本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

    

暴力団から借金だらけのテンプラ・マックスこと高尾昌司(本名:高尾正志)が屈指する、切り取りに来た暴力団員達へ見せつけるテンプラ本!(26/7/15)

 
 
 

 テンプラ・マックスことジャーナリストを名乗っている高尾昌司(本名:高尾正志)が、かつてから、かかっていたテンプラ病が、重篤な状態にまで進行している。

 この高尾昌司(本名:高尾正志)という不思議な妖怪の言動を通して、テンプラ病という、現在の事件師や詐欺師の多くがかかっている危険な病の問題点を、検証していく。

 <序説>

 テンプラ・マックスこと高尾昌司(本名:高尾正志)が、暴力団から借金だらけであるということは、事件師・詐欺師業界では、誰しもが知っている話らしい。

 その借金の切り取り(取り立て)にきた暴力団員へ、テンプラ本を見せつけて威嚇するらしい。

 テンプラ・マックスこと高尾昌司(本名:高尾正志)のテンプラ病は、かなり重篤な状態で、もはや、治癒の不可能な状況まで至っていることが、推察されます。

 <本節>

 テンプラ・マックスこと高尾昌司(本名:高尾正志)は、「刑事たちの挽歌」なる本を記している。

 佐藤昇も、かつて初版をプレゼントされた。 内容は、殺人事件担当の捜査一課の刑事達の奮闘を記した内容で、そこだけは評価できる。

 佐藤昇は、日本の警視庁は、他国の警察機関に比べて、まだ捨てたものではないと信じている。

  しかし、テンプラ・マックスこと高尾昌司(本名:高尾正志)が、この本を記した目的は、違うところにあった。

 それは、多額の債務を負っている債権者達(主には暴力団関係者達)へ、この本をプレゼントすることで捜査一課との太いパイプがあることを誇示し債権の切り取り(取り立て)を、止めさせることにあったそうだ。 だから、佐藤昇へも、わざわざ亀戸の事務所まで、足を運んで、プレゼントしに来たのか。

 そんな、どす黒い意図等は、暴力団とは全く付き合いのない完全堅気で腹の真っ白な佐藤昇には、理解できないことので、佐藤昇自らが債権者破産を申立て、しっかりと高尾昌司を破産確定させました

  完全堅気の佐藤昇には、そのテンプラハッタリは、全く通じませんでした。

 無駄な努力、御苦労様でした。

 <次回予告>

 そういえば、テンプラ・マックスこと高尾昌司(本名:高尾正志)は、いつも、ポン友らしい警視庁の人間の名前を語っておりますね。

 <佐藤昇からのメッセージ>

  テンプラ・マックスこと高尾昌司(本名:高尾正志)と、テンプラ・デラックスこと大津洋三郎は、きちんと逮捕されるまで、糾弾していきます。

  まだ、本所署からの、お迎えは着ておりません。

 今後の展開をお楽しみに。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 テンプラ・マックスこと高尾昌司(本名:高尾正志)が記した作品



会員番号

記事の全文を読むには、会員番号が必要なページがあります。
会員番号は、下記銀行口座にお振込いただくと、入金の確認ができ次第、メールで会員番号を発行いたします。


■会員登録料のお支払い
個人会員 年間登録料(ご支援金含む) 60,000円
法人会員 年間登録料(ご支援金含む) 240,000円
銀行口座へのお振込でお願いします

■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net



お知らせ

 

 2013年11月21日に第2回セミナーを開催しました。セミナーの光景はSCHEDULEをご覧ください

お問合せメールアドレス info@hodotokushu.net

記事を募集します

 週刊報道サイトでは、さまざまなジャンルの記事を募集しています。 出来事・告発・発見etc。情報提供も歓迎します。面談の上採用分には規定による原稿料をお支払いいたします。編集作業に興味ある方もご連絡ください。

連絡先メールアドレス info@hodotokushu.net

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

広告

広告募集中です