本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

    

週刊報道サイトへ投稿記事削除等仮処分命令申立及び慰謝料を含む不法行為に基づく損害賠償等請求 その18 脚やせ専門エステ「リフィート」を運営する株式会社ビューティーコンシャスの代表取締役で「細くならない脚はない」を上梓した著名人の金井志江らの画像が各店舗や関係者らへ一斉送信される(29/5/8)    

 

各店舗や会計事務所に一斉送信された複数の画像の中の一枚(vol.18)
 
宅見勝五代目山口組若頭(平成26年5月6日記事をご参照下さい)と司忍五代目山口組若頭補佐他

懲戒処分経験豊田賢治弁護士(東京桜橋法律事務所)
オアシスナビ×ハートページより引用


豊田賢治弁護士とは、訴訟委任状を偽造したとして懲戒請求事件を申立されるような品位なき弁護士である(vol.12)
 
暴力団二代目宅見組入江禎組長

リフィートhttp://www.ashiyase.jp/)」を運営し、「細くならない脚はない」を上梓した著名人の金井志江
リフィートhttp://www.ashiyase.jp/)の女役員(金井志江ら)の複数の画像が、2014年6月3日のPM7:10に(tkarai2014@gmail.com)のメールアドレスから「コレクションA」と題したサブジェクトで一斉送信された(vol.4)
リフィートhttp://www.ashiyase.jp/)の女役員(金井志江ら)の複数の画像が、2014年6月3日のPM7:10に(tkarai2014@gmail.com)のメールアドレスから「コレクションA」と題したサブジェクトで一斉送信された(vol.5)
リフィートhttp://www.ashiyase.jp/)の女役員(金井志江ら)の複数の画像が、2014年6月3日のPM7:10に(tkarai2014@gmail.com)のメールアドレスから「コレクションA」と題したサブジェクトで一斉送信された(vol.6)
リフィートhttp://www.ashiyase.jp/)の女役員(金井志江ら)の複数の画像が、2014年6月3日のPM7:10に(tkarai2014@gmail.com)のメールアドレスから「コレクションA」と題したサブジェクトで一斉送信された(vol.7)
リフィートhttp://www.ashiyase.jp/)の女役員(金井志江ら)の複数の画像が、2014年6月3日のPM7:10に(tkarai2014@gmail.com)のメールアドレスから「コレクションA」と題したサブジェクトで一斉送信された(vol.8)

リフィートhttp://www.ashiyase.jp/)の女役員(金井志江ら)の複数の画像が、2014年6月3日のPM7:10に(tkarai2014@gmail.com)のメールアドレスから「コレクションA」と題したサブジェクトで一斉送信されたことがあった事実を豊田賢治弁護士らが自ら提出してきた準備書面で認める(vol.11)

各店舗や会計事務所に一斉送信された複数の画像の中の一枚(vol.13)

各店舗や会計事務所に一斉送信された複数の画像の中の一枚(vol.14)

各店舗や会計事務所に一斉送信された複数の画像の中の一枚(vol.15)

各店舗や会計事務所に一斉送信された複数の画像の中の一枚(vol.16)

各店舗や会計事務所に一斉送信された複数の画像の中の一枚(vol.17)

 <序説>

 平成28年12月22日付けで、週刊報道サイトへ、東京地方裁判所民事第9部(小谷岳央裁判官担当)から、「投稿記事削除等仮処分命令申立事件」の通知書が送られてきた

 平成28年8月19日付けで、週刊報道サイトの事務所と佐藤昇の自宅には、東京地方裁判所民事第37部合C係(上田哲裁判長・辻由起裁判官・森沙恵子裁判官、阿部真二書記官担当)から、5500万円の「慰謝料を含む不法行為に基づく損害賠償等請求事件」の第1回口頭弁論期日呼出状及び答弁書催告状は既に送られてきている。

