本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

    

大津洋三郎と人権派!?喜田村洋一弁護士はお友達(3/18)

 
 

 上記抵当権設定仮登記の債務者である、AMMALIARE株式会社は、テンプラ人間・大津洋三郎の息子の大津修平氏が、代表取締役に就任しており、ひときわ目を引くのは、監査役に就任している「喜田村洋一」氏であります。

 この御仁は、ロス疑惑事件の三浦和義の弁護人でもあり、強制起訴された小澤一郎の弁護人も務めた、人権派と謳われる著名な弁護士であります。

 ですが、テンプラ人間・大津洋三郎の実質支配している法人の監査役に就任している事実は、人権派との謳い文句は信じられなくなります。

 その証拠に、その権利者の株式会社プロフィットは、2月18日記事にて掲載した、及川幹雄被告の不思議な人脈メモ(はっきり言うと及川幹雄被告から金をもっていっている人脈図です)に記されている、新坂(新坂敏美)が代表取締役に就任しており、松沢(松澤泰生)から紹介された、福吉(福吉高光)が取締役に就任している法人です。

  既報の通り、テンプラ人間・大津洋三郎は、及川幹雄被告より、及川幹雄被告の裏金作りスキームを嗅ぎつけたメディアの報道を全て止めると言って、マスコミ対策費称して、確実に金1億1500万円以上の金を詐取恐喝している、薄汚れた詐欺師であります。

  この人物群での金のやりとりに使用する法人の監査役に就任している喜田村洋一弁護士(ミネルバ法律事務所、東京都千代田区紀尾井町3−27剛堂会館4階、電話03−5216−7755)は、とても人権派とは思えません。

 
 
 
 
 


 <次回予告>
 この喜田村洋一弁護士は、同じくテンプラ人間・高尾昌司(本名:高尾正志)ともお友達です。

 <代表佐藤昇からのメッセージ>

 大津修平氏は代表の佐藤昇と世代が近くのナイスガイの好青年であります。また喜田村洋一弁護士も、直接お会いしたことはありませんが、その弁護活動を見るに、気骨ある優れた弁護士であると個人的には思います。

 しかし、テンプラ人間・大津洋三郎は、本件とは全く関係のない佐藤昇にとってとても大切な目上の第三者の方に対して、佐藤昇を抑え込もうとする汚い行動をとっているので、止むを得ずこの記事を記しました。

 苦情は、自分が助かれば、他人はどうなっても構わないと考える、薄汚れたテンプラ人間・大津洋三郎へお願いします

 会員様は、喜田村洋一弁護士の若い頃の顔写真と経歴等の概要がご覧いただけます。  



会員番号

記事の全文を読むには、会員番号が必要なページがあります。
会員番号は、下記銀行口座にお振込いただくと、入金の確認ができ次第、メールで会員番号を発行いたします。


■会員登録料のお支払い
個人会員 年間登録料 60,000円
法人会員 年間登録料 240,000円
銀行口座へのお振込でお願いします

■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net



お知らせ

 

 2013年11月21日に第2回セミナーを開催しました。セミナーの光景はSCHEDULEをご覧ください

お問合せメールアドレス info@hodotokushu.net

記事を募集します

 週刊報道サイトでは、さまざまなジャンルの記事を募集しています。 出来事・告発・発見etc。情報提供も歓迎します。面談の上採用分には規定による原稿料をお支払いいたします。編集作業に興味ある方もご連絡ください。

連絡先メールアドレス info@hodotokushu.net

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

広告

広告募集中です