本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

    

「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 その3 昭和大学薬学部教授佐藤均先生に聞きました!佐藤均教授に「損害賠償請求の原因の共同不法行為責任」に対するさまざまな疑問を質問させていただきまして、その答弁書の言い分を原文ママ全文公開いたします。(令和3年10月11日)


昭和大学薬学部教授佐藤均先生に聞きました!佐藤均教授に「損害賠償請求の原因の共同不法行為責任」に対するさまざまな疑問を質問させていただきまして、その答弁書の言い分を原文ママ全文公開いたします。 (vol.3)

 <本節>

 昭和大学薬学部教授佐藤均先生に聞きました!

 佐藤均教授に「損害賠償請求の原因の共同不法行為責任」に対するさまざまな疑問を質問させていただきまして、その答弁書の言い分を原文ママ全文公開いたします。

〇訴状の「請求の趣旨」に記載されている原告の申立てについて
 (1)原告市井の中小企業の請求を棄却する。
 (2)訴訟費用は原告市井の中小企業の負担とする。
 との判決を求める。

 
昭和大学薬学部教授佐藤均先生に聞きました!佐藤均教授に「損害賠償請求の原因の共同不法行為責任」に対するさまざまな疑問を質問させていただきまして、その答弁書の言い分を原文ママ全文公開いたします。 (vol.3)

〇訴状の「請求の原因」に記載されている事実についての昭和大学薬学部教授佐藤均の言い分

1 黒竜江中昇生物科技有限公司から市井の中小企業が総代理店契約を解除されたことについて、私(佐藤均)は関与していません。

2 市井の中小企業の 役員を昨年11月ごろから辞任する旨を何度も伝えていました。

 役員を解除しなかったのは、市井の中小企業の問題です。

 こちら(佐藤均)には紹介や専門的なアドバイスは求めるが、給与や配当ももらったことがない。

 研究にかかる費用も請求したが払われず、実費でした。

3 市井の中小企業のために、CBDを購入するお客さんを紹介してあげた。

 市井の中小企業の販売先のほとんどが私(佐藤均)の紹介です。

 しかし、市井の中小企業の役員の売り込みが激しく、押し売りのようというクレームが紹介者の私(佐藤均)にきており、市井の中小企業のCBD販売力のなさが当初より露呈していた。

 また、販売数もしる限りは数キロにしか及ばず、販売力がないのに、損害云々というのは不思議である。

 そもそも不動産業しかやったことのない人間がCBD原料販売、しかも難易度の高いCBD製品を扱おうとした点に無理があったと考える。

 
昭和大学薬学部教授佐藤均先生に聞きました!佐藤均教授に「損害賠償請求の原因の共同不法行為責任」に対するさまざまな疑問を質問させていただきまして、その答弁書の言い分を原文ママ全文公開いたします。 (vol.3)

4 今回の裁判内容を悪質な恐喝ブラックジャーナルである週刊報道サイトに市井の中小企業側が漏洩し、被告すべて(プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)と佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤と細山紳二)に対する名誉棄損、信用毀損、営業妨害、肖像権侵害等を引き起こしたことは、極めて遺憾である。

 昨今のネット上での侮辱や個人情報漏洩等は刑事罰を含む厳罰化の対象となっており、今回の情報漏洩も相当の刑事的処罰が適用されると思慮します。

 さらに私の職場である昭和大学にも脅迫の手紙(取材申込書であると推認される)が来ており学内で大きな問題となっております

 今回の裁判における市井の中小企業側の誣告罪と併せて、ブラックジャーナルを使って本裁判の内容を社会に広く知らしめようとした動機を知りたいと思います。

 大学への脅迫(取材申込であると推認される)については別件として大学側が対応しているため、証拠資料は大学からの承認が得られ次第提出します。

 
昭和大学薬学部教授佐藤均先生に聞きました!佐藤均教授に「損害賠償請求の原因の共同不法行為責任」に対するさまざまな疑問を質問させていただきまして、その答弁書の言い分を原文ママ全文公開いたします。 (vol.3)

5 市井の中小企業は、黒竜江中昇生物科技有限公司側とのやりとりを証拠として提出しているが、そこには契約不履行に伴う黒竜江中昇生物科技有限公司の判断によって独占代理権が解除されて通常の代理権に変更されたことが記載されている。

 そこに私(佐藤均)の意思や判断が反映された事実はない。

 今回の訴訟提起をきっかけとして細山紳二氏に尋ねたところ、日付が修正されずに記載されたままの誤った契約書を市井の中小企業側が入手しただけでであって、正しい日付の契約書ではないとの説明を受けた。

 従って、市井の中小企業の主張は推測と誤認に基づいたものである。

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件
昭和大学薬学部教授佐藤均先生に聞きました!佐藤均教授に「損害賠償請求の原因の共同不法行為責任」に対するさまざまな疑問を質問させていただきまして、その答弁書の言い分を原文ママ全文公開いたします。 (vol.3)

「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 答弁書の書き方も知らないのに、まさかの本人訴訟続行への意志を示す佐藤均(昭和大学教授)!西山渉裁判官の薦めと丁寧な説明にも関わらず、頑なに断って「代理人弁護士を頼む必要はない」と放言!そして、上総秀一弁護士(あきつ総合法律事務所)のウェブ弁論の要望は佐藤均の本人訴訟続行を理由に却下! (vol.4)

 佐藤均(昭和大学教授)による本人訴訟が続行へ!

 西山渉裁判官の薦めと丁寧な説明にも関わらず、頑なに断って「代理人弁護士を頼む必要はない」と放言!

 そして、上総秀一弁護士のウェブ弁論の要望は佐藤均の本人訴訟続行を理由に却下!

