4

 『以前のような体感がありません。飲みにくくなった感じがします。何か成分や製法が変わったのでしょうか。』「プラズマ解離水」に関してお客様よりお問い合わせをいただいております

 ローソンは、製造会社の富士麗水ビバレッジ株式会社(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下大樹)より、成分・製法は以前と同じである旨、富士山の天然水を使用しているため、季節により多少の味の変化や成分含有量の違いが生じる場合がある旨の回答を得たとのことだ。

 
消費者からのまさかの問い合わせだった!ローソンへ『ナチュラルローソンにおいて販売されているGratiae(グラチア)の「プラズマ解離水」について「鉄の味がする」や「カビ臭い」とのクレームを受けておりませんか?』と尋ねると、ローソンは『以前のような体感がありません。飲みにくくなった感じがします。何か成分や製法が変わったのでしょうか。』や『機械を変えたと聞きました。水のデータは最近取りましたか、以前より飲んでいますが、明らかに体感が違います。』と「プラズマ解離水」に関してお客様よりお問い合わせをいただいていた!(vol.4

 『機械を変えたと聞きました。水のデータは最近取りましたか、以前より飲んでいますが、明らかに体感が違います。』「プラズマ解離水」に関してお客様よりお問い合わせをいただいております

  ローソンとしては、こちらはご意見としていただいたもので回答不要だったため、製造会社の富士麗水ビバレッジ株式会社(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下大樹)からの回答はしていないとのことだ。

  なお、参考までに、Gratiae(グラチア)の「プラズマ解離水」に関するアマゾンと楽天における消費者レビューを紹介する。

 
消費者からのまさかの問い合わせだった!ローソンへ『ナチュラルローソンにおいて販売されているGratiae(グラチア)の「プラズマ解離水」について「鉄の味がする」や「カビ臭い」とのクレームを受けておりませんか?』と尋ねると、ローソンは『以前のような体感がありません。飲みにくくなった感じがします。何か成分や製法が変わったのでしょうか。』や『機械を変えたと聞きました。水のデータは最近取りましたか、以前より飲んでいますが、明らかに体感が違います。』と「プラズマ解離水」に関してお客様よりお問い合わせをいただいていた!(vol.4

〇2020年4月7日、Amazonwwjdによるアマゾンでのレビュー

 商売って簡単ですね。

 アクアポリンは水しか通さないし、特許番号調べでもただの電解水作るだけの装置でしかないのをさも頑張って開発しましたかのように見せているだけ。解離しても水のイオン積を知っていればPH 7以上でOHーの方が多いことって常識じゃないのかな??

 こういう勉強できない(常識のない)人に物を売るのって簡単だし、盲信しちゃうからバカ売れしていいね、私もやろうかな。
(49人のお客様がこれが役に立ったと考えています)

〇2020年5月24日、Amazon カスタマーによるアマゾンでのレビュー

 おすすめしません

 正直言って色々他の水と比べても何の違いも感じません
 
 パッケージだけデザイン性良いですがそれ以外魅力なし
(22人のお客様がこれが役に立ったと考えています)

 
消費者からのまさかの問い合わせだった!ローソンへ『ナチュラルローソンにおいて販売されているGratiae(グラチア)の「プラズマ解離水」について「鉄の味がする」や「カビ臭い」とのクレームを受けておりませんか?』と尋ねると、ローソンは『以前のような体感がありません。飲みにくくなった感じがします。何か成分や製法が変わったのでしょうか。』や『機械を変えたと聞きました。水のデータは最近取りましたか、以前より飲んでいますが、明らかに体感が違います。』と「プラズマ解離水」に関してお客様よりお問い合わせをいただいていた!(vol.4

〇2020年6月16日、でんでん666(40代/女性)による楽天でのレビュー

 どうなのかな?

 味音痴なのかな?

 そんなに普通のミネラルウォーターとは、差がない気がする

 本当にからだにいいの?