 なお、過去懲戒処分経験有の豊田賢治弁護士(東京桜橋法律事務所
http://tksb.jp/index.html)は、指定暴力団山口組系二代目宅見組組長入江禎とシンガポール共和国在住のファンドコンサルタントの人物との通話履歴を監視団体盗聴照会リストで、指定監視団体の資金運用に関わる証拠書類として裁判所へ提出してきている。

 そして、債権者は、かつて、株式会社ライフコンシャス、株式会社ビューティーコンシャス(代表取締役:金井志江・脚やせ専門エステ「リフィートhttp://www.ashiyase.jp/)」を運営・「細くならない脚はない」を上梓)、フットサルプロパティ株式会社といった複数の会社の株式を保有しそれらの会社を経営していた人物であり、平成23年3月7日から平成24年4月までのたった1年間で、みずほ銀行の及川幹雄に欺罔されて、複数回に分けて交付して、総額約6億円の投資詐欺被害にあった者と主張している。

 <本節>

 「ジャーナリストの王者」佐藤昇の週刊報道サイトは、社会の利益、公共の利益を図るために報道活動を行っており、社会的に話題にり影響を及ぼした人・事件が関係する、マスメディアの報道等により大きく報じられているみずほ銀行本店幹部元行員及川幹雄に係わるみずほ銀行巨額詐欺事件という「公共の利害に関する事実」について報道活動を行っているものである。

 今まで、「ジャーナリストの王者」佐藤昇の週刊報道サイトは、社会の利益、公共の利益を図り「公共の利害に関する事実」についての報道活動をするために、東京地方裁判所民事第9部及び東京地方裁判所民事第37部合C係へ既に証拠資料として提出してある画像を公開する。

 なお、裁判所へは、証拠資料なので、当然、無修正で提出している。

 
指定暴力団山口組系二代目宅見組組長入江禎とシンガポール共和国在住のファンドコンサルタントの人物との通話履歴を監視団体盗聴照会リストで、指定監視団体の資金運用に関わる証拠書類
 
 
ダンボール一箱分の訴状をお送り頂き誠にご苦労様です


 <豊田賢治弁護士の懲戒処分の要旨>

 「日弁連広報誌・自由と正義」2015年10月号に掲載された弁護士の懲戒処分の要旨

          懲 戒 処 分 の 公 告

第二東京弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下のとおり通知を受けたので、懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定により公告する

1 懲戒を受けた弁護士
氏 名          豊田賢治
登録番号         28990
事務所          東京都中央区八丁堀2―10−9
             ユニゾ八丁堀ビル6F
             (電話 03-3523-3217、
             FAX 03-3523-3218)                    東京桜橋法律事務所 (http://tksb.jp/

2 処分の内容      戒 告

3 処分の理由の要旨

 被懲戒者は経営権をめぐって争いのある株式会社Aにおいて、2013年6月24日との前提となる2010年10月29日付けの株主総会決議が第1審判決及び控訴審 判決で不存在とされ上告審で覆る可能性も低かったにもかかわらずA社の代表取締役に就任し2013年7月2日から同年8月6日にかけて4回にわたりA社の株主である懲戒請求者の関与を排除するために行われた会社法上多大の問題のあるA社の増資手続に積極的に関与した。
被懲戒者の上記行為は弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。

4処分が効力を生じた年月日
2015年7月3日
2015月9月1日   日本弁護士連合会  

 <豊田賢治弁護士の経歴>

豊田 賢治(とよた けんじ)

昭和62年 茨城県猿島郡総和町(現古河市)立総和中学校卒業
平成2年 開成高等学校卒業
平成8年 東京大学法学部卒業
平成16年8月まで 三井安田法律事務所に所属
平成17年12月まで オリック東京法律事務所(オリック・ヘリントン・アンド・サトクリフ外国法事務弁護士事務所との外国法共同事業)に所属
平成18年1月 東京桜橋法律事務所開設
平成24年6月 株式会社ヤマダコーポレーション(東証二部上場企業)監査役
平成26年度、平成27年度 内閣府行政改革推進会議歳出改革ワーキンググループ構成員
平成27年7月 第二東京弁護士会より懲戒処分を受ける
平成28年6月 株式会社ヤマダコーポレーション(東証二部上場企業)監査役退任

