本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

    

素敵な高級外車(ポルシェ)のご紹介(27/3/24)

 

 <山岡俊介と素敵な仲間達のご紹介>

 山岡俊介:現役暴力団組長の驚愕陳述書(vol.23)によると、稼業内では、ブラックジャーナリストとして有名であり、ヤクザと同じ位置付け。なお、裁判所の審尋の場において、武富士事件(26年8月26日記事)のテンプラ本を振りかざす(vol.27)。

 そして、逃げる犬となる(vol.34)。

 そして、裁判所の審尋の場において、ねつ造陳述書と内容の違う証言をする(vol.37)。そして、自らが病的な盗み録音癖があることを、勇気をもって華麗に告白した(vol.42)。

 なお、現役暴力団組長の驚天動地の陳述書・決定打版(vol.41)によると、山岡俊介氏に触ると、その触ってきた者を怪我させることができる変わった権力を使える黒い筆を持った黒魔術師ようだ。

 なお、「ヘタをしたらライター生命を失いかねないこの最大級の名誉棄損の仮処分係争(vol.52)」は現役暴力団組長の参考人招致で結審し(vol.51)、アクセスジャーナルの全ての記事は事実を歪曲した記事であることが連想された(vol.53)。

 木内久夫:山岡俊介陣営のデタラメ陳述書を提出した、菅谷政雄(通称:ボンノ)三代目山口組若頭補佐率いる菅谷組系傘下組織の元暴力団員。山岡俊介に恩義がある。「ラガッツェ」(自動車販売)という会社を共同経営している。兵庫県神戸市出身だ。私は天地神明に誓って暴力団組織に属したことなどまったくありませんと陳述書2(vol.38)に記す。

 三崎正敏:逃犬山岡俊介先輩とは、無二の盟友。口癖は「蓄財してる?」や「裏切っちゃったんだよね!」。かつてヤクザから借金だらけになった三崎正敏氏は、ある目上の方の処へ転がり込み、ヤクザからの取り立てから逃れた。そして、当たり前のごとく、その大恩ある目上の方を「裏切っちゃったんだよね!」と裏切った。その後、偶然、銀座の路上で、その大恩ある目上の方と出くわした。その時、その大恩ある目上の方にネクタイを引っ張られ、「お前(三崎正敏)は犬だから、鳴け」と命令され、「ワンワン」と鳴き、その場を解放されたらしい。その際に、口癖の「蓄財してる?」と鳴いたかどうかは不明である。三崎正敏氏には、いわゆるヤクザとしてのプライドはない。正面から喧嘩する代わりに、裏で動き、「裏切っちゃったんだよね!」と裏切りを行なう。まさにニューヤクザである。言うまでもなく、ニューヤクザには、ヤクザの掟は通用しない。そして、ヤクザの命など鴻毛より軽く考えている。

 ●重要記事:(投稿文)山岡俊介が公言する重要なネタ元「三崎正敏」その1「広域暴力団山口組の中京方面の某組長の証言」(26/11/18)

 <深刻なみずほ銀行の30代女性行員を職務中にレイプしたみずほ銀行の幹部行員こと官公庁の資金を扱うエリート中のエリートの次期執行役員候補の事件>

 ●事件概略:(事件詳細は平成27年3月17日記事にて)みずほ銀行幹部行員こと官公庁の資金を扱うエリート中のエリートの次期執行役員候補は、泥酔状態になり意識朦朧となったみずほ銀行30代女性行員へ、送り狼して、突然、裸で覆い被さってきて、生理中にもかかわらず、その生理用品を引き抜き、動けなくなっている女性行員への暴行におよぶ。女性行員は「早く終わって」と思いながら時を過ぎるのを待ち、準強姦罪に問われる可能性がある暴行が終わった後のベットには血の塊が残り、女性行員の両脇にはくっきりとアザが残っていた(平成27年3月24日記事)。そして、みずほ銀行は、この重大事件を、及川幹雄詐欺事件(平成26年10月14日記事)と同様に、「個人間の問題」として、様々な揉み消し工作や悪評の流布工作をした後に、女性行員を切り捨て、みずほ銀行は「個人のプライバシーに係わる問題であり、認否も含めて回答は差し控えさせていただきます」といつものお約束の文言を繰り返している「北米トヨタ自動車セクハラ訴訟事件」に匹敵する上場企業にあってはならない驚愕の事件。平成27年3月10日記事に記した現象が、メディア業界で発生していることが考えられるので、あえて佐藤昇の週刊報道サイトは報道し続けていきます。

