本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その1 東証一部上場企業株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役:濱田佳治)でまさかの反社へ会社からのFAX送信だった!そして、アドバンスクリエイト常任監査役吾郷孝一が辞任して反社との関係を隠ぺいしたのか?米国サンバイオ(マザーズ上場企業サンバイオ株式会社代表取締役社長森敬太)株の株式譲渡契約書を諧秀彦と吾郷孝一の両氏の当時の印鑑登録証明書を添付して入手。今後のアドバンスクリエイトの止まらぬ躍進を陰ながら応援いたします。(令和3年10月11日)


週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その1 東証一部上場企業株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役:濱田佳治)でまさかの反社へ会社からのFAX送信だった!そして、アドバンスクリエイト常任監査役吾郷孝一が辞任して反社との関係を隠ぺいしたのか?米国サンバイオ(マザーズ上場企業サンバイオ株式会社代表取締役社長森敬太)株の株式譲渡契約書を諧秀彦と吾郷孝一の両氏の当時の印鑑登録証明書を添付して入手。今後のアドバンスクリエイトの止まらぬ躍進を陰ながら応援いたします。(vol.1)

 <序説>

 2021年8月5日、「権力の監視」を体現する報道の第一人者である週刊新潮において、「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」なる記事が掲載された。

 その記事にある1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号)を詳しく取材していくと、驚愕の事実が明らかになった。

 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その1 東証一部上場企業株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役:濱田佳治)でまさかの反社へ会社からのFAX送信だった!そして、アドバンスクリエイト常任監査役吾郷孝一が辞任して反社との関係を隠ぺいしたのか?米国サンバイオ(マザーズ上場企業サンバイオ株式会社代表取締役社長森敬太)株の株式譲渡契約書を諧秀彦と吾郷孝一の両氏の当時の印鑑登録証明書を添付して入手。今後のアドバンスクリエイトの止まらぬ躍進を陰ながら応援いたします。(vol.1)

 社会的公器であり、社会的責任と公共的使命の重い組織として反社会的勢力の排除を義務付けられている公益性の極めて高い、社会的に公の責務を担っている東証一部上場企業である株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役:濱田佳治、大阪府大阪市中央区瓦町3−5−7野村不動産御堂筋ビル、FAX:06-6204-1217)と東証マザーズ上場企業であるサンバイオ株式会社(代表取締役社長:森敬太、東京都中央区明石町8−1聖路加タワー13F)において、重大なコンプライアンス(法令)違反の疑惑が、吾郷孝一(週刊新潮においてA)と諧秀彦(週刊新潮においてK)が裁判所へ提出した書面に明記されていた。

 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その1 東証一部上場企業株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役:濱田佳治)でまさかの反社へ会社からのFAX送信だった!そして、アドバンスクリエイト常任監査役吾郷孝一が辞任して反社との関係を隠ぺいしたのか?米国サンバイオ(マザーズ上場企業サンバイオ株式会社代表取締役社長森敬太)株の株式譲渡契約書を諧秀彦と吾郷孝一の両氏の当時の印鑑登録証明書を添付して入手。今後のアドバンスクリエイトの止まらぬ躍進を陰ながら応援いたします。(vol.1)

 よって、この重大なコンプライアンス(法令)違反の不法行為に関わるその司法における係争の動向は、公共の利害に関する事実であり、その不法行為や司法における係争の動向を世間に周知させることは、専ら公益を図り、社会の利益に繋がっていくことから、調査報道していく。

 <本節>
 まさかの反社へ会社からのFAX送信だった!

 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その1 東証一部上場企業株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役:濱田佳治)でまさかの反社へ会社からのFAX送信だった!そして、アドバンスクリエイト常任監査役吾郷孝一が辞任して反社との関係を隠ぺいしたのか?米国サンバイオ(マザーズ上場企業サンバイオ株式会社代表取締役社長森敬太)株の株式譲渡契約書を諧秀彦と吾郷孝一の両氏の当時の印鑑登録証明書を添付して入手。今後のアドバンスクリエイトの止まらぬ躍進を陰ながら応援いたします。(vol.1)

 アドバンスクリエイト常任監査役吾郷孝一が辞任して反社との関係を隠ぺいしたのか?

 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その1 東証一部上場企業株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役:濱田佳治)でまさかの反社へ会社からのFAX送信だった!そして、アドバンスクリエイト常任監査役吾郷孝一が辞任して反社との関係を隠ぺいしたのか?米国サンバイオ(マザーズ上場企業サンバイオ株式会社代表取締役社長森敬太)株の株式譲渡契約書を諧秀彦と吾郷孝一の両氏の当時の印鑑登録証明書を添付して入手。今後のアドバンスクリエイトの止まらぬ躍進を陰ながら応援いたします。(vol.1)

 2021年7月29日、東証一部上場企業である株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役:濱田佳治、大阪府大阪市中央区瓦町3−5−7野村不動産御堂筋ビル、FAX:06-6204-1217)の常任監査役吾郷孝一が、一身上の都合により辞任した。

 これは、週刊新潮による「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」についての取材をした結果のものであるようだ。

