本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

    

石井進二代目稲川会会長と山本健一三代目山口組若頭の関係から、任侠道を考察する(その2)(6/24)

 
石井進二代目稲川会会長

 山本健一三代目山口組若頭
 

 代表の佐藤昇が取材活動の過程で、見識深い目上の方々より、雑談で、ご教諭いただいた断片的な情報を、独自にまとめて、任侠道って何なのかを、皆様に問題提起していきます。

  <序説>

 1972年、石井進二代目稲川会会長と山本健一三代目山口組若頭は、五分の兄弟盃を交わしていた。

 それは、単なる盃外交によるものではなく、日本人の本物のヤクザ同士の、真の誓いだったようだ。 (その1

 <本節>

 山本健一三代目山口組若頭は、田岡一雄三代目山口組組長という、山口組を名実ともに日本一にした「日本一の親分」の、「日本一の子分」であろうとし、それを、有言実行し、体現した、極めて優れた本物のヤクザだ。

  山本健一三代目山口組若頭は、「ピスケン」とか、「イケイケのヤマケン」等の、あだ名が、当局からも、畏怖されてつけられる、最高級の武闘派ヤクザだ。

  普通に思考すると、とても近寄りがたい人柄を想像してしまうが、実際は、極めて、魅力あふれる人柄であったようだ。

 そのエピソードをご紹介する。

 石井進二代目稲川会会長と山本健一三代目山口組若頭は、夜の銀座を、手をつなぎながら(二人の身長差から、腕を組みながら歩くことが、できなかったので)、仲良く歩いていたそうだ。

 石井進二代目稲川会会長は、身長百七十数センチのスマートで、当時からアルマーニのスーツをビシッと決めて、そして、山本健一三代目山口組若頭は、身長百六十数センチのミニタンクの様なガッシリで、その姿は、デコボココンビと呼ばれていたそうだ。

 本当に、仲が良かったことが、偲ばれる。

 また、山本健一三代目山口組若頭は、実は、とても愛嬌のある人柄で、それ故に、あれだけの人材が幹部として集まったのだろう(五代目山口組は、山健組出身者達がその中枢の多数を占めておりました)。

 きっと、その幹部達は、現在のようなシステマチックな上納制度ではなく、本当に、山本健一三代目山口組若頭の、とても愛嬌のある人柄や、その人徳に、資金を率先して寄付する気持ちで浄財していたのであろう。

 なお、山本健一三代目山口組若頭は、お酒に酔うと、顔は朗らかに赤くなり、眉毛の辺りが鋭くトンガって立つそうだ。

 佐藤昇は、この御三方には、三国志演義の桃園の誓いが連想される。劉備が田岡一雄三代目山口組組長で、関羽が石井進二代目稲川会会長で、張飛が山本健一三代目山口組若頭だ。

 なので、田岡一雄三代目山口組組長は、山本健一三代目山口組若頭のことを、日本一喧嘩が強いという点ではなく、その真っ直ぐな人柄と、名うての精鋭の若者達が引き寄せられてくるような魅力あふれる人徳に、絶大な信頼を置いていたことが、容易に推察できます。

  この時分までだったのであろうか、真の日本人のヤクザの本物の任侠道の矜持があったのは

 経験豊富で、見識深い目上の方々は、皆、現在の状況を、嘆いておりました。

 だから、佐藤昇は、この「週刊報道サイト」というツールで、完全堅気の生粋の日本人としての立場から、真の日本人の矜持を取り戻すために、跳ねっ返ってみます

 石井進稲川会二代目会長について 平成26年5月27日記事平成26年6月3日記事


会員番号

記事の全文を読むには、会員番号が必要なページがあります。
会員番号は、下記銀行口座にお振込いただくと、入金の確認ができ次第、メールで会員番号を発行いたします。


■会員登録料のお支払い
個人会員 年間登録料(ご支援金含む) 60,000円
法人会員 年間登録料(ご支援金含む) 240,000円
銀行口座へのお振込でお願いします

■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net



東京地方裁判所公認のジャーナリスト佐藤昇

「佐藤昇」は、東京地方裁判所による、平成27年(ヨ)第59号決定において、公式に「ジャーナリスト」として認定されております。詳細は PROFILEにて。

朝日新聞を正す会

「朝日新聞を糺す国民会議」との盟約締結(vol.12)
■提訴の経緯(vol.48)
■会報(一面二面三面五面
■関行男大尉を偲ぶ(vol.17)
南京大虐殺はあったのか?(vol.30)
公式ホームページ
原告団弁護士米山健也弁護士
原告団事務局長 佐藤昇
訴状PDF
訴訟委任状PDF
問合せ先info@hodotokushu.net 

サントリーと暴力団

サントリーが暴力団住吉会副会長へ利益供与を実行した事実の隠ぺい工作の全貌
   

アライオートオークション小山

荒井商事主催アライオートオークション小山におけるメーター改ざん詐欺を争う裁判が勃発

山崎製パン

山崎製パン大阪第一工場において異物混入したまま商品を出荷したとの内部告発文書を検証する

福島県除染偽装事件等

福島県と三春町への取材結果

大林道路福島営業所への突撃取材結果

仙台震災復興生コンクリート工場詐欺事件

リミックスポイント

暴力団●道会関与か?

架空採石権4億円設定!

真珠宮ビル跡地

買付証明売買予約金策祝杯上客赤富士裏金枠偽造本間吉偲ぶ会一条工務店?刑事告訴予告東京ソックス田中伸治?

齋藤衛(佐藤茂秘書?)

檻に3日間閉じ込められた後に埋められた齋藤衛氏(リュー一世・龍一成)を追悼する

イチロー選手

実父チチローから「殿堂入りする位の親不孝者だ」と言い放たれるイチロー(鈴木一朗)選手の資産管理会社IYI社の実像

阪神西岡剛選手

暴行傷害事件疑惑(診断書)・猿芝居感謝状

国立国会図書館

 週刊報道サイトは、国立国会図書館に納本され、国民共有の文化的資産として期限なく保存され続け、後世に継承されることになりました。
 詳細については9月9日記事をご参照ください。

お知らせ

内閣官房拉致問題対策本部事務局のバナーを上記に掲載し、2014年4月1日より、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発活動を行うために、弊社独自取材による連載記事を開始しました。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

<1> <2> <3> <4> <5> <6> <7> <8> <9> <10>


<活動ご支援金振込先>
三菱東京UFJ銀行
亀戸北口支店 普通
 0033595
週刊報道サイト株式会社

 

京都・中山記念館

マルハン韓昌祐会長(vol.5)

記事削除質問状への回答()

お知らせ

内閣官房拉致問題対策本部事務局のバナーを上記に掲載し、2014年4月1日より、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発活動を行うために、弊社独自取材による連載記事を開始しました。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

<活動ご支援金振込先>
三菱東京UFJ銀行
亀戸北口支店 普通
 0033595
週刊報道サイト株式会社


 

2013年11月21日に第2回セミナーを開催しました。セミナーの光景はSCHEDULEをご覧ください

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

広告

広告募集中です