 2021年10月11日13:30〜、東京地方裁判所601号法廷において、東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)と

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 答弁書の書き方も知らないのに、まさかの本人訴訟続行への意志を示す佐藤均(昭和大学教授)!西山渉裁判官の薦めと丁寧な説明にも関わらず、頑なに断って「代理人弁護士を頼む必要はない」と放言!そして、上総秀一弁護士(あきつ総合法律事務所)のウェブ弁論の要望は佐藤均の本人訴訟続行を理由に却下! (vol.4)

細山紳二と佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を被告とした損害賠償請求事件(令和3年(ワ)第23033号)の第一回口頭弁論が開催された。

 傍聴人は、佐藤均(昭和大学薬学部教授)曰く悪質な恐喝ブラックジャーナルである週刊報道サイトを主宰する「ジャーナリストの王者」佐藤昇と東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジングの法務部の者と推認される女性の二人である。

 そして、原告側は、市井の中小企業の代理人弁護士の二人が入廷していた。

 そして、被告側は、4日前に受任したばかりの東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)と細山紳二の三者の代理人弁護士の上総秀一弁護士(あきつ総合法律事務所)が入廷していた。

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 答弁書の書き方も知らないのに、まさかの本人訴訟続行への意志を示す佐藤均(昭和大学教授)!西山渉裁判官の薦めと丁寧な説明にも関わらず、頑なに断って「代理人弁護士を頼む必要はない」と放言!そして、上総秀一弁護士(あきつ総合法律事務所)のウェブ弁論の要望は佐藤均の本人訴訟続行を理由に却下! (vol.4)

 まさかの佐藤均(昭和大学教授)見参!

 そして、週刊報道サイトを悪質な恐喝ブラックジャーナルであると評する佐藤均(昭和大学薬学部教授)代理人弁護士に依頼せず本人が入廷していた。

 本来、民事裁判における第一回口頭弁論においては、被告側は擬制陳述にして、欠席することが多いが、この裁判は、きちんと上総秀一弁護士が出席して、また、佐藤均(昭和大学薬学部教授)も見参していた。

 そして、西山渉裁判官(布施木徹書記官)が入廷してきて、公判が始まった。

 上総秀一弁護士は11月15日までに被告三者の準備書面を提出する旨を述べた。

 西山渉裁判官は、被告呉松濤は、今後代理人弁護士を選任し、当該弁護士に訴訟追行を委任することを検討している旨を説明した。

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 答弁書の書き方も知らないのに、まさかの本人訴訟続行への意志を示す佐藤均(昭和大学教授)!西山渉裁判官の薦めと丁寧な説明にも関わらず、頑なに断って「代理人弁護士を頼む必要はない」と放言!そして、上総秀一弁護士(あきつ総合法律事務所)のウェブ弁論の要望は佐藤均の本人訴訟続行を理由に却下! (vol.4)

 答弁書の書き方も知らないのに、まさかの本人訴訟続行への意志を示す佐藤均(昭和大学教授)

 西山渉裁判官は、答弁書の書き方も知らない佐藤均(昭和大学薬学部教授)に対して、
「答弁書とは、原告の訴状に記載された主張の事実関係に対して、『認める』『認めない(否認)』『知らない(不知)』の概ね三つの認否を示す作業が必要となり、『認めない(否認)』とする時は、その理由を付記する必要があります」
と丁寧に説明した。

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 答弁書の書き方も知らないのに、まさかの本人訴訟続行への意志を示す佐藤均(昭和大学教授)!西山渉裁判官の薦めと丁寧な説明にも関わらず、頑なに断って「代理人弁護士を頼む必要はない」と放言!そして、上総秀一弁護士(あきつ総合法律事務所)のウェブ弁論の要望は佐藤均の本人訴訟続行を理由に却下! (vol.4)

 西山渉裁判官による丁寧な説明に対して、佐藤均(昭和大学教授)がまさかの回答をした。

 「私(佐藤均)は(否認の理由を付記できるので)代理人弁護士は必要ないと考えます」

 既報の通り(vol.3)、佐藤均(昭和大学薬学部教授)は、10月3日提出の答弁書に

 「今回の裁判内容を悪質な恐喝ブラックジャーナルである週刊報道サイトに市井の中小企業側が漏洩し、被告すべてに対する名誉棄損、信用毀損、営業妨害、肖像権侵害等を引き起こした

 「私の職場である昭和大学にも脅迫の手紙(取材申込書であると推認される)が来ており、学内で大きな問題となっている

 などの無意味な記載だけして、最低限必要な『認める』『認めない(否認)』『知らない(不知)』の概ね三つの認否を示す作業すら怠り、『認めない(否認)』とする時の理由すらも付記せず、佐藤均(昭和大学薬学部教授)は答弁書の書き方すら知らないことが露呈した。

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 答弁書の書き方も知らないのに、まさかの本人訴訟続行への意志を示す佐藤均(昭和大学教授)!西山渉裁判官の薦めと丁寧な説明にも関わらず、頑なに断って「代理人弁護士を頼む必要はない」と放言!そして、上総秀一弁護士(あきつ総合法律事務所)のウェブ弁論の要望は佐藤均の本人訴訟続行を理由に却下! (vol.4)

 佐藤均(昭和大学薬学部教授)は、CBD(カンナビジオール)については詳しいのであろうが、民事裁判については、何の知識の持ち合わせていないことが、公判の場で明らかとなった。

