本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

鎌倉市(松尾祟市長)と鎌倉市建設業協会(高岸建設株式会社代表取締役高岸弘晃が会長、神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1−13−24)の談合疑惑 その2 高岸建設株式会社の高岸弘晃氏が、市役所内の緊急災害等の折衝や陳情を行うにあたり、自身が会長を務める鎌倉市建設業協会の職責を圧力の手段に使い、市役所に対して情報漏洩や賄賂等の授受をしているとの情報提供ついての鎌倉市(松尾祟市長)への取材申込書(31/4/8)

 
高岸弘晃鎌倉市建設業協会会長(左)と
松尾祟鎌倉市長(右)が談合か?(vol.1)

 <序説>

 入札談合とは、独禁法、刑法、会計法、地方自治法等で様々な法律で禁じられている行為であります。

 特に独禁法、刑法では刑事罰に科せられる犯罪行為であります。

 そして、談合とは、納税者の負担で談合行為者に裏の補助金を与えているようなものであるので、最終的に納税者が不利益を被ることになります。

 また、談合はうまく差配がなされていれば、談合当事者の間では、一見平等で公正なシステムと捉えられる側面もありますが、談合協会の会長が、その地位による権力を使い、優先的に自らの会社に利益が配分されるような差配がなされたならば、その会長に意に沿わない他の談合当事者は干上がっていく不平等なシステムとなっていきます。


鎌倉市(松尾祟市長)は、岩瀬隧道(トンネル)復旧工事において、緊急であることから、設計図書がないとの理由で、高岸建設株式会社のみの見積もりで、平成30年5月29日に、約1億6000万円の工事契約を結んだが、 専決処分(随意契約)と言わずに、平成30年6月14日に、専決処分(随意契約)としての承認を求めて議会に議案を提出する。なお 、建設工事に係る500万円以上の専決処分(随意契約)には、早期に詳細と理由を開示しなければならないのにも関わらず、開示することはなかったvol.2

  <本節>

 高岸建設株式会社の高岸弘晃氏が、市役所内の緊急災害等の折衝や陳情を行うにあたり、自身が会長を務める鎌倉市建設業協会の職責を圧力の手段に使い、市役所に対して情報漏洩や賄賂等の授受をしているとの情報提供ついての取材申込書

〒248-8686 神奈川県鎌倉市御成町18−10

鎌倉市役所 市長 松尾崇 様

 突然の取材申込書、恐縮でございます。

 私、佐藤昇は、東京地方裁判所による平成27年(ワ)第13632号判決及び平成27年(ヨ)第59号決定により、公式にジャーナリストとして認定されている者です。

 また、政治団体「日本を正す政治連盟」の代表者として、公益を図る活動を行なっている者です

 現在、私がジャーナリストとして、地方自治体の談合の不法行為についての取材を進めておりますと、鎌倉市において、任意団体である鎌倉市建設業協会会長の高岸建設株式会社の高岸弘晃氏が主導する談合が、鎌倉市役所と癒着して行われており、岩瀬隧道復旧工事において確実に談合が行われているとの情報が、鎌倉市民から寄せられてきました。

 言うまでもありませんが、地方自治体における建設業界の談合の不法行為の真相は、公共の利害に関する事実であり、その真相を世間に周知させることは、公益を図り、社会の利益に繋がっていきます。

          質 問 要 件

1 貴殿は、岩瀬隧道復旧工事において、緊急であることから、設計図書がないとの理由で、高岸建設株式会社のみの見積もりで、平成30年5月29日に、議会案件であると推認される1億6000万円の工事契約を結んだことは事実でありますか?

2 貴殿は、岩瀬隧道復旧工事を、平成30年5月29日には専決処分(随意契約)と言わずに、6月14日には専決処分(随意契約)としての承認を求めて、議会に承認を求めて提出したことは事実でありますか?

3 貴殿は、建設工事に係る500万円以上の専決処分(随意契約)には、早期に詳細と理由を開示しなければならないのにも関わらず、開示していないことは事実でありますか?

4 貴殿は、都市整備部道路課の小川氏が平成30年10月半ばには、岩瀬隧道復旧工事の中央部は終わると言っていることと同じく、工事看板には工事期間を平成30年11月15日めでと表示してあるが、別の工事看板には平成31年3月29日と表示してあり、鎌倉市役所と高岸建設株式会社の間に何らかの打ち合わせや金額の擦り合わせ等があったことを推認させますが、なぜ平成31年3月29日と表示してある工事看板が存在しているのですか?