 よくわかりませんが、蓋の締めが甘い気がするし、すごくギリギリまで水が入ってるので、大丈夫なのか?少し不安を感じてしまいました。

〇2019年10月21日、さっちゃん414(20代/女性)による楽天でのレビュー

 びっくりしました

 ショップの対応はとても良く届くのもとても早くて素晴らしかったのですが

 プラズマ解離水の味がなんだかプラスチックが溶けたような味がしてビックリしました。

 身体に良いようなので薬だと思って頑張って飲もうと思いますが、正直言って味は美味しくないです。

 まだ1本しか飲んでいないので最初に飲んだ1本だけがその味だっら良いのですが…。

 もし全てがその味なら水に対してとても残念な気持ちです。

 ショップの対応は良かったので、もし機会があれば他の商品は購入したいです。(vol.4

 
消費者からのまさかの問い合わせだった!ローソンへ『ナチュラルローソンにおいて販売されているGratiae(グラチア)の「プラズマ解離水」について「鉄の味がする」や「カビ臭い」とのクレームを受けておりませんか?』と尋ねると、ローソンは『以前のような体感がありません。飲みにくくなった感じがします。何か成分や製法が変わったのでしょうか。』や『機械を変えたと聞きました。水のデータは最近取りましたか、以前より飲んでいますが、明らかに体感が違います。』と「プラズマ解離水」に関してお客様よりお問い合わせをいただいていた!(vol.4
 
消費者からのまさかの問い合わせだった!ローソンへ『ナチュラルローソンにおいて販売されているGratiae(グラチア)の「プラズマ解離水」について「鉄の味がする」や「カビ臭い」とのクレームを受けておりませんか?』と尋ねると、ローソンは『以前のような体感がありません。飲みにくくなった感じがします。何か成分や製法が変わったのでしょうか。』や『機械を変えたと聞きました。水のデータは最近取りましたか、以前より飲んでいますが、明らかに体感が違います。』と「プラズマ解離水」に関してお客様よりお問い合わせをいただいていた!(vol.4

消費者庁(伊藤明子長官)は、利用者から「表示と実物の産地が違う」「アレルギー表示がない」といった苦情が相次ぎ、健康被害も出ていることから、インターネットの通信販売で食品を購入する際、表示に注意するよう呼び掛けている
Gratiae(グラチア、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)の「プラズマ解離水」のネット上の食品表示が、景品表示法に違反する不当な表示に該当することはないことを消費者の健康や生活のために信じるばかりだ。(vol.5
 特殊技術で水を水素原子(H+)にまで解離させたと謳っているGratiae(グラチア、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)の「プラズマ解離水」には、「きちんと解離装置を使って製造されているか?」「井戸水の取水権が失効していないかどうか?」「特許権者である花岡孝吉氏により、解離水の解離活性度を示すpKw値は、解離装置を購入した際には解離活性度pKw13.2の数値であったが、現在は水道水(温泉水)と同じ14.00であると解析されており、解離装置(特許4929430)を使用して解離された解離水の解離活性度を示すpKw値が13.19の“本物のプラズマ解離水”なのか?との疑義がある状態だ

 そして、一般大衆を顧客とする公衆の健康や生活にかかわる事案への取材を進めている報道機関の週刊報道サイトには、Gratiae(グラチア、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)の「プラズマ解離水」について「鉄の味がする」や「カビ臭い」とのクレームが当該会社らへ寄せられているとの告発情報が寄せられている。

 そのような状況の中、インターネットの通信販売でGratiae(グラチア、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)の「プラズマ解離水」を販売しているインターネットショッピングモールでは、販売商品に法令違反や安全性の課題等があれば、Gratiae(グラチア、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)への指導や、販売停止などの措置をとるケースもあり得、事実の確認、適切な対応を行うべきと考えて、「プラズマ解離水」を取り扱っているGratiae(グラチア、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)および消費者庁への照会が開始されている

 また、インターネットの通信販売でGratiae(グラチア、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)の「プラズマ解離水」を販売しているインターネットショッピングモールは、関係者を含めて、疑義やクレームの存在等の事実の詳細を確認して、その確認結果に応じて、適切に対応する方針を打ち出している

 インターネットショッピングモールから消費者庁への照会が開始されているような「プラズマ解離水」という景品を製造している株式会社山溪緑地(代表取締役:山下篤志、東京都葛飾区青戸8―5―16)の関連事業会社である株式会社FKみらいコーポレーション(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下篤志)の設備で生産している富士麗水ビバレッジ株式会社(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下大樹)が製造者責任を問われることにはならないのであろうか?
 