 週刊新潮の記事によると
『諧秀彦(K)、吾郷孝一(A)両氏の代理人弁護士(冨宅恵弁護士・西村啓弁護士、

 
吉村洋文大阪府知事が弁護士として所属するスター綜合法律事務所
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その1 東証一部上場企業株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役:濱田佳治)でまさかの反社へ会社からのFAX送信だった!そして、アドバンスクリエイト常任監査役吾郷孝一が辞任して反社との関係を隠ぺいしたのか?米国サンバイオ(マザーズ上場企業サンバイオ株式会社代表取締役社長森敬太)株の株式譲渡契約書を諧秀彦と吾郷孝一の両氏の当時の印鑑登録証明書を添付して入手。今後のアドバンスクリエイトの止まらぬ躍進を陰ながら応援いたします。(vol.1)

スター綜合法律事務所、大阪市北区西天満4丁目11番22号阪神神明ビル2階)に訊くと「反社である人物から追い込みをかけられ、諧秀彦(K)は恐怖の頂点に達しました。やむなく、旧知の吾郷孝一(A)に米国サンバイオ株の譲渡を相談したわけですが、吾郷孝一(A)は反社とは一面識もない。にもかかわらず、世間体のある東証一部上場企業である株式会社アドバンスクリエイトの常任監査役(理事コンプライアンス本部副本部長を歴任)という弱みに付け込み、吾郷孝一(A)を裁判に巻き込んだのです。暴力団的な取り立てというほかありません」』
とのことだ。

 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その1 東証一部上場企業株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役:濱田佳治)でまさかの反社へ会社からのFAX送信だった!そして、アドバンスクリエイト常任監査役吾郷孝一が辞任して反社との関係を隠ぺいしたのか?米国サンバイオ(マザーズ上場企業サンバイオ株式会社代表取締役社長森敬太)株の株式譲渡契約書を諧秀彦と吾郷孝一の両氏の当時の印鑑登録証明書を添付して入手。今後のアドバンスクリエイトの止まらぬ躍進を陰ながら応援いたします。(vol.1)

 そこで、「ジャーナリストの王者」佐藤昇は、本係争の争点である譲渡人吾郷孝一(A)・譲受人諧秀彦(K)の米国サンバイオ株の株式譲渡契約書と譲渡人諧秀彦(K)・譲受人反社である人物の米国サンバイオ株の株式譲渡契約書を、諧秀彦(K)、吾郷孝一(A)両氏の当時の印鑑登録証明書を添付して入手した

 読者の皆様に、どちらの主張が正しいかの判断を委ねるために、そのまま全文公開する。


週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その1 東証一部上場企業株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役:濱田佳治)でまさかの反社へ会社からのFAX送信だった!そして、アドバンスクリエイト常任監査役吾郷孝一が辞任して反社との関係を隠ぺいしたのか?米国サンバイオ(マザーズ上場企業サンバイオ株式会社代表取締役社長森敬太)株の株式譲渡契約書を諧秀彦と吾郷孝一の両氏の当時の印鑑登録証明書を添付して入手。今後のアドバンスクリエイトの止まらぬ躍進を陰ながら応援いたします。(vol.1)  
 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その1 東証一部上場企業株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役:濱田佳治)でまさかの反社へ会社からのFAX送信だった!そして、アドバンスクリエイト常任監査役吾郷孝一が辞任して反社との関係を隠ぺいしたのか?米国サンバイオ(マザーズ上場企業サンバイオ株式会社代表取締役社長森敬太)株の株式譲渡契約書を諧秀彦と吾郷孝一の両氏の当時の印鑑登録証明書を添付して入手。今後のアドバンスクリエイトの止まらぬ躍進を陰ながら応援いたします。(vol.1)
 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その1 東証一部上場企業株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役:濱田佳治)でまさかの反社へ会社からのFAX送信だった!そして、アドバンスクリエイト常任監査役吾郷孝一が辞任して反社との関係を隠ぺいしたのか?米国サンバイオ(マザーズ上場企業サンバイオ株式会社代表取締役社長森敬太)株の株式譲渡契約書を諧秀彦と吾郷孝一の両氏の当時の印鑑登録証明書を添付して入手。今後のアドバンスクリエイトの止まらぬ躍進を陰ながら応援いたします。(vol.1)
 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その1 東証一部上場企業株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役:濱田佳治)でまさかの反社へ会社からのFAX送信だった!そして、アドバンスクリエイト常任監査役吾郷孝一が辞任して反社との関係を隠ぺいしたのか?米国サンバイオ(マザーズ上場企業サンバイオ株式会社代表取締役社長森敬太)株の株式譲渡契約書を諧秀彦と吾郷孝一の両氏の当時の印鑑登録証明書を添付して入手。今後のアドバンスクリエイトの止まらぬ躍進を陰ながら応援いたします。(vol.1)

 なお、吾郷孝一(A)の当時の印鑑登録証明書は、東証一部上場企業である株式会社アドバンスクリエイトの代表FAXの06-6204-1217から反社である人物の元へ送信されている