5 貴殿は、岩瀬隧道復旧工事の残りの工事の一般入札において、高岸建設株式会社が最低制限価格の¥48,722,000.で落札し、二番札より¥2,000.差であるという談合があったことが疑われる事実があったことを把握しておりますか?

6 岩瀬隧道復旧工事の現場の誘導員の証言では、公示から開札までの間に、足場等の仮設物を撤去していないどころか検査も行われておらず、通常の公共工事においては、進行中の工事には入札資格がないのにも関わらず、高岸建設株式会社が岩瀬隧道復旧工事の入札に参加して、継続して工事を進めている事実は何故ですか?

7 貴殿は、高岸建設株式会社の高岸弘晃氏は、自身が会長を務める鎌倉市建設業協会の会員に対して、「次の仕事を取れるようにする」や「利益を供与する」や「役所の言ったとおりにしている」などと、談合を持ち掛けている事実を把握しておりますか?

8 貴殿は、高岸建設株式会社の高岸弘晃氏は、市役所内の緊急災害等の折衝や陳情を行うにあたり、自身が会長を務める鎌倉市建設業協会の職責を圧力の手段に使い、市役所に対して情報漏洩や賄賂等の授受をしているとの情報提供に対し、厳格に調査する意思はありますか?

 日程は貴殿のご予定に合わせますので、直接面談の上で、上記の質問への見解を直接拝聴し、ご指導賜りたく存じます。

 本状送達後7日以内の11月3日までに、封書やFAXやメール等の文書にて、上記の質問へのご見解をご指導賜りたく存じますので、何卒、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 なお、万一、御返答なき場合は、上記質問要件を認諾し事実と認めたものと受け止め、「週刊報道サイト」のサイト上及び同封の月一度発行している「週刊報道サイト」新聞媒体上において、公共の利害に関する事実として公益を図る目的で広く報道していきますことを申し添えいたします。
              平成30年10月28日
              
              東京都江東区亀戸2−42−6−304
              週刊報道サイト株式会社
              代表取締役 佐藤昇

 
談合疑惑の告発が寄せられている素掘りの岩瀬隧道(岩瀬トンネル)復旧工事現場(vol.1)

  <復習>

 日本有数の観光名所である鎌倉市において、どす黒い闇談合が行われているとの告発が鎌倉市民から寄せられてきた。

 現場は、鎌倉市において未だに落石・崩落防止策が未整備であることが推認される素掘りトンネルである小袋谷・大船地区と岩瀬・今泉地区を繋ぐ「岩瀬隧道(岩瀬トンネル)」だ。

 その岩瀬隧道(岩瀬トンネル)は、平成30年年5月29日の早朝に崩落した。

 そして、平成30年5月29日に、鎌倉市(松尾祟市長)は、岩瀬隧道(岩瀬トンネル)復旧工事は緊急である上、設計図書がないとの理由で、高岸建設株式会社(代表取締役高岸弘晃、神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1−13−24、鎌倉市建設業協会会長)のみの見積もりで、議会案件であるとして1億6154万6400円の復旧工事契約を結んだ

 そして、その二週間後の平成30年6月14日に、その岩瀬隧道(岩瀬トンネル)復旧工事を、専決処分(随意契約)の承認を求めて、議会に議案を提出した

 その後、あろうことか、鎌倉市(松尾祟市長)は、建設工事に係る500万円以上の専決処分(随意契約)には、早期に詳細と理由を開示しなければならないのにも関わらず、その随意契約の結果公表を行わなかった

 そこには、鎌倉市(松尾祟市長)が、岩瀬隧道(岩瀬トンネル)復旧工事の中央部は終わると言っていたのにもかかわらず、工事看板には工事期間を平成31年3月29日までと表示してあり、鎌倉市役所と高岸建設株式会社(代表取締役高岸弘晃、神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1−13−24、鎌倉市建設業協会会長)との間に何らかの打ち合わせや金額の擦り合わせ等があったことを推認させた

 また、岩瀬隧道(岩瀬トンネル)復旧工事の残りの工事の一般入札において高岸建設株式会社(代表取締役高岸弘晃、神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1−13−24、鎌倉市建設業協会会長)最低制限価格の4872万2000円で落札し、その価格は二番札よりたった2000円差であったことから談合が行われていたことを連想された

