本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

    

「うごめく「M資金」“亡霊” 今年初めから数社に融資話「無担保で10兆円まで」」他(26/9/23)

「うごめく「M資金」“亡霊” 今年初めから数社に融資話「無担保で10兆円まで」」
(1994/05/21 産経新聞朝刊)

 「企業代表者の人格を重視して、担保なしで最高十兆円までお貸しします」−常識では考えられないこんな融資話が、今年初めから企業社長らに持ちかけられていることが、二十日までに関係者の話でわかった。財源は「欧米財団の秘密資金」「日本政府系機関の海外凍結資産」、仲介者として国会議員の名前も語られ、かつて横行した「M資金」融資話の内容に酷似。

 不況を受けて、亡霊のような巨額詐欺の手口がよみがえったらしい。 今年二月に知人を通じて融資話が持ち込まれたという中堅メーカー(本社・東京)社長の話によると、都内のホテルで「資金管理の委託を受けている民間組織の職員」と名乗る男性と会って資料を示され「少なくとも二十兆円の資金が保有されており、十兆円までは無担保、保証人なしで、公定歩合程度の金利で融資できる」と説明された。

  資料には「(資金は)終戦時の財閥解体の財源、レベット財団、ガレリオ財団、エロア資金の諸財源が日米安全保障条約に基づいて動かされるもの」と記載され「政府資金ではなく超法規的に処理される、表向きは産業育成資金の長期貸付金」とされている。

 男性は「融資実行は大蔵省、日銀の現職の中から指名された方々に事務処理のみを依頼する」と説明。

 「すでに百三十五社が利用している」といい「融資は法人あてでなく代表者個人に行われる性格のもので、その識見と人格を考慮して融資の可否を判断する」と署名入りの名刺やパスポートのコピーなどの提出を指示した、という。

  “組織”の素性について男性は「裏の大蔵省」と話し「国会議員やマスコミへの漏えいは友好諸国に迷惑をかけるので、守秘は特に厳しくしてほしい」と強調したという。

 この社長は「あまりに非現実的」と融資申し込みはしなかった。 こうしたM資金融資話が最近横行しているため、福岡県に本社のある信用調査会社はこのほど会員企業に注意を呼びかけた。同社は「不況で金融機関の蛇口が厳しくなっている状況を受け、詐欺グループの動きが活発化しているようだ」と分析している。

 「GHQのマーカット少将が旧日本軍から押収した貴金属などを秘密資金にした」とされるM資金。

 不況のたび、融資話が出回り、手数料などが詐取される事件が続発した。昭和四十四年には全日空の社長が三千億円融資話に乗せられて念書を書き、退陣に追い込まれた。

 また、昨年は大日本インキ化学工業社長名(当時)の「十兆円の貸し付けを受ける」との念書があることが発覚した。

  時代の変化とともに資金の性質が進駐軍関係から「ユダヤ系財閥資金」「オイルダラー」、さらに「日本政府発行のウラ国債」と変わったが、いずれもM資金融資話と呼ばれて、経営者や経理担当者の間で注意が呼びかけられている。

 「「M資金」の悲劇避ける方法(複眼独眼)」
(1994/08/01 日経金融新聞)

 ▼…最近のジャーナリズムの情報によれば、某大手企業の幹部がM資金に惑わされて辞任せざるを得なかったという。筆者は、某不動産会社の社長から依頼されて、M資金と推定される資金源との交渉のアドバイザーを務めた経験をもとに、このような悲劇を避ける方法を記述しよう。

 ▼…銀行から借り入れするにしろ、資本市場から調達するにしろ、借り手にかかわる詳しいディスクロージャーが要請される。

 往々にして大手の本邦企業の財務幹部は、従来の関係で比較的簡単に資金を調達してきただけに、ディスクロージャーの必要性を理解していない場合がある。

 「M資金」の説明者は、この点を突いて、本邦の大企業なら、有利な条件で一千億円でも、さらには数千億円でもあっせんする、という甘い話を持ち掛ける。

 その資金は、戦後マッカーサー元帥の許可のもとに集められたものとか、戦前の軍隊が海外で蓄積していた軍事機密費の残りが運用された結果、大きな資金になった、とか、あたかも無尽蔵にあるかのごとき大きな話を展開する。

 財務の本当の専門家なら、簡単にこの段階で、この話は架空のものと判断できる。

 もし自分がこのような資金の貸し手ならば、借り手の財務内容を徹底的に調査し、借り手の資金使途を確認し、その使途が的確と判断し、かつ、その資金使途から上がる収益で借入金の返済に十分なキャッシュフローの成算を見て、初めて貸し出しを承認するのが専門家の世界である。

 「数千億円の資金を貴社にだけ有利な条件で貸す」というような甘い金融機関は絶対あり得ないのに、大企業の財務の専門家まで誘惑されてしまう。その話法の巧みさには、筆者も感心した経験がある。