 上総秀一弁護士は、西山渉裁判官に対して、「第二回弁論から、公開されないウェブ弁論にできないでしょうか?」と要望した。

 しかし、西山渉裁判官は「ウェブ弁論は、当事者(原告と被告共に)に全て代理人弁護士がいないとできません」と採用しなかった

 そして、西山渉裁判官は、「次回(第二回弁論)は、11月22日月曜日の14時〜、本法廷(601号法廷)で行います」と述べて、第一回口頭弁論は終演した。 

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 答弁書の書き方も知らないのに、まさかの本人訴訟続行への意志を示す佐藤均(昭和大学教授)!西山渉裁判官の薦めと丁寧な説明にも関わらず、頑なに断って「代理人弁護士を頼む必要はない」と放言!そして、上総秀一弁護士(あきつ総合法律事務所)のウェブ弁論の要望は佐藤均の本人訴訟続行を理由に却下! (vol.4)

 次回(11月15日)までに、東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)と細山紳二の三者がどのような答弁書を提出してくるのだろうか?だけでなく、佐藤均(昭和大学薬学部教授)がきちんと西山渉裁判官から説明された要旨に沿った内容の答弁書を提出できるのかどうかが楽しみだ。 (vol.4)

 <起因>

 2021年9月3日、東京地方裁判所において、東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)と

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 まさかのブラック・プロフェッサーが暗躍か?昭和大学薬学部教授佐藤均が仲間をだまして、取締役として潜り込んだ市井の中小企業の独占販売店契約を、プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が横取りした模様。そして、社会通念上、自由競争の範囲を逸脱する不法行為である共同不法行為責任を追及する裁判が勃発! (vol.1)

その100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)と細山紳二佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を被告とした損害賠償請求事件(令和3年(ワ)第23033号)が提訴された

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 まさかのブラック・プロフェッサーが暗躍か?昭和大学薬学部教授佐藤均が仲間をだまして、取締役として潜り込んだ市井の中小企業の独占販売店契約を、プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が横取りした模様。そして、社会通念上、自由競争の範囲を逸脱する不法行為である共同不法行為責任を追及する裁判が勃発! (vol.1)

 その原因は、「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)らの利益を図る目的で、共謀して、昭和大学薬学部教授佐藤均が取締役として潜り込んだ市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任を追及するものであった。

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 まさかのブラック・プロフェッサーが暗躍か?昭和大学薬学部教授佐藤均が仲間をだまして、取締役として潜り込んだ市井の中小企業の独占販売店契約を、プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が横取りした模様。そして、社会通念上、自由競争の範囲を逸脱する不法行為である共同不法行為責任を追及する裁判が勃発! (vol.1)

 社会的公器であり、一般大衆を顧客として公衆の健康や生活にかかわる事業を営んでいる東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)らのあるべき姿を考察していく

 <復習>


「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 まさかのブラック・プロフェッサーが暗躍!昭和大学薬学部教授佐藤均が仲間をだまして、取締役として潜り込んだ市井の中小企業の独占販売店契約を、プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が横取りした模様。そして、社会通念上、自由競争の範囲を逸脱する不法行為である共同不法行為責任を追及する裁判が勃発! (vol.1)
 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 まさかのブラック・プロフェッサーが暗躍か?昭和大学薬学部教授佐藤均が仲間をだまして、取締役として潜り込んだ市井の中小企業の独占販売店契約を、プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が横取りした模様。そして、社会通念上、自由競争の範囲を逸脱する不法行為である共同不法行為責任を追及する裁判が勃発! (vol.1)

 まさかのブラック・プロフェッサーが暗躍か?

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 まさかのブラック・プロフェッサーが暗躍か?昭和大学薬学部教授佐藤均が仲間をだまして、取締役として潜り込んだ市井の中小企業の独占販売店契約を、プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が横取りした模様。そして、社会通念上、自由競争の範囲を逸脱する不法行為である共同不法行為責任を追及する裁判が勃発! (vol.1)

 その名は昭和大学薬学部教授佐藤均!

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 まさかのブラック・プロフェッサーが暗躍か?昭和大学薬学部教授佐藤均が仲間をだまして、取締役として潜り込んだ市井の中小企業の独占販売店契約を、プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が横取りした模様。そして、社会通念上、自由競争の範囲を逸脱する不法行為である共同不法行為責任を追及する裁判が勃発! (vol.1)

 そして、その暗躍により、最も利益を得たと推認されるのが、「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)のようだ。

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 まさかのブラック・プロフェッサーが暗躍か?昭和大学薬学部教授佐藤均が仲間をだまして、取締役として潜り込んだ市井の中小企業の独占販売店契約を、プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が横取りした模様。そして、社会通念上、自由競争の範囲を逸脱する不法行為である共同不法行為責任を追及する裁判が勃発! (vol.1)

 2021年4月15日、プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)は、昭和大学とカンナビノイドを用いた共同研究および事業化に向けた包括連携を開始とIRした。

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 まさかのブラック・プロフェッサーが暗躍か?昭和大学薬学部教授佐藤均が仲間をだまして、取締役として潜り込んだ市井の中小企業の独占販売店契約を、プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が横取りした模様。そして、社会通念上、自由競争の範囲を逸脱する不法行為である共同不法行為責任を追及する裁判が勃発! (vol.1)

 2021年4月22日、プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)は、連結子会社であるプレミア・ウェルネスサイエンスにおけるカンナビノイド化合物の日本総代理店契約の締結に関するお知らせをIRした。

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 まさかのブラック・プロフェッサーが暗躍か?昭和大学薬学部教授佐藤均が仲間をだまして、取締役として潜り込んだ市井の中小企業の独占販売店契約を、プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が横取りした模様。そして、社会通念上、自由競争の範囲を逸脱する不法行為である共同不法行為責任を追及する裁判が勃発! (vol.1)