  <次回予告>

 債権者(代理人:過去懲戒処分経験有の豊田賢治弁護士・東京桜橋法律事務所)との「投稿記事削除等仮処分命令申立事件」及び「慰謝料を含む不法行為に基づく損害賠償等請求事件」の係争内容を毎週実況報道していく。

 <復習>

 債権者が、かつて、株式を保有し経営していたと主張する株式会社ビューティーコンシャスは、東京都内を中心にして、債権者と金井志江の地元の京都府を含む全15店舗を展開する、脚やせ専門エステ「リフィート(http://www.ashiyase.jp/)」を運営している会社だ。

 そして、株式会社ビューティーコンシャスの代表取締役の金井志江は「細くならない脚はない」という書籍を上梓するような、カリスマエステシャンとして著名人である。

投稿記事削除等仮処分命令申立事件
債権者  債権者
債務者  週刊報道サイト株式会社
             答弁書
                   平成29年1月17日
東京地方裁判所民事第9部 御中
  〒136−0071 東京都江東区亀戸2丁目42番6−304号
       債務者 週刊報道サイト株式会社 代表取締役 佐藤昇

第1 申立の趣旨に対する答弁

1 債権者の申立を全て棄却する

2 申立費用は債権者の負担とする

 との決定を求める。

第3 結論

 事実の公共性・公益目的について、名誉毀損に関する民事事件をめぐる法律問題を論じた文献では、名誉毀損の免責要件の一要件の「公共の利害に関する事実」については、公的な業務、公務員の業務だけでなく、社会的に話題になった人・事件、社会に影響を及ぼした人・事件が関係する場合には、比較的広く認めるのが判例の傾向であるとされている(瓜田純・名誉毀損の百態と法的責任35項)。

 及川幹雄に係わる巨額詐欺事件については、及川幹雄がみずほ銀行本店幹部元行員であったことや詐取金額が巨額であったことから、これまでのマスメディアの報道等により大きく報じられている事件であって、このことは裁判官にも既に承知のことであろう。

 これらの事実からすると、週刊報道サイトの各記事は全て「公共の利害に関する事実」であるから、各記事は公平な論評であり、債権者及び東京桜橋法律事務所の名誉及び人格権を毀損し、社会的評価を貶めるとともに、その業務を著しく妨害するものにはあたらない。

 そして、債権者の本件仮処分申立は、事実を隠ぺいすることが目的で、私的利益の擁護を企図しているものであり、正当な目的に基づくものでないから全く理由がないと言える。

                        以上

投稿記事削除等仮処分命令申立事件
債権者  債権者
債務者  週刊報道サイト株式会社
             第一準備書面
                 平成29年2月16日

東京地方裁判所民事第9部 御中
  〒136−0071 東京都江東区亀戸2丁目42番6−304号
     債務者 週刊報道サイト株式会社 代表取締役 佐藤昇

 債務者の本件周辺取材によって、債権者代理人である豊田賢治弁護士が、過去の「ビーエムエス(BMS)コーポレーション(代表者:福岡万明)事件」における約1000名の集団訴訟において、その訴訟委任状がほとんど豊田賢治弁護士により偽造されたものであったとの情報が寄せられた。

 豊田賢治弁護士とは、平成27年7月3日に日本弁護士会から懲戒処分を受けているような品位なき弁護士であることから推認されるように、集団訴訟における訴訟委任状を偽造するような品位なき弁護士であることを、まずは申し述べる。

 そして、債権者の平成29年1月31日付準備書面(1)に対し以下の通り反論を述べる。

第1 答弁書に対する認否

1 認める。

2 債権者代理人である豊田賢治弁護士は、平成27年7月3日に日本弁護士会から懲戒処分を受けているような品位なき弁護士であることから、全て不知ないし否認と主張して、事実を隠ぺいすることが目的で、私的利益の擁護を企図しているものであると考える。