 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その1 東証一部上場企業株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役:濱田佳治)でまさかの反社へ会社からのFAX送信だった!そして、アドバンスクリエイト常任監査役吾郷孝一が辞任して反社との関係を隠ぺいしたのか?米国サンバイオ(マザーズ上場企業サンバイオ株式会社代表取締役社長森敬太)株の株式譲渡契約書を諧秀彦と吾郷孝一の両氏の当時の印鑑登録証明書を添付して入手。今後のアドバンスクリエイトの止まらぬ躍進を陰ながら応援いたします。(vol.1)

 そして、株式会社アドバンスクリエイトが2010年(平成22年)8月31日に制定した、社会の秩序や安全に脅威を与え、健全な経済・社会の発展を妨げる反社会的勢力に対する基本方針によると、「3 反社会的勢力に対する、取引関係を含め一切の関係を遮断します。」「5 反社会的集団による不当要求が、事業活動上の不祥事や従業員の不祥事を理由とする場合であっても、事実を隠ぺいするための裏取引を絶対に行いません。」と謳っている。

 2014年(平成26年)10月15日のPM12:58、反社である人物へ、東証一部上場企業である株式会社アドバンスクリエイトの代表FAXの「06-6204-1217」から、常任監査役吾郷孝一が送信した事実は、「反社会的勢力との取引関係」に該当するのではないだろうか?

 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その1 東証一部上場企業株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役:濱田佳治)でまさかの反社へ会社からのFAX送信だった!そして、アドバンスクリエイト常任監査役吾郷孝一が辞任して反社との関係を隠ぺいしたのか?米国サンバイオ(マザーズ上場企業サンバイオ株式会社代表取締役社長森敬太)株の株式譲渡契約書を諧秀彦と吾郷孝一の両氏の当時の印鑑登録証明書を添付して入手。今後のアドバンスクリエイトの止まらぬ躍進を陰ながら応援いたします。(vol.1)

 2021年7月29日、吾郷孝一が東証一部上場企業である株式会社アドバンスクリエイトの常任監査役を一身上の都合により辞任したことは、「反社会的集団による不当要求が、事業活動上の不祥事や従業員の不祥事を理由とする場合における事実の隠ぺいに該当するのではないだろうか?

 更生を誓った世間一般の反社も注目しているという1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)の係争の動向から、ますます目が離せなくなった。

 <予習>


週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その2 サンバイオ・ショック改めか?もし、サンバイオ株式会社(代表取締役社長:森敬太)が東証マザーズへ新規上場した際に、反社会的勢力の構成員による株式の実質的所有を隠ぺいしていた疑惑が、1億3000万円の損害賠償請求事件の判決で認められたら、東京証券取引所には、サンバイオを上場させ続けることに、責任が問われる事態になるであろう。(vol.2)

 サンバイオ・ショック改めか?

 サンバイオ株式会社(代表取締役社長:森敬太)が東証マザーズへ新規上場した際に、反社会的勢力の構成員による株式の実質的所有を隠ぺいしていたのだろうか?

 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その2 サンバイオ・ショック改めか?もし、サンバイオ株式会社(代表取締役社長:森敬太)が東証マザーズへ新規上場した際に、反社会的勢力の構成員による株式の実質的所有を隠ぺいしていた疑惑が、1億3000万円の損害賠償請求事件の判決で認められたら、東京証券取引所には、サンバイオを上場させ続けることに、責任が問われる事態になるであろう。(vol.2)

 まさかの記載だった!

 令和3年7月13日付被告(吾郷孝一及び諧秀彦)準備書面(2)によると、

 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その2 サンバイオ・ショック改めか?もし、サンバイオ株式会社(代表取締役社長:森敬太)が東証マザーズへ新規上場した際に、反社会的勢力の構成員による株式の実質的所有を隠ぺいしていた疑惑が、1億3000万円の損害賠償請求事件の判決で認められたら、東京証券取引所には、サンバイオを上場させ続けることに、責任が問われる事態になるであろう。(vol.2)

反社会的勢力の構成員がサンバイオ株式を取得した痕跡を残さないこと反社会的勢力の構成員の名義ではサンバイオ株式換価が不可能であることが予想されることからサンバイオ株式の買取りを反社会的勢力の構成員が実質的支配の会社にて行う」(5ページ14行目から17行目)、

 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その2 サンバイオ・ショック改めか?もし、サンバイオ株式会社(代表取締役社長:森敬太)が東証マザーズへ新規上場した際に、反社会的勢力の構成員による株式の実質的所有を隠ぺいしていた疑惑が、1億3000万円の損害賠償請求事件の判決で認められたら、東京証券取引所には、サンバイオを上場させ続けることに、責任が問われる事態になるであろう。(vol.2)

反社会的勢力の構成員が上場会社の株式を保有できない関係で、反社会的勢力の構成員から求められて反社会的勢力の構成員が実質的支配の会社との間で、サンバイオ株式の譲渡契約を締結しただけのことである。」(8ページ25行目から9ページ1行目)との記載がなされている。