 
この中に実行犯はいませんでした!(vol.8

 <みずほ銀行の犯罪者行員のまとめ>

27年1月20日記事、みずほ銀行相模大野支店の元課長代理の高川真弥容疑者(46)が計1200万円の有印私文書偽造・同行使と詐欺容疑で逮捕。

26年11月18日記事、みずほ銀行宇都宮支店の元課長の本間盛悦(51)が100万円の横領容疑で逮捕。

26年4月15日記事、みずほ銀行桜台支店の元課長の朝倉隆(56)が2500万円の業務上横領で逮捕。それに加え、みずほ銀行の元行員の上田悦生(49)が強制わいせつ容疑で逮捕。

  <及川幹雄被告逮捕についての他媒体の記事>

 週刊現代(27年1月6日記事
 月刊タイムス2月号(27年1月27日記事
 DMMNEWS(27年3月3日記事
 日刊ゲンダイ(27年3月3日記事

 <素敵な弁護士のご紹介>

 小林健一弁護士:西銀座法律事務所。及川幹雄の元代理人。「みずほ銀行詐欺被害者の会」の第一回公判日(26年12月9日記事)の2日前に敵前逃亡。(懲戒請求)(事情聴取調査)(その1)(その2)(ご助言)(その3)(その4)(議決決定)(敵前逃亡)(綱紀審査開始)。

 <追記>

 佐藤茂(佐藤昇と名前が似ていて恐縮です)を失禁させた(4月8日記事)、歴史に残る本物のヤクザである宅見勝五代目山口組(5月6日記事)若頭を考察してみますので、週刊報道サイトで今までに紹介した記事をご参照下さい(26年4月15日記事26年4月22日記事26年5月13日記事)。

  そして、任侠道を考察(その1その2)してみます。

 <次回予告>

  山岡俊介氏の「アクセスジャーナル」の真実を報道していくことは、公共の利益を有し、公益目的にかなう行為であります(平成26年12月22日記事)。

 
山岡俊介氏の複数の情報提供者達(大塚万吉氏(26年11月4日記事)や黒木正博氏(26年12月22日記事))の中の1人でそれだけの三崎正敏氏(26年11月11日記事)(準備書面vol.18)。
 
山岡俊介氏の複数の情報提供者達(大塚万吉氏(26年11月4日記事)や三崎正敏氏(26年11月11日記事))の中の1人でそれだけの黒木正博氏(26年12月22日記事)(準備書面vol.18
   
 
山種美術館 東京都渋谷区広尾3−12−36 電話03−5777−8600
 
 
 
 ネットメディア界のスター王者山岡俊介は、無名のノーランカー佐藤昇へ、王座への扉を開きながら、声をかけてきました。「汝、まさに常軌を逸しており、正気なのかと真面目にその精神状態を疑う」との、お墨付きを頂き、不肖佐藤昇は免許皆伝者となりました。 

■対山岡俊介訴訟、支援のお願い

 佐藤昇は現在、山岡俊介に投稿記事削除仮処分命令申立事件を起こされ、係争中です。

 吹けば飛ぶような媒体ですが、大手マスコミが取り上げない部分に、名誉毀損などのリスクを負ってでもやっていると自負しています。

 何卒、ご支援の程、よろしくお願い申し上げます。


■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net



朝日新聞を正す会

平成27年2月9日朝日新聞を提訴しました(vol.1)
公式ホームページ
大阪支部
原告団弁護士米山健也弁護士
原告団事務局長 佐藤昇
訴状PDF
訴訟委任状PDF
問合せ先info@hodotokushu.net 

国立国会図書館

 週刊報道サイトは、国立国会図書館に納本され、国民共有の文化的資産として期限なく保存され続け、後世に継承されることになりました。
 詳細については9月9日記事をご参照ください。

お知らせ

内閣官房拉致問題対策本部事務局のバナーを上記に掲載し、2014年4月1日より、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発活動を行うために、弊社独自取材による連載記事を開始しました。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

<活動ご支援金振込先>
三菱東京UFJ銀行
亀戸北口支店 普通
 0033595
週刊報道サイト株式会社


 

2013年11月21日に第2回セミナーを開催しました。セミナーの光景はSCHEDULEをご覧ください

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

広告

広告募集中です