 現在、カリスマエステシャンとして「細くならない脚はない」を上梓までしている株式会社ビューティーコンシャス(脚やせ専門エステ「リフィート」を運営)の代表取締役の金井志江の女性としての人権を侵害するような写真が流出した事件は悪質な犯罪にも該当する行為であることから、その事件への原因究明や犯人特定はなされていることは当然であると思料する。

第3 結論

 債権者が被保全権利及び権利侵害と主張する請求はいずれも理由がないことが明白である。

 その根拠は、週刊報道サイト株式会社がどのような内容を報道するかは、表現の自由の保障の下、公共の福祉の適合性に配慮した週刊報道サイト株式会社の自律的判断にゆだねられているのであるから、過去の報道内容に事後的に疑義が生じた場合であっても、訂正報道の要否、時期、内容、方法、裏付調査の程度等、週刊報道サイト株式会社の自律的判断にゆだねられ、同様に、報道予定の内容に疑義がある場合であっても、疑義ある旨を併せて報道するかなどの報道内容等についても週刊報道サイト株式会社の自律的判断にゆだねられると解すべきである。

 このように、その報道内容等を広く週刊報道サイト株式会社の自律的判断にゆだねたとしても、我が国には、多数の新聞社及び放送事業者等の報道機関が存在し、通信技術が発達した現代社会においては、様々な情報を様々な手段で入手することが可能であり、その飛び交う情報の中でいかなる情報を信頼するか否かは、情報の受け手側の自律的判断にゆだねられる部分もある。他方、事実の報道内容、報道方法が不適切な者、過去の報道が事実に反するにもかかわらず訂正報道等をしない者などは、報道業界から淘汰される関係にあり、報道機関の自律的判断にゆだねられるとしても、その判断には一定の歯止めが期待し得るのである。

 被侵害権利として、週刊報道サイト株式会社に対し直ちにウェブサイト記事削除仮処分命令申立を請求するなどの法的救済を求めることができるとするならば、民主主義社会において極めて重要な意味をもつ報道機関の報道の自由に対して重大な影響を及ぼし、かつ、その自由の行使を妨げる結果となり、ひいては国民の知る権利に応えることができなくなるのは、見易いところである。

 したがって、たとえ週刊報道サイト株式会社などのネットメディアによる情報の提供が一般国民に対し強い影響力を持っていたとしても、債権者のウェブサイト記事削除仮処分命令申立をたやすく認めることはできないものといわなければならないからである。

                        以上

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
週刊報道サイトは、真面目に働く職人さん達を、応援しております。

<シンガポールのマリーナマンダリンホテル4Fの「築地すし大」の基本情報>

(所在地)
6 Raffles Boulevard #04-600 Marina Mandarin Hotel Singapore 039594

(営業時間)
ランチ  12:00pm〜3:00pm(ラストオーダー 2:00pm)
ディナー  6:00pm〜11:00pm(ラストオーダー10:00pm)
*月曜定休
(電話) (65)6820−0637(日本語OK) お問い合わせの際は「週刊報道サイトを見た」とお伝えいただければ幸いです。
公式サイトhttp://www.sushidai.com.sg
ブログhttp://yummydelight.wordpress.com/2013/11/19/sushi-dai-singapore/

 
塚本隆史(63才)元頭取
旧第一勧業銀行派閥
京都大学法学部卒
既に辞任済
 
佐藤康博(62才)前頭取
旧日本興業銀行派閥
東京大学経済学部卒
既に辞任済
 
及川幹雄(52才)
旧第一勧業銀行派閥
日本大学法学部卒
3/24逮捕

及川幹雄被告からの着信履歴です。
みずほ銀行への及川幹雄被告からの伝言メッセージです。内容は「自首をする」と言ってますよ。代表佐藤昇   
 
佐藤昇(45才)
生涯無派閥
専修大学法学部卒
既にパンチドランカーでポンコツ済

■対朝日新聞訴訟、支援のお願い

 佐藤昇は現在、「朝日新聞を正す会」を結成し、大義のために提訴をしました。

 吹けば飛ぶようなネットメディア媒体ですが、大手メディア媒体ができない自浄活動を、損害賠償請求や名誉毀損などのリスクを負ってでもやっていると自負しています。

 何卒、ご支援の程、よろしくお願い申し上げます。


■会員登録料のお支払い
個人会員 年間登録料(ご支援金含む) 60,000円
法人会員 年間登録料(ご支援金含む) 240,000円
銀行口座へのお振込でお願いします