 この記載は、2015年4月8日にサンバイオ株式会社(代表取締役社長:森敬太)が東証マザーズへ新規上場した際に、反社会的勢力の構成員が実質的に所有していた事実を隠ぺいする工作が行われていたのではないかとの疑惑が自然と連想されてくる。

 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その2 サンバイオ・ショック改めか?もし、サンバイオ株式会社(代表取締役社長:森敬太)が東証マザーズへ新規上場した際に、反社会的勢力の構成員による株式の実質的所有を隠ぺいしていた疑惑が、1億3000万円の損害賠償請求事件の判決で認められたら、東京証券取引所には、サンバイオを上場させ続けることに、責任が問われる事態になるであろう。(vol.2)

 そこで、森敬太(サンバイオ株式会社代表取締役社長)氏に尋ねた。

 「時期の如何を問わず、私(森敬太)が吾郷孝一氏から当社(サンバイオ株式会社)の株を譲受したことはありません。」との回答を得た。

 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その2 サンバイオ・ショック改めか?もし、サンバイオ株式会社(代表取締役社長:森敬太)が東証マザーズへ新規上場した際に、反社会的勢力の構成員による株式の実質的所有を隠ぺいしていた疑惑が、1億3000万円の損害賠償請求事件の判決で認められたら、東京証券取引所には、サンバイオを上場させ続けることに、責任が問われる事態になるであろう。(vol.2)
 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その2 サンバイオ・ショック改めか?もし、サンバイオ株式会社(代表取締役社長:森敬太)が東証マザーズへ新規上場した際に、反社会的勢力の構成員による株式の実質的所有を隠ぺいしていた疑惑が、1億3000万円の損害賠償請求事件の判決で認められたら、東京証券取引所には、サンバイオを上場させ続けることに、責任が問われる事態になるであろう。(vol.2)
 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その2 サンバイオ・ショック改めか?もし、サンバイオ株式会社(代表取締役社長:森敬太)が東証マザーズへ新規上場した際に、反社会的勢力の構成員による株式の実質的所有を隠ぺいしていた疑惑が、1億3000万円の損害賠償請求事件の判決で認められたら、東京証券取引所には、サンバイオを上場させ続けることに、責任が問われる事態になるであろう。(vol.2)
 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その2 サンバイオ・ショック改めか?もし、サンバイオ株式会社(代表取締役社長:森敬太)が東証マザーズへ新規上場した際に、反社会的勢力の構成員による株式の実質的所有を隠ぺいしていた疑惑が、1億3000万円の損害賠償請求事件の判決で認められたら、東京証券取引所には、サンバイオを上場させ続けることに、責任が問われる事態になるであろう。(vol.2)
 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その2 サンバイオ・ショック改めか?もし、サンバイオ株式会社(代表取締役社長:森敬太)が東証マザーズへ新規上場した際に、反社会的勢力の構成員による株式の実質的所有を隠ぺいしていた疑惑が、1億3000万円の損害賠償請求事件の判決で認められたら、東京証券取引所には、サンバイオを上場させ続けることに、責任が問われる事態になるであろう。(vol.2)

 ここに、謎の株式の証書があるので、その証書をそのまま全文公開する。

 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その2 サンバイオ・ショック改めか?もし、サンバイオ株式会社(代表取締役社長:森敬太)が東証マザーズへ新規上場した際に、反社会的勢力の構成員による株式の実質的所有を隠ぺいしていた疑惑が、1億3000万円の損害賠償請求事件の判決で認められたら、東京証券取引所には、サンバイオを上場させ続けることに、責任が問われる事態になるであろう。(vol.2)

 そこで、森敬太(サンバイオ株式会社代表取締役社長)氏に尋ねた。

 「ご照会の「SanBio,Inc.Series C Preferred Stock Certificate」は、株式の証書であり、私(森敬太)は当該株式発行会社の代表者として署名しているにすぎず、吾郷孝一氏から私(森敬太)への株式譲渡についての記述は何もありませんので、貴方(佐藤昇)が同Certificateをもって「吾郷孝一氏の名義の株を貴社(サンバイオ株式会社)の代表取締役社長の森敬太氏に譲渡したことが推認される」としている点は、全くの誤解であると存じます。」との回答を得た。

 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その2 サンバイオ・ショック改めか?もし、サンバイオ株式会社(代表取締役社長:森敬太)が東証マザーズへ新規上場した際に、反社会的勢力の構成員による株式の実質的所有を隠ぺいしていた疑惑が、1億3000万円の損害賠償請求事件の判決で認められたら、東京証券取引所には、サンバイオを上場させ続けることに、責任が問われる事態になるであろう。(vol.2)

 サンバイオは、東証マザーズで時価総額トップだったこともあるバイオベンチャーだ。

 また、2019年1月29日に、開発中の再生細胞医薬品「SB623」が、米国での慢性期脳梗塞患者対象の第2相臨床試験で主要評価項目を達成できなかったという治験の不調を発表したことで、自社株だけでなく他のバイオ関連銘柄も下落し、「サンバイオ・ショック」なる言葉も生み出したこともあるバイオベンチャーだ。