「プラズマ解離水」を販売しているインターネットショッピングモールにおいて、疑義やクレームの存在等の事実の詳細を確認して、適切な対応を行うべきと考えて、「プラズマ解離水」を取り扱っているGratiae(グラチア、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)とその関係者および消費者庁への照会が開始されている。インターネットショッピングモールから消費者庁への照会が開始されているような「プラズマ解離水」という食品を製造している株式会社山溪緑地(代表取締役:山下篤志、東京都葛飾区青戸8―5―16)の関連事業会社である株式会社FKみらいコーポレーション(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下篤志)の設備で生産している富士麗水ビバレッジ株式会社(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下大樹)が製造者責任を問われることにはならないのであろうか?Gratiae(グラチア、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)の「プラズマ解離水」のネット上の食品表示が、景品表示法に違反する不当な表示に該当することはないことを、消費者の健康や生活のために信じるばかりだ。 (vol.5
 なお、消費者庁は、ネット上の表示は食品表示法の規制対象外のため、インターネットの通信販売で食品を購入する際、表示に注意するよう呼び掛けている。

 それは、新型コロナウイルス禍の「巣ごもり需要」で購入機会が増えている中、利用者からは「表示と実物の産地が違う」「アレルギー表示がない」といった苦情が相次ぎ、健康被害も出ているからだ。

 もし、景品表示法に違反する不当な表示や、過大な景品類の提供が行われている疑いがある場合、消費者庁は、関連資料の収集、事業者への事情聴取などの調査を実施している。

 また、不当表示を規制する法律には、主に景品表示法(景表法)と不正競争防止法(不競法)があり、不競法では刑事罰が科されるリスクもある。

 Gratiae(グラチア、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)の「プラズマ解離水」のネット上の食品表示が、景品表示法に違反する不当な表示に該当することはないことを、消費者の健康や生活のために信じるばかりだ
 
「プラズマ解離水」を販売しているインターネットショッピングモールにおいて、疑義やクレームの存在等の事実の詳細を確認して、適切な対応を行うべきと考えて、「プラズマ解離水」を取り扱っているGratiae(グラチア、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)とその関係者および消費者庁への照会が開始されている。インターネットショッピングモールから消費者庁への照会が開始されているような「プラズマ解離水」という食品を製造している株式会社山溪緑地(代表取締役:山下篤志、東京都葛飾区青戸8―5―16)の関連事業会社である株式会社FKみらいコーポレーション(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下篤志)の設備で生産している富士麗水ビバレッジ株式会社(山梨県南都留郡富士河口湖町河口1160―2、代表取締役:山下大樹)が製造者責任を問われることにはならないのであろうか?Gratiae(グラチア、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)の「プラズマ解離水」のネット上の食品表示が、景品表示法に違反する不当な表示に該当することはないことを、消費者の健康や生活のために信じるばかりだ。 (vol.5
〇ネットの食品表示、調査へ 規制対象外、健康被害も
2020/10/17 6:52 共同通信配信

 消費者庁は、インターネットの通信販売で食品を購入する際、表示に注意するよう呼び掛けている。ネット上の表示は食品表示法の規制対象外のためだ。新型コロナウイルス禍の「巣ごもり需要」で購入機会が増えている中、利用者からは「表示と実物の産地が違う」「アレルギー表示がない」といった苦情が相次ぎ、健康被害も出ている。同庁はネット通販会社やプラットフォーム企業を対象に実態調査を始める。

 消費者庁の伊藤明子長官は「食品の国際的な基準を策定する政府間組織『コーデックス委員会』では、ルール作りの機運が高まっている。調査をこうしたルール作りに役立てたい」としている。

〇不当表示 不競法は刑事罰リスクも
2017/10/2付日本経済新聞朝刊

 食品の産地偽装などで企業が摘発される例が相次いでいる。不当表示を規制する法律には主に景品表示法(景表法)と不正競争防止法(不競法)があり、不競法では刑事罰が科されるリスクもある。それぞれどんな例が当てはまるのか。 景表法は消費者庁が所管し、基本的には広告やパッケージ表記など消費者向けの不当表示を取り締まる。飲食店のメニューに、実際には使っていないブランド食材名を使うなど、品質を実際より著しく優れ…

〇景品表示法違反行為を行った場合はどうなるのでしょうか?
担当:消費者庁表示対策課

 景品表示法に違反する行為に対しては、措置命令などの措置が採られます。

 景品表示法に違反する不当な表示や、過大な景品類の提供が行われている疑いがある場合、消費者庁は、関連資料の収集、事業者への事情聴取などの調査を実施します。調査の結果、違反行為が認められた場合は、消費者庁は、当該行為を行っている事業者に対し、不当表示により一般消費者に与えた誤認の排除、再発防止策の実施、今後同様の違反行為を行わないことなどを命ずる「措置命令」を行います。違反の事実が認められない場合であっても、違反のおそれのある行為がみられた場合は指導の措置が採られます。

