本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

    

テンプラ・マックスこと高尾昌司(本名:高尾正志)は、「ニューヤクザ」と称される三崎正敏とは、昵懇どころか、兄弟分らしい!(26/7/22)

 
松魂塾街宣車
 
 三崎正敏と松魂塾塾長の名刺
 
Nシュウスケ(野呂周介氏のことなのでしょうか?)
 
Nイッケイ(永本壹柱(本名:孫壹柱)氏のことなのでしょうか?) 
 

 テンプラ・マックスことジャーナリストを名乗っている高尾昌司(本名:高尾正志)が、かつてから、かかっていたテンプラ病が、重篤な状態にまで進行している。

 この高尾昌司(本名:高尾正志)という不思議な妖怪の言動を通して、テンプラ病という、現在の事件師や詐欺師の多くがかかっている危険な病の問題点を、検証していく。

 <序説>

 テンプラ・マックスこと高尾昌司(本名:高尾正志)が、「ニューヤクザ」と称される三崎正敏とは、昵懇どころか、兄弟分だったらしいということは、暴力団・事件師・詐欺師業界では、誰しもが知っている話らしい。

 その弟分の三崎正敏と反目すると、兄貴分の高尾昌司(本名:高尾正志)は、得意のチンコロ・マジックを屈指し、三崎正敏を破門に追い込んだらしい。

 なお、その件につき、現在、色々と係争中らしい。

 佐藤昇は、完全堅気の人間なので、詳細については分からない。

 いずれにしても、テンプラ・マックスこと高尾昌司(本名:高尾正志)のテンプラ病は、マックス状態にまで進行しており、もはや、治癒の不可能な状況にまで至っていることは、確実であろう。

  <本節>

  同郷の先輩であり、いつも様々なことをご教諭してもらっている、MSさんの「MSはミタ!」で、7月14日に驚愕の記事(http://mswamita.jugem.jp/?eid=151)が掲載されたので、その一部を、引用します。

 「敬天新聞は名誉棄損で訴えられる可能性があります。警視庁組対三課某管理官あたりはそういう動きを取っている可能性がある。 理由は、三崎正敏という「ニューヤクザ」と称される人物がおりまして、この人が某任侠右翼団体トップ(松魂塾二代目塾長・直隆志氏のことなのでしょうか?)を著名な上場株操作屋とともに告発して、組対三課が某任侠右翼団体トップを一年以上追い回して、結果起訴猶予でおわり、おまけで三崎正敏が逮捕される喜劇が最近あったからです。

 Nシュウスケ(野呂周介氏のことなのでしょうか?)という人やNイッケイ(永本壹柱(本名:孫壹柱)氏のことなのでしょうか?)という人を逮捕する操作方法にチンコロ師を使ったので癒着が噂されるわけです。 三崎正敏と泥濘のT(高尾昌司(本名:高尾正志))というジャーナリストは、記事を削除しないと完全堅気と称するジャーナリスト(善良な佐藤昇のことと推察いたします)を本所署に告発すると完全堅気に告げたそうです。

 刑事権力をちらつかせて、隠れた意図を実現しようというのは、一種の恐喝であり、T(高尾昌司(本名:高尾正志))はかような行為を日常的に行う人物であり、敬天新聞の名前も騙っている可能性があります。

 このような、ガマガエルとウシガエルの唸り合戦の世界は一般人からすれば唾棄すべきことですが、天下の日大の理事長と敬天報道との暗闘はもうすこし社会性がある。」

 上記記事の中で推察される人物名は、テンプラ・マックスこと高尾昌司(本名:高尾正志)が、よく、その人物名を語って、威嚇するために利用している人物名である。

 なお、佐藤昇がMSさんに「佐藤昇は、完全堅気であります。」と言うと、MSさんは「昇が完全堅気と自分で言っているのは、高級クラブのママ(秀ママあたりのことなのでしょうか、6月17日記事)が、私は処女よと自分で言っているのと同じだぞ。」との比喩で、MSさんは、佐藤昇の善良ぶりを評価してくれているものであると推察しております。

 そんな善良な佐藤昇が、高尾昌司(本名:高尾正志)のような、テンプラ・ヤクザ・ガエルと、唸り合戦をせざるを得なくなった、この現在の不憫な状況を、深く憐れんでくれているものであると推察しております。

 また、佐藤昇は、こんな、テンプラ・マックスこと高尾昌司(本名:高尾正志)や、テンプラ・デラックスこと大津洋三郎とかと、関わるのは、大変不本意なことであると考えております。

  しかし、誰もが、この二名による、ヤクザ名と警察名をゲーコーゲーコーとカエルのように唸り続ける威嚇に、おびえてしまっているのか、誰もこの二名を糾弾しないので、止むを得ず、佐藤昇の「週刊報道サイト」が、日本国の国益にかない、公益性があると考え、この二名からの、あらゆるテンプラ威嚇圧力に屈せずに、真実の報道をしているまでであります。

  <次回予告>

 そういえば、テンプラ・マックスこと高尾昌司(本名:高尾正志)は、いつも、ポン友らしい警視庁の人間の名前を語っておりますね。

 なんか、元管理官に、電話したりしているようですね。

  佐藤昇は、警視庁の良識を、信じております。

 <佐藤昇からのメッセージ>

 テンプラ・マックスこと高尾昌司(本名:高尾正志)と、テンプラ・デラックスこと大津洋三郎は、きちんと逮捕されるまで、糾弾していきます。

 なお、まだ、本所署からの、お迎えは着ておりません。今後の展開をお楽しみに。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 テンプラ・マックスこと高尾昌司(本名:高尾正志)が記したテンプラ本(7月15日記事をご参照ください)



会員番号

記事の全文を読むには、会員番号が必要なページがあります。
会員番号は、下記銀行口座にお振込いただくと、入金の確認ができ次第、メールで会員番号を発行いたします。


■会員登録料のお支払い
個人会員 年間登録料(ご支援金含む) 60,000円
法人会員 年間登録料(ご支援金含む) 240,000円
銀行口座へのお振込でお願いします

■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net



お知らせ

 

 2013年11月21日に第2回セミナーを開催しました。セミナーの光景はSCHEDULEをご覧ください

お問合せメールアドレス info@hodotokushu.net

記事を募集します

 週刊報道サイトでは、さまざまなジャンルの記事を募集しています。 出来事・告発・発見etc。情報提供も歓迎します。面談の上採用分には規定による原稿料をお支払いいたします。編集作業に興味ある方もご連絡ください。

連絡先メールアドレス info@hodotokushu.net

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

広告

広告募集中です