 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その2 サンバイオ・ショック改めか?もし、サンバイオ株式会社(代表取締役社長:森敬太)が東証マザーズへ新規上場した際に、反社会的勢力の構成員による株式の実質的所有を隠ぺいしていた疑惑が、1億3000万円の損害賠償請求事件の判決で認められたら、東京証券取引所には、サンバイオを上場させ続けることに、責任が問われる事態になるであろう。(vol.2)

 もし、サンバイオが東証マザーズへ新規上場した際に、反社会的勢力の構成員の実質的所有を隠ぺいしていた疑惑が、1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)の判決で認められたら、東京証券取引所には、サンバイオを上場させ続けることに、責任が問われる事態になるであろう。

 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その2 サンバイオ・ショック改めか?もし、サンバイオ株式会社(代表取締役社長:森敬太)が東証マザーズへ新規上場した際に、反社会的勢力の構成員による株式の実質的所有を隠ぺいしていた疑惑が、1億3000万円の損害賠償請求事件の判決で認められたら、東京証券取引所には、サンバイオを上場させ続けることに、責任が問われる事態になるであろう。(vol.2)

〇サンバイオ・ショック再び、承認申請遅延の公算に失望
朝日新聞2020年12月16日10時48分
 バイオベンチャーのサンバイオ(4592)が売りを浴びている。朝方から売り気配が続き、午前10時10分現在、制限値幅の下限となる1388円での売り気配となっている。15日引け後、慢性期外傷性脳損傷を対象に開発する再生細胞薬「SB623」について、今2021年1月期中の国内製造販売承認申請は遅延する公算が大きいと発表。これが失望された。同薬は厚生労働省から「先駆け審査指定制度」の指定を受け、今期中の承認申請を目指していた。遅延の理由は当局との継続的な相談や承認申請に必要な資料の準備などに時間を要しているため。詳細については技術的な極秘事項などに含まれるため、開示は控えるとしている。株価は、再生細胞薬への期待を背景に2018年11月から急上昇したが、2019年1月に脳梗塞を対象とした試験結果の不調を発表したのを機に急落した経緯がある。(vol.2)

 <アドバンスクリエイトについての東洋経済の記事への佐藤昇の論評>

〇「アドバンスクリエイト」新時代のOMO戦略 インシュアテックのフロントランナーが挑む
東洋経済2021/04/15

 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その1 東証一部上場企業株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役:濱田佳治)でまさかの反社へ会社からのFAX送信だった!そして、アドバンスクリエイト常任監査役吾郷孝一が辞任して反社との関係を隠ぺいしたのか?米国サンバイオ(マザーズ上場企業サンバイオ株式会社代表取締役社長森敬太)株の株式譲渡契約書を諧秀彦と吾郷孝一の両氏の当時の印鑑登録証明書を添付して入手。今後のアドバンスクリエイトの止まらぬ躍進を陰ながら応援いたします。(vol.1)

・保険選びサイト「保険市場」を運営するアドバンスクリエイト(東証一部上場?証券コード:8798)は、1995年の設立以来、保険業界の常識を覆すビジネス手法を打ち出し、「イノベーター」と称されてきた。
 時代のニーズを先取りしコロナ前にオンライン保険相談の国内最大級の保険選びサイト「保険市場」を運営する同社は、代表取締役社長の濱田佳治氏の戦略に基づき、これまでも既存の保険ビジネスの常識を覆す先進的なビジネスモデルを次々と打ち出し、保険業界に革新をもたらしてきた。
 「OMO(Online Merges with Offline)」誕生の裏にも、社長である濱田佳治氏の先見の明があったという。「5G時代の到来をにらみ、濱田佳治の指示でオンライン面談を開始した矢先に見舞われたのが、コロナ禍でした」と、櫛引健(専務取締役業務開発本部長兼営業企画室長)氏は振り返る。

佐藤昇の論評「先見の明があったという濱田佳治氏は、理事コンプライアンス本部副本部長をも歴任した常任監査役吾郷孝一が、代表FAXの「06-6204-1217」から、2014年(平成26年)10月15日のPM12:58に、反社である人物へ、会社のFAX機から自身の印鑑登録証明書を送信するような事実を見抜けなかったのであろうか?」

・「『ようやく濱田佳治の戦略に世界が追いついてきた』という手応えを感じました」「われわれが目指すのは、保険業界のプラットフォーマーです」と櫛引健(専務取締役業務開発本部長兼営業企画室長)氏は語る。

佐藤昇の論評「濱田佳治氏による、吾郷孝一に理事コンプライアンス本部副本部長を歴任させ常任監査役に就かせる戦略には、誰も追いつけないであろう。それが、保険業界のプラットフォーマーのイノベーターなのであろうか?」

・一歩も二歩も先んじる革新の一方で、同社が決して変えないものがある。「社員一人ひとりの誠実な姿勢、礼儀を重んじる企業文化は100年先にも継承していきます」と櫛引健(専務取締役業務開発本部長兼営業企画室長)氏。先進テクノロジーの追求と、愚直なまでに顧客を大切にする真摯な姿勢。そうした究極のOMOを実践するところにこそ、アドバンスクリエイトの真の強さがある。