 また、事業者が不当表示をする行為をした場合、景品表示法第5条第3号に係るものを除き、消費者庁は、その他の要件を満たす限り、当該事業者に対し、課徴金の納付を命じます(課徴金納付命令)。

 都道府県でも景品表示法を運用しています。

 違反行為を迅速、効果的に規制できるよう、都道府県知事も景品表示法に基づく権限を有しており、違反行為者に対して、措置命令を行うことができます。(vol.5
 
株式会社Gratiae(グラチア、東京都港区芝浦4−9−35、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)のインターネットショッピングモールで販売している「プラズマ解離水」に関して一般大衆を顧客とする公衆の健康や生活にかかわる「食品表示偽装」の疑義等の様々な告発情報が寄せられているが、消費者庁表示対策課が、「プラズマ解離水」の表示に関することが、景品表示法等に違反するか否かなどについて回答することは、株式会社Gratiae(グラチア)の正当な利益を害するおそれ及び消費者庁が行う調査に支障を及ぼすおそれなどがあることから、差し控えることとなるのはやむを得ない。(vol.6
 現在、一般大衆を顧客とする公衆の健康や生活にかかわる「食品表示偽装」等の事案への取材を進めている週刊報道サイト株式会社の元へは、株式会社Gratiae(グラチア、東京都港区芝浦4−9−35、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)のインターネットショッピングモールで販売している「プラズマ解離水」に関して

 「株式会社山溪緑地の関連事業会社株式会社FKみらいコーポレーションの設備で富士麗水ビバレッジ株式会社(代表取締役:山下大樹)が製造している「プラズマ解離水」の実際の性能が、商品に表示されているもの(特許4929430)と異なる可能性があり、法的問題に発展する可能性が極めて高い疑義」や

 「株式会社山溪緑地の関連事業会社株式会社FKみらいコーポレーションの設備で富士麗水ビバレッジ株式会社(代表取締役:山下大樹)が製造して株式会社Gratiae(グラチア)を通じて株式会社ローソンに納品して、ナチュラルローソンで販売していた「プラズマ解離水」(特許4929430)の乖離測定結果は水道水及び浄水の解離指数とほぼ同レベルであり、解離装置を使用しないままに製造された商品である可能性が極めて高い疑義」や

 「株式会社山溪緑地の関連事業会社である株式会社FKみらいコーポレーションが、正式な井戸の掘削許可を継承していない疑義」や

 「株式会社山溪緑地の関連事業会社株式会社FKみらいコーポレーションの設備を使用して「プラズマ解離水」を製造している富士麗水ビバレッジ株式会社(代表取締役:山下大樹)が事実上の破綻を来した時期によっては、商品代金を受領した行為そのものが法的問題を帯びている可能性が高い疑義」や

 「株式会社山溪緑地の関連事業会社株式会社FKみらいコーポレーションの設備で富士麗水ビバレッジ株式会社(代表取締役:山下大樹)が製造して株式会社Gratiae(グラチア)を通じて株式会社ローソンに納品して、ナチュラルローソンで販売している「プラズマ解離水」(特許4929430)が飲料用の水ではなく、温泉の水である疑義」や

 「インターネットショッピングモールで販売している「プラズマ解離水」について、弊社へは「鉄の味がする」や「カビ臭い」とのクレームが当該会社らへ寄せられているとの告発情報が寄せられているだけでなく、ナチュラルローソンを運営する株式会社ローソン(代表取締役社長:竹増貞信)へは「以前のような体感がありません。飲みにくくなった感じがします。何か成分や製法が変わったのでしょうか。」や「機械を変えたと聞きました。水のデータは最近取りましたか、以前より飲んでいますが、明らかに体感が違います。」との問い合わせが寄せられている事実

