本文へスキップ

『週刊報道サイト』がwebで生まれ変わりました

詳細記事HEADLINE

    

株式会社ABC店舗(代表取締役:土井恭一、東京都港区浜松町1−31文化放送メディアプラス5階・大株主:ゴーイングコンサーン合同会社、東京都中央区晴海2−3−30−4408)が著しく偏った廉価な契約に基づき貸室賃貸借・家賃保証契約(サブリース原賃貸借契約)の又貸しを行っており、その建物の所有権者が新たに変更されたにもかかわらず、その解除の意思表示に応じない行為は、公序良俗に反した行為ではないのか? その1 これが土井恭一流の創造的破壊なのか!?1階部分の一般的な相場は33万円以上であるにもかかわらず、著しく偏った廉価な172、800円で契約して又貸し(転貸)!地下1階部分の一般的な相場は32万円以上であるにもかかわらず、著しく偏った廉価な140、400円で契約して又貸し(転貸)!(令和2年1月20日)

 
これが土井恭一流の創造的破壊なのか!?1階部分の一般的な相場は33万円以上であるにもかかわらず、著しく偏った廉価な172、800円で契約して又貸し(転貸)!地下1階部分の一般的な相場は32万円以上であるにもかかわらず、著しく偏った廉価な140、400円で契約して又貸し(転貸)!(vol.1) 

 <序説>

 株式会社ABC店舗(代表取締役:土井恭一、東京都港区浜松町1−31文化放送メディアプラス5階・大株主:ゴーイングコンサーン合同会社、東京都中央区晴海2−3−30−4408)が著しく偏った廉価な契約に基づき貸室賃貸借・家賃保証契約(サブリース原賃貸借契約)の又貸し(転貸)を行っており、その公序良俗に反するであろう契約を新たに所有権者が変更されたにもかかわらず解除しないとの告発情報が寄せられてきた。


これが土井恭一流の創造的破壊なのか!?1階部分の一般的な相場は33万円以上であるにもかかわらず、著しく偏った廉価な172、800円で契約して又貸し(転貸)!地下1階部分の一般的な相場は32万円以上であるにもかかわらず、著しく偏った廉価な140、400円で契約して又貸し(転貸)!(vol.1) 

 <本節>

 これが土井恭一流の創造的破壊なのか!?

 株式会社ABC店舗(代表取締役:土井恭一)とは、店舗不動産の転貸借事業、店舗不動産の管理運営代行、店舗不動産の造作買取り・販売事業を行っている会社である。

 その主力事業である「店舗不動産の転貸借事業」において、その建物の所有権者が新たに変更されたにもかかわらず、その著しく偏った廉価な契約を、新たな所有権者からの解除の意思表示に応じないと主張している模様だ。

 なお、著しく偏った廉価な契約の内容は、その建物の1階部分の一般的な相場は33万円以上であるにもかかわらず、著しく偏った廉価な172、800円で契約して又貸し(転貸)しており、その建物の地下1階部分の一般的な相場は32万円以上であるにもかかわらず、著しく偏った廉価な140、400円で契約して又貸し(転貸)している状態だ。

 
人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)は、 教育サービス『エンカレッジ』の会員企業が一堂に会する「エンカレッジアワード2016」を2017年2月7日に開催して、教育研修によって組織活性化に成功している企業の中で、最優秀賞として居抜き物件の仲介を行なう株式会社ABC店舗(代表取締役:土井恭一)を表彰した。受賞ポイントは、AIに代替されないスキル獲得に挑むため、教育研修に割く時間を3倍(1年間で18営業日)に。評価制度と連動させた学習計画に沿って受講。問題分析力を身につけ、経験則にもとづく戦略立案から脱却して売上120%アップを達成させた。これが土井恭一流の創造的破壊なのか!?
(vol.1)

 <予習>

 これが廉価契約を継続させるための秘訣なのか!?

 まさかの第2条(契約期間)だった!