佐藤昇の論評「反社会的集団による不当要求が、事業活動上の不祥事や従業員の不祥事を理由とする場合における事実を隠ぺいするために、2021年7月29日、吾郷孝一がアドバンスクリエイトの常任監査役を一身上の都合により辞任した事実が、アドバンスクリエイトの真の強さなのであろうか?」

〇アドバンスクリエイトの高収益の秘密に迫る 躍進する保険業界のイノベーター
東洋経済2021/06/16

 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その1 東証一部上場企業株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役:濱田佳治)でまさかの反社へ会社からのFAX送信だった!そして、アドバンスクリエイト常任監査役吾郷孝一が辞任して反社との関係を隠ぺいしたのか?米国サンバイオ(マザーズ上場企業サンバイオ株式会社代表取締役社長森敬太)株の株式譲渡契約書を諧秀彦と吾郷孝一の両氏の当時の印鑑登録証明書を添付して入手。今後のアドバンスクリエイトの止まらぬ躍進を陰ながら応援いたします。(vol.1)

・国内最大級の保険選びサイト「保険市場」を擁し、自社開発のシステムを活用したデータベースマーケティングなど、常識を覆す革新的なビジネス手法で保険業界の「イノベーター」と呼ばれてきたアドバンスクリエイト(東証一部上場 証券コード:8798)。
 つねに新しいことに挑戦しながら、高収益を上げられるのはなぜなのか。その秘密に迫った。
 同社の「現場」に焦点を当ててきて改めて浮き彫りになったのは、濱田佳治氏が率先する教育の力である。「教育こそ、企業が持続的に成長するための絶対的根幹である。社長の濱田佳治はその信念の下、何よりも教育に力を注いでいます」と白原伸r(社長室次長兼採用研修課長)氏は代弁する。

佐藤昇の論評「濱田佳治氏は、理事コンプライアンス本部副本部長を歴任させ常任監査役に就かせた吾郷孝一に対して、どのような教育をしていたのであろうか?」

・ミーティングでは、濱田佳治氏自ら同社の使命やビジョン、そこにたどり着くための戦略を熱く説く。「経営トップである濱田佳治が直接伝えるのは、一点の曇りなく明快に社員にビジョンや戦略を理解してもらうためです。それによって最前線の現場の社員は、適切な方向に持てる力を発揮することができます」と白原伸r(社長室次長兼採用研修課長)氏は言う。

佐藤昇の論評「濱田佳治氏は、一点の曇りなく明快に常任監査役にビジョンや戦略を理解してもらうために、2010年(平成22年)8月31日に制定した反社会的勢力に対する基本方針を、吾郷孝一へ直接伝えたのであろうか?」

・濱田佳治氏が重視するのは、決してテクニックやノウハウを身に付けることではない。その前提となる揺るぎない基盤を培うことだ。そのスタートとして、半年間にわたる新入社員研修を実施する。ここでも最初の3カ月間、毎日濱田佳治氏による研修が行われる。「重視するのは、人間性を磨くこと。礼儀礼節を重んじることに始まり、凡事徹底や不易流行など、濱田佳治の教えは仕事をするうえでの心得にとどまらず、人生をいかに生きるかに及びます」と白原伸r(社長室次長兼採用研修課長)氏は言う。

佐藤昇の論評「濱田佳治氏は、人間性を磨くこと、礼儀礼節を重んじること、人生をいかに生きるかを、吾郷孝一へ教えたのであろうか?」

・濱田佳治氏の教育がなぜこれほどまでに社員に響くのか。それは濱田佳治氏の教育に対する情熱が、すなわち社員を大切に思う気持ちの大きさでもあるからだ。「社員の『幸せ』の実現が当社の第一目的です。仕事はもちろん楽ではありませんが、『楽しい』と思ってほしい。仕事に対する高いモチベーションとポジティブな気持ちは100倍にも200倍にもできる。濱田佳治はそう考えています」と白原伸r(社長室次長兼採用研修課長)氏は言う。
 企業文化・精神を軸に社員の実力と意欲を育む教育が支える同社の躍進は、今後も止まりそうにない。

佐藤昇の論評「吾郷孝一は、『幸せ』『楽しい』と思って、仕事に対する高いモチベーションとポジティブな気持ちが100倍にも200倍にもなって、2021年7月29日にアドバンスクリエイトの常任監査役を一身上の都合により辞任したことを祈念します。また、今後のアドバンスクリエイトの止まらぬ躍進を陰ながら応援いたします。」

 <ジャスダック上場廃止となったクインランドにおける吾郷孝一と諧秀彦の人間関係について>

 
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その1 東証一部上場企業株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役:濱田佳治)でまさかの反社へ会社からのFAX送信だった!そして、アドバンスクリエイト常任監査役吾郷孝一が辞任して反社との関係を隠ぺいしたのか?米国サンバイオ(マザーズ上場企業サンバイオ株式会社代表取締役社長森敬太)株の株式譲渡契約書を諧秀彦と吾郷孝一の両氏の当時の印鑑登録証明書を添付して入手。今後のアドバンスクリエイトの止まらぬ躍進を陰ながら応援いたします。(vol.1)

