本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

山岡俊介、現役暴力団組長から「間接強制申立」をされる!(27/4/28)

 
 


<序説>

 平成27年3月30日、新王者佐藤昇が誕生した。(負犬vol.1

 そして、山岡俊介は、裁判所より「現役暴力団組長より50万円を貰い記事を掲載した」と正式に認定され、公式に暴力団共生者となったことで、完膚なきまでに敗訴し(負犬vol.2)、ネットメディア界からの引退が確実となった(逃犬vol.52)。

 まさに、新旧世代交代劇がおきた(負犬vol.1)。

 そして、敗訴した山岡俊介は負け犬の遠吠えをした(負犬vol.3)。

 そして、山岡俊介は、裁判所より「暴力団に対する利益供与」も行っている事実が正式に認定された(負犬vol.4)。

 また、三崎正敏も「暴力団ないし反社会勢力」である真実が、裁判所から正式に認定された(負犬vol.5)。
 
そして、ミニコミメディア界の重鎮の「敬天新聞」さんから、温かい励ましのお声をかけて頂いた(負犬vol.6)。

そして、現役暴力団組長すなわちジャパニーズマフィアにも、司法の場での直接対決でも完全敗訴し、世界初のW(ワールド)ブラックジャーナリストとなった(負犬vol.7)。

 そして、裁判所からの決定にも従わず、世界初のW(ワールド)ブラックジャーナリストとしての矜持を魅せつけた(負犬vol.8)。

 <本節>

 山岡俊介が、世界初のW(ワールド)ブラックジャーナリストとしての矜持からなのか、裁判所からの決定に従わないことは、既に報道した通りだが(負犬vol.8)、そのことにより、現役暴力団組長が、多大な損害を被っているようだ。

  山岡俊介のアクセスジャーナルの記事が、デタラメであることは、東京地方裁判所民事第9部により公式に認定され、削除するように、問答無用に決定を出されたのであるが(負犬vol.7)、その決定に従わないことで、現役暴力団組長は、現在でもその真実を知らない周囲の人から「お前は嘘の陳述書を書いたりするのか」「人としてあるまじき行為だ」などと言われているそうだ。

  これは、任侠の世界に身を置く者としては、最大の屈辱であるので、「間接強制申立」をしたそうだ。

 現在、暴力団員に対して、人格権を含めた人権を、事実上認めない方向にあるが、裁判所からの決定にも従わない山岡俊介にこそ、人格権を含めた人権を事実上認めない様にした方がよいのではないだろうか?

  <佐藤昇からのメッセージ>

 現役暴力団組長(ジャパニーズマフィア)が、東京地方裁判所の地上部分を、腰縄を付けずに、原告(債権者)として、堂々と闊歩している姿は、そうそう見ることのできる光景ではありません。

 しかも、その属性にも関わらず、きちんと直接対決でも見事に勝利を収めました!。

 山岡俊介には、東京地方裁判所の地下2階より下の階へ速やかに行くことが必定かと考えます。

 <現役暴力団組長(ジャパニーズマフィア)からのコメント>
 「俺は、同じ反社会的と裁判所から公式に認定された仲間が一人増えて嬉しいぜ。なんか、相談事があったら、同じ反社会的な仲間同士なんだから、遠慮しないで、いつでも来いよ!」

 
新王者佐藤昇誕生
 
完全敗訴の山岡俊介は、負け犬の遠吠え(vol.3)
 
 
 
 

■対山岡俊介訴訟、支援のお願い

 佐藤昇は現在、山岡俊介に投稿記事削除仮処分命令申立事件を起こされ、係争中です。

 吹けば飛ぶような媒体ですが、大手マスコミが取り上げない部分に、名誉毀損などのリスクを負ってでもやっていると自負しています。

 何卒、ご支援の程、よろしくお願い申し上げます。


■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net



朝日新聞を正す会

「朝日新聞を糺す国民会議」との盟約締結(vol.12)
■会報(一面二面
公式ホームページ
原告団弁護士米山健也弁護士
原告団事務局長 佐藤昇
訴状PDF
訴訟委任状PDF
問合せ先info@hodotokushu.net 

京都・中山記念館

マルハン韓昌祐会長(vol.4)

皇族お迎え推進委員会を開催(vol.1)

お知らせ

内閣官房拉致問題対策本部事務局のバナーを上記に掲載し、2014年4月1日より、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発活動を行うために、弊社独自取材による連載記事を開始しました。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

<活動ご支援金振込先>
三菱東京UFJ銀行
亀戸北口支店 普通
 0033595
週刊報道サイト株式会社


 

2013年11月21日に第2回セミナーを開催しました。セミナーの光景はSCHEDULEをご覧ください

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

広告

広告募集中です