本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

    

佐藤昇へ毎月120万円を渡していたと吹きまわっているチンケな取り屋で文春の名前をすぐに使う自称ジャーナリストの中西昭彦について(27/1/27)

 

 <序説>

 「中西昭彦から、週刊報道サイトの佐藤昇という男は毎月120万円貰っていたそうですよ」との情報が敬天新聞さんに吹き込まれたそうです(敬天新聞:27年1月21日記事)。

 「佐藤昇マイナス情報宣伝活動が行われている。Hさん(本間吉か?vol.44)でしょうか。」との推理がMSはミタさんに記されました(MSはミタ:27年1月22日記事)。

  佐藤昇は、チンケな取り屋の中西昭彦程度の人間が吹きまわっていること等、誰も真に受ける者等いないだろうから、放置するつもりであったが、弊社のシステムT氏に、叱責された

 その編集会議の一幕を公開いたします。

 <本節>

 システムT:中西昭彦なる人間が、佐藤さんのことを、ずいぶん前から、毎月120万円渡しているとか、じきに逮捕されるとか、広範囲に吹聴していますけど、このまま、放っておいていいんですか!

 佐藤昇:だって、中西昭彦は、大津洋三郎や高尾昌司(本名:高尾正志)の手先で使われて、その二人から小銭を貰って、喜んでいる、ただのチンケな取り屋だよ。誰も真に受ける人なんて、いないでしょ。

 システムT:佐藤さんは、ぜんぜん、ネット社会の怖さを、理解してない。ネット社会は、一度情報が出ると、それが、デタラメでも、皆、信じてしまうところが、怖いんですよ。自分でサイトやってて理解できていないなんて、どうかしてますよ。そんなことじゃ、ネット社会の歪を深く理解して、その歪を利用して金を取ることに勤しんでいる山岡俊介に、仮処分係争で勝つことなんて、とても、できないと、私は考えます。

 佐藤昇:だって、中西昭彦は、大津洋三郎から、タクシー代の領収書や、飲食代の領収書を貰って、それを、文春に取材経費と申請して、文春から小銭をせしめて、喜んでいる、ただのチンケな取り屋だよ。誰も真に受ける人なんて、いないでしょ。

  システムT:では、敬天新聞さんの山岡俊介への、強い抗議は、どう考えてるんですか?(敬天新聞:惚け山岡君シリーズ第一弾第二弾・第三弾・第四弾第五弾第六弾

 佐藤昇:たしかに、敬天新聞さんは、ブラックと世間では、言われているけど、敬天新聞の白倉さんの本質は、社会思想家で、社会運動を展開していて、毎週水曜日は、街宣ではなく、社会啓蒙活動をしていると考えているよ。よく、敬天新聞も、週刊報道サイトも、無料で見られるから、その存在を無料でうまく利用してやろうと考えて、寄ってくる、大馬鹿者もいるけど、ネットメディアとは、それぞれの特性に合った経済活動を行いながら、活動していかなくてはいけないわけで、山岡俊介は、敬天新聞さんの毎週水曜日の社会啓蒙活動の風景をマイナス情報として、裁判所という公的な所へ準備書面という書類の中の証拠書類として提出している(平成27年1月6日記事)ことをみても、明らかに、人間の格として、雲泥の差があるよね。

 システムT:その敬天新聞さんだって、デタラメ吹聴されたら、比較にならない位格下の山岡俊介へ、山岡俊介の言ってることはデタラメであることについてのケジメをつける行動を取っているんですよ!

  佐藤昇:たしかに、その通りだね。同郷の先輩であるMSさんにも、中西昭彦と闘えと、暗に記されてるからね。

 システムT:そうです。今月のアクセス数も、100,000アクセスに迫ろうという状況なのに、デタラメ風評に対して、放っておくことは、私は絶対に認めません

 佐藤昇:じゃ、来週の一回だけ、佐藤昇が中西昭彦へ、100万円を現金手渡しした時の受領証と、120万円を銀行振込した時の明細書を、公開するよ。でも、文字は、チンケな取り屋ごときに、わざわざ記す気分になれないから、省略するよ。

 システムT:中西昭彦の吹聴している話は、完全にデタラメであることが、一般の人達に理解できるようにしてもらえれば、それで良いです。  

 
東京地方裁判所2階の司法記者クラブ会見室における記者会見風景

 

 

 第23代WBC世界バンタム級王者
(防衛4回)
みずほ銀行詐欺被害者の会正会員
薬師寺保栄

 
ポンコツ学芸会王者
(防衛6回継続中)
代表幹事 佐藤昇

 
みずほ銀行へ集団提訴で1億3000万円被害の右アッパーを打ち込みました

 
みずほ銀行へ正会員による及川幹雄への刑事告訴警視庁受理の左ジャブを刺し込んでみました

 

 
林信秀(57才)頭取  旧富士銀行派閥  東京大学経済学部卒

 2014年3月28日に株主代表訴訟が提訴されました。林信秀頭取は、国際畑を歩み、国内での裏金作りスキームに一切タッチしていなかったので、消去法で頭取に選ばれたと推察いたします。何も知らないことは、一番強いことです。なので、この株主代表訴訟の係争を契機に、及川幹雄被告を現場責任者として行った、代々脈々と受継がれている裏金作りスキームの膿を出し切ることを望みます。

 
塚本隆史(63才)元頭取
旧第一勧業銀行派閥
京都大学法学部卒
既に辞任済

 
佐藤康博(62才)前頭取
旧日本興業銀行派閥
東京大学経済学部卒
既に辞任済

 
及川幹雄(51才)
旧第一勧業銀行派閥
日本大学法学部卒
未だ逮捕されず

及川幹雄被告からの着信履歴です。
みずほ銀行への及川幹雄被告からの伝言メッセージです。内容は「自首をする」と言ってますよ。代表佐藤昇    

 
佐藤昇(43才)
生涯無派閥
専修大学法学部卒
既にパンチドランカーでポンコツ済

会員番号

記事の全文を読むには、会員番号が必要なページがあります。
会員番号は、下記銀行口座にお振込いただくと、入金の確認ができ次第、メールで会員番号を発行いたします。


■会員登録料のお支払い
個人会員 年間登録料 60,000円
法人会員 年間登録料 240,000円
銀行口座へのお振込でお願いします

■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net



国立国会図書館

 週刊報道サイトは、国立国会図書館に納本され、国民共有の文化的資産として期限なく保存され続け、後世に継承されることになりました。
 詳細については9月9日記事をご参照ください。

お知らせ

内閣官房拉致問題対策本部事務局のバナーを上記に掲載し、2014年4月1日より、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発活動を行うために、弊社独自取材による連載記事を開始しました。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

<活動ご支援金振込先>
三菱東京UFJ銀行
亀戸北口支店 普通
 0033595
週刊報道サイト株式会社


 

2013年11月21日に第2回セミナーを開催しました。セミナーの光景はSCHEDULEをご覧ください

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

広告

広告募集中です