 2021年4月28日、昭和大学(理事長:小口勝司、研究代表者:昭和大学薬学部基礎医療薬学講座薬物動態学部門佐藤均教授)は、プレミア・ウェルネスサイエンス株式会社と機能性カンナビノイドを用いた共同研究および事業化に向けた包括連携契約を締結と大学プレスリリースした。

 
呉松濤(ラインのプロフィール画像より転載)
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 まさかのブラック・プロフェッサーが暗躍か?昭和大学薬学部教授佐藤均が仲間をだまして、取締役として潜り込んだ市井の中小企業の独占販売店契約を、プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が横取りした模様。そして、社会通念上、自由競争の範囲を逸脱する不法行為である共同不法行為責任を追及する裁判が勃発! (vol.1)

 この一連の発表の背後には、佐藤均(昭和大学薬学部教授)が仲間をだまし、細山紳二と呉松濤と共謀して、佐藤均が取締役として潜り込んだ市井の中小企業の独占販売店契約を横取りして、プレミアアンチエイジングの連結子会社プレミア・ウェルネスサイエンスが契約を締結した模様だ。

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 まさかのブラック・プロフェッサーが暗躍か?昭和大学薬学部教授佐藤均が仲間をだまして、取締役として潜り込んだ市井の中小企業の独占販売店契約を、プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が横取りした模様。そして、社会通念上、自由競争の範囲を逸脱する不法行為である共同不法行為責任を追及する裁判が勃発! (vol.1)

 そして、プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)と佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤と細山紳二を被告として、その横取りして契約を締結した行為は、社会通念上、自由競争の範囲を逸脱する不法行為である(最高裁判所第三小法廷平成19年3月20日判決参照)共同不法行為責任(民法719条)を追及する損害賠償請求事件の裁判が勃発した。

 なお、細山紳二は役員等がその職務を行うについて悪意又は重大な過失があったときは、当該役員等は、これによって第三者に生じた損害を賠償する責任を負う損害賠償責任(会社法429条)も追及されている

 また、佐藤均教授は、取締役はその任務を怠ったときは、株式会社に対し、これによって生じた損害を賠償する責任を負う損害賠償責任(会社法第423条)も追及されている。(vol.1)


「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 細山紳二社長はこう答えるべきであろう。「プレミア・ウェルネスサイエンスは2020年12月10日設立ですが、昭和大学薬学部の佐藤均教授との謀議の上、2020年12月20日付で、日本国内において黒竜江中昇生物科技有限公司から提供を受けるCBD(カンナビジオール)製品を独占的に販売する内容の総代理店契約を横取りできる手はずがついたから、その10日前に設立しました。」「市井の中小企業が先に独占販売店契約を締結していた黒竜江中昇生物科技有限公司製のCBD(カンナビジオール)製品の評判は、成分の純度などの点で非常に良かったので、昭和大学薬学部の佐藤均教授との謀議の上、独占販売店契約を横取りして、事業の第1弾としてCBDを選択しました。」「2021年9月3日から、市井の中小企業との裁判が始まりましたので、自社ブランドの販売開始時期については、社会通念上、判決が確定してからとなります。」 (vol.2)


 報道機関の報道を悪用しているのだろうか?

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 細山紳二社長はこう答えるべきであろう。「プレミア・ウェルネスサイエンスは2020年12月10日設立ですが、昭和大学薬学部の佐藤均教授との謀議の上、2020年12月20日付で、日本国内において黒竜江中昇生物科技有限公司から提供を受けるCBD(カンナビジオール)製品を独占的に販売する内容の総代理店契約を横取りできる手はずがついたから、その10日前に設立しました。」「市井の中小企業が先に独占販売店契約を締結していた黒竜江中昇生物科技有限公司製のCBD(カンナビジオール)製品の評判は、成分の純度などの点で非常に良かったので、昭和大学薬学部の佐藤均教授との謀議の上、独占販売店契約を横取りして、事業の第1弾としてCBDを選択しました。」「2021年9月3日から、市井の中小企業との裁判が始まりましたので、自社ブランドの販売開始時期については、社会通念上、判決が確定してからとなります。」 (vol.2)

 健康産業流通新聞で重要な事実を隠ぺいして、二度の記事で広報!

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 細山紳二社長はこう答えるべきであろう。「プレミア・ウェルネスサイエンスは2020年12月10日設立ですが、昭和大学薬学部の佐藤均教授との謀議の上、2020年12月20日付で、日本国内において黒竜江中昇生物科技有限公司から提供を受けるCBD(カンナビジオール)製品を独占的に販売する内容の総代理店契約を横取りできる手はずがついたから、その10日前に設立しました。」「市井の中小企業が先に独占販売店契約を締結していた黒竜江中昇生物科技有限公司製のCBD(カンナビジオール)製品の評判は、成分の純度などの点で非常に良かったので、昭和大学薬学部の佐藤均教授との謀議の上、独占販売店契約を横取りして、事業の第1弾としてCBDを選択しました。」「2021年9月3日から、市井の中小企業との裁判が始まりましたので、自社ブランドの販売開始時期については、社会通念上、判決が確定してからとなります。」 (vol.2)

 社会通念上、自由競争の範囲を逸脱する不法行為(最高裁判所第三小法廷平成19年3月20日判決参照)を、共謀の上、昭和大学薬学部教授佐藤均が取締役として潜り込んだ市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為の事実はきっちり隠ぺいした内容の記事であった。