等の告発情報が寄せられてきている

株式会社Gratiae(グラチア、東京都港区芝浦4−9−35、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)のインターネットショッピングモールで販売している「プラズマ解離水」に関して一般大衆を顧客とする公衆の健康や生活にかかわる「食品表示偽装」の疑義等の様々な告発情報が寄せられているが、消費者庁表示対策課が、「プラズマ解離水」の表示に関することが、景品表示法等に違反するか否かなどについて回答することは、株式会社Gratiae(グラチア)の正当な利益を害するおそれ及び消費者庁が行う調査に支障を及ぼすおそれなどがあることから、差し控えることとなるのはやむを得ない。(vol.6
 なお、消費者庁表示対策課とは、景品表示法等に違反する疑いがある表示について調査する部署である。

 消費者庁表示対策課が、株式会社Gratiae(グラチア、東京都港区芝浦4−9−35、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)の「プラズマ解離水」の表示に関することが、景品表示法等に違反するか否かなどについて回答することは、株式会社Gratiae(グラチア)の正当な利益を害するおそれ及び消費者庁が行う調査に支障を及ぼすおそれなどがあることから、差し控えることとなるのはやむを得ない

 そこで、基本的な景品表示法等の考え方についてご紹介していく。
 
株式会社Gratiae(グラチア、東京都港区芝浦4−9−35、代表取締役:木下建志・旧姓:木下健士)のインターネットショッピングモールで販売している「プラズマ解離水」に関して一般大衆を顧客とする公衆の健康や生活にかかわる「食品表示偽装」の疑義等の様々な告発情報が寄せられているが、消費者庁表示対策課が、「プラズマ解離水」の表示に関することが、景品表示法等に違反するか否かなどについて回答することは、株式会社Gratiae(グラチア)の正当な利益を害するおそれ及び消費者庁が行う調査に支障を及ぼすおそれなどがあることから、差し控えることとなるのはやむを得ない。(vol.6
〇景品表示法とは

 景品表示法は、良い商品・サービスを安心して選べる環境を守ります。

 消費者なら、誰もがより良い商品・サービスを求めます。

 ところが、実際よりも良く見せかける表示が行われたり、過大な景品類の提供が行われたりすると、それらにつられて消費者が実際には質の良くない商品・サービスを買ってしまい不利益を被るおそれがあります。

 このような不当表示や不当景品から一般消費者の利益を保護するための法律が「景品表示法(正式名称:不当景品類及び不当表示防止法)」です。

 景品表示法は、商品・サービスの品質、内容、価格等を偽って表示を行うことを厳しく規制するとともに、過大な景品類の提供を防ぐために景品類の最高額等を制限することなどにより、消費者のみなさんがより良い商品・サービスを自主的かつ合理的に選べる環境を守ります。 

 品質や価格などは、消費者が商品・サービスを選ぶ重要な基準になりますから、その表示は正しく、分かりやすいことが大前提です。

 ところが、商品・サービスの品質や価格について実際よりも著しく優良又は有利と見せかける表示が行われると、消費者の適切な商品・サービスの選択が妨げられてしまいます。

 このため、景品表示法では、一般消費者に商品・サービスの品質や価格について、実際のもの等より著しく優良又は有利であると誤認される表示(不当表示)を禁止しています。

 景品表示法に違反する不当表示については、事業者側に故意・過失がなかったとしても、景品表示法に基づく措置命令が行われることとなります。

 平成25年秋以降、ホテルが提供する料理等のメニュー表示に関して、表示と異なる食材が使用されていた事実が次々と明らかとなり、消費者の安全・安心が揺るがされる事態(いわゆる食品表示等問題)が発生しました。

 この問題を受けて、消費者庁では、違反事業者に対して措置命令を行ったほか、メニュー表示等に係る景品表示法上の考え方を公表しました。

 また、平成26年には2度にわたって景品表示法の改正が行われました。

 1度目の法改正では、事業者が講ずべき必要な措置が定められたほか、都道府県知事に措置命令権限等が付与され、さらに事業所管大臣等に調査権限を委任することができるようになったことによって行政の監視指導態勢の強化が図られました。

 また、2度目の法改正を受けて、景品表示法に課徴金制度が導入されました。(vol.6

<次回予告>

  株式会社ローソンは、三菱商事の子会社として三菱グループに属している東証一部上場企業として極めて公益性の高い企業であるだけでなく、国内店舗数3位のコンビニエンスストアチェーンとして、一般大衆を顧客とする公衆の健康や生活にかかわる公共的事業を行っている株式会社ローソンのナチュラルローソンで販売している「プラズマ解離水」に関わり、多くの法的問題を帯びている可能性が高い告発情報の真相は、公共の利害に関する事実であり、その真相を世間に周知させることは、国民の知る権利に奉仕し、専ら公益を図り、社会の利益に繋がることから、調査報道していく。