 「本契約の期間は、契約要目表Cや頭書(B)の通り3年間とする。但し契約満了の3ヶ月前までに当事者より何等の申出がない場合、本契約と同一の条件をもって、更に同一期間、自動更新するものとする。」

 この「当事者より何等の申出がない場合、自動更新するものとする。」との文言は、株式会社ABC店舗(代表取締役:土井恭一)からの申出がない限り、著しく偏った廉価な契約を解消することはできないと、法律的には解釈されるそうだ。

 このような不条理がまかり通るとなると、サブリース原賃貸借契約という難しい不動産契約に不慣れな高齢者等は、不利な契約を締結させられ、一般大衆を顧客とする事業において、顧客が一方的に不利益を被ることになるであろう。

 なお、通常の契約書の文言は「甲及び乙の合意」と記載されるが、株式会社ABC店舗(代表取締役:土井恭一)の契約書の文言は「当事者より何等の申出がない場合、自動更新するものとする。」と記載されている。(vol.2)

 ABC店舗(土井恭一)を詐欺に近い欺罔行為で権利を獲得する又貸し業者と論評することを金融機関7行がまさかの認諾をした!

 三井住友銀行(頭取CEO:島誠)及びみずほ銀行(頭取:藤原弘治)及びりそな銀行(社長:東和浩)及び東日本銀行(頭取:大神田智男)及びきらぼし銀行(頭取:渡邊壽信)及びみなと銀行(頭取:服部博明)及び芝信用金庫(会長:石原哲夫)に対して、『株式会社ABC店舗及び株式会社ABC店舗管理が、前所有者が、高齢で正常な判断ができない状況を奇貨として、欺罔行為によって得たことが連想される著しく偏った廉価な契約を当然の権利であると主張するのであれば、「目的が専ら公益を図ることにある」週刊報道サイトの調査報道記事において、詐欺に近い欺罔行為で権利を獲得する又貸し業者であると「公共の利害に関する事実」として論評することに異論はありますか?』と質問したところ、みずほ銀行(頭取:藤原弘治)及びりそな銀行(社長:東和浩)及び東日本銀行(頭取:大神田智男)及びみなと銀行(頭取:服部博明)は、『無回答』の認諾であり、三井住友銀行(頭取CEO:島誠)は『個別の取引についての回答は差し控えさせて頂きます』、きらぼし銀行(頭取:渡邊壽信、経営企画部長:渋谷浩)は『個別の事案に関する事項であり、回答は差し控えさせていただきたく存じます』、芝信用金庫(会長:石原哲夫)は『当金庫としてはご回答することはありません』との回答による事実上の認諾であった。

 よって、株式会社ABC店舗(代表取締役:土井恭一)を、詐欺に近い欺罔行為で権利を獲得する又貸し業者と論評することは、「公共の利害に関する事実」となった。(vol.3

 これがABC店舗(土井恭一)を詐欺に近い欺罔行為で権利を獲得する又貸し業者と論評することに金融機関7行が認諾した土井恭一流の創造的破壊の真骨頂だ!

 2018年5月17日に、101才亡くなった前所有者が、高齢で正常な判断ができない状況を奇貨として、欺罔行為によって得たことが連想される著しく偏った廉価な契約を、貸室賃貸借・家賃保証契約(サブリース原賃貸借契約)における「当事者より何等の申出がない場合、自動更新するものとする。」との文言を盾に、株式会社ABC店舗(代表取締役:土井恭一)からの申出がない限り、新たな有権者から契約解除の意思を示された上で、相応の手数料の提示や相応以上の管理手数料の提示をされたのにも関わらず契約解除に応じないという、土井恭一流の創造的破壊の真髄を魅せたのだ!

 なお、101才だった前所有者の不動産管理会社は、所有している建物の敷地の205.68uのうちの10.64uを所有しており、2018年5月17日に101才だった前所有者が亡くなったことにより、その不動産管理会社は、2018年12月31日に株主総会の決議により解散し、2019年3月28日に清算結了している状況だ。

 ABC店舗(土井恭一)による、詐欺に近い欺罔行為で権利を獲得している、著しく偏った廉価な契約を、「当事者より何等の申出がない場合、自動更新するものとする。」との文言を盾に契約解除に応じないという「公共の利害に関する事実」に該当する行為は、公序良俗に反しており、信義則違反である不法行為と言えるのではなかろうか?vol.4)