 2007年10月18日、株式会社クインランドは民事再生手続を大阪地方裁判所に対し申し立てをおこなったが、資金繰り安定化策がとれず、事業承継に相当な時間を要することから、10月25日に自己破産を申請して同日破産手続開始決定となり、11月9日にジャスダック上場廃止となった。

 そのクインランドにおいて、吾郷孝一(週刊新潮においてA)は専務取締役、諧秀彦(週刊新潮においてK)は取締役であった。

 以下、令和3年7月13日付被告(吾郷孝一及び諧秀彦)準備書面(2)の4ページの15行から24行を原文ママ記載する。

 『被告諧秀彦は、平成26年、訴外反社会的勢力である人物による執拗な取立てに窮していたところに、自宅庭に重油をまき散らされたことから、平成19年に破産手続を行ったヘラクレス上場企業株式会社クインランドの役員として苦楽をともにした被告吾郷孝一に相談した。
 被告吾郷孝一は、平成26年当時、被告諧秀彦を救済する経済的余裕がなかったが、被告諧秀彦に対し、平成19年のクインランド破産の際に生活の糧を得るため、やむを得ず訴外株式会社スタジオアレックスに対して300万円で譲渡したSABBIO.INC株式が存在すること、・・・』

 
吾郷孝一へは訴状記載の住所へ取材申込するも、回答期日までに返答がないこと等の理由により認諾したものと受けとめ実名表記とします。
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その1 東証一部上場企業株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役:濱田佳治)でまさかの反社へ会社からのFAX送信だった!そして、アドバンスクリエイト常任監査役吾郷孝一が辞任して反社との関係を隠ぺいしたのか?米国サンバイオ(マザーズ上場企業サンバイオ株式会社代表取締役社長森敬太)株の株式譲渡契約書を諧秀彦と吾郷孝一の両氏の当時の印鑑登録証明書を添付して入手。今後のアドバンスクリエイトの止まらぬ躍進を陰ながら応援いたします。(vol.1)
 
諧秀彦へは訴状記載の住所へ取材申込するも不送達であること等の理由により実名表記とします。
週刊新潮で報道された「元“反社”から500万円騙し取って1億円超要求される東証1部“元役員” 仁義なき法廷闘争の行方は」1億3000万円の損害賠償請求事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第1737号)及び債権仮差押命令申立事件(神戸地方裁判所 令和2年(ワ)第202号) その1 東証一部上場企業株式会社アドバンスクリエイト(代表取締役:濱田佳治)でまさかの反社へ会社からのFAX送信だった!そして、アドバンスクリエイト常任監査役吾郷孝一が辞任して反社との関係を隠ぺいしたのか?米国サンバイオ(マザーズ上場企業サンバイオ株式会社代表取締役社長森敬太)株の株式譲渡契約書を諧秀彦と吾郷孝一の両氏の当時の印鑑登録証明書を添付して入手。今後のアドバンスクリエイトの止まらぬ躍進を陰ながら応援いたします。(vol.1)


■政治団体「日本を正す政治連盟」ご支援のお願い

 佐藤昇は、政治団体「日本を正す政治連盟」を改組発足して代表に就任しました。

 その目的は、立憲民主主義の理念に基づいた「自由・自主・自立・自尊・平等」の精神、「言論の自由・表現の自由・報道の自由」等の国民の権利を守り、@政治(立法)を正す、A官僚(行政)を正す、B司法を正す、C企業(みずほ銀行等)を正す、D報道(朝日新聞等)を正す、E世の中(倫理・道徳)を正す等、日本を正すために必要な政治活動を行なうことです。(詳細はPOLITICSにて)

 何卒、賛助金等のご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

■会員登録料のお支払い
個人会員 年間登録料(ご支援金含む) 60,000円
法人会員 年間登録料(ご支援金含む) 240,000円
銀行口座へのお振込でお願いします

■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net

東京地方裁判所公認のジャーナリスト佐藤昇

「佐藤昇」は、東京地方裁判所による、平成27年(ワ)第13632号判決及び平成27年(ヨ)第59号決定において、公式に「ジャーナリスト」として認定されております。詳細は PROFILEにて
「ジャーナリストの王者 (チャンピオン)」を襲名
創刊7年目で発刊300号に到達

「迎新時代」(平成31年3月13日開催)の風景

ジャーナリストの王者」佐藤昇が主催する第27回「迎新時代」会の模様。柴田國明さんが「運命の一戦」の秘話を語る。詳細はSCHEDULEにて。

日本を正す政治連盟

ジャーナリストの王者」佐藤昇が代表者に就任して、政治団体 「日本を正す政治連盟」を改組発足しました。随時会員募集中です。 詳細はPOLITICSにて。

会社内におけるパワハラ・セクハラ等の人権問題相談窓口

 秘密厳守の上、弁護士他専門スタッフを派遣するなど、問題解決に尽力します。
 まずはご一報を。

相談窓口メールアドレス info@hodotokushu.net

家庭内におけるDV(家庭内暴力)・中年の引きこもり等の問題相談窓口

 秘密厳守の上、弁護士他専門スタッフを派遣するなど、問題解決に尽力します。
 まずはご一報を。

相談窓口メールアドレス info@hodotokushu.net

告知・ご注意

 週刊報道サイトの関係者であると名乗り、承認なく勝手に活動した上、恐喝・恐喝未遂を行っている者が存在するとの告発が寄せられております。
 なお、石坂幸久・中山登支彦(中山利彦)は、週刊報道サイトと一切の関係はありません。
 ご不審な事象がありましたら、お問合せ願います。