 ▼…このような悲劇が十年くらいのサイクルで繰り返されるのは、景気循環のサイクルで金融タイトの時に、企業の財務専門家が自分の役割を理解せずに、その地位に就任したから、と推定される。(魔山)

「ニュース前線/ 「M資金」詐欺の手口 一流実業家の仮面」
(1994/05/20 中日新聞朝刊)

 甘い話でっちあげ 元銀行支店長らが「M資金」を装って不動産業者から一億四千万円余をだましとっていた詐欺事件で、主犯格の自称会社役員田中良成容疑者(47)は、一泊約六万円の東京都内の一流ホテルに三年間も滞在し続け、高級スーツに身を固めて多角ビジネスを展開するやり手の実業家を装って被害者を信用させていたことが、愛知県警捜査二課と名古屋・中署の十九日までの調べで分かった。

 共犯の元銀行支店長も、その肩書きを利用しようとした田中容疑者の巧みな話術に取り込まれたとみられ、同課はだましの手口の解明を急いでいる。

 これまでの調べでは、田中容疑者らは、約六十億円の負債を抱えていた名古屋市内の不動産業者親子に架空の融資話を持ち掛けて現金をだましとった。業者が経営難だったこともあるが、詐欺の決め手は田中容疑者の振る舞いにあったと同課などはみる。

 調べでは、田中容疑者は以前は実際に会社を経営していたが倒産。最近は会社役員を名乗っていたが、実態は不明だった。

 にもかかわらず、平成三年初めから東京都千代田区の一流ホテルで暮らし始めた。

 二部屋続きの豪華な一室。

 一泊六万円の料金を百万円単位でまとめて前払いするキップの良さ。

 高級スーツがビシッと決まる長身。

 加えて、レストランやホテル経営を果敢に切り盛りするという実業家風情。周囲も信じ込んだという。

 被害者が融資話を持ち掛けられたのもこのホテル。ワラにもすがる思いの被害者に、田中容疑者は実態のない「M資金」を持ち出し、まことしやかな“おいしい話”をでっちあげた。

 一方、元銀行支店長の野崎繁容疑者(49)も田中容疑者の話術のとりこになった一人とみられる。

 犯行当時は現役の支店長。

 同課などは、田中容疑者がこの肩書きをフルに活用しようと野崎容疑者に接近したとみて、二人の共謀の経緯を調べるとともに、田中容疑者の優雅なホテル暮らしの裏に、詐欺の余罪がなかったかどうか追及している。(栗田秀之、久野哲弘)


 
林信秀(57才)頭取  旧富士銀行派閥  東京大学経済学部卒

 2014年3月28日に株主代表訴訟が提訴されました。林信秀頭取は、国際畑を歩み、国内での裏金作りスキームに一切タッチしていなかったので、消去法で頭取に選ばれたと推察いたします。何も知らないことは、一番強いことです。なので、この株主代表訴訟の係争を契機に、及川幹雄被告を現場責任者として行った、代々脈々と受継がれている裏金作りスキームの膿を出し切ることを望みます。

 
塚本隆史(63才)元頭取
旧第一勧業銀行派閥
京都大学法学部卒
既に辞任済
 
佐藤康博(62才)前頭取
旧日本興業銀行派閥
東京大学経済学部卒
既に辞任済
 
及川幹雄(51才)
旧第一勧業銀行派閥
日本大学法学部卒
未だ逮捕されず

及川幹雄被告からの着信履歴です。
みずほ銀行への及川幹雄被告からの伝言メッセージです。内容は「自首をする」と言ってますよ。代表佐藤昇    
 
佐藤昇(42才)
生涯無派閥
専修大学法学部卒
既にパンチドランカーでポンコツ済

会員番号

記事の全文を読むには、会員番号が必要なページがあります。
会員番号は、下記銀行口座にお振込いただくと、入金の確認ができ次第、メールで会員番号を発行いたします。


■会員登録料のお支払い
個人会員 年間登録料(ご支援金含む) 60,000円
法人会員 年間登録料(ご支援金含む) 240,000円
銀行口座へのお振込でお願いします

■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net



みずほ銀行詐欺被害者の会

 集団提訴への訴状作成を開始いたしました。
 被害者の会については8月5日記事をご参照ください

正会員数   6名
入会検討者 複数名
本会規約.pdf
本会入会申込書.pdf
弁護士田邊勝己の公式見解

お問合せメールアドレス info@hodotokushu.net

国立国会図書館

 週刊報道サイトは、国立国会図書館に納本され、国民共有の文化資産として期限なく保存され続け、後世に継承されることになりました。
 詳細については9月9日記事をご参照ください。

お知らせ

内閣官房拉致問題対策本部事務局のバナーを上記に掲載し、2014年4月1日より、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発活動を行うために、弊社独自取材による連載記事を開始しました。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

<活動ご支援金振込先>
三菱東京UFJ銀行
亀戸北口支店 普通
 0033595
週刊報道サイト株式会社


 

2013年11月21日に第2回セミナーを開催しました。セミナーの光景はSCHEDULEをご覧ください

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

広告

広告募集中です