三菱商事から生え抜き
ローソン社長竹増貞信氏と
落下傘で着ていたただの
外様
ローソン元会長玉塚元一氏

平成29年4月12日、三菱商事(vol.51)傘下のローソン代表取締役会長玉塚元一が退任を発表した。その退任原因は、週刊報道サイトの新聞媒体による糾弾報道により具次龍朝鮮総連最高幹部石井進稲川会二代目会長をも喰った岩合直美らを通じて、M資金申込していたことが明らかにされたことによるものであろうと、平成29年4月20日発売の週刊新潮が報道した。(vol.52)(参照:デイリー新潮「週刊新潮」2017年4月27日号掲載

平成29年4月12日、三菱商事(vol.51)傘下のローソン代表取締役会長玉塚元一が退任を発表した。その退任原因は、週刊報道サイトの新聞媒体による糾弾報道により具次龍朝鮮総連最高幹部石井進稲川会二代目会長をも喰った岩合直美らを通じて、M資金申込していたことが明らかにされたことによるものであろうと、平成29年4月20日発売の週刊新潮が報道した。(vol.52)(参照:デイリー新潮「週刊新潮」2017年4月27日号掲載

■政治団体「日本を正す政治連盟」ご支援のお願い

 佐藤昇は、政治団体「日本を正す政治連盟」を改組発足して代表に就任しました。

 その目的は、立憲民主主義の理念に基づいた「自由・自主・自立・自尊・平等」の精神、「言論の自由・表現の自由・報道の自由」等の国民の権利を守り、@政治(立法)を正す、A官僚(行政)を正す、B司法を正す、C企業(みずほ銀行等)を正す、D報道(朝日新聞等)を正す、E世の中(倫理・道徳)を正す等、日本を正すために必要な政治活動を行なうことです。(詳細はPOLITICSにて)

 何卒、賛助金等のご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

■会員登録料のお支払い
個人会員 年間登録料(ご支援金含む) 60,000円
法人会員 年間登録料(ご支援金含む) 240,000円
銀行口座へのお振込でお願いします

■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net

東京地方裁判所公認のジャーナリスト佐藤昇

「佐藤昇」は、東京地方裁判所による、平成27年(ワ)第13632号判決及び平成27年(ヨ)第59号決定において、公式に「ジャーナリスト」として認定されております。詳細は PROFILEにて
「ジャーナリストの王者 (チャンピオン)」を襲名
創刊7年目で発刊300号に到達

「真夏の法曹祭」(令和元年8月1日開催)の風景

ジャーナリストの王者」佐藤昇が主催する第28回「真夏の法曹祭」の風景。中込秀樹弁護士(名古屋高等裁判所元長官)が法曹界の秘密の裏話を語る。詳細はSCHEDULEにて。

日本を正す政治連盟

ジャーナリストの王者」佐藤昇が代表者に就任して、政治団体 「日本を正す政治連盟」を改組発足しました。随時会員募集中です。 詳細はPOLITICSにて。

官公需向広告掲載募集

週刊報道サイトは、独立行政法人中小企業基盤整備機構運営「ここから調達サイト」に取引候補企業として登録され、官公需向広告掲載募集を行っております。

詳細については9月9日記事をご参照ください。

会社内におけるパワハラ・セクハラ等の人権問題相談窓口

 秘密厳守の上、弁護士他専門スタッフを派遣するなど、問題解決に尽力します。
 まずはご一報を。

相談窓口メールアドレス info@hodotokushu.net

家庭内におけるDV(家庭内暴力)・中年の引きこもり等の問題相談窓口

 秘密厳守の上、弁護士他専門スタッフを派遣するなど、問題解決に尽力します。
 まずはご一報を。

相談窓口メールアドレス info@hodotokushu.net

告知・ご注意

 週刊報道サイトの関係者であると名乗り、承認なく勝手に活動した上、恐喝・恐喝未遂を行っている者が存在するとの告発が寄せられております。
 なお、石坂幸久・中山登支彦(中山利彦)は、週刊報道サイトと一切の関係はありません。
 ご不審な事象がありましたら、お問合せ願います。