■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net


東京地方裁判所公認のジャーナリスト佐藤昇

「佐藤昇」は、東京地方裁判所による、平成27年(ワ)第13632号判決及び平成27年(ヨ)第59号決定において、公式に「ジャーナリスト」として認定されております。詳細は PROFILEにて
「ジャーナリストの王者 (チャンピオン)」を襲名
    

ローソン玉塚元一退任

■週刊報道サイトの新聞媒体による糾弾報道により、三菱商事傘下ローソン代表取締役会長玉塚元一が株主総会で退任する

広告募集開始

月刊Hanada(花田紀凱責任編集)のお詫び広告掲載を見習い、週刊報道サイト(佐藤昇責任編集)も広告募集開始します!

アットアームズ

■自宅周辺と取引先に新聞媒体を配布した報道活動へ文書配布禁止等仮処分命令申立

朝日新聞を正す会

■平成27年2月9日、東京地方
 裁判所へ482名で提訴(vol.1)

■平成28年8月19日、甲府地方裁判所へ150名で提訴(vol.59)

「朝日新聞を糺す国民会議」との盟約締結(vol.12)
■提訴の経緯(vol.48)
■会報(一面二面三面五面
■関行男大尉を偲ぶ(vol.17)
南京大虐殺はあったのか?(vol.30)
公式ホームページ
原告団弁護士米山健也弁護士
原告団事務局長 佐藤昇
訴状PDF
訴訟委任状PDF
問合せ先info@hodotokushu.net
  

カジノ解禁法案反対

セガサミー里見治自宅銃撃事件の真相を報道する

サントリーと暴力団

サントリーに完全勝利する

サントリーが暴力団住吉会副会長へ利益供与を実行した事実の隠ぺい工作の全貌
   

アライオートオークション小山

荒井商事主催アライオートオークション小山におけるメーター改ざん詐欺を争う裁判が勃発

山崎製パン

山崎製パン大阪第一工場において異物混入したまま商品を出荷したとの内部告発文書を検証する

福島県除染偽装事件等

福島県と三春町への取材結果

大林道路福島営業所への突撃取材結果

仙台震災復興生コンクリート工場詐欺事件

リミックスポイント

暴力団●道会関与か?

架空採石権4億円設定!

真珠宮ビル跡地

買付証明売買予約金策祝杯上客赤富士裏金枠偽造本間吉偲ぶ会一条工務店?刑事告訴予告

齋藤衛(佐藤茂秘書?)

檻に3日間閉じ込められた後に埋められた齋藤衛氏(リュー一世・龍一成)を追悼する

イチロー選手

実父チチローから「殿堂入りする位の親不孝者だ」と言い放たれるイチロー(鈴木一朗)選手の資産管理会社IYI社の実像

阪神西岡剛選手

暴行傷害事件疑惑(診断書)・猿芝居感謝状

国立国会図書館

 週刊報道サイトは、国立国会図書館に納本され、国民共有の文化的資産として期限なく保存され続け、後世に継承されることになりました。
 詳細については9月9日記事をご参照ください。

お知らせ

内閣官房拉致問題対策本部事務局のバナーを上記に掲載し、2014年4月1日より、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発活動を行うために、弊社独自取材による連載記事を開始しました。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

<1> <2> <3> <4> <5> <6> <7> <8> <9> <10>


<活動ご支援金振込先>
三菱東京UFJ銀行
亀戸北口支店 普通
 0033595
週刊報道サイト株式会社

 

京都・中山記念館

マルハン韓昌祐会長(vol.5)

記事削除質問状への回答()

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

お問合せメールアドレス info@hodotokushu.net

広告

広告募集中です