本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

山岡俊介完全敗訴への軌跡。決定書を公開する その1 (27/4/7)

 <序説>

 平成27年3月30日、新王者佐藤昇が誕生した。

 そして、山岡俊介は、裁判所より「現役暴力団組長より50万円を貰い記事を掲載した」と正式に認定され、公式に暴力団共生者となったことで、完膚なきまでに敗訴し、ネットメディア界からの引退が確実となった(逃犬vol.52)。

 まさに、新旧世代交代劇がおきた(負犬vol.1)。

 そして、敗訴した山岡俊介は負け犬の遠吠えをした(負犬vol.3)。

 <本節>

 東京地方裁判所民事第9部は、3月5日の結審から、仮処分決定では、異例の25日も時間をかけて、9回に及んだ審尋の内容を、しっかり吟味して、慎重に、且つ、公平に30ページに及ぶ異例の決定書を出してくれました。 一回では公開できないので、それを、毎週、公開していきます。

 まずは、「主文」(P1)と「小括」(P8)と「結論」(P15)を公開していきます。

 <重要ワード抜粋>

 「主文」:山岡俊介は記載の各記述を仮に削除せよ。佐藤昇はジャーナリストである。

 「小括」:山岡俊介及び木内久夫の陳述は採用することができず、現役暴力団組長の陳述は相対的には信用性があるということができる。

 現役暴力団組長は、山岡俊介に対し、取材をしてもらった謝礼として現金50万円の入った封筒を交付した。

 山岡俊介は、現役暴力団組長に対し、自身が運営するアクセスジャーナルを閲覧するためのパスワードを教えた。

 「結論」:佐藤昇の本件申立ては理由があるので、その限度で認容し、主文のとおり決定する。

 
 
 
 
 
 
 
新王者佐藤昇誕生
 
完全敗訴の山岡俊介は、負け犬の遠吠え(vol.3)
 
山岡俊介氏の複数の情報提供者達(大塚万吉氏(26年11月4日記事)や黒木正博氏(26年12月22日記事))の中の1人でそれだけの三崎正敏氏(26年11月11日記事)(準備書面vol.18)。
 
山岡俊介氏の複数の情報提供者達(大塚万吉氏(26年11月4日記事)や三崎正敏氏(26年11月11日記事))の中の1人でそれだけの黒木正博氏(26年12月22日記事)(準備書面vol.18
 
 
 


   
 
山種美術館 東京都渋谷区広尾3−12−36 電話03−5777−8600
 
 

■対山岡俊介訴訟、支援のお願い

 佐藤昇は現在、山岡俊介に投稿記事削除仮処分命令申立事件を起こされ、係争中です。

 吹けば飛ぶような媒体ですが、大手マスコミが取り上げない部分に、名誉毀損などのリスクを負ってでもやっていると自負しています。

 何卒、ご支援の程、よろしくお願い申し上げます。


■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net



朝日新聞を正す会

「朝日新聞を糺す国民会議」との盟約締結(vol.12)

平成27年2月9日朝日新聞を提訴しました(vol.1)
公式ホームページ
大阪支部
原告団弁護士米山健也弁護士
原告団事務局長 佐藤昇
訴状PDF
訴訟委任状PDF
問合せ先info@hodotokushu.net 

京都・中山記念館

皇族お迎え推進委員会を開催(vol.1)

お知らせ

内閣官房拉致問題対策本部事務局のバナーを上記に掲載し、2014年4月1日より、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発活動を行うために、弊社独自取材による連載記事を開始しました。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

<活動ご支援金振込先>
三菱東京UFJ銀行
亀戸北口支店 普通
 0033595
週刊報道サイト株式会社


 

2013年11月21日に第2回セミナーを開催しました。セミナーの光景はSCHEDULEをご覧ください

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

広告

広告募集中です