 その岩瀬隧道(岩瀬トンネル)復旧工事の現場の誘導員は、「公示から開札までの間に、足場等の仮設物を撤去していないどころか検査も行われておらず、進行中の工事には入札資格がないのに高岸さん(高岸建設株式会社、代表取締役高岸弘晃、神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1−13−24、鎌倉市建設業協会会長)岩瀬隧道(岩瀬トンネル)復旧工事の入札に参加して、継続して工事を進めているよ」と証言した。

 更には、高岸弘晃氏(高岸建設株式会社代表取締役、神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1−13−24、鎌倉市建設業協会会長)、鎌倉市建設業協会の会員に対して、「次の仕事を取れるようにする」「利益を供与する」「役所の言ったとおりにしている」など談合を持ち掛けているとの告発情報が鎌倉市民から週刊報道サイトへ寄せられている状況だ。

 まさか、高岸弘晃氏(高岸建設株式会社代表取締役、神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1−13−24、鎌倉市建設業協会会長)、市役所内の緊急災害等の折衝や陳情を行うにあたり、鎌倉市建設業協会会長の地位による権力を使い、鎌倉市役所に対して、情報漏洩や賄賂等の授受をしているのではなかろうか?

  平成31年2月28日16時、岩瀬隧道(岩瀬トンネル)は無事に通行再開となった。(vol.1

 
談合疑惑の告発が寄せられている岩瀬隧道(岩瀬トンネル)復旧工事現場の内部(vol.1)

■政治団体「日本を正す政治連盟」ご支援のお願い

 佐藤昇は、政治団体「日本を正す政治連盟」を改組発足して代表に就任しました。

 その目的は、立憲民主主義の理念に基づいた「自由・自主・自立・自尊・平等」の精神、「言論の自由・表現の自由・報道の自由」等の国民の権利を守り、@政治(立法)を正す、A官僚(行政)を正す、B司法を正す、C企業(みずほ銀行等)を正す、D報道(朝日新聞等)を正す、E世の中(倫理・道徳)を正す等、日本を正すために必要な政治活動を行なうことです。(詳細はPOLITICSにて)

 何卒、賛助金等のご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

■会員登録料のお支払い
個人会員 年間登録料(ご支援金含む) 60,000円
法人会員 年間登録料(ご支援金含む) 240,000円
銀行口座へのお振込でお願いします

■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net

東京地方裁判所公認のジャーナリスト佐藤昇

「佐藤昇」は、東京地方裁判所による、平成27年(ワ)第13632号判決及び平成27年(ヨ)第59号決定において、公式に「ジャーナリスト」として認定されております。詳細は PROFILEにて
「ジャーナリストの王者 (チャンピオン)」を襲名

「迎新時代」(平成31年3月13日開催)の風景

ジャーナリストの王者」佐藤昇が主催する第27回「迎新時代」会の模様。柴田國明さんが「運命の一戦」の秘話を語る。詳細はSCHEDULEにて。

日本を正す政治連盟

ジャーナリストの王者」佐藤昇が代表者に就任して、政治団体 「日本を正す政治連盟」を改組発足しました。随時会員募集中です。 詳細はPOLITICSにて。

会社内におけるパワハラ・セクハラ等の人権問題相談窓口

 秘密厳守の上、弁護士他専門スタッフを派遣するなど、問題解決に尽力します。
 まずはご一報を。

相談窓口メールアドレス info@hodotokushu.net

家庭内におけるDV(家庭内暴力)・中年の引きこもり等の問題相談窓口

 秘密厳守の上、弁護士他専門スタッフを派遣するなど、問題解決に尽力します。
 まずはご一報を。

相談窓口メールアドレス info@hodotokushu.net

告知・ご注意

 週刊報道サイトの関係者であると名乗り、承認なく勝手に活動した上、恐喝・恐喝未遂を行っている者が存在するとの告発が寄せられております。
 なお、石坂幸久・中山登支彦(中山利彦)は、週刊報道サイトと一切の関係はありません。
 ご不審な事象がありましたら、お問合せ願います。