お問合せメールアドレス info@hodotokushu.net

新聞媒体配布の御案内

 週刊報道サイトは、インターネット上だけでなく、新聞媒体でもって、事件発生地域周辺へ集中的に配布する報道活動も行っております。
 マスメディアが扱えない、小さなメディアでしか報道できない事件を、相応の活動支援をして下されば、ゲラ作成から校了印刷し配布までの報道活動を請け負っております。
 新聞媒体を集中配布後は、地域住民から「よくやってくれた」と賛意や感謝の激励の言葉が数多く寄せられてきております。
日光東照宮(国宝陽明門竣工式)
稲葉尚正権宮司(不倫と中絶の巣)
稲葉久雄宮司(ラブホテル三昧)
福原ソープランド界隈の礼儀知らず者?
徳島銀行М資金
ローソン玉塚元一会長М資金退任(週刊新潮)
小泉勝志賀町長学歴詐称(オンブズマン志賀)
 他多数実績有

朝日新聞を正す会

■平成27年2月9日、東京地方
 裁判所へ482名で提訴(vol.1)

■平成28年8月19日、甲府地方裁判所へ150名で提訴(vol.59)

■平成28年9月30日、東京高等裁判所へ229名で控訴(vol.60)

「朝日新聞を糺す国民会議」との盟約締結(vol.12)
■提訴の経緯(vol.56)
■会報(一面二面三面五面
■関行男大尉を偲ぶ(vol.17)
南京大虐殺はあったのか?(vol.30)
公式ホームページ
原告団弁護士米山健也弁護士
原告団事務局長 佐藤昇
訴状PDF
訴訟委任状PDF
問合せ先info@hodotokushu.net

大樹総研(矢島義也)

民主党議員(細野豪志ら)が群がる大樹総研(オーナー矢島義也)という実態のない団体の正体。乱交パーティーか?

カジノ解禁法案反対

セガサミー里見治自宅銃撃事件の真相を報道する

サントリーと暴力団

サントリーに完全勝利する

■サントリーが暴力団住吉会副会長へ利益供与を実行した事実の隠ぺい工作の全貌   

アライオートオークション小山

荒井商事主催アライオートオークション小山におけるメーター改ざん詐欺を争う裁判が勃発     

山崎製パン

山崎製パン大阪第一工場において異物混入したまま商品を出荷したとの内部告発文書を検証する

地位確認等請求事件への内部告発を検証する

福島県除染偽装事件等

福島県と三春町への取材結果

大林道路福島営業所への突撃取材結果

仙台震災復興生コンクリート工場詐欺事件    

リミックスポイント

國重惇史辞任

関係者4名逮捕

暴力団●道会関与か?

架空採石権4億円設定!

真珠宮ビル跡地

買付証明売買予約金策祝杯上客赤富士裏金枠偽造本間吉偲ぶ会一条工務店?刑事告訴予告公売か?武蔵野ハウジング東京都主税局徴収部とのルート構築イーストシティ藤江克彦が逃走    

齋藤衛(佐藤茂秘書?)

檻に3日間閉じ込められた後に埋められた齋藤衛氏(リュー一世・龍一成)を追悼する

イチロー選手

実父チチローから「殿堂入りする位の親不孝者だ」と言い放たれるイチロー(鈴木一朗)選手の資産管理会社IYI社の実像

阪神西岡剛選手

暴行傷害事件疑惑(診断書)・猿芝居感謝状

国立国会図書館

 週刊報道サイトは、国立国会図書館に納本され、国民共有の文化的資産として期限なく保存され続け、後世に継承されることになりました。
 詳細については9月9日記事をご参照ください。

月間アクセス数

<及川幹雄逮捕でアクセス伸張!>

<12月度のアクセス数>

<11月度のアクセス数>

<10月度のアクセス数>

<9月度のアクセス数>

<8月度のアクセス数>

<7月度のアクセス数>

<6月度のアクセス数>

<5月度のアクセス数>

お知らせ

内閣官房拉致問題対策本部事務局のバナーを上記に掲載し、2014年4月1日より、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発活動を行うために、弊社独自取材による連載記事を開始しました。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

<1> <2> <3> <4> <5> <6> <7> <8> <9> <10>


<活動ご支援金振込先>
三菱東京UFJ銀行
亀戸北口支店 普通
 0033595
週刊報道サイト株式会社

 

京都・中山記念館

マルハン韓昌祐会長(vol.5)

記事削除質問状への回答()

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

広告

広告募集中です