本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

    

齋藤衛氏が大日本インキ化学工業の川村茂邦氏をM資金で提訴!その3(26/9/9)


  FRIDAY 2002.8 -仰天!皇太子と佐藤茂の「同席写真」.pdf へのリンク
 過去の紙媒体において最もM資金のエッセンスの凝縮された秀逸な記事

 ミニコミ界の重鎮「敬天新聞」が報じた記事(26年8月11日記事


 あえて懐かしのM資金を考察し、そこから派生する事件を検証し、現在も確実に存在している、みずほ銀行内の旧第一勧業銀行派閥の裏金作りのスキームの闇を暴いていくために、長期連載を継続していきます。

 <序説>

 1993年11月、佐藤茂(佐藤昇と名前が似ていて恐縮です)(4月8日記事)の秘書を謳っていた、齋藤衛氏により、株式会社ぎょうせい(11月5日記事)の株式を大量に保有しているといわれるDIC株式会社(当時は大日本インキ化学工業)の川村茂邦社長(当時)が被告として、さくら共同法律事務所の河合弘之弁護士らを代理人として、M資金訴訟が提訴された。

 そして、1994年2月28日、当時、カリスマ経営者ともてはやされていた川村茂邦社長(当時)は辞任した。

 この一連の流れを、深く掘り下げ、M資金とは何なのかを、追求する。
(その1)(その2)

 <本節>

  吉野正三郎先生と、夜の銀座の御供をする時は、いつも、銀座日航ホテルの2階の喫茶店で待ち合わせて、少し雑談してから、すぐ裏へ行った。

 その雑談の時に、佐藤昇少年は、吉野先生に尋ねてみた、「やはり、川崎定徳の佐藤茂の秘書の方ですから、ビシッとした方なんでしょうね。」と。

 すると、吉野先生は、少し含み笑いをしながら言った、「ビシッとはしてないな〜。」と。

 そして、吉野先生が、好んで行っていた「フランスクラブ」へ行って、二人で、夜の蝶達に囲まれながら、川崎定徳の佐藤茂の秘書らしい齋藤衛氏を待っていた。

 そして、その齋藤衛氏は、店のボーイ達が緊張の表情で最敬礼して並んでいる中から、入ってきた。

 そこで、吉野先生が少し含み笑いをしながら言っていたことが、すぐに理解できた。

  齋藤衛氏は、全く「ビシッ」としていなかった!。

 <佐藤昇からのメッセージ>

 9月3日は、吉野正三郎先生の7回目の命日となります。

 吉野先生が御存命の間に、齋藤衛氏を始め、様々な方をご紹介いただき、その方達から、様々なことを学び、吸収しながら、人格形成をし、現在の、善良な完全堅気の佐藤昇に至っております。

 吉野先生が御存命の間には、己すら想像できていなかった、メディア会社を設立し、ニセ者が現れる位の(6月17日記事)、ある一定の影響力を与えることのできるネットメディア媒体にすることができてきました。

  事の経緯上、現在は、みずほ銀行の裏金作りスキームを法廷にて、白日の下にさらすことを主体に、報道しております。

 そして、ついでに、テンプラ・マックスこと高尾昌司(本名:高尾正志)(26年9月2日記事)と、テンプラ・デラックスこと大津洋三郎(26年8月19日記事)(敬天新聞26年8月25日記事)の、吉野先生も性質の悪さをよく知っているこの二人を、きちんと逮捕されるまで、糾弾する報道を継続しております。

 吉野先生が、御存命であれば、「みずほ銀行だけでなく、高尾と大津とまで同時に喧嘩しちゃって、佐藤君も忙しそうだな。俺も一枚噛ませてみなよ。ビジネスにしちゃうよ。」と、言ってくれたであろうことが想像できます。

 42年も生きていると、不思議なことが起こるもので、吉野先生が「裁判とは、ある種のゲームである。」との深い教えの中の(この発言が、一時法曹界で問題となりましたが、後の記事で、吉野先生のこの発言の本当の深い意味を記していきます)、裁判という名のリングで、弁護士という名の闘士で、その教えによる、ある意味日本一の強さ持っているのではないかと思う、弁護士という名の闘士が、この「みずほ銀行詐欺被害者の会」の集団訴訟の勝負を快諾してくれました。

 吉野正三郎先生と出会えたご縁には、天に本当に感謝しております。

 この佐藤昇の勝負を、天国から、楽しんで観戦していて下さい。

 勝つまでやります。

 当然、負けたら、すぐに吉野先生の元に参る所存であります。

 <次回予告>

  恩師である吉野正三郎弁護士から、齋藤衛氏を紹介され、対面した感想について、連載していきます。

 
林信秀(57才)頭取  旧富士銀行派閥  東京大学経済学部卒

 2014年3月28日に株主代表訴訟が提訴されました。林信秀頭取は、国際畑を歩み、国内での裏金作りスキームに一切タッチしていなかったので、消去法で頭取に選ばれたと推察いたします。何も知らないことは、一番強いことです。なので、この株主代表訴訟の係争を契機に、及川幹雄被告を現場責任者として行った、代々脈々と受継がれている裏金作りスキームの膿を出し切ることを望みます。

 
塚本隆史(63才)元頭取
旧第一勧業銀行派閥
京都大学法学部卒
既に辞任済
 
佐藤康博(62才)前頭取
旧日本興業銀行派閥
東京大学経済学部卒
既に辞任済
 
及川幹雄(51才)
旧第一勧業銀行派閥
日本大学法学部卒
未だ逮捕されず

及川幹雄被告からの着信履歴です。
みずほ銀行への及川幹雄被告からの伝言メッセージです。内容は「自首をする」と言ってますよ。代表佐藤昇    
 
佐藤昇(42才)
生涯無派閥
専修大学法学部卒
既にパンチドランカーでポンコツ済

会員番号

記事の全文を読むには、会員番号が必要なページがあります。
会員番号は、下記銀行口座にお振込いただくと、入金の確認ができ次第、メールで会員番号を発行いたします。


■会員登録料のお支払い
個人会員 年間登録料(ご支援金含む) 60,000円
法人会員 年間登録料(ご支援金含む) 240,000円
銀行口座へのお振込でお願いします

■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net



みずほ銀行詐欺被害者の会

 集団提訴への訴状作成を開始いたしました。
 被害者の会については8月5日記事をご参照ください

正会員数   6名
入会検討者 複数名
本会規約.pdf
本会入会申込書.pdf
弁護士田邊勝己の公式見解

お問合せメールアドレス info@hodotokushu.net

国立国会図書館

 週刊報道サイトは、国立国会図書館に納本され、国民共有の文化資産として期限なく保存され続け、後世に継承されることになりました。
 詳細については9月9日記事をご参照ください。

お知らせ

内閣官房拉致問題対策本部事務局のバナーを上記に掲載し、2014年4月1日より、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発活動を行うために、弊社独自取材による連載記事を開始しました。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

<活動ご支援金振込先>
三菱東京UFJ銀行
亀戸北口支店 普通
 0033595
週刊報道サイト株式会社


 

2013年11月21日に第2回セミナーを開催しました。セミナーの光景はSCHEDULEをご覧ください

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

広告

広告募集中です