 
土井恭一(株式会社ABC店舗代表取締役社長)は語った。エンカレッジを導入して1年。成果が見えづらいと言われる教育研修ですが、伸ばすべき能力に絞って取り組むことで、売上高20%UPという大きな成果につなげることができました。成果の背景には、たったひとりの人事である徳永が主体性を持って、積極的に学び、活かす風土を醸成してくれたことにあります。居抜き物件の仲介業を行なう当社では、「仲介」業務のほとんどがAIに代替される可能性があると危惧していました。今後勝ち残っていき、当社ならではの価値発揮には教育が必須です。どんな仕事や職場でも活用できる汎用性の高い能力(問題解決やマーケティングなど)と専門性、経験知の掛け合わせで、今後も社員の能力開発に務めてまいります。
これが土井恭一流の創造的破壊なのか!?vol.1

 <次回予告>

 店舗不動産の転貸借事業は、社会的に話題になっている事業であり、一般大衆を顧客とする事業であり、公衆の健康や生活にかかわる事項であることから、専ら公益を図る目的で、株式会社ABC店舗の事業について調査報道していく。

■政治団体「日本を正す政治連盟」ご支援のお願い

■ 佐藤昇は、政治団体「日本を正す政治連盟」を改組発足して代表に就任しました。

 その目的は、立憲民主主義の理念に基づいた「自由・自主・自立・自尊・平等」の精神、「言論の自由・表現の自由・報道の自由」等の国民の権利を守り、@政治(立法)を正す、A官僚(行政)を正す、B司法を正す、C企業(みずほ銀行等)を正す、D報道(朝日新聞等)を正す、E世の中(倫理・道徳)を正す等、日本を正すために必要な政治活動を行なうことです。(詳細はPOLITICSにて)

 何卒、賛助金等のご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

記事の全文を読むには、会員番号が必要なページがあります。
会員番号は、下記銀行口座にお振込いただくと、入金の確認ができ次第、メールで会員番号を発行いたします。

■会員登録料のお支払い
個人会員 年間登録料 60,000円
法人会員 年間登録料 240,000円
銀行口座へのお振込でお願いします

■お振込先
三菱東京UFJ銀行 亀戸北口支店 普通 0033595
週刊報道サイト株式会社

■お問合せ先メールアドレス
 メールアドレス info@hodotokushu.net

東京地方裁判所公認のジャーナリスト佐藤昇

「佐藤昇」は、東京地方裁判所による、平成27年(ワ)第13632号判決及び平成27年(ヨ)第59号決定において、公式に「ジャーナリスト」として認定されております。詳細は PROFILEにて
「ジャーナリストの王者 (チャンピオン)」を襲名
創刊7年目で発刊300号に到達

「真夏の法曹祭」(令和元年8月1日開催)の風景

ジャーナリストの王者」佐藤昇が主催する第28回「真夏の法曹祭」の風景。中込秀樹弁護士(名古屋高等裁判所元長官)が法曹界の秘密の裏話を語る。詳細はSCHEDULEにて。

日本を正す政治連盟

ジャーナリストの王者」佐藤昇が代表者に就任して、政治団体 「日本を正す政治連盟」を改組発足しました。随時会員募集中です。 詳細はPOLITICSにて。

官公需向広告掲載募集

週刊報道サイトは、独立行政法人中小企業基盤整備機構運営「ここから調達サイト」に取引候補企業として登録され、官公需向広告掲載募集を行っております。

詳細については9月9日記事をご参照ください。

会社内におけるパワハラ・セクハラ等の人権問題相談窓口

 秘密厳守の上、弁護士他専門スタッフを派遣するなど、問題解決に尽力します。
 まずはご一報を。

相談窓口メールアドレス info@hodotokushu.net

家庭内におけるDV(家庭内暴力)・中年の引きこもり等の問題相談窓口

 秘密厳守の上、弁護士他専門スタッフを派遣するなど、問題解決に尽力します。
 まずはご一報を。

相談窓口メールアドレス info@hodotokushu.net

告知・ご注意

 週刊報道サイトの関係者であると名乗り、承認なく勝手に活動した上、恐喝・恐喝未遂を行っている者が存在するとの告発が寄せられております。
 なお、石坂幸久・中山登支彦(中山利彦)は、週刊報道サイトと一切の関係はありません。
 ご不審な事象がありましたら、お問合せ願います。