お問合せメールアドレス info@hodotokushu.net

新聞媒体配布の御案内

 週刊報道サイトは、インターネット上だけでなく、新聞媒体でもって、事件発生地域周辺へ集中的に配布する報道活動も行っております。
 マスメディアが扱えない、小さなメディアでしか報道できない事件を、相応の活動支援をして下されば、ゲラ作成から校了印刷し配布までの報道活動を請け負っております。
 新聞媒体を集中配布後は、地域住民から「よくやってくれた」と賛意や感謝の激励の言葉が数多く寄せられてきております。
日光東照宮(国宝陽明門竣工式)
稲葉尚正権宮司(不倫と中絶の巣)
稲葉久雄宮司(ラブホテル三昧)
福原ソープランド界隈の礼儀知らず者?
徳島銀行М資金
ローソン玉塚元一会長М資金退任(週刊新潮)
小泉勝志賀町長学歴詐称(オンブズマン志賀)
 他多数実績有

朝日新聞を正す会

■平成27年2月9日、東京地方
 裁判所へ482名で提訴(vol.1)

■平成28年8月19日、甲府地方裁判所へ150名で提訴(vol.59)

■平成28年9月30日、東京高等裁判所へ229名で控訴(vol.60)

「朝日新聞を糺す国民会議」との盟約締結(vol.12)
■提訴の経緯(vol.56)
■会報(一面二面三面五面
■関行男大尉を偲ぶ(vol.17)
南京大虐殺はあったのか?(vol.30)
公式ホームページ
原告団弁護士米山健也弁護士
原告団事務局長 佐藤昇
訴状PDF
訴訟委任状PDF
問合せ先info@hodotokushu.net

大樹総研(矢島義也)

民主党議員(細野豪志ら)が群がる大樹総研(オーナー矢島義也)という実態のない団体の正体。乱交パーティーか?

カジノ解禁法案反対

セガサミー里見治自宅銃撃事件の真相を報道する

サントリーと暴力団

サントリーに完全勝利する

■サントリーが暴力団住吉会副会長へ利益供与を実行した事実の隠ぺい工作の全貌   

アライオートオークション小山

荒井商事主催アライオートオークション小山におけるメーター改ざん詐欺を争う裁判が勃発     

山崎製パン

山崎製パン大阪第一工場において異物混入したまま商品を出荷したとの内部告発文書を検証する

地位確認等請求事件への内部告発を検証する

福島県除染偽装事件等

福島県と三春町への取材結果

大林道路福島営業所への突撃取材結果

仙台震災復興生コンクリート工場詐欺事件    

リミックスポイント

國重惇史辞任

関係者4名逮捕

暴力団●道会関与か?

架空採石権4億円設定!

真珠宮ビル跡地

買付証明売買予約金策祝杯上客赤富士裏金枠偽造本間吉偲ぶ会一条工務店?刑事告訴予告公売か?武蔵野ハウジング東京都主税局徴収部とのルート構築イーストシティ藤江克彦が逃走    

齋藤衛(佐藤茂秘書?)

檻に3日間閉じ込められた後に埋められた齋藤衛氏(リュー一世・龍一成)を追悼する

イチロー選手

実父チチローから「殿堂入りする位の親不孝者だ」と言い放たれるイチロー(鈴木一朗)選手の資産管理会社IYI社の実像

阪神西岡剛選手

暴行傷害事件疑惑(診断書)・猿芝居感謝状

国立国会図書館

 週刊報道サイトは、国立国会図書館に納本され、国民共有の文化的資産として期限なく保存され続け、後世に継承されることになりました。
 詳細については9月9日記事をご参照ください。

月間アクセス数

<及川幹雄逮捕でアクセス伸張!>

<12月度のアクセス数>

<11月度のアクセス数>

<10月度のアクセス数>

<9月度のアクセス数>

<8月度のアクセス数>

<7月度のアクセス数>

<6月度のアクセス数>

<5月度のアクセス数>

お知らせ

内閣官房拉致問題対策本部事務局のバナーを上記に掲載し、2014年4月1日より、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発活動を行うために、弊社独自取材による連載記事を開始しました。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

<1> <2> <3> <4> <5> <6> <7> <8> <9> <10>


<活動ご支援金振込先>
三菱東京UFJ銀行
亀戸北口支店 普通
 0033595
週刊報道サイト株式会社

 

京都・中山記念館

マルハン韓昌祐会長(vol.5)

記事削除質問状への回答()

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

お問合せメールアドレス info@hodotokushu.net

広告

広告募集中です