 2021年5月13日、健康産業流通新聞で「CBD(カンナビジオール)製品で買上調査 厚労省、定期的に行う方針」との見出しの記事が配信された。

 その一部を抜粋して紹介する。

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 細山紳二社長はこう答えるべきであろう。「プレミア・ウェルネスサイエンスは2020年12月10日設立ですが、昭和大学薬学部の佐藤均教授との謀議の上、2020年12月20日付で、日本国内において黒竜江中昇生物科技有限公司から提供を受けるCBD(カンナビジオール)製品を独占的に販売する内容の総代理店契約を横取りできる手はずがついたから、その10日前に設立しました。」「市井の中小企業が先に独占販売店契約を締結していた黒竜江中昇生物科技有限公司製のCBD(カンナビジオール)製品の評判は、成分の純度などの点で非常に良かったので、昭和大学薬学部の佐藤均教授との謀議の上、独占販売店契約を横取りして、事業の第1弾としてCBDを選択しました。」「2021年9月3日から、市井の中小企業との裁判が始まりましたので、自社ブランドの販売開始時期については、社会通念上、判決が確定してからとなります。」 (vol.2)

『上場企業子会社 CBD参入へ 昭和大と共同研究 中国企業と契約も

 スキンケア化粧品の開発・販売などアンチエイジング事業を手掛ける東証マザーズ上場企業、プレミアアンチエイジングの連結子会社、プレミア・ウェルネスサイエンス(東京都港区)が、CBDを始めとするカンナビノイド化合物を用いた、機能性素材の開発および製品への実用化に向けた取り組みを進めている。国内CBD市場への参入を図る考えだ。

 プレミア・ウェルネスサイエンスは2021年4月1日、昭和大学との間で締結した、カンナビノイドを用いた共同研究および事業化に向けた包括連携をスタート。同社と同大の発表によると、研究代表者には、大麻草に含まれるカンナビノイドの研究で知られる

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 細山紳二社長はこう答えるべきであろう。「プレミア・ウェルネスサイエンスは2020年12月10日設立ですが、昭和大学薬学部の佐藤均教授との謀議の上、2020年12月20日付で、日本国内において黒竜江中昇生物科技有限公司から提供を受けるCBD(カンナビジオール)製品を独占的に販売する内容の総代理店契約を横取りできる手はずがついたから、その10日前に設立しました。」「市井の中小企業が先に独占販売店契約を締結していた黒竜江中昇生物科技有限公司製のCBD(カンナビジオール)製品の評判は、成分の純度などの点で非常に良かったので、昭和大学薬学部の佐藤均教授との謀議の上、独占販売店契約を横取りして、事業の第1弾としてCBDを選択しました。」「2021年9月3日から、市井の中小企業との裁判が始まりましたので、自社ブランドの販売開始時期については、社会通念上、判決が確定してからとなります。」 (vol.2)

昭和大学薬学部の佐藤均教授(基礎医療薬学講座薬物動態学部門)が就いた。

 研究期間は、2022年3月末までを予定。

 同社はまた、中国の企業が製造するカンナビノイド化合物の日本国内向け販売について日本総代理店契約を締結したと、2021年4月22日に発表した。

 発表によると、同契約は、中国のHeilonjiangZhongsheng Biotechnology社との間で締結したもの。

 同社製のカンナビノイド化合物を安定的に調達するとともに、自社製品への実用化や第三者への原材料販売などを進めたい考えを示している。同社によると、Zhongsheng社は、産業用ヘンプの栽培・収穫、加工・抽出、製品化・販売などを一手に手掛けている。

 プレミア・ウェルネスサイエンスは、プレミアアンチエイジングの100%子会社として2020年12月に設立。』

 2021年5月21日、プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)は、自社HP上で『2021年5月13日発行の健康産業流通新聞第1040号に、弊社のカンナビノイド化合物への取り組みに関する記事が掲載されました。』とIRしていることから、この健康産業流通新聞の記事は記事広告であることが推認される。

 訴状によると、プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が中国のHeilonjiangZhongsheng Biotechnology社(黒竜江中昇生物科技有限公司)との間で締結した日本総代理店契約は、本来、市井の中小企業が黒竜江中昇生物科技有限公司との間で、CBD(カンナビジオール)製品に関する独占販売店契約の締結のための交渉を進め、2020年8月5日、同社との間で、黒竜江中昇生物科技有限公司が日本に輸出するいわゆるカンナビジオール(CBD)に関する製品について、市井の中小企業が日本国内で独占的に販売する内容の販売店契約を締結したものであり、その後、市井の中小企業は、本件独占販売店契約に基づいて、日本国内における販路の開拓を進め、取引先を拡大していった。

 なお、CBD(カンナビジオール)製品の仕入れに際する各種規制への対応や、取引先の開拓等については、基本的に昭和大学薬学部教授佐藤均の助言に従って行われていた

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 細山紳二社長はこう答えるべきであろう。「プレミア・ウェルネスサイエンスは2020年12月10日設立ですが、昭和大学薬学部の佐藤均教授との謀議の上、2020年12月20日付で、日本国内において黒竜江中昇生物科技有限公司から提供を受けるCBD(カンナビジオール)製品を独占的に販売する内容の総代理店契約を横取りできる手はずがついたから、その10日前に設立しました。」「市井の中小企業が先に独占販売店契約を締結していた黒竜江中昇生物科技有限公司製のCBD(カンナビジオール)製品の評判は、成分の純度などの点で非常に良かったので、昭和大学薬学部の佐藤均教授との謀議の上、独占販売店契約を横取りして、事業の第1弾としてCBDを選択しました。」「2021年9月3日から、市井の中小企業との裁判が始まりましたので、自社ブランドの販売開始時期については、社会通念上、判決が確定してからとなります。」 (vol.2)

 ところが、2021年1月26日、黒竜江中昇生物科技有限公司は、市井の中小企業の代表者に対し、「既存の販売店は市場を全く開拓できていない。このまま放置しておけば黒竜江中昇生物科技有限公司は倒産してしまう。この場面を乗り切るために、各地区の販売店との契約を解約することにした。」等と申し向け、市井の中小企業の独占的販売権を解消することを要望した