お問合せメールアドレス info@hodotokushu.net

新聞媒体配布の御案内

 週刊報道サイトは、インターネット上だけでなく、新聞媒体でもって、事件発生地域周辺へ集中的に配布する報道活動も行っております。
 マスメディアが扱えない、小さなメディアでしか報道できない事件を、相応の活動支援をして下されば、ゲラ作成から校了印刷し配布までの報道活動を請け負っております。
 新聞媒体を集中配布後は、地域住民から「よくやってくれた」と賛意や感謝の激励の言葉が数多く寄せられてきております。
日光東照宮(国宝陽明門竣工式)
稲葉尚正権宮司(不倫と中絶の巣)
稲葉久雄宮司(ラブホテル三昧)
福原ソープランド界隈の礼儀知らず者?
徳島銀行М資金
ローソン玉塚元一会長М資金退任(週刊新潮)
小泉勝志賀町長学歴詐称(オンブズマン志賀)
 他多数実績有

朝日新聞を正す会

■平成27年2月9日、東京地方
 裁判所へ482名で提訴(vol.1)

■平成28年8月19日、甲府地方裁判所へ150名で提訴(vol.59)

■平成28年9月30日、東京高等裁判所へ229名で控訴(vol.60)

「朝日新聞を糺す国民会議」との盟約締結(vol.12)
■提訴の経緯(vol.56)
■会報(一面二面三面五面
■関行男大尉を偲ぶ(vol.17)
南京大虐殺はあったのか?(vol.30)
公式ホームページ
原告団弁護士米山健也弁護士
原告団事務局長 佐藤昇
訴状PDF
訴訟委任状PDF
問合せ先info@hodotokushu.net

大樹総研(矢島義也)

民主党議員(細野豪志ら)が群がる大樹総研(オーナー矢島義也)という実態のない団体の正体。乱交パーティーか?

カジノ解禁法案反対

セガサミー里見治自宅銃撃事件の真相を報道する

サントリーと暴力団

サントリーに完全勝利する

■サントリーが暴力団住吉会副会長へ利益供与を実行した事実の隠ぺい工作の全貌   

アライオートオークション小山

荒井商事主催アライオートオークション小山におけるメーター改ざん詐欺を争う裁判が勃発     

山崎製パン

山崎製パン大阪第一工場において異物混入したまま商品を出荷したとの内部告発文書を検証する

地位確認等請求事件への内部告発を検証する

福島県除染偽装事件等

福島県と三春町への取材結果

大林道路福島営業所への突撃取材結果

仙台震災復興生コンクリート工場詐欺事件    

リミックスポイント

國重惇史辞任

関係者4名逮捕

暴力団●道会関与か?

架空採石権4億円設定!

真珠宮ビル跡地

買付証明売買予約金策祝杯上客赤富士裏金枠偽造本間吉偲ぶ会一条工務店?刑事告訴予告公売か?武蔵野ハウジング東京都主税局徴収部とのルート構築イーストシティ藤江克彦が逃走    

齋藤衛(佐藤茂秘書?)

檻に3日間閉じ込められた後に埋められた齋藤衛氏(リュー一世・龍一成)を追悼する

イチロー選手

実父チチローから「殿堂入りする位の親不孝者だ」と言い放たれるイチロー(鈴木一朗)選手の資産管理会社IYI社の実像

阪神西岡剛選手

暴行傷害事件疑惑(診断書)・猿芝居感謝状

国立国会図書館

 週刊報道サイトは、国立国会図書館に納本され、国民共有の文化的資産として期限なく保存され続け、後世に継承されることになりました。
 詳細については9月9日記事をご参照ください。

月間アクセス数

<及川幹雄逮捕でアクセス伸張!>

<12月度のアクセス数>

<11月度のアクセス数>

<10月度のアクセス数>

<9月度のアクセス数>

<8月度のアクセス数>

<7月度のアクセス数>

<6月度のアクセス数>

<5月度のアクセス数>

お知らせ

内閣官房拉致問題対策本部事務局のバナーを上記に掲載し、2014年4月1日より、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発活動を行うために、弊社独自取材による連載記事を開始しました。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

<1> <2> <3> <4> <5> <6> <7> <8> <9> <10>


<活動ご支援金振込先>
三菱東京UFJ銀行
亀戸北口支店 普通
 0033595
週刊報道サイト株式会社

 

京都・中山記念館

マルハン韓昌祐会長(vol.5)

記事削除質問状への回答()

週刊報道サイト株式会社

【本社】

〒136-0071
東京都江東区亀戸2-42-6-304

広告

広告募集中です