本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

    

制御不能の猛毒艶女・Hママこと秀ママ(その2)(6/17)

 
 
猛毒艶女・中田秀子

 首都圏には、多数の猛毒艶女(もうどく・アデージョ)が、うろついております。

 善良な殿方達へ、警笛を鳴らすためにも、猛毒艶女達からの返しは、恐ろしくはありますが、勇気を持って、連載していきます。

 <序説>

 4月25日発売の「FRIDAY」が、制御不能の猛毒艶女(もうどく・アデージョ)を激写した。

 その女の名は、Hママこと秀ママ(源氏名:中田秀子、本名:佐藤成子)。現在も健在らしい。

 <本節>

 銀座で複数の高級クラブを経営するやり手オーナーママとして、秀ママは著名であります。

 一方、裏では、マムシも喰ったマングース女と、猛名も轟いております。

 また、A組長に「この甲斐性なしが!。」と罵りあげた武勇伝もございます。

 秀ママが、1泊2日のゴルフコンペに登場しました。

 なんと、その時の衣装は、首的なものがかろうじて隠れる位の、房的なものが半分以上露出している衣装であったようです。

 いきなり痺れるような獰猛な攻撃であります。きっと、ティーショットの球をセットする時には、太い殿方(経済的にという意味です)には、ポロリ的サービスでもあるのでしょうか?。

 ラフに球を打ち込んでしまった時は、豊満な房的なものを、ユッサユッサと揺らしながら、小走りをするそうであります。

 たたみ掛けるような獰猛な攻撃であります。

 きっと、その日のそのゴルフ場の18ホールは、黒く妖艶な空気に包まれていたことでありましょう。

 話は、これだけでは終わりません。宿泊後の翌日のコンペに、ある殿方が、額にアザをつくって現れました。

 他の殿方が、何かあったのかと心配して尋ねると、ベッドから転がり落ちてできたとの回答であったそうです。

  男としての修行の足りない佐藤昇には、想像できないような、獰猛な攻撃が繰り広げられていたことが、推察されます。

 佐藤昇は、先生に尋ねてみました、「秀ママにも、喰われたいですか?」。

 先生は即答しました、「あれは、見た目は、ただのおばはんだし、その上、毒気が強すぎるから、遠慮したい。」と。

  秀ママ、おそるべし。

 <次回予告>

 首都圏には、多数の猛毒艶女(もうどく・アデージョ)が、うろついております。

 <代表佐藤昇からのメッセージ>

 「FRIDAY」の記事によりますと、秀ママの店には、銀行の役員が通っていたようです。

 みずほ銀行の役員も通っていて、秀ママの猛毒にやられてしまっているから、みずほ銀行の信用を著しく棄損している及川幹雄被告を告訴しないという、明らかに間違っている対応を継続しているのでしょうか?。

 6月24日のみずほFGの株主総会を契機に、旧第一勧業銀行派閥が及川幹雄被告を使って行った所業をきっかけに、その背後に確実に存在する、黒く汚れた膿を出し切ることを、望みます。

 なお、秀ママと、佐藤昇は、リングネームが、マムシを喰ったマングース女と、リトル・マングース。出身地が、千葉県で同じ。本名の苗字も佐藤で同じ。との共通点があるとのご指摘がございましたが、全く接点は、ございませんことを、強く申し添えいたします。

 
 


 
ガチンコのド突き合い勝負をする時は、この様な表情には、なってしまいます。
 
普段は、この様な和やかな表情です。
平成26年5月31日SmileBOX新小岩にて撮影。
 
 


 活動のご支援をして頂いた方々で、ご希望の方には、8月3日の後楽園ホールでの佐藤昇出場予定のボクシング興行のチケットをプレゼントいたします。(そんなのいらないとか冷たいことは言わないで下さい。)


会員番号

記事の全文を読むには、会員番号が必要なページがあります。
会員番号は、下記銀行口座にお振込いただくと、入金の確認ができ次第、メールで会員番号を発行いたします。


■会員登録料のお支払い
個人会員 年間登録料(ご支援金含む) 60,000円
法人会員 年間登録料(ご支援金含む) 240,000円
銀行口座へのお振込でお願いします

■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net



お知らせ

内閣官房拉致問題対策本部事務局のバナーをトップページに掲載し、2014年4月1日より、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発活動を行うために、弊社独自取材による連載記事を開始しました。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。


 

2013年11月21日に第2回セミナーを開催しました。セミナーの光景はSCHEDULEをご覧ください

お問合せメールアドレス info@hodotokushu.net

記事を募集します

 週刊報道サイトでは、さまざまなジャンルの記事を募集しています。 出来事・告発・発見etc。情報提供も歓迎します。面談の上採用分には規定による原稿料をお支払いいたします。編集作業に興味ある方もご連絡ください。

連絡先メールアドレス info@hodotokushu.net

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

広告

広告募集中です