 市井の中小企業としては、販路の開拓が進んでいたことや、成分の純度などの点で黒竜江中昇生物科技有限公司製のCBD(カンナビジオール)製品の評判が非常に良かったことから、本件独占販売店契約に基づく独占的販売権を維持したい旨述べ、黒竜江中昇生物科技有限公司との間で協議を行った。

 しかし、黒竜江中昇生物科技有限公司の意向が強かったことから、やむを得ず独占的販売権の解消に応じることとした。

 これにより、市井の中小企業は黒竜江中昇生物科技有限公司制のCBD(カンナビジオール)製品を日本国内において独占的に販売する権利は失ったものの、独占的ではない販売代理店としての地位は継続し、以降も黒竜江中昇生物科技有限公司からのCBD(カンナビジオール)製品の仕入れは継続されることが合意されていた。

 しかし、令和3年4月末頃、黒竜江中昇生物科技有限公司が、プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)との間で、2020年12月20日付で、日本国内においてプレミア・ウェルネスサイエンスが黒竜江中昇生物科技有限公司から提供を受けるCBD(カンナビジオール)製品を独占的に販売する内容の総代理店契約を締結している事実が判明した

 プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)は、市井の中小企業が取引を行うことを予定していたプレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)の100%子会社であり、設立されたのは本件総代理店契約が締結されるわずか10日前である2020年12月10日であった

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 細山紳二社長はこう答えるべきであろう。「プレミア・ウェルネスサイエンスは2020年12月10日設立ですが、昭和大学薬学部の佐藤均教授との謀議の上、2020年12月20日付で、日本国内において黒竜江中昇生物科技有限公司から提供を受けるCBD(カンナビジオール)製品を独占的に販売する内容の総代理店契約を横取りできる手はずがついたから、その10日前に設立しました。」「市井の中小企業が先に独占販売店契約を締結していた黒竜江中昇生物科技有限公司製のCBD(カンナビジオール)製品の評判は、成分の純度などの点で非常に良かったので、昭和大学薬学部の佐藤均教授との謀議の上、独占販売店契約を横取りして、事業の第1弾としてCBDを選択しました。」「2021年9月3日から、市井の中小企業との裁判が始まりましたので、自社ブランドの販売開始時期については、社会通念上、判決が確定してからとなります。」 (vol.2)

 これが、社会的公器であるべき東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)が、その100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)と細山紳二と佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤と、利益を図る目的で共謀して行った、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為のカラクリである。

 
呉松濤(ウィチャットのプロフィール画像より転載)
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 細山紳二社長はこう答えるべきであろう。「プレミア・ウェルネスサイエンスは2020年12月10日設立ですが、昭和大学薬学部の佐藤均教授との謀議の上、2020年12月20日付で、日本国内において黒竜江中昇生物科技有限公司から提供を受けるCBD(カンナビジオール)製品を独占的に販売する内容の総代理店契約を横取りできる手はずがついたから、その10日前に設立しました。」「市井の中小企業が先に独占販売店契約を締結していた黒竜江中昇生物科技有限公司製のCBD(カンナビジオール)製品の評判は、成分の純度などの点で非常に良かったので、昭和大学薬学部の佐藤均教授との謀議の上、独占販売店契約を横取りして、事業の第1弾としてCBDを選択しました。」「2021年9月3日から、市井の中小企業との裁判が始まりましたので、自社ブランドの販売開始時期については、社会通念上、判決が確定してからとなります。」 (vol.2)

 2021年6月10日、またもや健康産業流通新聞で「上場企業子会社 CBD事業開始の理由 素材ポテンシャルとビジネス 双方で成長期待 プレミア・ウェルネスサイエンス 細山紳二 代表取締役」との見出しの記事が配信された。

 その一部を抜粋して紹介する。

 『東証マザーズ上場企業の100%子会社がCBD(カンナビジオール)製品を日本に普及させようとしている。化粧品・健康食品の企画・販売などを手掛けるプレミアアンチエイジング(東京都港区)の子会社「プレミア・ウェルネスサイエンス」(東京都港区)である。
 これまでにCBDを製造する海外メーカー2社と国内総代理店契約を締結。また今年3月には昭和大学との間で共同研究契約締結するなどして国内でCBD事業を展開していく体制を整えてきた。
 同社がCBD事業で手掛けるのは自社ブランド商品の開発及び販売と、業務提携した外部企業との協業ブランド商品の開発──の大きく2つ。その上で、CBD製品を機能性表示食品にすることを目指しているというのだから瞠目しないわけにはいかない。細山紳二社長に取材した。

――設立は昨年12月。企業概要を聞かせて下さい。

 「概要としては、ウェルネスサービスの研究開発・販売を主要事業とし、AI/IoTを活用した健康増進アプリケーションや環境保全技術に関する研究・事業開発を行うことを目的としたウェルビーイングカンパニーです」

――事業の第1弾としてCBDを選択しました。理由は?