お問合せメールアドレス info@hodotokushu.net

新聞媒体配布の御案内

 週刊報道サイトは、インターネット上だけでなく、新聞媒体でもって、事件発生地域周辺へ集中的に配布する報道活動も行っております。
 マスメディアが扱えない、小さなメディアでしか報道できない事件を、相応の活動支援をして下されば、ゲラ作成から校了印刷し配布までの報道活動を請け負っております。
 新聞媒体を集中配布後は、地域住民から「よくやってくれた」と賛意や感謝の激励の言葉が数多く寄せられてきております。
日光東照宮(国宝陽明門竣工式)
稲葉尚正権宮司
稲葉久雄宮司
福原ソープランド界隈の礼儀知らず者?
徳島銀行М資金
ローソン玉塚元一会長М資金退任(週刊新潮)
小泉勝志賀町長学歴詐称(オンブズマン志賀)
 他多数実績有

朝日新聞を正す会

■平成27年2月9日、東京地方
 裁判所へ482名で提訴(vol.1)

■平成28年8月19日、甲府地方裁判所へ150名で提訴(vol.59)

■平成28年9月30日、東京高等裁判所へ229名で控訴(vol.60)

「朝日新聞を糺す国民会議」との盟約締結(vol.12)
■提訴の経緯(vol.56)
■会報(一面二面三面五面
■関行男大尉を偲ぶ(vol.17)
南京大虐殺はあったのか?(vol.30)
公式ホームページ
原告団弁護士米山健也弁護士
原告団事務局長 佐藤昇
訴状PDF
訴訟委任状PDF
問合せ先info@hodotokushu.net

大樹総研(矢島義也)

民主党議員(細野豪志ら)が群がる大樹総研(オーナー矢島義也)という実態のない団体の正体。乱交パーティーか?

カジノ解禁法案反対

セガサミー里見治自宅銃撃事件の真相を報道する

サントリーと暴力団

サントリーに完全勝利する

■サントリーが暴力団住吉会副会長へ利益供与を実行した事実の隠ぺい工作の全貌   

アライオートオークション小山

荒井商事主催アライオートオークション小山におけるメーター改ざん詐欺を争う裁判が勃発     

山崎製パン

山崎製パン大阪第一工場において異物混入したまま商品を出荷したとの内部告発文書を検証する

地位確認等請求事件への内部告発を検証する

福島県除染偽装事件等

福島県と三春町への取材結果

大林道路福島営業所への突撃取材結果

仙台震災復興生コンクリート工場詐欺事件    

リミックスポイント

國重惇史辞任

関係者4名逮捕

暴力団●道会関与か?

架空採石権4億円設定!

真珠宮ビル跡地

買付証明売買予約金策祝杯上客赤富士裏金枠偽造本間吉偲ぶ会一条工務店?刑事告訴予告公売か?武蔵野ハウジング東京都主税局徴収部とのルート構築イーストシティ藤江克彦が逃走    

齋藤衛(佐藤茂秘書?)

檻に3日間閉じ込められた後に埋められた齋藤衛氏(リュー一世・龍一成)を追悼する

イチロー選手

実父チチローから「殿堂入りする位の親不孝者だ」と言い放たれるイチロー(鈴木一朗)選手の資産管理会社IYI社の実像

阪神西岡剛選手

暴行傷害事件疑惑(診断書)・猿芝居感謝状

国立国会図書館

 週刊報道サイトは、国立国会図書館に納本され、国民共有の文化的資産として期限なく保存され続け、後世に継承されることになりました。
 詳細については9月9日記事をご参照ください。

月間アクセス数

<及川幹雄逮捕でアクセス伸張!>

<12月度のアクセス数>

<11月度のアクセス数>

<10月度のアクセス数>

<9月度のアクセス数>

<8月度のアクセス数>

<7月度のアクセス数>

<6月度のアクセス数>

<5月度のアクセス数>

お知らせ

内閣官房拉致問題対策本部事務局のバナーを上記に掲載し、2014年4月1日より、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発活動を行うために、弊社独自取材による連載記事を開始しました。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

<1> <2> <3> <4> <5> <6> <7> <8> <9> <10>


<活動ご支援金振込先>
三菱東京UFJ銀行
亀戸北口支店 普通
 0033595
週刊報道サイト株式会社

 

京都・中山記念館

マルハン韓昌祐会長(vol.5)

記事削除質問状への回答()

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

お問合せメールアドレス info@hodotokushu.net

広告

広告募集中です