本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

    

制御不能の猛毒艶女・Hママ(その1)(5/27)

 

 首都圏には、多数の猛毒艶女(もうどく・アデージョ)が、うろついております。

 善良な殿方達へ、警笛を鳴らすためにも、猛毒艶女達からの返しは、恐ろしくはありますが、勇気を持って、連載していきます。

 <序説>

 4月25日発売の「FRIDAY」が、制御不能の猛毒艶女(もうどく・アデージョ)を激写した。

 その女の名は、Hママ。

 現在も健在らしい。

 <本節>

 銀座で複数の高級クラブを経営するやり手オーナーママとして、Hママは著名であります。

 一方、裏では、マムシも喰ったマングース女と、猛名も轟いております。

  なお、店の近くには、太い殿方(経済的にという意味です)の顧客との、濃密な打合せができる事務所があるようです。

 また、武勇伝としまして有名なのは、かつて、宅見勝五代目山口組若頭の側近であったA組長の愛人であった時分に、店に入店してきた、20歳も年下のボーイと、突然結婚しました。

 きっと、Hママにとって、そのボーイは、顔が好みで、身体の相性も抜群だったのでありましょう。

 当然、A組長は、「どういうことなのか。」と追及しますが、その返しは、なんと、「この甲斐性なしが!。」と罵りあげたそうです。

  その時分に、A組長に、「この甲斐性なしが!。」と、男で罵りあげられるのは、宅見勝五代目山口組若頭しか存在しなかったと思います。

 すなわち、Hママは、宅見勝五代目山口組若頭と同等の戦闘力を持っていると定義できます。

  小生の愛妻は、突然、20歳も年下の男を連れて来て、「この甲斐性なしが!。」と罵りあげるようなことは、絶対にしません。

 佐藤昇は、幸せな男であります。

 <次回予告>

 Hママが、1泊2日のゴルフコンペに登場しました。

 証言を取材で聴いただけで、佐藤昇を、恐怖で縮みあがらせるような(ある部位がという意味です)、獰猛な攻撃が繰り広げられておりました。

 <代表佐藤昇からのメッセージ>

 「FRIDAY」の記事によりますと、Hママの店には、銀行の役員が通っていたようです。

 みずほ銀行の役員も通っていて、Hママの猛毒にやられてしまっているから、みずほ銀行の信用を著しく棄損している及川幹雄被告を告訴しないという、明らかに間違っている対応を継続しているのでしょうか?

 会員様は、イニシャル表記の実名がご覧いただけます。

 
 



会員番号

記事の全文を読むには、会員番号が必要なページがあります。
会員番号は、下記銀行口座にお振込いただくと、入金の確認ができ次第、メールで会員番号を発行いたします。


■会員登録料のお支払い
個人会員 年間登録料(ご支援金含む) 60,000円
法人会員 年間登録料(ご支援金含む) 240,000円
銀行口座へのお振込でお願いします

■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net



お知らせ

内閣官房拉致問題対策本部事務局のバナーをトップページに掲載し、2014年4月1日より、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発活動を行うために、弊社独自取材による連載記事を開始しました。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。


 

2013年11月21日に第2回セミナーを開催しました。セミナーの光景はSCHEDULEをご覧ください

お問合せメールアドレス info@hodotokushu.net

記事を募集します

 週刊報道サイトでは、さまざまなジャンルの記事を募集しています。 出来事・告発・発見etc。情報提供も歓迎します。面談の上採用分には規定による原稿料をお支払いいたします。編集作業に興味ある方もご連絡ください。

連絡先メールアドレス info@hodotokushu.net

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

広告

広告募集中です