 「素材のポテンシャルとビジネスの双方で非常に成長が期待できるからです。海外におけるCBDは、食品・化粧品・医薬品など、さまざまな分野で応用が加速中です。米国のCBDブランド数は現時点で1000以上。市場規模は年間1.7兆円前後で、昨対比163%という急成長市場ですが、日本において4つの必須要素をクリアしたブランドだけが、消費者に受け入れられると思います」

――自社ブランドの販売開始時期について。

 「時期は言えませんが、すでに開発に着手しており、第1弾商品のモニターをしています(6月2日時点)。CBDを機能性関与成分として、3つのヘルスクレームを検討しており、最終的には機能性表示食品の届出を行う予定でいます」』

 本来、デジタル出身で、既にビジネスアウトラインは終えている細山紳二社長はこう答えるべきであろう。

プレミア・ウェルネスサイエンスは2020年12月10日設立ですが、昭和大学薬学部の佐藤均教授との謀議の上、2020年12月20日付で、日本国内において黒竜江中昇生物科技有限公司から提供を受けるCBD(カンナビジオール)製品を独占的に販売する内容の総代理店契約を横取りできる手はずがついたから、その10日前に設立しました。」

「市井の中小企業が先に独占販売店契約を締結していた黒竜江中昇生物科技有限公司製のCBD(カンナビジオール)製品の評判は、成分の純度などの点で非常に良かったので、昭和大学薬学部の佐藤均教授との謀議の上、独占販売店契約を横取りして、事業の第1弾としてCBDを選択しました。」

「2021年9月3日から、市井の中小企業との裁判が始まりましたので、自社ブランドの販売開始時期については、社会通念上、判決が確定してからとなります。」(vol.2)

 <昭和大学とプレミア・ウェルネスサイエンスが カンナビノイドを用いた共同研究および事業化に向けた包括連携を開始>(2021年4月15日プレミア・ウェルネスサイエンス

 学校法人昭和大学(理事長:小口 勝司、、研究代表者:昭和大学薬学部基礎医療薬学講座薬物動態学部門佐藤均教授)とプレミア・ウェルネスサイエンス株式会社は、カンナビノイドを用いた共同研究および事業化に向けた包括連携を2021年4月1日に開始しましたのでお知らせします。

 <連結子会社におけるカンナビノイド化合物の日本総代理店契約の締結に関するお知らせ>(2021年4月22日プレミアアンチエイジング

 当社の子会社であるプレミア・ウェルネスサイエンス株式会社と Heilongjiang Zhongsheng Biotechnology Co.,Ltd.(本社:K?江省、CEO:董?武、以下「Zhongsheng」)は、Zhongsheng 社が保有する特許技術で製造したカンナビノイド化合物の日本国内向け販売について、日本総代理店契約を締結しましたので添付のとおりお知らせいたします。

 <昭和大学がプレミア・ウェルネスサイエンス株式会社と機能性カンナビノイドを用いた共同研究および事業化に向けた包括連携契約を締結>(2021年4月28日昭和大学

 2021年4月1日、学校法人昭和大学は、新たな機能性素材として注目されているカンナビノイドを用いた研究に関して、プレミア・ウェルネスサイエンス株式会社との共同研究および事業化に向けた包括連携契約を締結しました。本契約を基に新たな健康素材の研究を促進していきます。

 医系総合大学である昭和大学が保有する医薬専門分野での高い基礎・応用研究力と、プレミア・ウェルネスサイエンス株式会社が新たな機能性素材事業の基盤としているカンナビジオール(cannabidiol;CBD)を組み合わせ、機能性素材の研究開発および実用化とそれに伴う知的財産の創出を目指し、包括連携契約を締結しました。(研究代表者:薬学部 基礎医療薬学講座 薬物動態学部門 佐藤 均 教授)

 
「D.U.O(デュオ)」「CANADEL(カナデル)」「sitrana(シトラナ)」「immuno(イミュノ)」の化粧品を展開する東証マザーズ上場企業プレミアアンチエイジング(代表取締役:松浦清)とその100%子会社プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が佐藤均(昭和大学薬学部教授)と呉松濤を間者として使い、市井の中小企業の独占販売店契約を横取りした共同不法行為責任(民法719条)を追及する東京地方裁判所令和3年(ワ)第23033号・損害賠償請求事件 まさかのブラック・プロフェッサーが暗躍か?昭和大学薬学部教授佐藤均が仲間をだまして、取締役として潜り込んだ市井の中小企業の独占販売店契約を、プレミア・ウェルネスサイエンス(代表取締役:細山紳二)が横取りした模様。そして、社会通念上、自由競争の範囲を逸脱する不法行為である共同不法行為責任を追及する裁判が勃発! (vol.1)

■政治団体「日本を正す政治連盟」ご支援のお願い
■ 佐藤昇は、政治団体「日本を正す政治連盟」を改組発足して代表に就任しました。

 その目的は、立憲民主主義の理念に基づいた「自由・自主・自立・自尊・平等」の精神、「言論の自由・表現の自由・報道の自由」等の国民の権利を守り、@政治(立法)を正す、A官僚(行政)を正す、B司法を正す、C企業(みずほ銀行等)を正す、D報道(朝日新聞等)を正す、E世の中(倫理・道徳)を正す等、日本を正すために必要な政治活動を行なうことです。(詳細はPOLITICSにて)

 何卒、賛助金等のご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

記事の全文を読むには、会員番号が必要なページがあります。
会員番号は、下記銀行口座にお振込いただくと、入金の確認ができ次第、メールで会員番号を発行いたします。


■会員登録料のお支払い
個人会員 年間登録料 60,000円
法人会員 年間登録料 240,000円
銀行口座へのお振込でお願いします

■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net

東京地方裁判所公認のジャーナリスト佐藤昇

「佐藤昇」は、東京地方裁判所による、平成27年(ワ)第13632号判決及び平成27年(ヨ)第59号決定において、公式に「ジャーナリスト」として認定されております。詳細は PROFILEにて
「ジャーナリストの王者 (チャンピオン)」を襲名
創刊7年目で発刊300号に到達

「真夏の法曹祭」(令和元年8月1日開催)の風景

ジャーナリストの王者」佐藤昇が主催する第28回「真夏の法曹祭」の風景。中込秀樹弁護士(名古屋高等裁判所元長官)が法曹界の秘密の裏話を語る。詳細はSCHEDULEにて。

日本を正す政治連盟

ジャーナリストの王者」佐藤昇が代表者に就任して、政治団体 「日本を正す政治連盟」を改組発足しました。随時会員募集中です。 詳細はPOLITICSにて。

官公需向広告掲載募集

週刊報道サイトは、独立行政法人中小企業基盤整備機構運営「ここから調達サイト」に取引候補企業として登録され、官公需向広告掲載募集を行っております。

詳細については9月9日記事をご参照ください。

会社内におけるパワハラ・セクハラ等の人権問題相談窓口

 秘密厳守の上、弁護士他専門スタッフを派遣するなど、問題解決に尽力します。
 まずはご一報を。

相談窓口メールアドレス info@hodotokushu.net

家庭内におけるDV(家庭内暴力)・中年の引きこもり等の問題相談窓口

 秘密厳守の上、弁護士他専門スタッフを派遣するなど、問題解決に尽力します。
 まずはご一報を。

相談窓口メールアドレス info@hodotokushu.net

告知・ご注意

 週刊報道サイトの関係者であると名乗り、承認なく勝手に活動した上、恐喝・恐喝未遂を行っている者が存在するとの告発が寄せられております。
 なお、石坂幸久・中山登支彦(中山利彦)は、週刊報道サイトと一切の関係はありません。
 ご不審な事象がありましたら、お問合せ願います。

お問合せメールアドレス info@hodotokushu.net

新聞媒体配布の御案内

 週刊報道サイトは、インターネット上だけでなく、新聞媒体でもって、事件発生地域周辺へ集中的に配布する報道活動も行っております。
 マスメディアが扱えない、小さなメディアでしか報道できない事件を、相応の活動支援をして下されば、ゲラ作成から校了印刷し配布までの報道活動を請け負っております。
 新聞媒体を集中配布後は、地域住民から「よくやってくれた」と賛意や感謝の激励の言葉が数多く寄せられてきております。
日光東照宮(国宝陽明門竣工式)
稲葉尚正権宮司
稲葉久雄宮司
福原ソープランド界隈の礼儀知らず者?
徳島銀行М資金
ローソン玉塚元一会長М資金退任(週刊新潮)
小泉勝志賀町長学歴詐称(オンブズマン志賀)
 他多数実績有

朝日新聞を正す会

■平成27年2月9日、東京地方
 裁判所へ482名で提訴(vol.1)

■平成28年8月19日、甲府地方裁判所へ150名で提訴(vol.59)

■平成28年9月30日、東京高等裁判所へ229名で控訴(vol.60)

「朝日新聞を糺す国民会議」との盟約締結(vol.12)
■提訴の経緯(vol.56)
■会報(一面二面三面五面
■関行男大尉を偲ぶ(vol.17)
南京大虐殺はあったのか?(vol.30)
公式ホームページ
原告団弁護士米山健也弁護士
原告団事務局長 佐藤昇
訴状PDF
訴訟委任状PDF
問合せ先info@hodotokushu.net

大樹総研(矢島義也)

民主党議員(細野豪志ら)が群がる大樹総研(オーナー矢島義也)という実態のない団体の正体。乱交パーティーか?

カジノ解禁法案反対

セガサミー里見治自宅銃撃事件の真相を報道する

サントリーと暴力団

サントリーに完全勝利する

■サントリーが暴力団住吉会副会長へ利益供与を実行した事実の隠ぺい工作の全貌   

アライオートオークション小山

荒井商事主催アライオートオークション小山におけるメーター改ざん詐欺を争う裁判が勃発     

山崎製パン

山崎製パン大阪第一工場において異物混入したまま商品を出荷したとの内部告発文書を検証する

地位確認等請求事件への内部告発を検証する

福島県除染偽装事件等

福島県と三春町への取材結果

大林道路福島営業所への突撃取材結果

仙台震災復興生コンクリート工場詐欺事件    

リミックスポイント

國重惇史辞任

関係者4名逮捕

暴力団●道会関与か?

架空採石権4億円設定!

真珠宮ビル跡地

買付証明売買予約金策祝杯上客赤富士裏金枠偽造本間吉偲ぶ会一条工務店?刑事告訴予告公売か?武蔵野ハウジング東京都主税局徴収部とのルート構築イーストシティ藤江克彦が逃走    

齋藤衛(佐藤茂秘書?)

檻に3日間閉じ込められた後に埋められた齋藤衛氏(リュー一世・龍一成)を追悼する

イチロー選手

実父チチローから「殿堂入りする位の親不孝者だ」と言い放たれるイチロー(鈴木一朗)選手の資産管理会社IYI社の実像

阪神西岡剛選手

暴行傷害事件疑惑(診断書)・猿芝居感謝状

国立国会図書館

 週刊報道サイトは、国立国会図書館に納本され、国民共有の文化的資産として期限なく保存され続け、後世に継承されることになりました。
 詳細については9月9日記事をご参照ください。

月間アクセス数

<及川幹雄逮捕でアクセス伸張!>

<12月度のアクセス数>

<11月度のアクセス数>

<10月度のアクセス数>

<9月度のアクセス数>

<8月度のアクセス数>

<7月度のアクセス数>

<6月度のアクセス数>

<5月度のアクセス数>

お知らせ

内閣官房拉致問題対策本部事務局のバナーを上記に掲載し、2014年4月1日より、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発活動を行うために、弊社独自取材による連載記事を開始しました。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

<1> <2> <3> <4> <5> <6> <7> <8> <9> <10>


<活動ご支援金振込先>
三菱東京UFJ銀行
亀戸北口支店 普通
 0033595
週刊報道サイト株式会社

 

京都・中山記念館

マルハン韓昌祐会長(vol.5)

記事削除質問状への回答()

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

広告

広告募集中です